特集

Amazonでお得なカードはJCBだけではなかった!他のお得なカードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

通販サイトでの決済にクレジットカードを使う人は多いと思います。中でも、Amazonでの決済にクレジットカードを利用している方はかなり多いのではないでしょうか。

今回は、Amazonでの決済に使うとより多くのポイントが付与されるお得なクレジットカードをご紹介したいと思います。

Contents

Amazonでお得なクレジットカードとは?JCB以外にも3種類あった!

JCBカードは、Amazonで使うとポイントが貯まりやすいことで有名です。しかし、お得なクレジットカードはJCBだけではありません。

Amazonで買い物をしてもAmazonポイントはそんなに貯まらない?

通常、大手通販サイトで買い物をすると、そのサイトが運営するポイントが付与される事が多いと思います。たとえば、YahooショッピングだとTポイントが、楽天市場なら楽天スーパーポイントがそれぞれ付与されます。

しかし、Amazonで買い物をしてもAmazonポイントが還元されるケースは多くありません。そうなると、Amazonで買い物をして貯まるポイントはクレジットカード会社が還元するポイントと言う事になります。

「JCB CARD W」の特徴とは?

最初は、JCBが発行している「JCB CARD W」をご紹介します。このカードなら、条件次第ではAmazonでの決済毎に購入金額の2%分のポイントがつきます。

ただ、年齢制限があるのがネックで、39歳までの人しか申し込むことができません(なお、いったんカードを保有してしまえば、40歳を過ぎても使えます。)。

JCB CARD Wは、年会費無料と高いポイント付与率がウリです。JCB CARD Wよりもポイント還元率が高いカードも存在しますが、JCB CARD Wは年会費が無料で、しかもポイント還元率が2%なのが魅力です。例えば、年1回以上の利用で年会費が無料になるAmazonクラシックも、プライム会員でなければポイント還元率は1.5%になってしまいます。

■Amazonポイントが2%になる条件とは?

JCB CARD Wでポイント還元率を2%にするには2つの条件があります。

1つ目は、MyJチェックと呼ばれるWEB明細を設定する事です。とは言っても、JCB CARD Wを申し込んだ時点でMyJチェックが自動的に設定されることになるので、特に何かする必要はありません。

2つ目は、JCBが運営するショッピングモール「OkiDokiランド」を経由してAmazonで買い物をする事です。Amazonでの買い物をする際にOkiDokiランドを経由することでOkiDokiポイントが上乗せされるので、結果として常に2%のポイントが付与されることになります。

OkiDokiポイントは、アマゾンのサイトでパートナー登録を行う事により1ポイント=3.5円分としてAmazonでの買い物に利用できるようになります。

参考:パートナーポイントプログラム

このように、Amazonで買い物をするのであればJCB CARD Wがかなりお得なので、この機会にJCB CARD Wの作成を検討してみてください。

オリコカード THE POINTはJCB CARD Wよりもお得?

オリコカード 「THE POINT」もAmazonで利用するのであれば大変お得なカードです。そのお得さは、先ほどご紹介したJCB CARD Wにも引けを取りません。

THE POINTも年会費が無料で、Amazon利用時のポイント付与率は2%となっています。

■オリコモール経由でポイント還元率が2.0%
Amazonを利用する際にオリコモールを経由するだけで合計2.0%のポイントが還元されます。その内訳は、 THE POINTのポイントが1%、 THE POINTを利用した特典としてのポイントが0.5%、オリコモールの特典としてのポイントが0.5%となっています。

先ほどご紹介した JCB CARD Wと同様、 THE POINTもAmazon利用時の購入金額の2.0%分がポイント還元されるのでかなりお得です。

■入会後6か月間は最大3%のポイント還元率になる
期間限定の特典として、オリコカードへの入会後6か月間はポイント還元率が2.0%にアップします。先ほどご紹介したTHE POINTの利用特典とオリコモールの特典とを併せれば、Amazon利用時のポイント還元率が最大3%となります。

