物販

Amazonアカウントの停止と、そこからの復活について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、Amazonのアカウント停止と、そこからの復活について解説します。Amazonで商品を購入している人のアカウントが停止されることもまれにはありますが、この記事で扱うのは、Amazonで商品を販売している人のアカウント(出品用アカウント、セラーアカウント)が停止される場合です。

Amazonで商品を販売することをビジネスにしている場合、アカウントが停止されることは、大きなリスクになります。このリスクを回避するため、また、万一アカウント停止になってもリスクを最小限に留めるため、この記事を役立ててください。

Contents

アカウントが停止される原因には、どんなものがあるのか

まずは、アカウントが停止される原因となる事由について知っておきましょう。アカウント停止にならないように気をつけたいと思っても、実際にどんなことをすればアカウントが停止になるのかを知らなければ、対策を取ることもできません。以下にアカウントが停止になる事由を挙げていきますので、これらの事態にならないように普段から気をつけるようにしてください。

偽物を販売したり、並行輸入品を正規品として販売してしまう

偽物を販売してしまったり、並行輸入品であることを明示せずに正規品として販売してしまったりするというのは、故意に行うのはもちろんダメですが、ミスで行ってしまうこともあるので注意が必要です。偽物に関しては、信頼できる仕入先から仕入れを行うことで防止できます。

並行輸入品に関しては、Amazonのルールでは、商品自体は同じものであっても、正規品とは区別して出品する必要があります。正規品のASINコード(Amazonグループによる商品識別用のコード)を使って出品すると、正規品の商品ページに記載されてしまうことになります。

ちなみに、国内正規代理店がある場合に、直接海外で買い付ける等、それとは別のルートで輸入した製品を並行輸入品といいます。並行輸入品は、正規代理店での保証・修理は受け付けてもらえない場合が多いので、購入者とのトラブルを避ける意味でも、正規品とは区別する必要があるのです。

偽物を販売したり、並行輸入品を正規品として販売したりした場合のAmazon側の対応ですが、一度のミスでアカウント停止になることは、ほとんどありません。Amazon側としても、故意ではなくミスをしたと判断する場合が多いからでしょう。もっとも、同じようなミスを何度も繰り返すようなら、アカウント停止の事由になるので十分に気をつけてください。

他人の商標権を侵害する

自分でオリジナルのブランド・商品を作る場合や、海外の製品を日本で販売する場合、既に登録済みの他人の商標に関する権利を侵害しないように気をつける必要があります。登録されている商標を確認するためには、「独立行政法人 工業所有権情報・研修館」が運用している「J-PlatPat 特許情報プラットフォーム」というサイトが利用できます。

参考:J-PlatPat 特許情報プラットフォーム

他人の商標権を侵害してしまっていた場合、アカウント停止になる可能性があります。もっとも、商品を出品した時点では商標登録の手続き中で、後に商標登録が正式になされるといったケースもあり得るので、この場合も、即アカウント停止とはならない場合もあります。この場合、商標権を侵害している商品の出品はできなくなりますが、アカウントはそのまま使用することができます。

アカウント健全性のパフォーマンス指標が基準を下回る

Amazonではマーケットプレイスの出品者を様々な指標で評価しています。この指標がアカウント健全性と呼ばれるものです。

例えば、キャンセル率は、2.5%未満であることが求められています。出品者のパフォーマンスが下がり、Amazonが規定する数値目標を下回ることになると、アカウントが停止される可能性があります。

以下のいくつかの項目は、このアカウント健全性にかかわるものです。

出荷遅延率が高い

出荷遅延率とは、注文された商品について、出荷予定日までに出荷通知がなされなかったものの割合です。Amazonでは、出荷遅延率が4%未満であることを求めています

これを越えると、アカウント停止になる可能性があります。ただし、これは独自に商品を出荷している出品者に対するもので、Amazonが提供している配送サービス(FBA フルフィルメント by Amazon)を利用している場合は適用されません。

ユーザーの評価に占める低評価の率が上がる

ユーザーによる出品者の評価に占める低評価の割合も非常に重視されている指標です。低評価が増えることは、アカウント停止に結びつきます。

ただし、ここで問題とされるのは、商品への評価ではなく、出品者の評価です。ユーザーの中には、商品に対する不満を出品者の評価に書き込む人がいますが、この場合は、Amazonのセラーサポートに連絡すれば、評価を削除してもらえます。このため、アカウントが停止されるほどに悪い評価が増えることは、あまりありません。

ユーザーからの質問に対する回答が遅い

Amazonに出品をしていると、ユーザーからの問い合わせを受けることがありますが、回答の遅延も、他の要素とあいまって、アカウント停止に繋がることがあります。回答遅延のみでは、アカウントが停止されるまでには至らないようですが、他の要素と供に判断材料の一つにされています。

