物販

参考にしたいECサイト10選:機能性・デザイン性の高いサイトを紹介

これからECサイトを開設しよう、あるいはリニューアルしようと考えている方の中には、「どんなデザインにすれば良いのだろう」と悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

そこで、この記事では、ECサイトをデザインする際のポイントと、参考にできる日本または海外のECサイトを紹介します。

ECサイトのデザインは、それだけでECサイトの運命を左右する、と言っても過言ではありません。ぜひ、こちらの記事を読んで理想のイメージをつかんでください。

ECサイトをデザインする際のポイント

最近は、スマホやパソコンの通販サイトを利用してショッピングを楽しむ人が増えていますよね。あなたも、インターネット上のショッピングサイト、つまりECサイトで商品を購入したことがあるのではないでしょうか。

ネット上には色んなECサイトが存在します。オシャレなものからシンプルなものまで本当に色々です。

「人は見た目が重要」なんて言われますが、ECサイトはさらに見た目が重要と言えます。ECサイトのデザインがよければお客さんが多く来てくれる可能性が高まるからです。そうなれば、当然売り上げのアップも見込めます。

しかし、今までWebデザインを勉強したことがない方にとっては、どんなデザインでECサイトを作れば良いのか悩んでしまいますよね。まずは、ECサイトをデザインするポイントを解説しますので参考になさってください。

商品画像や商品説明文にこだわる

ECサイトは実店舗と異なり、お客さんが気になる商品を直接手にとってチェックすることができません。そのため、商品をイメージしやすいように商品説明文や商品画像を工夫する必要があります。

洗濯洗剤や柔軟剤のように普段からスーパーやドラッグストアで実物を目にする機会の多い商品なら、商品説明文や商品画像にそれほどこだわらなくても、売り上げを伸ばしていける可能性はあります。

しかし、実店舗であまり売られていない珍しい商品やオリジナル商品を取り扱う場合は、「こだわり」が必要です。

「こだわり」とは、お客さんが商品詳細ページを見て、その商品のデザインやメリット・デメリットをイメージできるようにすること。それには、複数枚の写真と読みやすい商品説明文が必要です。

明るい場所で色々な角度から撮影した商品写真を掲載し、それに商品の特徴をわかりやすく記載した文章を加えましょう。

信頼されるECサイトを意識する

多くのお客さんはECサイトで買い物する時に、クレジットカードや銀行振り込みを利用します。このような情報は、見た目の怪しいサイトでは入力したくありませんよね。「このサイト、デザインがおかしい。詐欺サイトかもしれない。」と少しでも感じると、お客さんは商品を購入してくれなくなります。

お客さんが安心して決済まで進めるように、信頼されるECサイト作りが重要です。2000年代のパソコンサイトのようなECサイトを作っていてはお客さんに良い印象を持ってもらえません。

デザインを整えるだけでなく、自社の住所や電話番号、代表者氏名もきちんと記載して、信頼できるECサイトを目指しましょう。

購入までの流れを分かりやすくする

おしゃれな見た目にこだわりすぎると、「分かりやすさ」が失われがちになります。どんな商品がどこのカテゴリーで販売されているか、欲しい商品をどのように購入すればよいかが分かりにくいサイトだと、お客さんは簡単に離脱してしまいます。

商品を購入するためには、まず商品ページから欲しい商品をショッピングカートに入れます。そして、自分の氏名・住所、支払い方法を選択する必要があります。ECサイトでは、これら一連の作業がスムーズにいかないと、お客さんは購入を諦めてしまう可能性があるのです。

以上より、商品詳細ページから購入完了までの手続きを分かりやすくデザインしておく必要があります。初めてECサイトを利用する人のために、購入の流れを記載したページを作っておくのも良いですね。

ボタンやバナーを見やすいデザインにする

ECサイトでは、ボタンやバナーのデザインが重要です。ボタンというのは「カートに入れる」や「決済へ進む」などのボタンのことです。楽天市場Amazonでは、これらのボタンがハッキリしたカラーを使って作成されていますよね。

