物販

海外のAmazonを最大限利用するオススメ活用法

ネット通販は、インターネットやスマホの普及と共に利用している人が増えていて、年々増加傾向にあります。今では国内からのネット通販だけではなく海外から輸入して購入することもできて、日本国内で購入するよりもお得に購入できる商品もあります。

海外から輸入して購入する時は送料が高くなありますが、まとめ買いをしてコストを抑えて購入することもできます。今回は海外からの個人輸入がもっと身近になるように、海外のAmazonで購入する方法とオススメの商品や活用法をご紹介します。

海外のAmazonで買い物をするメリットは?

まずは、なぜ国内のAmazonではなく海外のAmazonでの買い物をオススメするのかをご紹介します。

商品の価格について

海外のAmazonで販売されている商品の価格は、物によっては日本国内で販売されているものよりも低価格で販売されていることがあります。日本で売られている商品の中には、海外の商品をいくつかの会社を経由して販売されていることがあり、そのような商品にはその分コストがかかって価格が高くなります。海外で買う商品は、そのようなコストがかからないので安く購入することが可能なのです。

海外のAmazonアカウントについて

海外のAmazonを利用するには、日本のAmazonのアカウントとは別に、海外のAmazon専用のアカウントを作成する必要があります。日本のAmazonについてはアカウントが独立していますが、海外のAmazonについては共通アカウントです。Amazonはアメリカ、イギリス、イタリア、カナダ、スペイン、ドイツ、フランスのAmazonがありますが、それぞれのページでは共通のアカウントが利用できるので、それぞれの国のAmazonを比べて1番お得に買い物するのも可能です。

VATについて

VATとは、日本で言う消費税のようなもので、商品を購入した時にかかる付加価値税の事を指します。「Valie Added Tax」の頭文字をとった言葉で、EU加盟国ではすべての国でVATの導入を義務付けられています。

アメリカ以外では海外で買い物をした時に払い戻しが受けられて、Amazonでの買い物をした時もこの払い戻しが受けられます。その国によってVATはパーセンテージに差がありますが、Amazonでの購入する時、表示価格よりも安くなります。

アメリカにはVAT自体がなく、「ホテル税」や「外食税」、「売上税」などがあり、消費税とは違う税がかかるようになっています。2020年2月現在のVATは、イギリスが20%、イタリアが21%、カナダは5%、スペインは21%、ドイツは19%、フランスは20%となっています。

海外のAmazonのレイアウト

レイアウトとは、Amazonのページを開いた時のデザインの事を指し、Amazonにおいては海外のAmazonであっても基本的なレイアウトはすべて統一されています。日本で使い慣れたAmazonのページと海外のAmazonのページは同じなので、言語がはっきり分からなくても使うことができます。通貨の表示はその国々の表示になるので、換算して商品価格を把握する必要はあります。

海外からの商品発送について

購入する商品や国によっても違いがありますが、海外からの配送商品も最短で2日で届くこともあります。海外からの輸入については、比較的高い送料を支払えば速達のようなものを利用できます。急いでいる時は活用しましょう。標準的な配送方法であれば、5日以上が標準的な配送日数になります。

海外のAmazonでの注意点について

使いやすいと言っても、文化と言語の違う海外のAmazonでは、思わぬトラブルが起きることもあります。また、日本のAmazonとは違うところもあります。そこで、次は海外のAmazonを利用する時の注意点をご紹介します。

海外のAmazonを利用した時の送料について

海外のAmazonで商品を購入した時の日本のAmazonとの大きな違いは、「送料」です。海外から輸入するということはそれだけ配送のコストも高くなり、輸送距離が長い程送料が高額になります。商品の日本へ発送すること自体を受け付けていない場合もあり、そのような場合は代理配送業者がオススメです。

それぞれの国のAmazonでは自国への送料が無料でも、海外への配送は、送料が加算されるというのが一般的です。送料を出来るだけ抑えたいという方は、アメリカの郵便局「USPS」を利用する事をオススメします。商品到着には日数がかかりますが、その分送料のコストを抑えられます。