入会後6か月間という制限はありますが、この期間に買い物を集中させてポイントをたくさんゲットするという戦略もありですね。

■オリコポイントは500ポイントから利用可能
貯まったオリコポイントは、500オリコポイントからAmazonギフト券500円分と交換することができます。

すぐにそのギフト券を使ってAmazonで買い物をしたい場合は、メールで申請すればOKです。すぐにAmazonギフトコードが送られてくるので、これを使って買い物してください。

なお、オリコポイントはiTunes、LINE、Edy、Nanacoなどのギフトコードに交換できます。また、マイルへの移行にも対応しているので、非常に使い勝手の良いポイントだと言えます。

■オリコポイントの失効期限に注意!
オリコポイントには有効期限があり、ポイント獲得月を含めて12か月後の月末までに使わないと失効してしまいます。うっかり失効させてしまわないよう、貯まったポイントはすぐに使うようにしましょう。

Amazon MasterCard クラシックの年会費を無料にする方法とは?

Amazon MasterCard クラシックの初年度の年会費は無料ですが、翌年以降は年会費1,350円が必要です。しかし、Amazonを年1回でも利用すれば年会費が免除となります。年に1回もAmazonを利用しないなんてことは考えにくいので、実質無料と言えるでしょう。

Amazon以外での通常利用時のポイント還元率は1%で、これもAmazonポイントとして還元されます。

■ポイント還元率を1.5%にするには?
Amazon MasterCard クラシックは、Amazonで利用すれば常に1.5%のポイント還元を受けることができるので、Amazonで利用するのがお得です。

また、「プライム会員」か学生向けの「Amazon Student会員」であれば、ポイント還元率が2%にアップするのでさらにお得です。

■Amazonポイントは1ポイントから利用できる!

Amazonポイントは、1ポイント1円から利用できます。ポイントの有効期限はAmazonポイントを最後に利用した日か最後に獲得した日から1年間となっているので、失効するリスクは皆無と言えるでしょう。

また、Amazonポイントはギフト券などに交換する必要もなく、直接Amazonアカウントに付与されるので使い勝手も申し分ありません。

■すぐに使いたい場合に便利な即時審査サービスとは?

Amazon MasterCard クラシックには、即時審査サービスと呼ばれる便利なサービスがあります。このサービスを利用すれば、簡単な入力でAmazonテンポラリーカードと呼ばれる仮のカードが発行されます。AmazonテンポラリーカードはAmazonアカウントに自動的に紐づけられるので、すぐに買い物に利用できるようになっています。

申し込みの受付は9時から19時です。また、年齢20歳以上でないと申し込むことができません。加えて、指定さえた金融機関の口座を支払い口座に設定する必要があります。指定金融機関については申し込み方法によって異なります。詳細については、Amazonのサイトで確認してください。

参考:Amazon Mastercardのお申し込み方法

クラッシックよりもさらに上のAmazon Mastercard ゴールドとは?

Amazonには、クラッシックよりランクが上のAmazon MasterCard ゴールド(年会費税込み11,000円)があります。

Amazon MasterCard ゴールドには2つの特徴があります。
(1)通常4,900円かかるプライム会員費が無料になる
(2)Amazonの利用でポイントが2.5%付与される(ちなみに、Amazon以外での利用だと1%のポイント付与)

また、さきほどご紹介したクラッシックと同様に即時審査サービスが利用可能となっています。

以上の特典を考慮すると、プライム会員でかつAmazonの利用頻度が高い方は、年会費はかかるもののAmazon Mastercard ゴールドを取得した方がお得だと言えるでしょう。

なお、以下の条件をクリアすることで年会費を4,400円に抑えることもできます。

●条件1:「マイ・ペイすリボ」に登録する

一つ目の条件は、「マイ・ペイすリボ」への登録です。「マイ・ペイすリボ」への登録で初年度の年会費が5,500円割引されますので、いきなり半額となります。また、「マイ・ペイすリボ」に登録した状態で前年度に1回以上カードを使うだけで、2年目以降も5,500円の割引が継続されます。

●条件2:WEB明細サービスを利用して年6回以上請求を受ける

カードご利用代金WEB明細サービスを利用し、過去1年間に6回以上の請求を受ける事で1,100円の割引を受けることができます。

条件1と条件2を合わせると以下のようになります。

「マイ・ペイすリボ」に登録する → 5,500円の割引
WEB明細サービスを利用して年6回以上請求を受ける → 1,100円の割引

合計で6,600円の割引となります。つまり、11,000円 - 6,600円 = 4,400円となり、自腹で払う年会費は4,400円となります。

●プライム特典が500円お得に!

