物販

代行サービスでアマゾンの出品にかかる時間と手間を省く!

この記事では、Amazonで商品を販売する際に便利な出品代行について解説します。せどりと言われる転売ビジネスをする上で、出品作業の負担はかなりのものです。出品作業にかかる時間を減らすことができれば、商品のリサーチに時間をかけることができ、もっと儲けることもできるかもしれません。

一方で、出品作業を外部に委託することは、コストの増加になるというマイナス面もあります。自分にとって、出品代行は利用するべきものなのか、この記事を参考に見極めてください。また、記事の最後には、海外からの商品の仕入れの際に使える、転送や購入代行を行ってくれる業者も紹介しています。

出品代行業者に依頼できる作業内容と業者の選び方

業者によってサービス内容は多少違いますが、出品代行業者を使えば、基本的に出品作業のほぼすべてを任せることができます。商品を仕入れた際についていた値札をはがしたり、商品の状態によってコンディション別にわけたり、Amazonへの出品登録をしたりと、さまざまな作業が依頼できます。

依頼する側は、代行業者の倉庫に商品を送れば、後は業者でAmazonの倉庫に配送するところまでやってくれる(FBA利用の場合)ので、商品の仕入れに専念することができます。なお、FBAについては、次の項目で説明します。

出品代行業者を選ぶ際のチェックポイント1

最初のチェックポイントは、FBAに対応している業者を選ぶことです。FBAというのは、Fulfillment By Amazonの略で、Amazonが提供している配送サービスです。

FBAを利用すると、出品者はAmazonの倉庫に商品を納入すれば、購入者への配送や返品に関する処理などをAmazonが代行してくれます。このFBAを利用する際には、商品に専用のバーコードを貼付するといった特別な作業が発生するので、Amazonに出品するために出品代行を使う際には、FBAに対応しているかは大きな問題となります。

出品代行業者を選ぶ際のチェックポイント2

代行業者に依頼した場合に出品者は誰になるかもチェックしておきましょう。広い意味で出品代行といった場合は、依頼者のアカウントで販売する商品の出品を代行する狭義の出品代行と、代行業者のアカウントで商品を販売する販売代行があります。

自分のアカウントで販売実績を積みたいのであれば出品代行でなければ困りますし、自分の名前が表に出ない方がいいなら販売代行を使うのも手です。どちらが適しているかは人によりますが、代行業者がどのような形態に対応しているかは、事前に調べておきましょう。

出品代行サービスの流れ

出品代行で行ってくれるサービスの内容について、依頼者にとってのメリットと供に、もう少し詳しく解説していきます。

値札はがし等の出品準備作業

代行業者によってサービスの内容は多少違いますが、出品準備の作業のほとんどを任せることができます。転売の場合、仕入れ値が書かれた値札をはがしておくことは必須で、商品のクリーニング作業も発生します。

家電などの場合は、通電チェック、動作確認などの作業も必要です。もちろん、梱包作業もあります。

一部、有料のオプションになっている場合もありますが、これらの作業を代行業者にすべて依頼することができます。料金は、作業内容によって変わりますが、梱包などに手間がかからない小型の商品であれば、1個100円前後くらいです。

Amazon FBAの商品登録作業

AmazonのFBAを使って商品を顧客に配送する場合、Amazonの倉庫に納品する際に商品の登録作業が発生します。この登録作業も依頼することができます。セラーセントラルの権限を部分的に与えて、作業してもらう形です。

Amazonに出品するためには必須の作業です。この作業については基本料金に含まれていることが多く、別料金が発生することはありません。

Amazonの倉庫への納品

FBAを使った場合、出品者はAmazonの倉庫への納品までを行えば、後はAmazonがやってくれます。出品代行を依頼した場合、FBAに納品するために必要になる商品にバーコードを貼る作業なども任せられます。もちろん、Amazon倉庫への配送も行ってくれます。

業者にもよりますが、仕入先から代行業者への倉庫に直送、そこからAmazonへの配送まですべて任せることもできます。この場合、自宅に一度商品を保管することもないため、商品の保管スペースに関して心配する必要もなくなります。

