物販

危険物をAmazon(アマゾン)のFBA倉庫へ納品する際の注意点

AmazonのFBA出品を利用している方の中には、自分でも気づかないうちに危険物を販売してしまっている人がいます。

Amazonで危険物を販売するには守らなければならないルールがあります。危険物に対して正しい知識を持っていないと、人に危害を加えてしまう場合もあります。

そこで、この記事では、Amazonにおける危険物商品の確認方法や、危険物を扱う際の注意点を解説します。

Amazonにおける危険物とは

一般に、危険物とは、アルコール類や石油など「火災が発生するリスクの高い物質」や、「火災が発生した時に被害が増大する恐れのある物質」、さらに「消火するのが困難な物質」のことを指します。

例えば、石油ファンヒーターに使われている灯油は引火点が40℃以上なので、気温が引火点以上になると火災のリスクが高まります。灯油は、危険物の中でも第2石油類に分類されています。

では、Amazonは危険物をどのように捉えているのでしょうか。

危険物確認ガイドで危険物を確認する

Amazonが指定している危険物とは、燃えやすい成分を含んでいるものや、飲み込むと口や舌等に火傷を負う危険がある成分を含んでいるものなど、人や生物に危害を生じさせるおそれのある物質のことです。また、商品運送中の揺れや気温などに敏感に反応する物質も危険物に含まれます。

危険物と言うと、先ほど例に挙げた石油や灯油などをイメージされるかもしれませんが、実は私たちの身近にも危険物は多く存在します。例えば、衣類のしみ抜き剤や香水、虫除け剤も危険物に含まれる可能性があります。

しかし、AmazonへFBA出品しようとしている商品が危険物に該当するかどうかは、素人判断では難しいものがあります。

そこで利用できるのが、Amazonが公開している「危険物確認ガイド」です。危険物確認ガイドを読み、危険物に対する理解を深めておくことで、これから仕入れる商品がAmazonでFBA出品できるかどうか、ある程度自分で判断できるようになります。

参考:危険物確認ガイド

危険物であっても出品できる商品

Amazonでは、危険物であっても販売できるものもあります。例えば、普段私たちが利用している携帯電話やモバイルバッテリーに含まれる「リチウムイオン電池」は危険物です。具体的には、リチウムイオン電池に使われている電解液が石油と同じように引火性があるため危険物に分類されています。

しかし、Amazonが指定する一定の条件を満たしていれば、リチウムイオン電池を含むモバイルバッテリー・携帯電話・カメラ・充電器などをFBA出品することができます

また、強い磁気を帯びているマグネット類は磁場を発生させ空輸の際に大変危険なため、一般に危険物扱いされます。

しかし、Amazonでは一定の要件を満たしているものならFBA出品が可能です。とはいえ、航空便で商品を送る際は、磁気を遮断する梱包が必要です。

危険物をFBA出品する際にすべきこと

Amazonで危険物をFBA出品するには、特別な手続きが必要なのでしょうか。

ここからは、Amazonで危険物をFBA出品する際にすべきことを紹介します。

危険物に関するマニュアルを熟読する

Amazon出品大学」というAmazonのサービスをご存知でしょうか?ここでは、Amazonに出品する人なら必ず目を通しておくべきノウハウが詰まった動画や資料が公開されています。まだ利用していないという方は、必ず目を通しておきましょう

参考:Amazon出品大学

Amazon出品大学では、危険物の可能性がある商品をFBA出品する際の方法やルールを記載したマニュアル「危険物におけるFBAご利用マニュアル」も公開しています。香水や虫除けスプレーなどを販売しようと考えている人は、まず読んでおいてください。

参考:危険物におけるFBAご利用マニュアル

Amazonへ申請する

実際にAmazonのFBAへ危険物を出品する際は、Amazonへ申請して許可を得なければなりません。申請は、Amazonが公開している「危険物におけるFBAご利用マニュアル」の中に記載されている申請フォームへのリンクから行います。

申請フォームへのリンクをクリックすると、リクエストフォームへアクセスできるので、出品者トークン(大口契約の出品者のみに割り当てられる固有の識別子)とショップ名を入力しましょう。

次に、危険物に関するマニュアルを熟読します。理解が不十分な部分に気付いたら、必ずマニュアルを読み返しておきましょう。また、出品者が申請フォームを提出してから許可が下るまで7日前後かかります

無事に危険物出品の許可が下りればAmazonからメールが届くので、いよいよ商品が出品できるようになります。出品は、一般的な商品を納品する場合と同じように行います。ただ、危険物をFBA倉庫へ送る際は注意点がいくつかあります。

危険物を含む商品は、一般的な商品と一緒の段ボールで納品できません。危険物用に別の段ボールを用意して緩衝材も紙製の物を使用する必要があります。また、段ボールの外側に「危険物在中」と書いた紙を貼り付ける必要があるので注意してください。

商品が危険物かどうかを確認する方法

Amazonが公開している危険物に関するマニュアルを読んでも、実際に取り扱う商品が危険物なのか判断が難しい時はあります。そんな場合でも、自分の取り扱う商品が危険物かどうかを確認する方法があるので、ご紹介します。

アプリを使う

すでにAmazonで商品を販売している方なら「Amazon Seller」というアプリをご存知ですよね。「Amazon Seller」は簡易出品や商品管理ができるアプリで、出先でパソコンがない場合でもアプリからササッと商品について確認できます。

購入希望者から質問が届いた場合でもこのアプリを使えばすぐに回答できるため、出品者としての信頼度も高まるでしょう。

そんな「Amazon Seller」ですが、商品の危険物チェックも行えます。まだ利用していない場合は、手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードしておきましょう。