商品付属品は海外仕様ということ

海外のAmazonで販売されている商品は、その国で使用する事を前提としているので、どの商品もパッケージや説明書は海外仕様になっています。その為、説明書を読んでも分からないという場合があるので、必要であれば翻訳する術を持っておきましょう。また、電化製品に関しては電圧の関係で日本で使用できない場合もあるので、あらかじめ使用できるかどうかをきちんと確認しておきましょう。

Amazonで買い物をした時の関税について

海外のAmazonで買い物をした時も輸入をしたことになるので、購入時には関税と輸入消費税が課税されます。個人輸入の場合は商品価格の60%が1万円を超えると課税され、価格の60%が1万円以下であれば免除となります。

ただ、商品によってはこの免除制度が対象外の場合もあるので、自分が購入する商品が対象なのかを関税のサイトで確認しましょう。Amazonでは関税や輸入消費税、通関料などの輸入時にかかる様々な費用を「輸入税等前払金」として「輸入税」「関税」などの輸入する時に発生する手数料をまとめて請求しています。本来の金額よりも多く徴収された場合は、数ヶ月後に還付される仕組みになっていて、決済に使用したクレジットカードを通して返金されます。

配送トラブルについて

海外のAmazonで購入する場合、配送に予定よりも日数がかかる事も珍しくありません。日本国内で購入するよりも色々な経路を通って商品が手元に届くので、トラブルが起きて配送に遅れが出る可能性も高くなります。

また、日本国内で購入した時に比べると商品の配送時に商品が破損する可能性も高くなるので、商品破損や不良があった時の対処法も確認しておきましょう。基本的には利用した国のAmazonに問い合わせをして商品交換や返品をしますが、国際便の手配などは利用する国の言語でやり取りをする必要があります。翻訳をする手段や国際便の利用方法なども事前にチェックしておきましょう。

海外のAmazonで安く買えるお得な商品は?

海外のAmazonで実際にどのような商品が安く購入できるのかをご紹介します。Amazonでは非常に幅広い商品を取り揃えているので、きっと自分が欲しいものを見つけることができます。今回ご紹介する商品はAmazonから直接日本へ配送できるものですので、これから欲しい商品を探す方はぜひ参考にしてください。

ビデオカメラ用のスタビライザー

ビデオカメラ用のスタビライザーや関連グッズを販売している、アメリカの「Glider Gear」というメーカーの「SCG 300」という型番のスタビライザーです。アメリカのAmazonで販売されているものは,$299で販売されています。

為替にもよりますが、$1が110円だと32,890円ですが、日本のAmazonで販売されている並行輸入品は47,091円で販売されています。説明書などの付属品もまったく同じで、すべて英語で記載されています。このようなアメリカのメーカーのものは、日本のAmazonでもアメリカのAmazonでも、同じものが安く購入できる代表的な例です。

防水性のデジタルカメラ

次はアメリカのAmazonではなく、カナダのAmazonで販売されている商品をご紹介します。この商品は台湾にあるアンドロイドとWindowsのスマートフォンを製作販売している「HTC」という会社で、今回ご紹介する商品は、防水仕様のビデオカメラの「OPG 1100」という商品です。

1080pのビデオ解像度でMicroSDに保存できるようになっていて、アクアスポーツにも人気があります。カナダのAmazonでは72.9カナダドルで販売されていて、1カナダドルが85円だとすると6,196円ですが、日本のAmazonでは15,458円で販売されているので9,262円も安いです。このように、現地のメーカーでなくても物価や商品の需要によっては価格が大きく違う商品もあります。

子供用のおもちゃ

海外のAmazonで販売されているおもちゃも日本のおもちゃと比べると、価格差のあるものがたくさんあります。日本では海外ブランドのおもちゃの人気があるので、元値よりも高くても売れるという背景もあります。

次の商品は、日本でも人気のある「ボーネルンド」が販売している、マグフォーマー30ピースをご紹介します。日本のAmazonでも228のレビューが付いていて、評価も4.7ととても人気のある知育おもちゃです。

