物販

AmazonFBAとは?メリット・デメリット・手数料を詳しく解説!

この記事を監修した吉田です。
2021年5月現在で成功者続出の秘密のノウハウを期間限定で公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

Amazonでビジネス展開をするなら、FBAについての知識は必須です。FBAを利用するのとそうでないのとでは、その後の売上や業務に大きな開きが出てくることでしょう。

そこで今回は、AmazonFBAについて知って得するメリットやデメリット、手数料などについて詳しく解説します。これからAmazonでネットショップを開設しようとしている方は必見です。

そもそもAmazonFBAとは?

まず、AmazonFBAについて基本的なことから解説していきます。

フルフィルメントとは?

FBAとは、「フルフィルメント・バイ・Amazon」の略です。そもそも「フルフィルメント」という言葉が初耳という方も多いかもしれません。

フルフィルメントとは物流業務において商品の梱包から発送、そして顧客の手元に届くラストワンマイルまで一連の業務すべてを意味します。また、単なる荷物の移動だけでなく、そこに関わる顧客からの問い合わせやクレームの対応、さらに返品業務に至るまでを荷主に代わって請け負います。よって、荷主にとってはずい分負担が軽減するお得なサービスといえるでしょう。

Amazonが提供するフルフィルメントとは?

それでは、Amazonが提供するフルフィルメントについてわかりやすく説明しましょう。

FBAは有料サービスで出品在庫をAmazonが管理し、注文が入ると梱包、発送を出品者に代わってAmazonが行います。さらに、ユーザーからの問い合わせやクレーム対応もAmazonが請け負います。

つまり、出品者は売りたい商品をAmazon指定の倉庫に納品するだけで、あとの業務はAmazonにお任せできるということです。

カスタマー対応もお任せ

EC事業でありがちな問題は、「商品が注文したものと違う」「数が足りない」「写真と印象が違った」など、ユーザー側との行き違いです。原因は、出品者であったり、ユーザー側の勘違いや輸送業者の不手際であったりと、さまざまなものが考えられます。そのすべてについて完璧に対応するのは至難の技ですし、肝心の商品開発やマーケティング業務にも支障が出るでしょう。扱う商品やユーザーの数が多くなればなおさらです。

しかし、AmazonFBAなら、これらのクレームや問い合わせへのカスタマー対応をすべて一任できます。空いた時間や手間をコアな業務に集中できるという差はとても大きいでしょう。

AmazonFBAならガッチリ儲かる!

Amazonでビジネスが順調な人ほど、FBAを推奨しています。その理由は儲かるからです。現にFBAを活用した75%の人たちが、活用前より儲かっているというデータがあります。この事実を知ったら、FBAを使わない手はないでしょう。

では、なぜ儲かるのかについて解説しましょう。

Amazonプライム対象になる

FBAを利用すると、Amazonプライム対象商品となります。プライム対象商品となると、プライム会員なら配送料無料、お急ぎ便や当日お急ぎ便、お届け日時指定便などもすべて無料になります。一般会員でも2,000円以上の注文で通常配送料が無料になります。

ユーザーからすると「プライム」の文字が表示してあるだけで注目度や信頼度が一気に高まるため、購入に至る確率は飛躍的に上昇します。結果として、FBA利用前と比べると桁違いに収益がアップするケースが多いのです。

検索上位とショッピングカート獲得も

AmazonFBAを利用すると、ユーザーが検索したときに上位表示される仕組みになっています。さらに、売上アップのためにもっとも重要とされるショッピングカートの獲得率もグンとアップします。結果として多くのユーザーの目に留まりやすく訴求力が大きく高まるので、収益向上が期待できます。

FBAの使い方

それではここから、AmazonFBAの利用方法について順を追って説明しましょう。

FBA利用者登録をしよう

Amazonでは、最初に出品プランを決めて登録する必要があります。

具体的には、「大口出品」と「小口出品」の2プランがあります。前者は、月額登録料4,900円(税抜)を支払えば、どれだけ売れてもそれ以上はかかりません。一方後者は、1商品が売れるごとに100円(税抜)の基本成約料が請求されます。よって、50個以上販売するなら大口出品が得です。