出品代行には欠点もある

ここまでは、出品代行を利用することの長所について話してきました。しかし、出品代行には欠点もあります。自分が利用すべきか判断するためにも、出品代行の欠点についても把握しておいてください。

出品準備作業に時間がかかることもある

出品代行業者に依頼すると、出品のための作業に一定の日数が必要になります。3営業日以内には作業を終了する業者もあり、遅いということはありませんが、自分で出品作業を行う時間が十分に取れる人ならば、もっと短期間での出品も可能でしょう。とくに、迅速に出品をしたい場合には、業者の作業時間がかかることはネックになることもあるかもしれません。

業者に支払う料金の分、コスト増になる

多くの人にとって、こちらの方が問題としては大きいはずです。業者に依頼する以上、当然作業は有料です。1個100円程度から依頼することができますが、商品によってはもっと高額になり、依頼内容によってはオプション料金もかかります。

せどりでは、一つ一つの商品の儲けはそれほど大きくないことも多いので、こういった場合は、業者を使うことで赤字にもなりかねません。せどりを始めた当初から代行を使う必要はないので、コツが分かって出品代行に依頼しても十分に利益が見込めるようになってから、代行を依頼することを考えるといいでしょう。

出品代行を依頼した場合のコスト計算

実際には色々な要素が関係するので、これほど単純ではありませんが、出品代行を使う前と使った後のコストについて、ざっくりと計算してみます。

出品代行を使う前

月100時間程度を、せどりに当てることができるとします。そして、ひと月に扱う商品点数を200点とし、1商品当たり粗利が500円だったとします。

商品がすべて売れたとして、利益は10万円です。100時間のうち、20時間は出品作業にかかっているとすると、仕入れには80時間がかけられています。

出品代行を使った後

この場合、出品作業にかかる時間は、ほぼゼロになります。仕入れに100時間をかけることができます。仕入れにかける時間が増えた分、単純に仕入れ量を25%増やすことができると考えましょう。

扱う商品は250点に増えます。出品代行に支払う分を考えなければ、粗利の総額は12万5千円になります。

出品代行に支払う金額が、商品1点当たり100円なら、利益が増えた分は丁度相殺されます。これでも出品作業にかかる手間が面倒だと思っていた人にとっては、出品作業がなくなった分、出品代行を依頼したメリットはあるかもしれません。

ただ、確実に利益が増しているといえるためには、もっと仕入れの量が増えるか、利益率のいい商品を仕入れる必要があるということになります。ここで挙げたのは非常に単純化したモデルですが、自分の仕入れや販売の状況を考えて、出品代行を使うことのメリットとデメリットのどちらが大きいか考えてみてください。

出品代行業者以外に作業を委託する方法

先ほどの計算でも分かったように、1個100円の料金でもかなり利益を圧迫します。出品代行業者に出品を委託するのはコストがかかりすぎる、そのよう場合は、インターネットを使って、個人に出品作業を依頼する方法もあります。

個人に依頼する場合の注意点

詳しいやり方はこの後に書きますが、インターネットを使って、在宅で仕事をしている人に出品作業を依頼することができます。この場合の注意点ですが、出品代行を依頼するということは、せどりに関してある程度のノウハウを公開することになります。たとえば、どんな商品を転売すれば利益が出るのか知られてしまうことになります。

依頼先の人が、あなたのノウハウを吸収して自分でせどりを始めるようになったら、あなたは将来のライバルを育てたことになります。これを完全に防ぐことは難しいですが、出品代行を個人に依頼する場合には、作業のすべてを任せ切りにせずに、部分的に依頼することでノウハウの流出を防止することができます。

インターネットを使って出品代行を依頼する

インターネットを使って不特定多数の人に仕事を依頼することをクラウドソーシングといいますが、この仕組みを使って出品代行も依頼することができます。クラウドソーシングのサイトはいくつかありますが、クラウドワークスが大手で利用者も多いので、依頼相手も見つかりやすくオススメです。

