物販

【Amazonセール】アメリカ発祥のブラックフライデー

元々アメリカの感謝祭をする日である「ブラックフライデー」は、今では世界中でそれに合わせた大型セールが実施されています。世界中のAmazonでもそのタイミングで多くの商品が驚きの割引率でセールに出されていて、70%や90%OFFの商品も数多くあります。そこで今回は、Amazonにおけるブラックフライデーセールについてご紹介します。

ブラックフライデーとはどのような日なのか?

そもそものブラックフライデーとは、11月の第4木曜日にある感謝祭の翌日にある金曜日の日を指します。その日は正式な休暇日ではありませんが休暇日となることが多く、感謝祭で売れ残った商品の一掃セール日になっています。アメリカの小売業では1年間の間で1番の売り上げが見込める日とされていて、ブラックフライデーから年末商戦を告げるタイミングにもなっています。

小売店では1番の黒字になることからブラックフライデーと呼ばれて、大きな掻き入れ時となっています。ブラックフライデー前日の深夜から店の前に行列ができるのも珍しくなく、ブラックフライデー当日の開店と同時に駆け込む姿も通例となっています。

2020年のブラックフライデーについて

2020年のブラックフライデーは11月27日となっていて、世界中でこの日に大型のセールが実施されます。この世界中で行われるブラックフライデーのセールに日本から参加するなら、時差については注意が必要です。

例えば本場アメリカと日本の時差はアメリカの東部でマイナス14時間、西部でマイナス17時間前となります。ということは、日本の方が常に14時間進んでいるということになるので、アメリカでのブラックフライデー当日の深夜0時は、日本時間での11月27日の14時、もしくは17時ということになります。

また、他の国に関しても同様ロンドンはマイナス9時間、ドイツはマイナス8時間となっています。Amazonのブラックフライデーセールは当日よりも1週間前程から小規模でのセールがスタートして、ブラックフライデーセール自体も時間帯によってセールアイテムが変わるので事前にチェックしておきましょう。

Amazonのブラックフライデーとはどんなセール?

アメリカのAmazonでは、ブラックフライデーが近づくとカウントダウンを表示するページも作られます。

また、他の国のAmazonにおいても、いつ頃からセールが実施されるのかを明記しているページが表示されることがあります。それほど、Amazonのブラックフライデーセールは企業としても力を入れているセールなのです。

Amazonのブラックフライデーセールの内容について

Amazonでのブラックフライデーセールの内容についてご紹介します。Amazonのブラックフライデーセールではセール商品の数には限りがあり、在庫がない場合は「順番待ち」を申請することで在庫が発生次第手に入れることができます。

そして、カートに入れてから15分以内に決済手続きを完了させないと、カートから商品が削除されて、順番待ちの人の元へ商品が移ります。そのためカートに入れてからは出来るだけ早めに決済手続きをする必要があるので、購入する商品を決めてからカートに入れる方法がオススメです。

15分以内というルールを意識するあまり慌てて商品を購入して、必要ないものまで購入してしまうのは良くないので、あくまで冷静な判断を心がけましょう。ブラックフライデーになる前から小規模でのセールを開催していて、その対象商品をカウントダウンページで確認ができます。

Amazonブラックフライデーセールを開催する国について

Amazonは様々な国で利用されていて、「イギリス」「フランス」「ドイツ」「カナダ」「日本」「中国」「イタリア」「スペイン」「ブラジル」「インド」「メキシコ」「オーストラリア」「オランダ」「トルコ」「アラブ首長国連邦」の15カ国でAmazonが運営されています。

その中でブラックフライデーを開催しているのは、「アメリカ」「カナダ」「イギリス」「ドイツ」の4カ国となっていて、さらに2019年には初めて日本のAmazonでもブラックフライデーのセールが開催されました。

Amazonタイムセールでの注意点

Amazonはブラックフライデー以外のタイムセールでも同様ですが、カートに入れてから15分以内に決済をしないとカートから削除されます。

これは在庫が限られている商品でも、多くの人の期待に応えるためのシステムです。ただ、購入時に時間を気にしすぎて冷静な判断ができずに必要のないものまで購入してしまわないように注意しましょう。

日本のAmazonのブラックフライデーセールの魅力は?

