物販

海外のAmazonは大規模市場!日本商品販売のポイント解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本国内での転売が軌道に乗ってくると、「次は海外へも手を伸ばしてみようかな」と思うもの。そこで、利用したいのが海外のAmazonです。

日本のAmazonやその他の通販サイトを利用して商品を販売したことがある方なら、海外のAmazonへの出品はそこまで敷居が高くありません。

この記事では、海外のAmazonを利用して商品を海外販売するコツや、気を付けるべきポイントを解説します。海外展開をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

世界における日本製品のニーズ

Amazonは世界中で事業を展開しているので、海外版Amazonを利用すれば国境を越えて商品を届けられます。Amazonを利用するユーザー数も多いので、日本の商品を出品すれば購入してもらえる可能性は日本版Amazonのみで販売しているときの何倍にもなります。

日本製品を売っていて利益は出るのでしょうか。日本製品のニーズについて見ていきましょう。

メイドインジャパンは信頼されている

メイドインジャパンというと、マンガやアニメを想像する人が多いかもしれません。日本のマンガやアニメは海外で非常に人気があり、それらの関連グッズが海外で良く売れます。

実際に海外のオークションサイトeBayや海外版Amazonを見てみると、日本のマンガやアニメに関連したDVDやグッズがかなりの高値で取引されています。

さらに、日本の有名メーカーの製品も海外では人気があります。例えば日本製の包丁は海外で人気が高く、外国人観光客が商店で買っている姿も見かけます。

このように、海外で人気がある日本製品は多いため、海外の通販サイトへ日本の商品を出品すれば、大きな利益を得られる可能性があります。

アメリカ版Amazonで日本製品を販売するメリット

Amazonは世界中に展開していますが、その中でもアメリカのAmazonは日本人にも馴染みがあるのではないでしょうか。アメリカのAmazonは英語表記なので比較的買い物がしやすく、日本へも配送してくれるため、日本人利用者も多いです。

ここからは、アメリカのAmazonで日本製品を販売するメリットについて解説します。

英語なので分かりやすい

アメリカのAmazonは全て英語で書かれているため、外国語が苦手な人でも翻訳サイトを活用すれば簡単に買い物ができます。

そして出品者向けのページも英語で記載されているので、中学生レベルの英語の知識があれば問題なく出品できるのがメリットです。

日本よりも市場規模が大きい

アメリカのAmazonは、市場規模が日本のAmazonとは比べ物になりません。具体的にAmazonが売上や出品数を公表しているわけではありませんが、日本の10倍程度の商品を販売していると言われています。

つまり、市場規模の大きいアメリカのAmazonこそ事業拡大にもってこいのマーケットなのです。

アメリカのAmazonへの出品者登録の方法

アメリカ版Amazonへの出品者登録の流れは、日本の出品者登録の際とほとんど同じです。しかし、全て英語で行わなければならないので、不安な人もいらっしゃいますよね。

ここからは、アメリカのAmazonへの出品者登録の方法を紹介します。

おおまかな流れ

アメリカのAmazonに出品者登録するのは、それほど難しくありません。まずは、ざっくりと流れをみていきましょう。

最初に行うのは、出品者に関する情報の登録です。名前や住所など一般的な情報を入力することになります。

次に、売上金の振り込みや手数料の引き落としのために、銀行口座またはクレジットカード番号を入力します。

そして、税金関連の情報を入力しますが、個人か法人か、あるいはアメリカ市民であるか等を入力するだけなので難しくはありません。

それから入力するのは、二段階認証設定など、ログインに関わる情報の設定です。ログイン情報の設定が終了すると、最後に出品する予定の商品ジャンルを登録します。

本人確認が必要

それでは、もう少し詳しい内容を見ていきましょう。

出品者アカウントを作成するには、氏名や住所、電話番号、メールアドレスの登録が必要です。これらは日本のAmazonにも登録していると思いますので、同じ情報を登録しておくと良いでしょう。

また、アカウント設定には本人確認のために運転免許証やパスポートなどの写しをアップロードして認証しなければなりません。出品者登録を開始する前に、有効期限の切れていない証明書を手元に用意しておきましょう。

