物販

中国輸入ビジネスに欠かせないアリババとタオバオ。2つのサイトを徹底解説!

みなさんはアリババ(阿里巴巴1688.com)とタオバオ(淘宝網)という中国のECサイトをご存知でしょうか。最近は中国から商品を輸入して国内で販売する際の仕入れ先として使われるようになっています。両者にはそれぞれ特徴があり、その特徴を把握して上手に使い分ければ、中国輸入ビジネスを成功させることができます。

この記事では、そんなアリババとタオバオについて解説していきます。是非こちらの記事を参考に、アリババとタオバオを利用してみてください。

Contents

阿里巴巴1688.com(アリババ)と淘宝網(タオバオワン)の基礎知識

最初に、阿里巴巴1688.com(アリババ)と淘宝網(タオバオワン)についての基本的な知識について解説します。

阿里巴巴1688.com(アリババ)とは

阿里巴巴1688.com(アリババ)は、BtoB(Business to Business)と呼ばれる企業間取引用の卸売りサイトです。BtoBのサイトは商品価格が安い傾向にあるため、中国輸入の仕入先にはもってこいです。

なお、ネット上で「アリババ」で検索すると、Alibaba.comがヒットするかもしれません。

しかし、より安く仕入れられるサイトのほうをご紹介しようと思いますので、この記事では「阿里巴巴1688.com」を取り上げます。

淘宝網(タオバオワン)とは?

タオバオは、タオバオとカタカナで書くことが多いですが、淘宝網(タオバオワン)というのが正式名称です。

淘宝網(タオバオワン)は、中国の阿里巴巴集団(アリババグループ)が運営するECサイトの一つです。阿里巴巴1688.com(アリババ)とは違って、個人消費者相手のサイトとなっています。

阿里巴巴1688.com(アリババ)と淘宝網(タオバオワン)以外のサイト

中国には阿里巴巴1688.com(アリババ)と淘宝網(タオバオワン)以外にも仕入れに使えるサイトがありますので、簡単にご紹介しておきます。

TMALL天猫

TMALL天猫」も阿里巴巴集団(アリババグループ)が運営するECサイトです。

多くのメーカーが公式ショップを出店するほど信頼性の高いサイトです。ただし、価格は、阿里巴巴1688.com(アリババ)や淘宝網(タオバオワン)よりも高めとなっています。

AliExpress

AliExpressは、品揃えが豊富なだけでなく日本語サイトも用意されているため、個人的な買い物をするのに便利なサイトです。

ただ、価格面で阿里巴巴1688.com(アリババ)や淘宝網(タオバオワン)に劣るため、仕入れに使うには適していません。

Yiwugo.com

Yiwugo.comは、上記2つとは少し毛色の違うサイトです。中国の義烏市場のオンライン版といった感じのサイトで、卸売市場として有名な義烏市場の商品を日本に居ながら買えるのが特徴です。

阿里巴巴1688.com(アリババ)のメリット・デメリット

阿里巴巴1688.com(アリババ)を利用するメリットとデメリットを見ていきましょう。

先にも書いたとおり、阿里巴巴1688.com(アリババ)は、BtoB(企業間取引)用のサイトであるため、個人消費者向けのサイトよりも全般的に価格が安めです。この点は、仕入れの際に大きなメリットになります。

また、阿里巴巴1688.com(アリババ)では、現地の工場が直営店を出店している場合があるため、工場との取引実績を積めば、将来的に自社のオリジナル商品のOEM生産を委託することも可能になります。オリジナル商品を開発・販売できるようになれば、他社との価格競争に陥ることなく、安定した利益を上げられるようになるので、これは魅力的です。

阿里巴巴1688.com(アリババ)の欠点

反対に、BtoB中心のサイトであるため、1個単位では商品を購入できない場合があるのがネックです。その場合はまとまった数を注文する必要があり、そうなると在庫を抱えるリスクも高くなります。

また、阿里巴巴1688.com(アリババ)に出店しているお店は基本的に企業を相手に商売をしているので、個人の顧客対応に不慣れな出品者もいます。そのため、問い合わせにすばやく対応してくれないことも稀ではありません。

