物販

せどりをするならAmazonランキングをチェック!Amazonランキングを参考にしつつ仕入れる方法を徹底解説

せどりの仕入れに使うことが多い、Amazonランキング。せどりを始めたばかりの初心者の方でも一度は聞いたことがあると思います。

この記事では、Amazonランキングを仕入れに使う方法を解説します。おすすめのカテゴリなども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

せどりで使うアマゾンランキングとは

ここでは、せどりで活用するAmazonランキングについて紹介します。

商品の売れ行きを表したもの

Amazonランキングとは、商品の売れ行きを表したページのことです。とりあえず、ランキングの高い商品は人気商品で、低いものは需要のない商品と考えて間違いありません。

カテゴリ別に設定されている

商品カテゴリによって仕入れ対象となりえるランキング順位は異なります。例えば、DVDなら、4万位~5万位程度までを目安にするとよいでしょう。これ以下の順位になると、売れ行きが悪くなり不良在庫を抱えるリスクが増大します。カテゴリー別のおおまかな基準は以下の通りです

・CD:~10万位
・ゲーム:~4万位
・家電:~5万位
・ドラッグストア:~3万位
・ホーム&キッチン:~4万位
・おもちゃ:~4万位
・車、バイク:~3万位
・本:~20万位

仕入れの基準となる

ある程度の目安をつけてランキングを確認していくと、売れる商品とそうでない商品が分かってきます。どのくらいの利益が取れるのか正確に把握すれば、仕入れの失敗を減らせるでしょう。数値という明確な基準をとるため、リサーチも楽になります。

Amazonランキングを確認する方法

ここでは、Amazonランキングを確認する方法を紹介します。

商品ページから確認する

商品ページの中腹にある「登録情報」に書かれている「Amazon 売れ筋ランキング」から、カテゴリとランキングを確認できます。

モノレートから確認する

せどりで有名なツール「モノレート」でも、Amazonランキングを確認できます。

参考:モノレート

商品名・JANコード・Amazonコードを入力して、仕入対象となる商品を検索してください。

グラフ情報に表示されているのが、Amazonランキングです。


ランキングの注意点

ここでは、ランキングを利用する時の注意点を紹介します。

参考程度にする

Amazonランキングはちょっとした要因で変動するため、参考程度にとどめておくのが良いでしょう。普通なら仕入対象となる商品でも、一時的に売れ行きが悪くなるだけでランキング外になることもあるからです。逆に、普通は仕入れ対象とならない商品でも、一時的なトレンドでランキング内に入ることもあります。

Amazonランキングは、あくまで仕入れの目安として利用しましょう。

グラフだけで判断しない

モノレートに表示されるグラフだけで判断すると、売れる商品を見落とすことがあります。例えば、Amazonがメーカーと専属契約を結んでいる商品は、出品者数は一人になるため、売れない商品と思われがちです。しかし、実際は高回転で売れるため、十分仕入れ対象になります。

競合者が多すぎる商品は売れない

いくら高回転で売れる商品といっても、競合者が多すぎると売れません。1日5個売れる商品であっても、100人以上のライバルがいれば、売れる確率は低くなります。

競合者が増えると、ショッピングカートを取らない限り、安定した利益は見込めません。ショッピングカートを取るにしても、100人以上のライバルとの戦いとなるため、時間的にも不利です。自分がカートを取れる保証もないため、初心者せどらーはライバルが少ない商品を狙う必要があります。

商品が売れるとランキングが上がる

Amazonランキングは、あまり売れない商品でも高順位になることがあるので、実際どの程度売れるかはモノレートで確認する必要があります。ランキングだけでなく新品商品が売れているのか、中古商品が売れているのかもしっかりチェックしましょう。「モノゾン」などの無料ツールを利用して、新品・中古品の売れ行きを確認してください。ブラウザはGoogle Chrome必須です。

Amazonが販売している商品は避ける

人気商品になると、Amazon自身が販売しているケースがあります。このような商品はAmazonが販売権を握っているため、避けた方が無難です。Amazonからしても、わざわざ他のせどらーにショッピングカードを譲るような真似はしません。

