物販

Amazonでは買うときも売るときも、「カート」と「時間」がポイント

Amazonで商品を出品するときには「カート」に関する知識は重要なポイントです。

そしてもうひとつ。出品者視点でのポイントとして売買の時間を意識することです。
購入手続きに時間をかけない、販売するときは出品した商品を長い時間表示させることが重要になります。

この2つのポイントがどうして重要なのか、必要な知識とともにご説明します。

カートに関する基礎知識

Amazonで買い物をするとき、顧客は「カートに入れる」ボタンをクリックして購入手続きをしていきます。

Amazonで商品を出品した際には、購入を検討している顧客が自社商品について「カートに入れる」ボタンを押下してくれるか重要な要素となります。

Amazonのサイト内では同じ商品を出品している人は他にも存在します。

競合商品が多いため、顧客が商品を購入する際、自社のページから「カートに入れる」ボタンを押してもらえるまでの工夫が必要になるのです。

Amazonの商品ページで「新品の出品」をクリックしてみましょう。

すると、すべての出品と各値段の一覧が表示されます。

ここで値段や出品者の評価などを比較できるのですが、比較機能はあまり知られていません。他の出品者を見ることなく、最初に出てきたページで「カートに入れる」ボタンをクリックしている人がほとんどなのです。

一般的に言われる「ショッピングカートボックス獲得」とは、出品者用語のひとつです。自分の商品を「カートに入れる」ボタンとリンクした販売ページで表示させることを意味しています。

物理的なカート機能ではなく、購入確率が高まる位置に表示順位を獲得した場合に使われる言葉です。

「ショッピングカートボックス獲得」の商品掲載ははさまざまな要素によって入れ替わります。つまり、売り上げを増やすためには、長期間にわたって、ショッピングカートボックスを獲得できる位置に商品を表示し続けることが大切なのです。

カートに入れて決済まで時間をかけない

顧客が商品を購入しようとしても、当然在庫がなければ買えません。再入荷を待つか、他の出品商品を検討するのが常です。

在庫の確保は決済順に行われます。商品をカートに入れた段階では、まだ在庫は確保されていないことを覚えておきましょう。

「注文を確定する」をクリックし、購入者に注文確定メールが届いた時点で在庫確保が成立します。

人気商品の場合は決済を後回しにしていると在庫がなくなってしまうということもあるでしょう。特にセール中や、在庫数の少ない商品を販売する際には、時間をかけずに決済を促すことが先決です。

カートに入れただけでは値段が変わってしまう

商品の値段は常に変動しています。これはカートに入れただけの商品も例外ではありません。

在庫の確保と同様に、決済まで進まなければ保証されることはないのです。セール中に値下げされている商品をカートに入れるだけだと、セールが終われば元の値段に戻ってしまいます。

カートに入れた時点での価格は反映されず、決済をした時点での金額が適用されます。この点からも、やはり時間をかけずに決済を促すことが大切です。

ログインを忘れずに

顧客が買い物をする際は会員ログインを行います。商品をカートに入れても、ログインしなければ履歴が保存されることはありません。

そうすると再度商品を検索しなければならないので、顧客側の手間がかかります。特にAmazonの商品量や情報量は膨大ですので、魅力的な商品でも時間を置くと忘れられてしまうでしょう。

顧客がログインすることで閲覧できる情報やサービスを付加すると、商品を覚えてもらえる可能性が高まります

便利な「あとで買う」機能

商品をカートに入れたまま、購入せずにあと回しにする顧客もいます。その商品をカートから削除せずに他のものを購入すると、すべて決済されることもみられます。

買わないのであれば、カートから削除することが一番ですが、「キャンペーンなどを利用して、後日買う」という商品もあるでしょう。

そこで、顧客に対し「あとで買う」機能の利用を促すこともひとつの手です。

カート内の商品一覧で「あとで買う」をクリックすると、ショッピングカート内でも別の場所に保存されます。「カートに戻す」を選択しない限り、顧客が誤って決済してしまうこともありません。