アダルト商品、同人グッズの販売

ここからは、アカウント健全性の話ではありません。アダルト商品は、事前にAmazonに承認を受けた出品者に販売が制限されています。

また、Amazonで同人グッズとカテゴライズされている二次創作物については、著作権者の許諾を受けていないものは、すべて出品が禁止されています。これらの規定に違反した場合も、アカウント停止になる可能性があります。

複数のAmazonのアカウントを運用している

Amazonのアカウントは、1人1つが原則です。個人用アカウントとビジネスアカウントを別に作ることはできますが、個人用を2つ持つことはできません。これに反してアカウントを複数使用していると、片方または双方のアカウントが停止になることがあります。

閉鎖されているアカウントと関連付けされる

既に閉鎖されているアカウントと関連付けされることで、アカウントが停止されることがあります。つまり、「規約違反等を繰り返してアカウントを閉鎖された人が、別のアドレスを使って再度Amazonで営業を再開した」とAmazon側に判断されたということです。閉鎖と停止の違いについては、次の項目で説明します。

関連付けされる要素としては、例えば、同じクレジットカードや銀行口座を使っていたり、同じIPアドレスを使っていたりといったものがあります。IPアドレスに関しては、アカウント閉鎖になった人が使用していたPCを使ったり、自宅以外でフリーWi-Fiを使ったりしたことだけでも疑われるケースがあるようなので、不用意に自宅以外の場所でAmazonに接続しないことが防止策になります。

Amazonのアカウント停止とアカウント閉鎖の違い

先に解説しておくべきだったかもしれませんが、ここでアカウント停止とアカウント閉鎖の違いをご説明しておきます。まず、アカウント停止というのは、完全にそのアカウントが使えなくなることではありません

詳しくは後で解説しますが、Amazonに改善計画を提出し、Amazonに認められれば、アカウントを復活できる可能性を残しています。つまり、停止というのは、完全停止ではなく一時的な停止を意味します。

ただし、復活もそれほど簡単にできるものではないので、そのまま復活できずに終わる可能性もないとはいえません。アカウント停止にならないようにするのが一番です。

復活は、ほぼ不可能なアカウント閉鎖

これに対して、アカウント閉鎖というのは、基本的に復活を想定していないものとなります。アカウント閉鎖から復活できたという例は皆無ではありませんが、かなり少数です。

先ほどと同じ表現で表すなら、アカウント閉鎖は完全停止に当たります。

アカウントが停止・閉鎖されることによる影響

ここで解説するのは、「アカウントが停止・閉鎖されたら、具体的にどんなことが起こるのか」です。以下を見ていただければわかるように、アカウントが停止・閉鎖されることによる影響は、かなり重大で深刻です。

Amazonへの出品ができなくなる

アカウントが停止・閉鎖されると、Amazonへの出品ができなくなります。新規の出品は当然できませんし、出品中だった商品についても出品情報が削除されて、出品してない状態になります。以降の売上は、当然なくなります。

売上金の入金がストップする

アカウント停止・閉鎖以降の売上がなくなるだけでなく、それまでに上げていた売上もAmazonに保留され、入金がストップします。

商品が返送される

これは、FBAを利用している場合で、かつ、アカウントが閉鎖になった場合の話ですが、Amazonの倉庫に保管されていた商品が返送されてくることになります。

返送された商品は、他のECサイトなどで販売することはできますが、商品の保管場所を確保する必要があり、そのための費用も発生するので、かなりの損害になる場合もあります。

保留されていた売上金の入金は90日以上先

保留されていた売上金の入金は、最低でもマーケットプレイス保証の期間が切れる90日後になります。実際の入金は、90日が経過した後の入金日ということになるので、90日以上先ということになります。

アカウントを復活させるためには

まずはアカウント停止にならないように心がけることが重要ですが、アカウントが停止になってしまった場合でも諦める必要はありません。既に書いたように、アカウント閉鎖にまで至っていないアカウント停止の場合には、復活できる可能性が残されています。

ここからは、Amazonでアカウント停止になった場合に、アカウントを復活させるためにできることを解説していきます。ただし、アカウントの復活を認めるか否かについてAmazon側は何も基準を公開していないので、以下の内容を実践したからといって、必ずしもアカウントが復活できるとは限らないことは承知しておいてください。

販売していた商品の請求書や領収書を揃える

アカウント停止になった理由が商品の真贋の疑いであった場合はもちろん、その他の理由だった場合も、真正な商品であることを証明するものとして、商品仕入れの際の請求書や領収書を要求されることが多いです。