淘宝網(タオバオワン)のメリット・デメリット

淘宝網(タオバオワン)は比較的出店しやすいこともあって、数多くのお店が出店しています。そのおかげで、出品されている商品の種類もバラエティに富んだものとなっています

また、個人消費者向けのサイトなので、1個単位で商品を買えるのもメリットです。試しに1つだけ購入して現物を確認してみるといった使い方もできます。

淘宝網(タオバオワン)のデメリット

同時に、比較的出店しやすい淘宝網(タオバオワン)では出品者の質が十人十色となりがちで、中には質の悪い出品者も存在します。そのため、他のECサイトでも信頼に足りる出品者かどうかチェックする必要はありますが、淘宝網(タオバオワン)ではその必要性が特に高くなっています。

もう一つのデメリットは、価格の高さです。高いといっても日本国内で仕入れるよりは安いのですが、個人消費者向けのサイトですから、卸売りを中心とするBtoBのサイトと比べれば全般的に価格は高めになります。

阿里巴巴1688.com(アリババ)と淘宝網(タオバオワン)の違いと使い分け

ここまでの記述と重複するところもありますが、2つのサイトの違いと使い分け方についてまとめておきます。

価格面は阿里巴巴1688.com(アリババ)が有利

繰り返しになりますが、阿里巴巴1688.com(アリババ)はBtoBサイトなので、個人消費者向けの淘宝網(タオバオワン)よりも価格面で優れています

仕入れ値が安いというのは、輸入販売ビジネスをする上では大きなメリットです。

1個からでも商品の仕入れができる淘宝網(タオバオワン)

淘宝網(タオバオワン)なら、商品を1個から購入できます。これに対して、阿里巴巴1688.com(アリババ)では仕入れの最小単位(ロット)が決まっている場合もあり、「10個単位ではなければ仕入れができない」といったこともよく起こります。

このため、少量だけ仕入れて売れ行きを見たい場合に使うサイトとしては、阿里巴巴1688.com(アリババ)は適していません。

2つのサイトの使い分け

以上のような特徴があることから、阿里巴巴1688.com(アリババ)と淘宝網(タオバオワン)は次のようにして使い分けるのがおすすめです。

まず、売れ筋商品など、ある程度の販売個数が見込める商品を仕入れる場合は、仕入れ価格が安い阿里巴巴1688.com(アリババ)を利用するのが良いでしょう。

これに対して、少量だけ仕入れたい、あるいは商品が売れる度に新たな仕入れを行うといった場合は、淘宝網(タオバオワン)の方が便利です。

中国から商品を輸入して国内で販売するビジネスについて

ここでは、中国から仕入れた商品を国内で販売するビジネス(中国輸入ビジネス)全般について解説していきます。

仕入れ値が安い中国輸入

中国輸入ビジネスのメリットは、何といっても仕入れ価格の安さにあります。物販ビジネスでは仕入れ値を安く抑えられればその分利益を増やすことができるので、この点は魅力的です。

中国輸入ビジネスの欠点

中国輸入ビジネスには欠点もいくつかあります。

まずは、商品の配送に時間がかかることです。中国は広大な土地を有する国なので、どうしても配送に時間がかかりがちになりますし、日本に到着したら今度は税関手続に時間がかかることもあります。

2つ目が、検品に時間がかかることです。日本国内で製造販売されている商品に比べると品質のバラツキが大きいので、国内仕入れよりも時間と手間がかかる傾向にあります。

3つ目が、日本とは違った制度や商慣習です。これらを知らないまま中国輸入ビジネスを行なってもなかなか上手くいきません。現地の事情に詳しい輸入代行業者を使えばこの問題は解決しますが、そうすると相応のコストがかかります。