運転免許証やパスポートを持っていない場合は、3ヶ月以内に発行されたクレジットカードの明細書でも構いませんが、氏名や住所が明記されているものに限ります。

二段階認証が必要

二段階認証とは、パソコンやスマートフォンの画面でIDとパスワードを入力するだけでなく、スマートフォンへボイスメッセージやテキストメッセージで認証番号を受け取り入力する仕組みです。

画面で指示された通りに自分の電話番号を入力し、テキストメッセージまたはボイスメッセージを受け取りましょう。

ちなみに、英語の聞き取りに自信のない方には、テキストメッセージをおすすめします。

不備があれば再認証可能

出品者の認証のための本人確認書類に何らかの不備があり、Amazonで不受理となった場合はメールで連絡が来ます。その際は、別の本人確認書類やクレジットカードの明細書の写しを再度送信すれば再認証してもらえます。

なお、認証はリアルタイムではなく、2・3日かかります。その間に出品する商品の準備を進めておきましょう。

セラーセントラルは日本と似ている

無事に出品者登録が完了すると、セラーセントラルにアクセスできるようになります。アメリカ版Amazonのセラーセントラルは日本と同じようなデザインなので使いやすくなっています。

英語が苦手な方は、表示言語を日本語に切り替えて利用しましょう。

連絡事項がある場合

Amazonから連絡事項がある場合は、セラーセントラルのトップページのフラグが赤くなります。重要なメッセージの可能性もあるため、ログインした際は必ず通知がないかどうかフラグの色をチェックするようにしましょう。

アメリカ版AmazonにおけるFBA出品

日本のAmazonでFBA出品は多く利用されています。AmazonのFBA倉庫を利用すると、自宅や倉庫に在庫を抱えることもなく、発送や商品管理も任せられるので大変便利です。

FBAはアメリカのAmazonにもあります。ここからは、アメリカ版AmazonにおけるFBA出品について解説します。

通関手続きもおまかせできる

Amazonで商品を販売するには、商品の梱包・発送、手数料の支払いといった様々な作業をこなす必要があります。海外のAmazonに出品するとなると、通関手続きも発生します。

そのような時間と手間のかかる作業を代わりに行ってくれるのがFBAです。

海外へも発送してもらえる

アメリカ版Amazonのマーケットプレイスで実施されているFBA海外配送プログラムのおかげで、商品をアメリカだけでなく他の国にも販売できるようになりました。

FBA出品していれば、アメリカ以外の外国から注文を受けた場合でも通関手続きをAmazonが代行してくれるからです。

もちろん、アメリカ以外の国に商品を販売したくない場合は、自分のセラーセントラルから配送制限をかけることも可能です。また、商品によっては海外発送できないものもあります。例えば、書籍はアメリカからカナダに発送できません。

返品処理も任せられる

FBA海外配送を利用して出品していた商品の購入者が返品を希望した場合はどうなるのでしょうか。

その場合も心配はありません。海外配送サービスでは、Amazonが出品者の代わりに商品を発送してくれるだけでなく、返品の場合もAmazonが対応してくれます。

商品の返品が完了すれば、Amazonが購入代金を返金してくれます。

海外のAmazonで売れない商品

せっかく日本以外のAmazonに商品を出品したとしても、商品選定や価格設定を間違えると全く売れないこともあります。

中国製品は売れにくい

中国から輸入した安い商品を、日本のAmazonなどのECサイトで販売している人は多いです。その感覚のまま、アメリカのAmazonで中国製の製品を出品してしまうとまず売れません。

なぜなら、安い中国製の商品はすでに中国の企業が大量にアメリカのAmazonで販売しているからです。

中国から安く仕入れた商品は、日本のフリマアプリや通販サイトを利用して販売していきましょう。

値段を考えなければ売れない

日本のマンガ・アニメや、その関連グッズは海外で売れ筋商品になっています。しかし、何でも売れるという訳ではありません。

海外ではeBayであらゆるグッズが安価で取引されているので、Amazonに高い値段で出品しても全く売れないでしょう。

日本の良さや強みをアピールしなければならない

せっかく日本人として海外のAmazonへ日本の商品を出品しているのに、日本の良さや強みをアピールしないのはもったいない話です。

例えば、海外製のアパレル商品の場合、デザインは型通りだし、使われている素材がタグ等に記載されていないものも多いです。

これに対して、日本製のアパレル商品は、デザインだけでなく素材にもこだわって作られているものが多く、素材もタグの表記通りだと海外から信頼されています。

商品説明を記載する際も、「Made in Japan」と書くだけでなく、素材やその商品の歴史、こだわりなどを分かりやすく記載しておけば、今以上に購入してもらえるようになることは間違いありません。