海外のAmazonで大きな反響があったブラックフライデーセールが、2019年には日本のAmazonでも開催されました。今まで日本のAmazonでは開催されていなかったので大きな反響を呼び、大きなトラブルがなければこれから毎年ブラックフライデーセールは開催されるでしょう。

また、日本のAmazon特有のセールも行なっていてブラックフライデーにちなんだ「黒いものセール」というセールも開催され、黒色の商品が限定価格で販売されるというユニークなセールもありました。プライム会員数が増え続けているという背景を見込んでも、さらにお得な商品がセールに登場すると予想ができます。

サイバーマンデーへと続くセール期間

日本のAmazonでブラックフライデーがない時から「サイバーマンデーセール」というものを開催していて、このタイミングでも沢山のお得な商品を販売しています。もともとこのサイバーマンデーは海外でのブラックフライデーの次の月曜日にオンラインの売り上げが急増することから名付けられていて、このタイミングで多くのオンラインストアでセールが開催されています。日本のAmazonではブラックフライデーが開催される前の大型セールといえばプライム会員限定で参加できる7月の「Amazonプライムデー」と誰でも参加できる「サイバーマンデー」の2種類でした。

2020年においても例外なく開催されると思われ、12月4日(金)9:00〜12月8日(火)23:59までと予想されます。サイバーマンデーセールの内容はユーザー評価の高い商品を値下げする「特選セール」と売れ筋商品を期間限定で値下げする「数量限定タイムセール」の2種類があります。

さらにプライム会員場合は通常よりも30分早くこのセールに参加することが可能です。過去にはWifiモデルのKindleが半額で販売されていたり、サプリや食品などのカテゴリでも大幅値下げの商品が数多くありました。割引率の高い人気商品は競争率も高くなるので、事前にどのような商品が安くなるのかをチェックして計画的に各セールをお得に利用しましょう。

海外のブラックフライデーセールに参加する方法

日本だけではなく、海外のブラックフライデーセールに参加することも、海外のAmazonにログインすれば可能です。先程ご紹介した国でのAmazonブラックフライデーセールに参加して、お得に買い物することが可能です。

日本への配送を対応している商品も数多くあり、もし日本への配送をしていなくても転送サービスを利用するという方法もあるので心配は必要ありません。アメリカのAmazonだけではなく他の国のAmazonでもブラックフライデーセールは開催されていますが、最初は規模が最大級のアメリカのAmazonからチェックすることをオススメします。

ブラックフライデーセールに参加するときは計画的に

Amazonのブラックフライデーセールはとても人気のある大型セールで、実施する当日の1週間前くらいから小規模のセールが実施されています。Amazonに限らずサイバーマンデーまでの期間はオンラインショップではセールを実施しているところが多くあります。2019年のブラックフライデーを見てみるとAmazonではブラックフライデーの期間中ポイントアップキャンペーンも行なっていたので、今年のブラックフライデーセール期間中にも同様のキャンペーンが実施される可能性があります。

Amazonでは決済方法法として銀行振込やクレジット、代金引換などがありますが、オススメの決済方法はクレジットカードでの決済方法です。Amazonのポイントとは別にクレジットカードに付帯しているのポイントも溜まるので、沢山の商品を購入するなら還元率の良いクレジットカードを準備しておきましょう。飛行機を利用することが多い人はマイルが溜まるクレジットカードもオススメです。また、Amazon以外のオンラインショップでもブラックフライデーやサイバーマンデーにはセールを行なっているので、Amazon以外のオンラインショップも一度見てみると良いでしょう。

ブラックフライデーの次はサイバーマンデーへと続く

例年通りだと、Amazonではブラックフライデーの後にサイバーマンデーという大型セールも実施されます。サイバーマンデーでも多くのお得な商品が販売されるので、ブラックフライデーで資金を使い切らずに計画的に購入しましょう。

そして、サイバーマンデーが終わるとクリスマス、その後は年末年始など買い物シーズンになります。どのタイミングでどんな商品が安くなるかは定かではありませんが、ある程度購入する為の資金を置いておくことをオススメします。

サイバーマンデーではブラックフライデーセールより更に安くなっている可能性があるので、ブラックフライデーでは本当に欲しいものを購入してサイバーマンデーでは安ければ欲しいものを購入すると良いでしょう。それぞれのタイミングでAmazonでは特集ページがあるので、自分が購入する商品を事前に絞り込んだ方が効率的に購入できます。そのような事前準備をしておくと、無駄な出費を防ぎ、欲しい商品を確実に手に入れることも可能になります。

Amazon以外のオンラインショップでは、ブラックフライデーの期間中はセールをせずに後に続くサイバーマンデーやグリーンマンデー(12月の第2月曜)スーパーサタデー(12月の第3土曜)などに注力しているサイトもあります。たとえば、パタゴニアやREIはブラックフライデーに不参加です。

ブラックフライデーセールでの仕入れについて

今回ご紹介しているブラックフライデーセールのような大型のセールで、普段仕入れない商品を仕入れるのもオススメです。利益が出るという確信で仕入れるのではなく、新しいカテゴリの商品を取り扱うチャンスでもあります。

仕入れ値が安いということは、売れ行きが不調で価格を下げて販売しても赤字になりにくいので、積極的に新しい商品にチャレンジしましょう。とくにブラックフライデーで仕入れる商品は、そのままクリスマスや年末年始商戦にも使用できるので、想像しているよりも販売チャンスはあります。

ブラックフライデーセールで仕入れた商品はいつまでに売る?