ツールを使った中国輸入の商品リサーチ

ここからは、ツールを使った中国輸入の商品リサーチについて解説します。使用するツールは「アマテラス」です。販路としてAmazonを使うことを前提としたツールです。

アマテラスを使った商品検索の方法

まずは、下の画像のように、調べたい商品の「キーワード」「価格帯」「カテゴリー」を入力します。

この状態で検索をかけることもできますが、あまりにもヒット数が多すぎると確認するのが大変になります。そこで適当な数まで絞り込みをすることになりますが、その際に使うのが「件数先読み」です。この機能を使えば、現在入力している検索条件で検索すると何件ヒットするかが事前に分かります。「件数先読み」のボタンをクリックすると、ヒットする件数が表示されます。

先にヒットする件数が分かるので、件数が多すぎる場合はキーワードを追加するなどして件数を調整しましょう。希望する件数に近づいたら、「検索する」を押して本番の検索を行ってください。

検索結果から更に絞り込むことも可能

表示された検索結果から更に絞り込みを行うことも可能です。

以下のような絞り込み条件があります。自分が調べたい商品に合わせて、絞り込んでください。

阿里巴巴1688.com(アリババ)や淘宝網(タオバオワン)で商品をチェック

アマテラスで検索した結果は、以下のような画面で表示されます。

この画面の右の方に「中国検索」と表示されます。
ここで阿里巴巴1688.com(アリババ)や淘宝網(タオバオワン)の商品が検索できるので、この2つのうちいずれかをクリックすると、Amazonの商品タイトルを中国語に変換した上で検索してくれます。

画像検索による阿里巴巴1688.com(アリババ)や淘宝網(タオバオワン)のチェック方法

次にAmazonに掲載されている画像を使った検索方法について解説します。こちらの方が簡単かもしれません。

検索結果に表示された画像を検索

まず、上で解説したのと同じ様にキーワード等を入力して検索し、検索結果の画面まで進んでください。そうすると「各画像検索」とあるのが確認できると思います。

ここをクリックすると、Amazonの商品ページに掲載されている画像の一覧が表示されます。

AliExpressの日本語サイトと英語サイト、淘宝網(タオバオワン)、阿里巴巴1688.com(アリババ)のそれぞれに対応したボタンがあります。

これらをクリックすると、それぞれのサイトで同じ画像を掲載している商品ページを検索してくれます。

検索されたものの中から適当なものをクリックすれば、そのサイトに掲載されている商品ページが表示される仕組みになっています。

検索キーワードを探すBaidu画像検索

先ほどの検索先のサイトを選択する画面には「Baidu画像検索」とあったと思います。しかし、これは商品を検索するためのボタンではありません。

Baiduというのは中国の検索サイトのことで、「Baidu画像検索」をクリックすると、このサイトの検索結果が表示されます。

ここで表示されている検索結果には、その商品に密接に関連したキーワードが含まれています。この画面でキーワードになりそうなものを探して、阿里巴巴1688.com(アリババ)や淘宝網(タオバオワン)で検索すれば、希望する商品を見つけることができるでしょう。

キーワード検索に関する補足

最後に、キーワード検索の検索結果画面にある「Weblio」や「Google翻訳」について補足しておきます。

「Weblio」か「Google翻訳」のボタンをクリックすると、Amazonに掲載されている商品名の翻訳結果の画面が表示されます。しかし、Amazonの商品名には余計な情報が含まれていることが多いので、商品の特徴を端的に表している2個~3個くらいのキーワードに絞り込むのがおすすめです。

キーワードを絞り込んだら、コピーボタンを押して、それを阿里巴巴1688.com(アリババ)や淘宝網(タオバオワン)に入力して検索してください。これで商品がヒットしやすくなります。

中国輸入ビジネスを成功させるために

中国輸入ビジネスを成功させるためには、どのサイトを使って仕入れを行うかが極めて重要です。この記事でご紹介した阿里巴巴1688.com(アリババ)と淘宝網(タオバオワン)は第一候補の仕入先となり得るサイトなので、この記事をよく読んで、どんなサイトなのかよく把握しておきましょう。

商品をリサーチするにあたっては、アマテラスのようなツールも便利です。最初のうちは自力で商品をリサーチしていても間に合いますが、扱う商品が増えてくるとリサーチが追い付かなくなってきます。その際は、ツールの使用も検討してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!