注意点として、ここで必要になる請求書や領収書は、通常の発行されるものでは記載項目が足りない場合があります。仕入先の名称、住所、電話番号、ウェブサイトの記載が必要になりますし、アカウント停止の原因となった商品に関する請求書・領収書であることがはっきりわかるものである必要もあります。仕入れ数と販売個数が一致していることも必要です。

手元に必要な書類がない場合は、仕入先に依頼して作成してもらいましょう

アカウント停止の理由を明確にする

詳しくは後でご説明しますが、アカウント停止になった場合には、改善計画を提出することを要求されます。改善計画を正しく作成するためには、どんな点に問題があってアカウント停止に至ったのかを自分自身が正確に把握しておく必要があります。

たとえば、アカウント停止の理由が商品の真贋に関する問題であった場合、最終的な問題は偽物あるいは偽物とユーザーに疑われる商品を販売してしまったことです。この場合、今後は偽物を仕入れないようにすることが重要になりますが、それはこれから行う対策の一部に過ぎません。ここで「偽物を仕入れてしまったことが問題だ」として改善計画を立てると、ピントがずれてしまいます。

改善計画を具体的に考える

アカウントの復活を認めてもらうためには、同じ過ちを二度と繰り返さないための対策を考えなければなりません。そして、Amazonに提出する改善計画には、具体的な改善策を盛り込む必要があります。

たとえば、商品の検品をする回数を増やしたり、検品の際に確認すべき項目を列挙したチェックシートを作成したり、商品の品質をチェックする担当者を新たに増やしたりと色々な対策が考えられます。

大事なのは、抽象的に「改善します」というレベルではなく、「改善するために、~の対策を実施します」と具体的な案を出すことです。

対策は考えるだけでなく、実践する

そして、改善計画に盛り込んだ対策は、可能なものから先行して実践していきましょう。実際に対策を始めることで、改善計画を本気で実行する覚悟があると示すことができます。

改善計画には、改善すべき点を全て盛り込む

Amazonからの改善計画の提出を要求するメールには、「今回発生した問題に限定せずに、今後同様の問題が発生することを防ぐための改善計画を出せ」という書き方がされています。

したがって、Amazon側の要求を満たすためには、まずは今回アカウント停止になった原因を正確に把握して、それを防ぐ対策を立てることが改善計画の中心になりますが、それに加えて、今度同様の問題が発生しないように、予防的な対策も改善計画に盛り込むことが必要になるわけです。

そこで、改善計画を作成するにあたっては、作業の全体を見直して、改善すべきものの洗い出しを行いましょう。面倒ではありますが、業務全体を見直す良い機会です。この機会に、改善すべきものをすべて改善しておけば、今後アカウント停止の措置を受ける可能性を限りなくゼロに近づけることができます。

改善計画を提出して、Amazonの反応を待つ

これで一応の準備は終了です。作成した改善計画書を領収書や請求書と供に提出しましょう。その際には、今回の問題の原因、問題解決のために実施する方策、今後同等の問題が起こらないようにするための予防策について、改善計画に盛り込んでください。

これらの記載すべき事項は、Amazonからのメールにも書いてあるので、それを再読した上で改善計画書を提出することをオススメします。提出の際には、領収書や請求書を添付することも忘れないようにしましょう。提出したら、Amazonからの反応を待ちます。

Amazonから復活を許可されるまで改善計画を出し続ける

上記の内容を踏まえて改善計画を作成していただければ、かなりレベルの高いものになっているはずですが、Amazon側から一発OKがもらえるかは分かりません。

改善計画が不十分と判断されると、更なる改善をすべき点について指摘されます。ここで諦めてしまうと、アカウントの復活はできないので、Amazon側に納得してもらえるまで改善計画の修正と提出を繰り返しましょう。

アカウント閉鎖からの復活は?

この点は前にも書きましたが、アカウント停止の場合と違って、アカウント閉鎖からの復活は、ほとんど不可能です。ネットで検索をしてみると、アカウント閉鎖から復活したという体験談もいくつかはヒットしますが、レアケースと思っておいた方がいいでしょう。

アカウントが閉鎖されてしまった場合、無駄に終わる可能性は承知した上で、あえて復活に挑戦するという手もありますが、潔く他のプラットフォームに販売の場を移すといった対策を取った方が懸命かもしれません。

まとめ

アカウント停止になる原因や、アカウント停止になってしまった場合の復活の方法などについて解説してきました。本文中でも書いていますが、まずはアカウント停止になるような事態を避けることが大事です。

そして、万一アカウントが停止になってしまったら、諦めずにAmazonとのやり取りを繰り返すことです。アカウント停止というのは、Amazon側でも復活させることを前提にしているものなので、対応さえ間違えなければ、きっとアカウントを復活させることができます。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る