スキル

1億円稼ぐために必要な行動や意識とは?

1億円あったらいいなと思っても、到底手の届かない目標のように感じます。

しかし、世の中には実際に1億円を稼いでいる人が存在します。彼らはどうやって1億円を稼いでいるのでしょうか。

1億円を稼ぐには、実際に稼いでいる人を知るのが一番です。

今回は1億円を稼ぐために必要な行動や意識について解説します。

1億円を稼ぐための5つのポイント

1億円を稼いでいる人には5つの共通点があります。

目的意識を常に持ち期限を意識する

目的を持ち、いつまでに成し遂げるのか期限を定めるのは重要なことです。

目的と期限を意識すると判断基準が明確になります。そうすることで不必要な行動を見極められるようになりますし、回り道せずに目標に向かって行動できるようになります。

継続しつつ損切りも適切に見極める

目標を達成するためには、行動を継続する必要があります。

中途半端に複数のことに手を出すのではなく、自らが決めた行動をやり続けなければなりません。継続していれば、大きな飛躍をする可能性が生まれます。

一方で、継続してもプラスにならないと感じたら、損切りをするタイミングを見極めることも重要です。

将来性を見極め集中して取り組む

自分の強みを考えた上で、取り組む対象を見極めるのも重要です。

将来性のある土俵で、自分の強みを活かし成果を出している姿を具体的にイメージしましょう。

具体的にイメージできる分野であれば、集中して取り組みやすくなり、成果も出やすくなります。

コストパフォーマンスを意識する

集中して取り組むと決めた行動が、コストパフォーマンスに見合ったものであるかを判断することも重要です。

必要となる金銭的・時間的コストを踏まえ、結果的に得られる成果がそのコストに見合ったものであるかを見極める必要があります。

教材やセミナーを活用することが目的を達成する近道になることもありますが、コストに見合ったものであるか判断する視点は欠かせません。

他人から学び吸収する

自分よりも知識や経験が豊富な人から学ぶことも重要です。

目標を達成した人は、達成する過程での試行錯誤や失敗の経験を持っています。

そのような経験談を得られれば、自分が同じ状況に陥ったときでも最善の対応ができます。結果的に自分にとってプラスになるでしょう。

1億円を稼ぐために意識すべきこと

1億円を稼ぐために具体的に意識することを紹介します。

稼げる市場で拡張性があること

規模の大きい稼げる市場で勝負しなければ、稼げる金額の上限が決まってしまいます。

小さな市場では、たとえ独占することができたとしても、1億円に到達できない可能性があります。

大きな市場であれば、一部のポジションを確立しただけで多く稼げることもあります。

さらに、一定のポジションを確立すると半自動的に拡張していくような市場であると特に良いです。

具体的には、Webが関わるような市場です。検索で上位に表示されたり、SNSで評判になったりすることで、知名度や売上が急激に拡大していく可能性があります。

大きな市場のほうが良い理由

最大で年収1億円が見込める市場でトップになって1億円を稼ぐのと、最大で年収10億円が見込める市場で1割獲得して1億円を稼ぐのと、どちらが難易度が低いでしょうか。

多くの場合は、後者になるはずです。

トップを取るには並大抵の努力が必要なだけでなく、競争も激しくなります。

一方で、大きな市場で1割獲得するポジションを狙うのであれば、他の人がやっていない独自の戦略を取ることで目標を達成できる可能性があります。

単価を意識する

同じ1億円を稼ぐにも、単価によって実現可能性は変わります。

1万円の利益を1万回出して1億円にするのか、1,000円の利益を10万回出して1億円にするのか。

1万円や1,000円という利益を出すこと自体は難しくはありません。ただし、それを何回出せるかが重要です。

例えば、物販で1個1,000円の利益となる商品で1億円稼ごうとすると、10万個を販売する必要があり、実現可能性は低くなります。

まずやり始めてみる

どのような事業であっても、始めなければ1円も稼げません。1億円稼げるようになるまでには、多くの失敗と挫折を重ねることになるでしょう。

失敗をしたくなくて、念入りに準備してから始めたいというのもわかります。しかし、成功は試行錯誤の繰り返しから生まれるものです。

何事も始めなければ何も起こりません。まずは始めてみる。このマインドが1億円を稼ぐためには必要不可欠です。

資本主義を理解する

一定のお金を手に入れると、適切に運用すれば増え続ける状態を作ることが可能です。

お金を持っている人ほど豊かな状態を維持しやすく、お金を持っていない人ほど貧しい状態から抜け出しにくいのが資本主義のシステムです。

ある程度金銭的に余裕が出てきたら、資本主義について勉強してみましょう。

お金や世の中の仕組みを理解しなければ、1億円の大台を稼ぐことは難しいのです。

何をすれば1億円を稼げるのか