そして、FBA利用者登録を済ませたら、どの商品をFBAで出品するかを決めましょう。

参考:フルフィルメントby Amazon

フルフィルメントセンターへ発送しよう

FBAを利用する商品を決めたら、セラーセントラルからその商品を選択し、梱包のうえAmazonのフルフィルメントセンター(以下FC)に直送します。その際、商品ラベルを商品に貼付します。ちなみに、この作業は有料でAmazonに委託することも可能です。さらに、配送ラベルも梱包するダンボールに貼り付けて送ります。

注文を待とう

送った商品がAmazonのFC倉庫に到着すると、Amazon側での検品があります。問題なければ、これでFBAの準備は完了し、いよいよ販売開始です。商品が売れれば、その後の梱包、発送、カスタマー対応などをすべてAmazonが代行してくれます。

後述しますが、365日以上商品が売れない場合は追加の保管料金が請求されます。納品したら、ただAmazonに任せっきりというわけではありませんので注意しましょう。

AmazonFBA手数料をチェック

続いては、AmazonFBAにかかる手数料について解説します。AmazonFBAは、とても完成度の高いサービスです。とくに初心者にとっては、高品質に梱包してくれるうえ、「Amazon」の名を冠して商品が届けられるので、ユーザーの信頼感や安心感が得られるのは何より大きなメリットです。ただ、そのサービスを受けるにはいくつかの手数料が発生します。

配送代行手数料

FBAの主な手数料は、「配送代行手数料」と「在庫保管手数料」の2つからなります。まず、「配送代行手数料」から説明しましょう。

配送代行手数料は、梱包、出荷、配送にかかるもので、寸法(梱包された商品の長さ・幅・高さの合計)と発送重量(商品重量+梱包重量)で決まり、「小型/標準サイズ」「大型サイズ」「特大サイズ」に区分されています。それぞれの料金体系を見ていきましょう。

【小型/標準サイズ】(寸法/発送重量:手数料)
・25×18×2.0cm未満/250g未満:282円
・33×24×2.8cm未満/1kg未満:381円
・60cm未満/2kg未満:421円
・80cm未満/5kg未満:467円
・100cm未満/9kg未満:548円

【大型サイズの商品】(寸法/発送重量:手数料)
・60cm未満/2kg未満:589円
・80cm未満/5kg未満:712円
・100cm未満/10kg未満:815円
・120cm未満/15kg未満:975円
・140cm未満/20kg未満:1,020円
・160cm未満/25kg未満:1,100円
・180cm未満/30kg未満:1,532円
・200cm未満/40kg未満:1,756円

【特大サイズの商品】(寸法/発送重量:手数料)
・200cm未満/50kg未満:3,061円
・220cm/50kg未満:3,970円
・240cm未満/50kg未満:4,995円
・260cm未満/50kg未満:6,250円

ちなみに、寸法の3辺のうち1辺、もしくは重量がわずかでもオーバーすれば、1つ上の区分と判断されます。

在庫保管手数料と長期在庫保管手数料

続いて、「在庫保管手数料」です。これは、AmazonFBA倉庫で商品を保管、管理するための手数料です。

在庫手数料は、「1〜9月」と「10~12月」で価格が変わります。また、「服&ファッション小物」「シューズ&バッグ商品」とそれ以外のカテゴリー、さらにサイズによっても計算式が異なります。(ちなみに計算式で算出した金額には、10%の消費税が含まれます。)

まず、「服&ファッション小物、シューズ&バッグ」以外のカテゴリーから説明しましょう。

【小型/標準サイズ】
1~9月   5,160円×〔商品サイズ(㎤)〕/(10㎝×10㎝×10㎝)×〔保管日数〕/〔当月の日数〕
10~12月 9,170円×〔商品サイズ(㎤)〕/(10㎝×10㎝×10㎝)×〔保管日数〕/〔当月の日数〕