出品禁止マークを確認する

それでは、「Amazon Seller」アプリを使って出品したい商品が危険物かどうか確認してみましょう。

まずは、アプリを立ち上げて、一般の商品を登録する時と同じ様に販売する商品名を入力してください。手元に商品があれば、バーコードを使った検索も可能です。

商品を検索した結果、その商品が危険物に該当する場合は出品禁止のマークが表示されます。このような商品は、FBA出品できません。

特に「Amazonで危険物として規制される可能性のある商品一例」の中に含まれている商品の場合は、きちんとアプリで確認しておきましょう。

参考:Amazonで危険物として規制される可能性のある商品一例

梱包注意のマークもある

商品によっては、危険物のマークではなく段ボールのようなマークが表示される場合があります。

これは「梱包に注意してください」という意味のマークです。例えば、商品に液体が含まれている場合は、ビニール袋で梱包するなど、Amazonが指定した梱包方法で納品しなければなりません。

参考:液体を含む商品の梱包

パソコンでも危険物を確認できる

また、アプリを利用しなくても、パソコンで危険物かどうかチェックする方法もあります。Amazonのセラーセントラルにログインすれば、「ASINチェックツール」が利用できます。「ASINチェックツール」は、対象の商品が危険物かどうか判別できるツールです。

このツールを利用すると、アマゾン独自の識別番号であるASINを使って商品が危険物かどうかをチェックできます。危険物である場合は「この商品は危険物です」と表示されるので大変分かりやすいです。

スマートフォンのブラウザからも確認できる

家でパソコンを利用してチェックするなら上記の方法でも構いませんが、リサイクルショップなどで商品を仕入れる際に確認したいときもありますよね。実際にお店まで出向いて仕入れる場合でも「ASINチェックツール」が便利です。

スマートフォンでは、Google ChromeやSafari等のインターネットブラウザを使って「ASINチェックツール」を使用します。アクセス方法はパソコン版と同様にセラーセントラルにログインしますが、セラーセントラルの表示バージョンをパソコン版にしてみましょう。するとツールが使用できるようになります。

危険物を仕入れてしまった場合

仕入れた商品が危険物だと後から分かった場合でも慌てる必要はありません。危険物であっても、FBAを介さず自分で発送するように設定すればAmazonでも販売できます

また、ヤフオクやラクマなどの個人間取引サービスに出品するのもおすすめです。その際は、液体が漏れないようにビニール袋で梱包したり、リチウムイオン電池を含む電化製品に衝撃が加わらないように緩衝材を使って梱包したりする等、工夫して発送しましょう。

引火性液体を出品するための申請方法

一部のヘアオイルや虫除けスプレーのような引火性液体をFBA出品するには、事前に申請しておく必要があります。事前申請の方法は、Excelを用いた方法とセラーセントラルから行う方法の2種類があります。

Excelで入力して申請する

まずは「引火性液体 事前申請リクエストフォーム」にアクセスします。

参考:引火性液体 事前申請リクエストフォーム

フォームへの入力作業を始める前に、ページ中央付近にあるExcel方式の「引火性液体事前申請フォーム」をダウンロードし、ASIN・商品名・過去30日の販売個数を入力しましょう。入力が終わったらパソコンに保存し、申請リクエストフォームにアップロードします。

上記作業後、各フォームの入力を進めてください。最後にページ右下のボタンをクリックすると申請できます。

問い合わせから申請する

セラーセントラルからテクニカルサポートへ問い合わせることで、危険物納品の許可をお願いすることもできます。問い合わせ方法は、Eメール・電話・チャットの3種類がありますが、危険物納品許可申請の場合はEメールが最適です。

Excelの場合と同様に、Eメール内に取り扱いたい商品のASINと商品名、間近30日間の販売個数を入力してください。このEメールを送信すると、1週間前後で返事が届きます。

危険物納品の際に気を付けるべき点

危険物の納品許可が下りれば、いよいよAmazonで危険物を含む商品を販売できるようになります。しかし、危険物のFBA出品には気を付けなければならない点が多くあります。

ここからは、危険物納品の際に気を付けるべき点を解説します。

段ボールに「危険物在中」と貼る

FBA倉庫へ商品を送る時は、商品を詰めた段ボールに「危険物在中」と分かりやすく記載した紙を貼り付ける必要があります。紙のサイズもA5以上と決められています。

納品できるサイズは小型・標準のみ

FBA倉庫へ送ることができる商品のサイズは、小型・標準サイズのみで、大型サイズの商品は納品できません。十分理解した上で取り扱う商品を選定しておきましょう。

一般商品とは別の段ボールに入れる

危険物は危険物でない一般商品と同梱して納品することはできません。必ず、危険物と一般商品は、それぞれ別の段ボールを使用してFBA倉庫へ送りましょう。

梱包材は紙製のみ

危険物の梱包に使用できる梱包材や緩衝材は紙製のものに限ります。インターネット通販でよく利用されるビニール製の緩衝材は使用できません。

商品ラベルの貼り付け

FBA倉庫へ納品する商品には必ず商品ラベルを貼り付けなければなりません。ただし、読み取り可能なバーコードがついている商品であれば、商品ラベルの貼り付け作業をAmazonに代行してもらえる場合があります。

参考:商品ラベル貼付サービス

危険物について正しく理解しよう

危険物というと石油や灯油などをイメージしますが、私たちが普段使っているマニキュアや虫除けスプレーなども危険物に含まれる場合があります。そのため、AmazonのFBA出品を利用する際は、必ずAmazonが公開しているマニュアルを熟読しましょう

Amazonでの危険物の取り扱いをきちんと理解しておけば、危険物の販売はそれほど難しいものではありません。信頼される出品者になるためにも、危険物について正しい知識を身につけた上で商品を販売するようにしましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。