ブラックフライデーセールでたくさん仕入れた商品は年末までに売り切るというのが一般的なセオリーです。というのも、年内に商品を捌ければ資産となって税金を支払う対象にもなり、長期間在庫を持つのはリスクがあるというのが一般的だからです。ただブラックフライデーで仕入れた商品で最大の利益を出したいのであれば、その時期に仕入れた商品で翌年まで戦えるのが理想的です。

なんといってもブラックフライデーセールなどのホリデーシーズンは仕入れ値が安く済むので、その分大きな利益も出しやすくなります。とはいえ、在庫をいつまでも抱える訳にもいかないので、過去のデータを確認して計画的に仕入れましょう。売れる商品を売れるだけ仕入れるというのが基本ですので、仕入れる商品は熟考して決めましょう。

ブラックフライデーセール中の為替について

海外から仕入れる場合、考えなくてはならないのが「為替」です。その時期が円安であればそれだけで仕入れ値が高くなるので、仕入れを抑えるというのは自然な考えです。

ブラックフライデーセール期間中に円安だとしても、セール期間中は通常よりも価格が大幅に下がるので、多少円安だとしても売れる商品は確実に仕入れるのがオススメです。海外のセールは日本のものと比べても値下がり率が大きいので、為替に関わらず確実に売れる商品であれば仕入れても問題ありません。

過去のブラックフライデーではどんな商品があった?

次は最近のブラックフライデーで販売されていた商品の中から、とくにオススメだった商品をご紹介します。もちろんその年によって商品の割引率は変動するので、参考程度にしてください。今回はAmazonだけではなく、他のサイトからもオススメの商品をまとめてご紹介します。

Target.comでブラックフライデー期間中のおすすめ商品について

アメリカでは売上5位の「Taeget Corporation」でもブラックフライデーにはセールを行なっています。今までに販売していおすすめの商品をご紹介します。この企業は過去にAIスマートスピーカーを販売する取り組みに力を入れており、ブラックフライデーでもAmazonEchoの「Dot」を公式では5980円のところ約3400円で販売していたり、「第2世代Echo」を公式では17980円のところ9100円で販売していたりしていました。

他にはGoogle Homeを公式では15400円のところ9000円で販売していたりと、target.comならではの価格で販売されていました。ほかに、iPhoneなどのガジェット系やゲーム機本体も安値で販売されています。

Macy’sのブラックフライデー期間中のおすすめ商品について

Macy’sはニューヨークに本部がある百貨店で、オンラインサイトも存在していて、基本的にオンラインでも店舗でも同様の商品が販売されています。「セービングパス」と呼ばれるクーポンがあるので、購入時はさらにお得に購入できます。

Macy’sでは「ドアバスター」という大売り出し商品があり、一人につき1商品のみの限定商品ですが様々なカテゴリから安く販売されています。過去にはエスティローダーのブラシセットを4345円ところ2145円で販売していたり、有名ブランドの服を60%OFFで販売していたりととてもお得に買い物ができます。

Best Buyのブラックフライデー期間中のおすすめ商品について

家電量販をしているアメリカの企業で、ブラックフライデーでは多くのお得商品を販売しています。通常よりもお得に販売されている商品は数多くありますが、Best Buyでは直接輸入することも可能で、オンラインで購入したものを日本へ配送することも可能です。

家電量販店ということで家電が安く販売されていて、「Insignia 58インチTV」が22000円で販売されたこともあり、通常価格よりも3万円程安く販売された事もあります。他には、日本でも販売されている「lemonvo 15.6インチ」のノートパソコンに22000円で販売されています。オンラインで購入するときは、日本でも使用できることを確認して、お得に買い物をしましょう。

OLD NAVYのブラックフライデー期間中のおすすめ商品について

GAPの系列であるOLD NAVYでもブラックフライデー期間中はセールを実施しています。今では日本でも展開しているブランドで、オンラインで購入することも可能です。キッズサイズも多く展開していることから家族層からの人気も高いブランドで、セール中は最大90%OFFで販売しています。季節的にも冬服を多く展開しますが、カジュアルなダウンなどが人気です。

Sepholaのブラックフライデー期間中のおすすめ商品について

フランスのLNMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの姉妹店で、化粧品や香水を取り扱っているブランドです。女性に人気のブランドでブラックフライデーの時期はギフトシーズンなのでセット商品が多く販売されます。

例えば「セフォラフェイバリット・スーパースターキット」は8000円ぐらいの商品ですが、半額以下の約3850円で販売されていました。さらにセール時期には会員限定のクーポンも配布されるので、事前に会員登録をしておくともっとお得に買い物ができます。

まとめ

通常のセールよりももっと大規模に開催されるブラックフライデーセールをうまく利用して、今よりももっとお得に上手に買い物しましょう。日本でも徐々に浸透しているセールなので、Amazonだけではなく好きなブランドでブラックフライデーのセールが行われているのか確認してみましょう。仕入れをする人も、他の企業よりも早くブラッフライデーを取り入れて利益を出しましょう。