上記2つの条件をクリアすれば、2年目以降の年会費は4,400円となります。

さらに、あなたがプライム会員である、あるいはこれからプライム会員になろうとしているのであれば、プライム会員の年会費として4,900円かかるところを4,400円払うだけで済むので、500円ほどお得になるのです!

仮にプライム会員費抜きで考えても、ポイント還元率2.5%は悪くはありません。

Amazon Mastercard ゴールドは、Amazonのヘビーユーザーにとって最もお得な1枚なのです。

●「マイ・ペイすリボ」の登録後にやるべきこと

リボ払いにすると月々の支払額を一定額に抑えられて効率的なようにも思えますが、トータルで考えると、手数料が上乗せされるのでそこまでお得感はありません。

そこで、リボ払いの手数料を0円にする方法をご紹介します。

それは、リボ払いする毎月の支払上限額をカードの限度額一杯まで引き上げてしまうことです。例えば、カードの限度額が50万円の場合には、毎月の支払上限を50万円にします。そうすることで実質的には1回払いと同じことになります。その結果、余計な手数料の発生を防げるので、手数料が知らない間に増える心配も無くなります。

Amazonポイントがさらに貯まる方法とは?

Amazonポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介しましたが、実はもっとお得にポイントを貯める方法があります。

ここからは、その方法についてご紹介します。

オリコモールを経由させる

Amazonで買い物をする際、オリコモールを経由させればポイント還元率が上がり、さらにお得になります。

オリコモールとはオリコ会員のためのショッピングモールのことで、先ほどご紹介した「オリコカード THE POINT」などのオリコ系のカードを作れば利用できるようになります。

先ほどご紹介した「オリコカード THE POINT」の保有者がオリコモール経由でAmazonで買い物をすると、1%分のポイントが上乗せされます。また、「オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD」の保有者であれば、1.5%になるのでさらにお得です。

ポイント還元率を最大4.0%にする方法とは?

「オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD」の保有者がAmazonで買い物をする際にオリコモール経由で「Amazon Mastercard ゴールド」を使えば、最大4%のポイントが還元されます。

Amazon Mastercard ゴールドの使用で2.5%が、さらにオリコモール経由での付与分として1.5%がそれぞれ付与されるので、合計4%となります。

●ポイント還元率4%のデメリットとは?

上記の方法を実践すれば最大4%のポイント還元を実現する事ができますが、そのためには「Amazon Mastercard ゴールド」と「オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD」の年会費を払わなくてはなりません。Amazonのヘビーユーザーでないと逆に損する可能性もあるのでご注意ください。

結局はどちらのオリコカードがお得なの?

オリコモールを使うにはオリコ系のクレジットカードを作る必要があります。では、先ほどご紹介した2つのカードのうち、どちらを作るのがお得なのでしょうか? 

基本的には、Amazonの利用頻度を基準にどちらのカードが良いか検討してください。

年会費を払う必要のある「オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD」の場合、Amazonでそれなりに買い物をしなければ損をします。したがって、Amazonの利用頻度が低いのであれば、年会費無料の「オリコカード THE POINT」の方がおすすめです。

オリコモールのデメリットとは?