【大型/特大サイズ】
1~9月   4,370円×〔商品サイズ(㎤)〕/(10㎝×10㎝×10㎝)×〔保管日数〕/〔当月の日数〕
10~12月  7,760円×〔商品サイズ(㎤)〕/(10㎝×10㎝×10㎝)×〔保管日数〕/〔当月の日数〕

続いて「服&ファッション小物、シューズ&バッグ商品」の在庫保管手数料です。こちらは、すべてのサイズが同じ価格になります。

1~9月   3.10円×〔商品サイズ(㎤)〕/(10㎝×10㎝×10㎝)×〔保管日数〕/〔当月の日数〕
10~12月  5.50円×〔商品サイズ(㎤)〕/(10㎝×10㎝×10㎝)×〔保管日数〕/〔当月の日数〕

また、365日を超えてFCセンターに在庫保管する場合は「長期在庫保管手数料」が毎月17.773円(10×10×10㎝あたり)加算されます。(月1回・15日付で在庫一掃確認のうえ加算。)

その他の手数料

AmazonFBAでは、配送代行手数料と在庫保管手数料のほかに、在庫の返送や所有権放棄手数料、購入者返品手数料、さらに納品不備受領作業手数料が必要になります。

・FBA在庫の返送/所有権の放棄手数料
何らかの理由で、FBA倉庫に納品した商品を引き上げて返送してもらう場合には手数料(税込)が発生します。さらに所有権を放棄する(=廃棄してもらう)場合も、手数料がかかります。

具体的には、サイズや重量によって商品1点ごとに規定されています。また、小型および標準サイズは1,000g、大型および特大サイズは5,000gを超えて1g増加するごとに請求されます。

・購入者返品手数料
Amazonではファッションカテゴリーに限り、購入してから30日以内の返品は無料になります。ただし、その代金は出品者が負担することになっています。これが購入返品手数料です。具体的には、配送代行手数料の金額と同じです。

・納品不備受領手数料
FBA倉庫に商品を送っても、「ラベルの貼付の不備」や「ビニール袋での梱包が必要」など納品要件を満たしていない場合は受け取ってもらえません。ただし、ものによってはAmazon側で問題点を修正のうえ受領されることもありますが、追加で手数料を支払う必要があります。

FBA活用のメリット

ここからは、あらためてAmazonFBAのメリットについて解説していきます。AmazonFBAのメリットは具体的に以下の6つです。

1.プライムの対象商品になる
2.Amazonブランドでの出品が可能
3.検索上位表示が可能
4.ショッピングカートの獲得率が上がる
5.商品開発に注力できる
6.代引きも可能

順に見ていきましょう。

プライムの対象商品になる

FBAを活用すると、Amazonプライム対象商品として販売できます。Amazonマーケットプレイスでは、「プライム」の存在感は圧倒的です。ユーザーからの信頼度は高くなりますし、何よりプライム会員なら配送料無料、お急ぎ便や当日お急ぎ便、お届け日時指定便などもすべて無料です。一般会員でも2,000円以上の注文で通常配送料が無料になります。

この効果はユーザーの立場になるとよく分かるでしょう。ユーザーの多くは商品の価格のみならず、配送料にも注目します。同じ商品なら、配送料が安い方を選ぶのは当然です。ましてや無料となれば、そのコンバージョン率はグンと高まるでしょう。このメリットはとくに大口出品した場合に大きくなります。

Amazonブランドでの出品が可能

Amazonサイト内の出品者数は数万店にものぼりますが、そのクオリティはさまざまでまさに玉石混交といえます。カテゴリーやアイテムによっては、あまりに多すぎてユーザーにとっては絞り込むのも大変です。しかし、AmazonFBAを利用すればAmazonブランドとして出品できるので、信頼度が一気に高まります。さらに、世界一のECサイトであるAmazonのお墨付きとなると、ユーザーの安心感は飛躍的に高まります。