国税庁の統計年報から割り出すと、2018年に1億円以上の所得があった日本人は約25,000人いました。

参考:国税庁の統計年報

これは、就労者の約2700人に1人が1億円以上稼いでいることになります。

実際に1億円以上を稼いでいる人は、どうやって稼いでいるのか見てみましょう。

1億円を稼ぐ方法

所得には事業所得、不動産所得、給与所得、雑所得などがありますが、これらの所得以外で1億円以上稼いでいる人が約4割を占めます。

この4割の人が1億円以上を稼いだ方法は、株式投資やFXであると考えられます。

ハイリターンを狙える株とFX

株やFXであれば、少ない元手でも1億円の利益を出すことは可能です。優れた投資家は、相場を読んでハイリターンを得ることもできます。

不動産所得や給与所得者で1億円以上稼いでいる人の割合が少ないのは、株やFXが影響していると考えられます。

一般人が1億円を稼ぐために必要なこと

サラリーマンが会社勤めのキャリアを進み、1億円に到達できる可能性は限りなく低いでしょう。年収1,000万円でも難易度は高いです。

1億円以上を稼ぐためには、勤勉に働いて地道に年収を上げていくという発想ではなく、投資などで利益を出すノウハウを確立して倍々に増やす考え方が必要です。

株やFXで大きな利益を出した例

株で大きな利益を出した人として有名なのが、B・N・F氏です。彼はアルバイトなどで貯めた164万円を元手に、2000年に株を始めました。

参考:Wikipedia「B・N・F」

2005年のジェイコム株大量誤発注事件での大儲けなどを経て、2008年には資産を190億円まで増やすことに成功しました。

また、FXで大きな利益を出した人として有名なのが、池辺雪子氏です。

参考:Wikipedia「池辺雪子」

主婦トレーダーでありながら8億円以上の利益を出していたことが、皮肉にも脱税で起訴されたことにより発覚しました。

1億円稼ぐと幸せになれるのか

1億円を実際に稼ぐことができれば、幸せになれるのでしょうか。

お金で解決できるかどうかは売り手次第

お金があることで解決できることは増えます。

普通は会うことの出来ない人と交流できたり、最新機器を使って時間を節約できたり、医療を受け治療や病気の予防もできます。

しかし、売り手次第ではお金で買えないものあります。

売り手が売らないと決めたものは、お金をいくら積んでも手に入れることはできません。

お金で解決できるかどうかは、欲しい対象物の売り手が販売してくれるかどうかに関わってきます。

上を目指し続けると不安が続く

年収が1億円に到達したら、そこで満足して稼ぐ意欲が無くなるわけではありません。さらに上を目指して稼ごうとするはずです。

自分よりも稼いでる人たちが、さらに見えるようになります。

自分よりも稼いでいる人と比較してしまい、その人たちより稼げていないことに不安を覚えるようになります。

お金の欲を断ち切らない限り、いつまでも不安が付きまとうことになってしまいます。

知らなかった世界を知ることができる

1億円以上を稼ぐことで、初めて知る世界もあります。

普通の人には到底買うことができないような家や車を買うことで、味わったことのない気持ちを感じることができるでしょう。

存在も知らなかった、高所得者向けのサービスを受ける機会も訪れます。

1億円稼ぐための環境

1億円稼ぐためには、稼ぎやすい環境に身を置くことが重要です。

事業の難易度

Webを活用したビジネスでは、直接的な接点が無い人たちを対象にできます。

うまくいけば、時間や労力をかけずに広範囲のターゲットを対象にして利益を出すことができる一方で、実現するためのスキルや運は誰もが持っているわけではありません。

お金のあるところへアプローチする

お金の流動性や、動くお金の単位が小さいような環境・市場であれば、1億円を稼ぐことは難しくなります。

一定のお金を得た上で、大きなお金が動く市場へ参入しなければ、1億円に到達することはできません。

SNSを活用する

FacebookやTwitterなどのSNSの普及により、お金持ちと接点を持てる機会が増えました。

ビジネスで稼いでいる人も株やFXで稼いでいる人も、SNSのアカウントを持っていて目立っている人は多いです。

SNS上でのコミュニケーションをうまく使って、お金持ちや稼いでいる人と接点を持ちましょう。

自分が稼げるようになるまで、その世界を垣間見ることができたり、教えを請うことができるようになります。

SNSを活用して、お金持ちの人の発言に触れ、環境を整えることも重要です。

稼ぐために必要なことを理解して1億円を目指そう

誰しも1億円稼ぐことを夢見るでしょう。

しかしサラリーマンとして働き続けても、1億円稼げるようになる可能性は限りなく低いです。

1億円稼げる可能性のある環境・市場を見つけ、1億円稼げる可能性のある方法で努力を重ねる必要があります。

必要な行動や意識を理解した上で、1億円稼ぐことを目指しましょう。