お得なキャンペーン情報などを商品画面に提示し、「あとで買う」機能でショッピングカートに入れてもらうこともテクニックのひとつです。

「ほしい物リスト」の活用方法

「あとで買う」機能の他に、「ほしい物リスト」というものもあります。これは「あとで買う」と同じように、カートに入れず商品を選択しておけるものです。

「あとで買う」と違う点は、全会員に向けて公開できることにあります。公開設定することで、善意のユーザーがその会員に向けてプレゼントしてくれることがあります。

もちろん、非公開設定にすれば「自分用のメモ」としても役立ててもらえます。

いずれの場合でも「ショッピングカート直結」の可能性を得ているため、自社商品の購入確率が高まったといっても過言ではありません。

このように、会員に対して「ほしい物リスト」への登録を促してもよいでしょう。

出品者にとって大切なショッピングカートボックス

先に説明したとおり、ショッピングカートボックスの獲得が顧客獲得の重要な要素となります。

獲得にはAmazon側で決められた要件があり、それによって獲得者が入れ替わっていきます。平等に入れ替わるわけではなく、要件が揃わなければ一度も獲得できないままということもあります。

詳細の要件は明らかにされていませんが、大口出品者であることが大前提です。そして価格FBAであるかどうかも関係してきます。

価格については、より安い商品がカートを獲得できます。FBAとは、商品をAmazonの物流拠点に預け、販売、配送から返品などの管理を代行してもらうサービスである「フルフィルメント by Amazon」の略です。

しかしこれらの要件を満たしていても、同じ商品をAmazonが出品している場合はカート獲得が困難です。「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します」という表示のあるものが、Amazonが出品している商品ということになります。

これよりも価格を下げれば獲得できますが、Amazon側はすぐに追従して価格を下げてくるので、その商品は避けるほうが合理的です。

ショッピングカートボックス獲得は新品販売において重要

ショッピングカートボックスの獲得が重要なのは新品を販売する場合です。

中古品の場合は、あまり気にすることはありません。中古品は、品物の判断価値が買い手によって異なるため、ショッピングカート獲得の概念に当てはまらないと捉えましょう。

大半の顧客は、出品されている商品の値段や状態を比べて購入していることがその理由です。

ARPAcart(アルパカート)を活用する

大口出品者は「ARPAcart」を活用するとより効率的に作業ができます。「ARPAcart」とは、株式会社オークファンが提供する、出品作業の簡素化と24時間365日価格改定を代行してくれるツールです。

このツールは、Amazonで販売する際の操作画面であるAmazon Sellar Central(アマゾンセラーセントラル)と連携しています。

うまく活用していけば、ショッピングカートボックスを長い時間獲得できる可能性も高くなるでしょう。

ARPAcartを利用するには、月額4,980円(税込)が必要になります。

初回登録月は無料となるので、無料月内で感触や使い勝手を試してみるとよいでしょう。

導入するメリット

ARPAcartを使うことは、作業時間を削減することや人手不足の解消などの利点があります。出品、価格改定、売上管理を、リアルタイムでかつ、わかりやすく行ってくれるのです。

これらのサービスを駆使することで、商品回転率も上がりますし、販売分析をより深くできるようになるでしょう。

ARPAcartを使ってできること

ARPAcartの主な機能を解説していきます。

出品

ARPAcartは出品画面がわかりやすく、見た目にも簡単な操作方法なので円滑な出品が可能です。

価格改定

自動価格改定機能があり、24時間365日パソコンの電源を消していても自動で価格を追従、変更してくれます。

ランキング重視など、売り手の希望に応じた設定ができるので、特性や販売状況などを考慮して利用していくといいでしょう。

売上管理

商品を出品する際に仕入れ価格を入力しておくと、帳簿作成を自動で行います。

利益率や赤字商品などが検索でき、販売分析をはじめとする商品戦略に役立ちます。画像のように、出品するときにAmazon内での価格が表示されます。

なお、出品後でも自動価格改定のカテゴリー設定は変更が可能です。

ショッピングカートボックスの獲得条件

ショッピングカートボックスを獲得するためには、大口出品者であること、価格、FBA登録があるかが大切だと先述しました。そしてAmazonが出品している商品と競合する場合は、カートの獲得が難しいということも述べました。