以下では、このクラウドワークスの使い方をご説明します。まず、以下のURLにアクセスしてください。

参考:クラウドワークス

トップページは、以下のような画面です。「仕事を依頼したい」をクリックして会員登録を済ませてください。

会員登録が終わったら、「マイページ」が表示されます。仕事の依頼状況などはこの画面で確認できます。

右上にあるユーザー名のところをクリックすると、「プロフィール編集」を選べます。インターネット経由で仕事を依頼するためには、安心して仕事をしてもらえるようにプロフィールはしっかりと書いておく必要があります。

プロフィール編集に表示される項目は可能な限り埋めて、プロフィールを充実させましょう。仕事を受ける側にとっては、依頼者が信用できるかどうかは非常に重要なので、「本人確認書類提出」なども済ませて、信頼性を高めてください。

以下は、仕事を依頼する際の手順です。マイページの上にある、「新しい仕事を依頼」をクリックしてください。

STEP1は、依頼したい仕事に合わせて選びます。梱包作業などが中心なら「カンタン作業・事務」、商品写真を撮って欲しいなら「写真・画像・動画」といった形になります。

STEP2は、「プロジェクト形式」のままにしておきます。STEP3は、できるだけ具体的に仕事内容を書きましょう。

「求めるスキル」や「特記事項」についても、該当するものがある場合は、しっかり載せておきます。最初に募集する時点で、仕事内容などを明確にしておくことで、後のトラブルを防ぐことができます。

STEP4は、予算や募集人数などを記入します。予算の見当が付かない場合は、同じような仕事を募集している人のものを参考にするといいでしょう。

STEP5では、応募期限を選択します。そして、STEP6は、依頼を目立たせることができるオプションが選べます。有料オプションになるので、必要に応じて追加してください。予算の都合などがあるのであれば、無理に付ける必要はありません。

「確認画面に進む」を選んで、内容を確認しましょう。

「この内容で登録する」を選ぶと募集が開始されます。

クラウドワークスで人を集めるコツ

仕事を探す人が沢山集まっているクラウドワークスですが、普通に募集をしているだけでは思うように人が集まらないこともあります。そのようなときの解決方法をお伝えします。

まずは、本人確認をしていない場合は10人、本人確認済みの場合は30人にスカウトメールを送れる「見てみて!リクエスト」という機能があります。まずは、これを使ってみましょう。

次に、ピンポイントに出品代行の仕事をしてくれそうな人にメッセージを送る方法もあります。まず、マイページの上の方にある「仕事を探す」というところをクリックしてください。

仕事情報を検索できる画面が表示されます。検索機能を使って、自分が募集しているのと似た仕事の募集ページを探してください。

仕事内容が書かれたページには「最近応募したクラウドワーカー」という欄があります。ここに並んでいるクラウドワーカーたちは、あなたが募集したいのと似た仕事を探している人です。

名前の部分をクリックするとワーカーのプロフィールページに飛びます。そこに「この人に仕事の相談をする」ボタンがあるので、これをクリックすればメッセージが送れます。

また、これは2回目以降に募集する場合ですが、クラウドワークスでは仕事が終了するごとにクライアントも評価されます。高い評価を集めているクライアントは、応募者が増えるので、毎回の仕事でワーカーと良い関係を築くことが2回目以降の応募者を集めることにつながります。

参考:クラウドワークス

輸入代行業者も使ってみよう

ここまではAmazonへの出品を代行してくれる業者について話しました。しかし、転売ビジネスで代行と言った場合は、アメリカなどの海外から商品を輸入することを代行してくれる輸入代行もあります。

ここからは、商品の輸入を代行したり、アメリカで購入した商品を転送してくれる業者を紹介します。

上に挙げたように多くの業者がありますが、それぞれに料金設定などが異なるので、自分に合った業者を探すことが大切です。

ビジネスでの利用者が多い「MyUS.com」

MyUS.comは、アメリカのオンラインショップなどで仕入れた商品を一つにまとめて転送してくれる転送業者です。荷物をまとめることで配送料の節約になります。

MyUS.comの転送料は、重さで計算され基本的に追加料金が発生しません。低い料金設定でビジネスでの利用者の人気を集めている業者です。

料金プランが複数あり、SIGLE PACKAGEプランでは、月会費はかかりませんが、複数のショップの商品をまとめて送ってもらうことができません。複数のショップの商品をまとめて送って配送料を節約するためには、PREMIUMでの契約が必要ですが、このプランの場合は月会費が7ドルかかります。最初の30日間は会費無料です。