このようにパッと見て分かりやすいボタンを配置していれば、お客さんが商品をカートに入れてくれやすくなります。また、スムーズに決済へと進んでくれるでしょう。

また、ECサイト内のバナーも重要です。例えば、「50%オフのお得な商品!」といった分かりやすいバナーを配置していれば、気になってクリックしてくれるお客さんも増えます。

さらに、ベースはシンプルなECサイトなら、おしゃれなデザインのバナーを配置することで、一気に雰囲気を変えられます。定期的にECサイトの見た目を変えることで、リピーターさんの獲得にも繋がりますよ。

アクセス解析を取り入れる

ECサイトを運営していく上で、アクセス解析は必須です。アクセス解析とは、お客さんがどこから自分のECサイトへ訪れて、どの商品ページを閲覧したかをチェックすること。

ECサイトを訪れた人のうち、どれくらいの割合の人が商品を購入してくれたかをチェックしておくことで、「どうして購入に繋がらなかったのか」、「どうすれば購入率を上げられるのか」などを分析できます。

ABテストを行う

ECサイトで商品の売り上げを伸ばすために、ABテストも効果があります。ABテストとは、名前の通り、Aプランが良いかBプランが良いかをテストすることです。

例えばバナーを設置するにしても、カラフルなバナーとシンプルなバナー、どちらが良いか悩みますよね。そんな時はABテストをすれば、どちらのバナーの方が購入に繋がるかをテストし数値的に確認できるので便利です。

参考にしたいECサイトの機能

ECサイトにおけるデザインのポイントをご紹介しましたが、いまいちピンとこない、という方もいらっしゃるでしょう。それなら、実際に成果を出しているECサイトを参考にするのがおすすめです。

WebデザイナーさんにECサイトをデザインしてもらう場合であっても、参考となるECサイトを提示できれば、自社のイメージを伝えやすくなりますよね。

ここからは、ECサイトを制作する際の参考となる機能的なデザインのWebサイトを紹介します。

商品画像の切り替えや拡大機能がある

ペンダントやピアスなどのアクセサリー商品を販売しているMichal Oren Jewelry。こちらのサイトは、アクセサリー販売ならでの工夫がされています。

オンラインで販売している商品一覧ページへ行くと、アクセサリーの写真の上にマウスポインターをのせたタイミングで商品画像が切り替わります。商品のみのアップ写真やモデルさんが商品を着用した写真に切り替わったりするので、イメージが湧きやすくなっています。

さらに、特定の商品ページに移動し、マウスカーソルを商品画像にのせれば商品を拡大して見ることができます。作りの細かいアクセサリーは、どんな構造で、素材がどのような形にカットされているかが気になりますよね。そんなお客さんの気持ちに寄り添ったECサイトとなっています。

分かりやすい検索機能がある

『Bikinis POLY』は女性向けの水着を販売しているECサイトです。

「販売サイトが取扱っている水着の種類が多いと、思い通りの水着を見つけるのが大変だ」という人もいます。そんなお客さんのために、こちらのサイトでは検索機能が分かりやすく設計されています。

PCサイト版では、商品一覧ページの左側に、商品を絞り込んで検索できる機能を搭載しています。価格はスクロールすることで、検索したい最低金額から最高金額までを視覚的に設定できるのが特徴です。

さらに、「Bottom」は「Basic」と「Sexy」の2種類から選択できるなど、選択肢が多すぎないのもポイント。お客さんは、欲しい水着のイメージと希望価格、自分のサイズを選択するだけで商品を見つけることができます。

画像だけでなく動画も取り入れている

sheabrandではスキンケア商品を販売しています。スキンケア商品というと色んな種類があるので、写真を見るだけでは顔に塗るものなのか身体に塗るものなのか判別が難しいです。

そこで、こちらのECサイトでは、商品画像のあちこちに動画を取り入れています。画像ではなく動画を使用することで、商品の用途や商品のテイストをお客さんに伝わりやすくしているのです。

また、気持ちが明るくなるようなオレンジやイエローを配色することで購買意欲を高めようとしているところも参考にしたいポイントです。

デザインが工夫されているECサイト

ブラウジングをしていると、見ているだけでウットリしてしまうようなWebサイトと出会うことがありますよね。ECサイトでも、そんな素敵なデザインができれば、お客さんの心も引き込められるでしょう。