ライバルの多い商品

日本の商品は海外で人気が高い分、日本製品を扱うライバルの数も多くなっています。

ここからは、取扱う出品者が多い商品を紹介します。

有名なメーカーの商品は強敵が多い

任天堂やバンダイナムコなど、日本の有名なゲームメーカーの商品は海外で良く売れます。そのため、ライバルが非常に多くいます。

この手の商品を出品すると、価格競争に巻き込まれがちです。輸出転売の初心者は手を出さない方がよいジャンルと言えるでしょう。

ランキング上位は避けるべき

海外のAmazonでも日本版Amazonと同様に、売れ筋商品をチェックするにはランキングを利用するのが一番です。

ランキング上位にある「Made in Japan」の商品は、日本だけでなく海外でも売れている日本製品です。しかし、ランキング上位の商品を仕入れる出品者の数は非常に多いため、そのような商品を販売しても大きな利益は見込めないでしょう。

リピーターを獲得できればチャンスはある

日本製のフィギュアやおもちゃも海外で人気が高いので、ライバルも増えがちです。

しかしフィギュアやおもちゃを購入する人は一度購入した出品者から続けて購入することが多いので、購入者の信頼を勝ち取ることができれば有利になります。フィギュアやおもちゃを取扱う日本の問屋は多いので、まずは信頼できる問屋を探しましょう。

高品質な日本製のフィギュアやおもちゃを他の出品者よりも低価格で提供できれば、リピーターがつく可能性は高まります。

ライバルの少ない商品

逆にライバルが少ない商品も存在します。このような商品は、特に転売初心者におすすめです。

あまり知られていないメーカー商品

先ほどご紹介した任天堂やバンダイナムコのような大手メーカーの商品は、知名度が高いためライバルが非常に多くいます。転売初心者がいきなり参入しても、ベテラン勢に押しつぶされてしまうのがオチです。

一方で無名ではないけれど、有名でもないメーカーの商品は、ライバルが少ない傾向にあります。例えば、エポック社は、「シルバニアファミリー」や「アクアビーズ」を販売しているメーカーですが、エポック社という名前を聞いただけでは何の会社なのかわからないという人が多くいます。

このように、有名な商品を販売しているにもかかわらず名の売れていないメーカーの商品なら、取り扱っている転売ヤーはそこまで多くないので狙い目です。

FBAで利益が出にくい商品

海外のAmazonにおいても、FBA出品を利用する人は多いですが、1個1,000円以下の商品など比較的安い商品を販売するとなると、FBAの手数料の方が高くなってしまいあまり利益が出ません。

しかしFBA出品で利益の見込めない商品は取り扱う人が非常に少ないので、逆にチャンスとも言えます。もちろん、経費を削減するために、梱包や配送の手続きは自分で行わないといけません。また、海外の購入者に安く発送する方法も考えなければなりません。

例えば、2kg程度の荷物を海外へ送る場合、EMSだと3,300円かかってしまいますが、小型包装物(SAL便)を選べば半額の1,680円で送れるのでリーズナブルです。

日本の商品を海外販売しよう

海外販売には不安がつきものです。しかし、悩んでいるだけでは前に進めません。とりあえず、アメリカ版Amazonで出品者登録を済ませて、商品を出品してみましょう。

最初は利益が出ないかもしれません。それどころか、大赤字になってしまうリスクもあります。それでも、海外販売を続けていれば経験とスキルは自然と身についてきます。

成功したときのリターンは、日本だけで物販をしている時とは比べ物になりません。諦めず試行錯誤しながら頑張ってみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る