検索上位表示が可能

FBAで出品すると、ユーザーが検索した際に上位表示されるというメリットもあります。上位に表示されれば商品詳細ページを閲覧してもらえる機会が増え、おのずと成約率も高まります。スーパーでいうと、お客さんの目につきやすい商品棚や入口正面のお買い得コーナーに陳列されているに等しいといえるでしょう。いくら良い商品でもユーザーの目につかず埋もれてしまっていては、購入の機会そのものがまったくありません。

ショッピングカートの獲得率が上がる

Amazonで商品検索すると、「カートに入れる」ボタンが表示されることがあります。これは同じ商品のページでも主役のような存在で、FBA商品に限って付与されます。ショッピングカートを獲得すれば、ユーザーにはAmazonのお墨付きを得た信頼できる商品と認識されます。そして、とりあえずカートに入れてもらえればすぐに購入されなくても、いずれ他の商品とともにまとめて注文される可能性も増えます。とくに大口出品の場合は、ショッピングカートを獲得するか否かで売上高に雲泥の差がでることも珍しくありません。

商品開発に注力できる

EC事業を営むうえでもっとも重要なことは、商品開発とマーケティング戦略です。いかにユーザーへの訴求力がある魅力的な商品をリリースし、購買意欲を沸き立たせるかがビジネスの生命線といっても過言ではありません。ところが梱包や発送作業、さらにカスタマー対応などに追われていると、肝心のコアな業務に注力できません。その点、AmazonFBAを活用すれば、雑多な業務はすべてAmazonに一任できるのでメリットが大きいといえます。

代引きも可能

日本は現金主義が非常に根強いという特徴があり、キャッシュレスの普及が他の先進国に比べて極めて遅れています。よってECショッピングでもクレジットではなく、振り込みや代引きを利用するケースが少なくありません。その点、AmazonFBAは代引き対応が可能なため、クレジットを使わないユーザーの需要を取り込むことが可能です。

FBAのデメリット

続いては、AmazonFBAのデメリットについて紹介します。

具体的には、
1.商品の状況確認が難しい
2.FCセンターの機能不全による影響が甚大
3.手数料がかかる
4.納品不可の商品がある
の4点です。

商品の状況確認が難しい

AmazonFBAに一旦納品してしまうと、商品がどのような状態にあるかはいっさい確認できなくなります。もし商品のコンディションを知りたければ、一度返送してもらって確認後に再度納品し直す必要があり、その分手間とコストが無駄になります。

FCセンターの機能不全による影響が甚大

AmazonFBAは在庫管理が必要ないため、場所代の負担や管理の手間からは解放されます。しかし、すべてをAmazonに任せるため、FCセンターがシステム障害などの機能不全に陥った際はその影響をもろに受けます。滅多にありませんが、災害リスクも考えられます。よって、その際の対策を万全にしておく必要があるでしょう。

手数料がかかる

すでに解説した通り、AmazonFBAを利用すると複数の手数料が請求されます。自前で行えば材料費のみで済むことが、すべて有料となります。数多くのメリットを考慮すると一概にデメリットとも言えませんが、商品の売れ行きが良くない場合は経費ばかりがかさむので注意が必要でしょう。

納品不可の商品がある

AmazonFBAには納品できない商品もあるので注意が必要です。具体的には、日本の規格および法律を満たしていない化粧品や食品、医薬部外品、室温で保管できない冷凍や冷蔵品、動植物、危険物などです。

まとめ

AmazonFBAのメリットやデメリット、手数料について詳しく解説しました。AmazonのECビジネスではユーザーのスマホやPCだけが限られた発注ツールになります。よって、その画面に商品が表示されなければ売上は1円たりとも入ってきません。逆に同じ商品でも自社のものが多くのユーザーの目に留まり、しっかり認知されれば驚くほど収益が上がるのも事実です。

そのために欠かせないのがFBAといって良いでしょう。非常に完成度の高いAmazonならではのこのサービスを上手く活用すれば、予想以上の売上と成功を手に入れるのも夢ではありません。そうと分かれば、早速FBAを使ったマーケティングに乗り出しましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】2021年5月現在で成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。