そこで、ここからは、デザインに工夫が見て取れる日本語のECサイトを紹介しようと思います。

温かみのあるデザイン

小豆島の特産品を販売している小豆島商店は、日本ならではの温かみのあるデザインが魅力的です。

正方形に並べられた商品一覧の中に、それらの商品の作り手の写真が添えられているのがポイント。食品を通販サイトで購入するのが苦手という人でも、作り手の顔写真や名前が紹介されていれば、安心して購入できますよね。

商品画像に関しては、正方形のエリアに自動で複数枚の写真が切り替わるデザインになっています。パッケージと商品写真が同じエリア内で確認できるので、お客さんも商品を選びやすくなっています。

明るい気分になるデザイン

女性に人気のブランドkate spade。百貨店でこちらのブランドの商品を買われたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

『kate spade』の商品はWebサイトでも購入できます。そして、そのWebサイトのデザインが魅力的です。女性の気持ちを明るくさせるような、パッと目をひくカラーが特徴で、ついついスクロールしたくなってしまう方も多いことでしょう。

スクロールしていった先では、新しい商品を次々と紹介してくれます。商品写真の中に花を取り込むなど、女性らしいデザインが素敵です。

幻想的で引き込まれるデザイン

アニマルをモチーフとした小物類を販売しているEZA animal。トップページのイラストが非常に特徴的です。静止画と思いきや、右上の鳥が羽ばたいており、マウスカーソルの移動によってイラスト全体がふんわりと変化するのが特徴。

思わずイラストに釘付けになってしまうECサイトです。さらにECサイト下側までスクロールしていくと、幻想的なアイテムが並んでいます。白を基調としたシンプルな正方形の中に商品が並んでおり、視覚的にも見やすい工夫がされています。

受賞経験もあるECサイト

ECサイトのプロが選ぶ「全国ネットショップグランプリ」というものがあります。毎年、優秀なECサイトを選出するイベントですが、どのようなデザインや機能を持ったECサイトが選ばれているのか気になりませんか?

早速、「全国ネットショップグランプリ」に選ばれたECサイトを見ていきましょう。

カラフルなのに整って見えるデザイン

WALPAは、カラフルな輸入壁紙を多数販売しているECサイトです。整ったデザインのおかげで、ごちゃごちゃして見えないのが特徴。新着の壁紙が全て同じ大きさにディスプレイされているため、オシャレな印象を受けます。カラフルな衣類やテキスタイルの販売を考えている方の参考になるECサイトです。

スマホサイトでも見やすくする工夫

ルイボスティーやたんぽぽ茶など、お茶をメインに販売しているTeaLife。最近はスマホ1つで買い物を済ませる人も増えていますが、こちらのサイトはスマホでも見やすいデザインが魅力的です。パソコン版の色鮮やかなECサイトの雰囲気をスマホでも堪能できるようになっています。

初心者にも分かりやすいブログと連携

SheepeaceというECサイトでは、なんと女性向けのふんどしを販売しています。ふんどしというと、何だか古臭いイメージを持っている人も多いですよね。しかし、そんなイメージを覆してくれるのが『Sheepeace』です。

ECサイト全体にソフトなカラーを使用して、モデルさんを使ったおしゃれな商品画像を大きく掲載しています。ふんどしを着ること自体が初めての人が多い中、トップページでふんどしに関連するブログ記事を紹介しているのもポイント。

ふんどしのメリットが分かりやすく書かれているので、自分のため、家族のために購入される人も多いことでしょう。

オシャレな雑誌のようなシンプルカラー

女性向けのアクセサリーを販売しているWOJEのECサイトは、雑誌を読んでいるようなオシャレなデザインが魅力です。サイト全体が、黒・白・ベージュ・ブラウンといったカラーでシンプルに整えられているだけでなく、商品画像も多いため、非常に見やすい作りになっています。

素敵なデザインのECサイトでお客さんを引き込もう!

ECサイトを一から製作するとなると、サイト設計やデザインが大変です。そんな時は、理想に近い雰囲気を持ったWebサイトを探して参考にしてみましょう。

今回ご紹介したECサイトを参考に、あなたも素敵なECサイトを開設してくださいね。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!