物販

Amazon(アマゾン)セラーIDや、AmazonMWSを利用してビジネスを加速させる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonを使った輸出入ビジネスにおいて必要になってくるのが「リサーチ」です。

自分の予想や直感だけで商品を購入・選定・出品したところで売れる保証はありません。もちろん、たまたま売れることはあります。しかし、運は長続きしません。高い確率で売れる商品をリサーチした上で「安く仕入れて高く売る」のが輸出入ビジネスの鉄則なのです。

今回は、売れ行きが好調なライバルセラーを調べるために欠かせない「セラーID」の抽出方法や、セラーIDを抽出することによって可能になる「商品リサーチ」について書いていきます。

セラーIDを使ったリサーチは、Amazonを使った物販ビジネスで成功するためのに欠かせない手法です。

また、後半部分では、Amazonで輸出入ビジネスを行う上で、効率的な商品管理を可能にする「AmazonMWS(AmazonマーケットプレイスWebサービス)」について紹介しています。

Amazonで物販事業を行っている方や、これから始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

まずはセラーIDを知ろう!

セラーIDとは、Amazonマーケットプレイスにおける出品者の固定IDのことを指します。出品者ごとにIDは異なり、別名「出品者ID」ともいわれています。

このセラーID(出品者ID)を知ることは、売れ筋商品を調べるための最初の一歩となります。Amazonを使ってビジネスを行うのであれば、必ずチェックしておきましょう。

では早速、セラーIDの確認方法を見ていきましょう。

セラーIDの確認方法

ここでは「Nintendo Switch」を検索した場合を例にとって紹介していきます。

セラーIDを確認するには、まず商品ページに飛ぶ必要がありますので、商品名を検索するところから始めましょう。

Amazon検索窓に「Nintendo Switch」と入れる

まずは、Amazonへアクセスしてください。

Amazonのトップページが開いたら、その検索窓に「Nintendo Switch」と入れてください。

いくつか候補の商品が表示されますので、Switchの「本体」が売られている商品をクリックします。

参考例:Nintendo Switch 本体 ネオンブルー/ネオンレッド

ページ右側の「新品/中古品」または下部の「新品の出品」をクリック

商品ページに移動したら、商品説明のページ右側の「新品/中古品」または下あたりにある「新品の出品」と書かれた文字をクリックしましょう。

出品者の一覧が表示されるのを確認してください。

「販売/出品」欄の出品者を選択

「販売/出品」欄の出品者を選択します。ここでは例として、「harunao store」を選択しました。

選択すると、出品者情報のページに移動します。

ページ上部のURL内をチェック

移動した出品者ページのアドレスバーをチェックしてください。

「&seller=」の後に続く、アルファベット「A」から始まる13または14桁の文字列が「セラーID」です。

このページの場合だと、「AA1DO8CCLARSE」の文字列がそうです。

出品者の商品一覧ページへのアクセス

出品者名である「harunao store」の表記の下にある「harunao storeのストアフロント」というリンクをクリックすると、出品者の商品一覧ページにアクセスすることができます。

このページを見れば、ライバルセラーがどのような商品を出品しているのかが分かります。

AmazonセラーIDの活用方法とは?

AmazonセラーIDの調べ方が分かったところで、次はセラーIDの活用方法を学んでいきましょう。

AmazonセラーIDを使ってどのような情報を取得でき、また活用していくことができるのかチェックしてください。

Amazon輸入無在庫販売に活用

セラーIDを活用すると、日本のAmazonサイトから無在庫販売を行っている出品者を見つけることができます。

その出品者が販売している商品をチェックすれば、無在庫販売に適した商品がわかります。

Amazo輸出無在庫販売に活用

同じようにセラーIDを活用して、アメリカのAmazonサイトから無在庫販売を行っている出品者を見つけることもできます。

FBA出品商品や、相乗り出品すべき商品のリサーチにも使える

ライバルセラーがどのような商品をFBA出品しているのかチェックする際にも、AmazonセラーIDは使えます。セラーリサーチを行い、FBA販売商品を見つけることはAmazon輸出入で稼ぐ上で欠かせません。

また、相乗り出品すべき商品を探す際にもAmazonセラーIDは有効です。その際は、「出品数は少ないが、評価は高い」という出品者にターゲットを絞ると効果的です。

相乗り出品を行うことができれば、既にある商品ページに便乗して出品できるため、別途商品画像を用意したり商品説明を記載したりする手間が省けます。

ビジネスを成長させるAmazon MWS とは?