大変お得なオリコモールですがデメリットもあります。それは、Amazonで買い物をする度にオリコモールへのアクセスが必要になることです。

1点のみの買い物ならまだ良いのですが、連続して買い物する場合だと、1回の注文ごとにオリコモールにアクセスしなければならないので面倒です。

他にも、ポイント付与のタイミングが遅いというデメリットもあります。商品が発送されてからポイントが付与されるまでに4か月もかかります。

最も得するAmazon MasterCardゴールドの申し込み方法

Amazon MasterCardゴールドを申し込むなら、以下の方法を試してください。この方法で申し込めば、5,000ポイントを手に入れることができるのでお得です。

最初にクラシックを申し込む

その方法とは、最初にAmazon MasterCardクラシックに入会し、その後でゴールドに切り替えるという方法です。こうすれば、Amazon MasterCardクラシックの入会特典5,000ポイントをもらった上で、ゴールド会員になることができます。

ただ、クラシックカードからゴールドカードへの切り替えには注意が必要です。手順を間違えると、年会費を半額以下にする事が出来なくなってしまいます。

ポイントは、クラシックカードを申し込む時に同時にMyペイすリボを申し込むことです。それと、クラッシックカードが届いてから3日ほど経ってからゴールドカードに切り替えることです。

クラッシックカードが届いてからMyペイすリボを申し込んでもすぐには反映されません。反映されていない状態でゴールドカードの申し込みをすると、その状態で申し込みの処理がされてしまい、割引が受けられなくなる可能性があります。そうなると5,500円分損してしまいます。切り替え時の判断を誤ったがために割引を受けられなくならないよう切替のタイミングには注意してください。

アメックスカードはこんな人におすすめ

Amazonには、法人や個人事業主専用の「Amazonビジネス」と呼ばれるサービスがあります。この Amazonビジネスの会員になると、アメックスのビジネスカードが大変お得になります。

アメックスビジネスゴールドで10%のキャッシュバックを受ける方法

アメックスビジネスゴールドカードは年会費34,100円ですが、初年度は無料で使えます。

保険やその他の付帯サービスも充実しています。例えば、入会後1年以内に200万円以上利用すると30,000ポイントが付与されます。それ以外にも、出張や旅行時に役立つ海外旅行損害保険がついてきたり、空港ラウンジや手荷物ホテル当日宅配サービスが利用できるようになったりします。

そんなアメックスですが、最近「アメックス・オファー」と呼ばれる新サービスを開始しました。

そのサービスの一つに10%分のポイントが還元されるキャンペーンがあります。このキャンペーンは、AmazonもしくはAmazonビジネスでアメックスビジネスカードを利用すると適用され、上限2,000円までがキャッシュバックされます。

ポイント6倍!セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

このカードは、個人事業主や中小企業のオーナー向けのカードとして人気があり、「Amazon利用でおトクなポイントデー」を毎月2回開催しています。このポイントデーにセゾンポイントモールを経由してAmazonで買い物をするだけでポイントが6倍となります。

また、1ポイントあたり5円分のAmazonギフト券に交換することができるので、Amazonでの買い物に役立つことは間違いありません。

さらに、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは年間200万円のショッピングで翌年度の年会費が22,000円から半額の11,000円になります。

その他にも、最高1億円の海外旅行損害保険が付いてきたり、世界各国1300か所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」へ無料で登録できたりするなど、様々な特典がついてきます。

クレジットカードなしでもAmazonがお得になる支払い方法とは?

ここまではクレジットカードをAmazonでお得に使う方法についてご紹介してきました。

ここからは、クレジットカードを使わなくてもAmazonでのお買い物がお得になる支払方法についてご紹介します。

最大2.5%が還元されるAmazonチャージとは?