しかし、他の要素にも気を付けて出品すると、カートを獲得できる可能性があります。価格、FBAであることも含めてその要素をひとつずつ解説していきましょう。

価格設定

やはり、価格設定は重要なポイントです。他の要素が原因で最安値でも獲得できないこともありますが、商品価格が高くなるほどカート獲得確率は下がります。

そのため、価格設定は適正価格よりも少し安く設定するのが好ましいでしょう。

ただし、利益度外視での出品は利益に直結しません。バランスを考えて価格設定を考えましょう

FBAであること

FBA商品であることがカートを獲得しやすい理由は、購入者にメリットがあるからです。購入者に対するメリットが多い方が商品は売れていきます。

そのため、FBA商品がカート獲得に選ばれやすいのです。

FBA商品のメリットは次の通りです。

  • プライム会員なら「お急ぎ便」が利用できる
  • 配送は24時間年中無休
  • 返品などのサポートはAmazon対応
  • ギフト対応ができる
  • 梱包がしっかりしている

AmazonのヘビーユーザーであるほどFBA商品を支持しています。

FBAにこだわらなくても他の要素がしっかりとクリアできていれば、カートの獲得が可能な場合もあります。

アカウント評価

アカウント評価は、ショッピングカートの獲得において重要性の高い要素といえます。出品者の評価数と高評価の数がポイントです。評価の数だけ取引をこなしていることが推測できます。

また、購入者の立場になって考えると、低評価の人から購入することは不安でためらってしまうでしょう。

アカウント評価においてよいとされるであろうポイントは、

  • 購入者からの高評価が多い
  • 発送遅延がない
  • キャンセルの少なさ
  • クレームの少なさ
  • 完売商品が多い
  • 経営歴の長さ

などが考えられます。

この中でも、購入者から高評価をもらうことに尽力することが大切です。他のポイントにも気をつけながら、まずは購入者に評価を付けてもらいましょう。

Amazonでは購入後に評価を付ける義務がないため、評価を付けてくれる人は少数です。そこで、評価を付けてもらうために自分から評価の依頼メールを送信します。

Amazonからもそのようなメールは送信されますが、直接メールを送ったほうが評価してくれる確率は上がるはずです。

2種類の発送方法

購入する際の注意点として、発送方法の違いがあります。

商品の数量が1つのときは関係がありませんが、複数あるときは「できる限り商品をまとめて発送」と「準備ができた商品から順に発送」のどちらかを選べます。

「できる限り商品をまとめて発送」の場合

「できる限り商品をまとめて発送」を選んだ場合は、注文した商品が揃ってからの発送となります。

できる限りなので、すべてが揃っているとは限りませんが、1度の配送で済むため、送料や手数料を最小限に抑えられます

ここで注意しなければいけないのは、取り寄せ商品や予約商品を一緒に注文してしまうと届く日が遅くなってしまうことです。商品ごとに発売日や配送時間を確認しながら購入することが大切になります。

「準備ができた商品から順に発送」の場合

「準備ができた商品から順に発送」はその名のとおり、出荷できる商品から順次発送していきます。ただし発送ごとに送料や手数料がかかります。

在庫がある商品で、早く届けてほしい場合はこの発送方法を使うとよいでしょう

まとめ

Amazonで出品する場合と購入する場合で、カートに関する知っておくべき知識がそれぞれあること、時間というキーワードがポイントとなることがお解りいただけたでしょうか。

購入するときは、表示された金額で商品を購入するために、カートに入れて決済するまで時間をかけないことが大切です。

出品するときは、ショッピングカートボックスを獲得し、いかに長い時間自分の商品を表示させるかが売り上げを左右します

この記事で解説してきた知識を使って、上手にAmazonを利用していきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。