AmazonMWSとは、AmazonマーケットプレイスWebサービスの略で、「統合されたWebサービスAPI」のことを指します。

このサービスを利用すれば、出品や注文、支払い、レポートなどのデータをAmazonと交換することができるようになります。これにより、高いレベルでの販売自動化が実現するため、出品者のビジネスを成長させることが可能です。

AmazonMWSの使用に手数料はかかりませんが、使用するにあたり「出品者アカウント」とAmazonMWSへの登録が必要になります。

まずは、AmazonMWSの魅力について見ていきましょう。

Amazon MWS でできることを知ろう

AmazonMWSを使うと、「在庫管理」や「注文管理」、「レポートの管理」を行うことができます。

在庫管理では、在庫品の一括アップロード、商品の追加や確認をすることができ、商品の価格情報などを調べることができます。

注文管理では、注文情報のダウンロードと支払いデータの取得、注文承認やレポートのスケジュール化が可能です。

レポートの管理は様々なレポートを調べ、ダウンロードすることに役出つ機能となっています。

さらに、FBA出品者は、納品手続きのステータス確認や、注文された商品がAmazonフルフィルメントセンターを出た後の配送を追跡することも可能になってきます。

AmazonMWSを使わないと利益は出ない?

AmazonMWSを使えばビジネスの成長速度は早まりますが、使用しなくても利益を出すことはできます。

輸出入ビジネスを行っている一般的な出品者は、Amazon.co.jpとヤフオクなどのサイトから商品1つ1つを調べ出し、それらを比較することで輸出入ビジネスを行っています。

しかし、利益が出る商品を探すために、リサーチに多くの時間をかけている出品者が多いことも事実です。

AmazonMWSを使うことで、例えばAmazon.comとAmazon.co.jp内のすべての商品から利益が出る商品だけをピックアップすることができるようになるため、リサーチにかける時間を大幅に削減することができます。

より効率的に輸出入ビジネスを行いたい人にとって、AmazonMWSの利用は必須といえるでしょう。

AmazonMWSに登録する方法は?

それではAmazonMWSに登録していきましょう。

AmazonMWSを使えば色々な情報を得ることができ、また無料ということで魅力的なサービスですが、利用にはいくつかの条件があります。

事前準備

AmazonMWSへの登録には大口出品アカウントが必要です。大口出品アカウントをお持ちでない方は、事前に登録を済ませておきましょう。

また、SMSによる本人認証も必要なため、着信可能な電話番号を用意してください。

クレジットカード情報や商品情報を入力することになるので、事前に確認しておいてください。

必要事項の入力

それでは、登録していきます。

まずは、MWSの登録画面に進みましょう。

参考:AmazonMWS登録

「登録をクリックします」をクリックしてください。

「アプリケーションを使って、マーケットプレイスWebサービスにアクセスすることを希望します。」という欄がありますので、こちらをクリックして選択しましょう。

次に、アプリケーション名の空欄に名前を入力する必要があります。必ずしも正確な名前である必要はありません。

「アプリケーションの開発者アカウント番号」の欄には、MWS開発者アカウントIDを入力してください。

「開発者が、私の出品用アカウントでマーケットプレイスWebサービスを使用することを許諾します。」のタブはチェックしないよう注意しましょう。

その他の「開発者氏名」や「開発者アカウント番号」への記入の必要はありません。

ライセンス契約同意画面

「次へ」を押すと、ライセンス契約同意画面に画面が移ります。

2カ所に選択するタブがありますので、こちらをチェックして「次へ」をクリックします。

選択する前に、「AmazonマーケットプレイスWebサービス・ライセンス契約に同意しました」というリンクが貼られた文章がありますので、クリックして内容を確認しておいてください。

登録情報のメモが必須

2つの登録画面を経て、情報の登録が完了します。

「手続きが完了しました」という画面に来ます。こちらの画面で表示される情報については今後メールなどで送られてくることはないため、このページを印刷するかスクリーンショットを取るなどして保存しておきましょう。

出品者IDやMWS認証トークンを確認する

AmazonMWSへの登録が完了して表示される画面には出品者IDなどの情報が記載されています。

出品者IDやMWS認証トークンは「価格改定ソフト」のアカウント作成にも使用できるため、しっかり記録しておきましょう。

Amazonの機能を使ってビジネスを効率化させよう!

Amazonを使った輸出入ビジネスは、誰でも始めることができ、しかも無料でAmazonが提供している色々なサービスを利用することもできます。

セラーID(出品者ID)を使った商品リサーチができるのもAmazonの特徴です。

また、なるべく利益の出る商品を効率的に抽出してくれる機能は、AmazonマーケットプレイスWebサービスでこそ体験することができます。

ぜひ、Amazonの各種機能を活用してビジネスを効率化してください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る