1つ目は、最大2.5%のポイントが還元されるAmazonチャージです。

Amazonnには直接自分のアカウントにチャージできるタイプのギフト券があります。これを購入して直接自分のアカウントにギフト券残高をチャージすれば、最大で2.5%のポイント還元を受けることができます。ポイント還元は、チャージ毎に行われます。ギフト券の最低金額は5,000円です。なお、還元率はプライム会員になると高くなります。

参考:Amazonチャージについて

ポイントは、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを選択する事で還元されます。クレジットカードを選んでしまうと、ポイントが還元されないのでご注意ください。

Kyashで最大2.0%のキャッシュバックを受ける方法

次は、Kyashを使った方法です。Kyashとは、誰でもすぐに入会できるプリペイド式のVISAカードのことです。リアルタイプとバーチャルタイプの2種類のカードがあります。どちらも年会費がかかりません。また、クレジットカードを申請するときのような審査もないのですぐに作れます。

リアルタイプのKyashカードで買い物をすると、1%分のポイントが付与されます。楽天カードと組み合わせれば、還元率が3%となるので大変お得です。

なお、Kyashには使用制限があり、1回の買い物、もしくは24時間以内の買い物での上限金額は3万円、月間の利用可能金額は12万円となっています。

d払いで最大6.0%の還元を受けるには?

次は、「d払い」を利用する方法です。「d払い」とは、ドコモが提供するスマホ決済サービスのことです。ドコモユーザ以外の人でも利用できます。

d払いで決済すると、dポイントが付与されます。コンビニ、ドラッグストア、家電量販店など、d払いができる提携先は多くあるので、ポイントはすぐに貯まるでしょう。

なお、d払いには「d曜日」というキャンペーンがあります。これは、dポイントが最大6倍になるキャンペーンです。このキャンペーンは毎月金曜と土曜に実施されており、d払いでのdポイントが3倍付与されます。さらに、3つのサイト以上で利用すればポイントが6倍付与されるので大変お得です。

LINE PayのPayトクで最大20%の還元率!再開はいつ?

最後は、LINE PayのPayトクです。これは利用額の20%が還元されるサービスです。

しかし、このキャンペーンは2019年6月に一度実施されたっきりで、それ以降は実施されていません。もしまた20%レベルの還元率でのキャンペーンが再開されたら、これを逃す手はありません。LINE Payを使っている方はキャンペーン情報をこまめにチェックしておきましょう。

Amazonクレジットカードにデメリットはある?

本記事の前半ではAmazon MasterCardのメリットについてご紹介しましたが、デメリットもあります。

Amazon MasterCardを申し込むのであれば、メリットだけでなくそのデメリットも理解しておきましょう。

Amazon以外での買い物の還元率は特別良くない?

Amazon MasterCardは、Amazonで買い物をした時の還元率は高いのですが、Amazon以外での還元率は1%となっています。1%の還元率でも低くはありませんが、そうかと言って高くもないので、たいしてお得感を感じないという方も多いのではないかと思います。

しかし、Amazon MasterCardは、クラッシックでもゴールドでもAmazonをメインで使う人にとっては大変お得なカードであることには違いがありません。ですので、Amazonの利用率が高い人にとっては、なお十分なメリットがあるといえるでしょう。

ポイントの互換性がないので利便性に欠ける

Amazon MasterCardをAmazonの買い物で使うとポイントが貯まりやすいのですが、そのポイントはAmazonでしか使えません。

もちろん、それでもAmazonのヘビーユーザーにとっては何の問題もないのですが、他の大手通販サイトのポイントはマイルに交換できたり買い物以外のサービスに利用できたりするので、利便性という点でAmazon MasterCardは見劣りします。

カードの付帯サービスが他のカードと比べて弱い?

他のクレジットカードと違って、Amazon MasterCardには海外旅行時の傷害保険や国内旅行保険等がついていません。これが意外とデメリットです。クラシックカードもゴールドカードも年会費がかかるカードなのに付帯サービスの質が低いのは意外です。

Amazon MasterCardはAmazonでの買い物に特化したクレジットカードと割り切った方がいいかもしれませんね。

あなたにとって一番お得なカードとは?

今回は、Amazonでの支払いでポイントが貯まりやすいクレジットカードを4種類ご紹介しました。

Amazonを利用するならJCBと言われることが多いと思います。しかし、他のカードもJCBに引けを取らないくらいお得なカードです。加えて、どのカードもポイントが貯まりやすくなっています。

それぞれのカードの特徴を理解した上で、あなたにピッタリのカードを選んでください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る