すでにAmazonが販売してる商品を出品している場合は、別ルートで販売するか、価格を下げてショッピングカートを取得しましょう。値下げ合戦をしたくないなら、他の販路を探すのもおすすめです。

せどり仕入れにおすすめなカテゴリ

せどりで仕入れる商品は、様々な種類がありますが、売れるジャンルというのは限られています。

ここでは仕入れにオススメな商品ジャンルを「出品制限の有無」「手数料率」とともに紹介します。

CD

・出品制限あり
・手数料15%

CDは、新規セラーに出品制限がかけられており、保管スペースにも困らないためおすすめです。ただし、レンタル落ちのCDは偽物として扱われることもあるため、取り扱わないようにしましょう

出品制限の解除方法は公開されていません。ただ、Amazonセラーとしての実績が大切な事だけは確かです。

カー用品

・出品制限なし
・手数料10%

車やバイク屋さんとの繋がりがある場合は、カーナビ・ドライブレコーダー・ハンドルカバーなどのカー用品がおすすめです。ある程度の知識が必要なため難易度は高めですが、ライバルが少ないため高利益を狙えます

ホーム&キッチン

・出品制限なし
・手数料15%

家電量販店やホームセンターで仕入れるなら、鍋・掃除機・フライパン・包丁などのホーム&キッチンがおすすめです。ホーム&キッチンは、対象商品が多くせどりに向いていると言えますが、大きめの商品になると保管スペースを確保する必要があるため、ご自身の保管スペースに合った商品を仕入れていきましょう。

ホビー

・出品制限なし
・手数料 10%

知識に自信があるなら、フィギュア・トレーディングカードなどのホビー用品がおすすめです。ライバルが少ない割に商品数が多いため、安定した利益が見込めます。

おもちゃ

・出品制限なし
・手数料 10%

おもちゃは、プレミア出品も狙えるカテゴリです。マニア向けの商品を仕入れられれば、高い利益率も見込めるでしょう 。初心者はテレビで放送されているキャラクターなどのトレンド商品を狙うのがおすすめです。

食品・飲料

・出品制限あり
・手数料 10%

ライバルが少ない市場を狙うなら食品カテゴリがおすすめです。ある程度厳しい出品条件が付きますが、申請を突破すれば安定した利益を上げることができます。消耗品も多いため、リピート販売も可能です。ただ、出品ルールは厳格に守らなければなりません。慣れるまでが難しいカテゴリといえるでしょう。

ドラッグストア

・出品制限あり
・手数料 10%

食品よりも消耗品が多いカテゴリです。メーカー既製品なども多いですが、ハマれば大きな利益を得ることができます。

PC周辺機器

・出品制限なし
・手数料 8%

商品数・回転率・利益率など、全ての項目のバランスが良い仕入れカテゴリです。実店舗でもネットからでも、利益の出る商品を仕入れることができます。仕入先に困らないジャンルなため、初心者にもおすすめです。ただし、海外から仕入れる時は、偽物に注意しましょう。

家電&カメラ

・出品制限なし
・手数料10%

最もポピュラーな仕入れカテゴリです。単価が高いものが多いので、資金に余裕のある人向けのジャンルです。精密機械が多くなるので、梱包・発送は厳重に行う必要があります。

ゲーム

・出品制限なし
・手数料 本体8%その他15%

子供の頃からゲームに慣れ親しんだ人には一番やりやすいジャンルです。保管スペースもそれほど必要ないため、小口出品でも対応できます。

まとめ

Amazonランキングは、せどり仕入れの参考程度にしかなりません。ちょっとしたことで変動するため、モノレートとの併用が必須です。

競合者が多すぎると、売れる商品でも売れなくなるため、初心者のうちは薄利多売がおすすめです。もっとも、利益を出すというよりは、自分の興味のあるカテゴリから始めてせどりに慣れることを目標にしましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。