会費制なので、定期的に利用しない場合は、会費が無駄になるのが欠点です。また、日本語に対応していないので、英語に不安がある人にもオススメしにくい業者です。

参考:MyUS.com

米国Amazonへの出品もサポートしてくれる「スピアネット」

このスピアネットも含めて、これ以降にご紹介する業者は日本語に対応している業者です。語学力に自信がない人でも安心して利用できます。

スピアネットは、アメリカのショップでの商品の購入から代行してくれる購入代行も行っています。もちろん、転送サービスも行っています。

また、日本にあるスピアネットの発送センターに商品を送ると、米国AmazonにFBA納品をしてくれる代行サービスも行っています。

輸入でも輸出でも頼りになる業者です。

参考:スピアネット

直接AmazonのFBA納品も可能な「Mad beest.com」

Mad beest.comでは、アメリカのネットショップなどで仕入れた商品をMad beest.comの倉庫に送って、そこから日本のAmazonのFBA倉庫に納品してくれるサービスも行っています。有料ではありますが、FBA納品のために必要になるラベルの貼付作業も現地のスタッフに任せることができます。米国のAmazonやeBayを使って仕入れを行い、それをAmazonで転売する場合、手間が省けて便利なシステムです。

参考:Mad beest.com

充実したオプションサービスが特徴の「テラロジ」

テラロジは、オプションサービスが豊富です。商品の採寸や写真撮影の際のアングルの指定といった細かなものまで用意されています。AmazonのFBA倉庫への納品も可能なので、転売時に生じる作業の多くを任せることができます。

もっとも、月会費が9,800円かかり、各種のオプションも有料なので、コスト面の負担は大きくなります。多少コストはかかっても充実したサービスを求める方にはオススメですが、薄利多売で転売ビジネスを行っている方には不向きかもしれません。

参考:テラロジ

少量の荷物からでも利用しやすい「輸入com」

輸入comは、個人会員、ビジネス会員、エキスパート会員と会員の種類が分かれていて、個人会員は月会費が無料、5商品まで転送手数料が一律1,019円とリーズナブルな料金設定になっています。

米国Amazonからの仕入れが少量の人や、転売ビジネスを始めたばかりの人にオススメしたい転送業者です。取り扱う商品の数が増えたら、ビジネス会員に変更すれば、月会費3,035円、1商品305円で利用できます。購入代行も行っているので、単に個人的にアメリカのネットショップで買い物をしたい人にも便利です。

参考:輸入com

さらにグローバルにビジネスを展開できる「Around The World Trading Inc.」

アメリカに特化した転送業者も多い中で、Around The World Trading Inc.は、アメリカの他、カナダ、イギリス、オーストラリアでもサービスを展開しています。

AmazonのFBA納品に関しては、アメリカ、カナダ、イギリスのAmazonに対応していますから、アメリカ以外の海外に販路を広げたい人には、特におすすめです。日本のAmazonへのFBA納品も行っています。

アメリカ以外でも販売や仕入れを行いたい人は、是非チェックしておきたい業者です。

参考:Around The World Trading Inc.

eBayや個人商店からでも仕入れ可能「US-BUYER.com」

US-BUYER.comは、AmazonだけでなくeBayや個人商店からの仕入れにも対応しています。日本人スタッフが対応してくれるのも長所です。

日本のAmazonのFBA納品、アメリカのAmazonのFBA納品も可能です。アメリカのオンラインショップで購入した商品を、直接日本のFBA倉庫に納品してくれます。eBayなどのオークションサイトや個人商店、卸問屋、メーカーなどアメリカでの仕入れをさまざまな方法で行いたい人には、便利な業者です。

参考:US-BUYER.com

まとめ

Amazonの出品代行を中心に、転送業者のことなども含めて、転売ビジネスで使える「代行」についてお伝えしました。転売ビジネスが軌道に乗ってくると問題になるのが、作業時間をどう確保するかです。時間が足りないと思うようになったら、作業を代行してもらうことができないか、この記事を参考に検討してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。