アメリカのAmazonでは$40.71で販売されているので、$1が110円だとすると4,478円ですが、日本のAmazonでは6,500円で販売されています。送料をそれぞれ送料を含めても2,000円程の差があるので、このようなおもちゃでも日本で購入するよりもアメリカのAmazonで購入した方が安く購入できます。

ベビー用品

イタリアにあるのベビー用品を製造販売している「Peg Perego」の商品も、日本のAmazonで販売しているものよりもアメリカのAmazonの方が安い物があります。例えば、この「Peg Pérego」のハイチェアーはアメリカのAmazonでは$299.99で販売されていて、$1の110円であれば約33,000円となります。

この商品は、日本のAmazonでも販売されていて並行輸入品が63,204円で販売されています。日本のAmazonでは送料が無料で販売されていますが、アメリカからの送料は約21,500円程なので合計54,500円ですので10,000円ほどの差額があります。

ランプなどの電気器具用のタイマー

次にご紹介する商品は、アメリカにある「Intermatic」というメーカーの商品で「TN311」です。アメリカのメーカーですので、日本で輸入品を購入するよりも、アメリカから直接個人輸入した方が価格が安くなります。

アメリカのAmazonでの販売価格は$11.69と送料は$5.85ですので、$1が110円だとすると約1,930円が全体でかかる料金です。この商品が日本のAmazonだと3,914円で販売されているので、2,000円程の差額があります。

海外の書籍

初版は1946年の書籍で、シリンガーという作曲家が著者の作曲について書かれている古い書籍です。クラシックなどの作曲家の間では非常に人気で有名な書籍で、日本国内でも人気があります。アメリカのAmazonでは$288.38で販売されていて1$が110円であれば31,721円で購入できますが、日本であれば43,506円で販売されているのでこの商品でも価格差があります。

日本へ配送ができる商品はどうすればわかる?

海外のAmazonでアカウントを登録すれば、あとは商品を探して購入手続きを進めるだけです。商品を探す時にはAmazonが出品して販売しているものだと安心ですが、一般のショップが販売しているものの中には偽物を販売しているショップもあります。

自分で本物かどうかを見極める自信があるもの以外は、Amazonが販売している「マーケットプレイス」から購入することがオススメです。商品によっては日本への配送ができないものもありますが、その商品を見極めるためにはあらかじめ設定しておくと簡単に分かります。

まずは、商品詳細画面の右にある「Add to Cart」の下にある「Ship to:」のリストから「Japan」を選択して、商品写真の横にある価格の下を確認します。その部分に「This item ships to Japan」と書かれていれば、その商品は日本への配送に対応しています。対応していない場合は「This item does not ship to Japan」と書かれているので、他に日本への配送ができる商品を探しましょう。

日本への配送ができる商品について

日本への配送ができる商品に関しては、支払い方法と配送先を設定すれば日本のAmazonと同じように決済ができます。商品価格は街頭の国で扱われている通貨なので、購入時には為替を確認しましょう。また、配送方法の種類など海外のAmazon特有の違いもあるので、わからない部分は調べてチェックしましょう。

日本への配送ができない商品について

商品ページに「No seller are currently delivering this item to Japan」と記載のある商品は、日本への配送を行なっていません。そのような場合は、他に日本へ配送できるショップを探すか、転送サービスを活用しましょう。

代行購入について

参考:Xボーダー

探している商品がどうしても日本への配送ができない場合、「代行輸入」をしてくれるサービスもあります。この代行輸入は購入後の配送はその国内で行い、その後に日本へ送ってもらうというサービスです。

例えば「Xボーダー」というサイトはアメリカのAmazonでの購入から代行してくれるサービスで、AmazonだけではなくeBayでの購入も可能です。注文方法は欲しい商品のURL、氏名、メールアドレスなどを専用フォームから送信するだけです。支払う料金は商品価格に加えて送料と購入代金の30%です。

注意点は、最低金額が1万円なので33,333円以上で手数料に無駄が出なくなります。商品購入の際に英語が必要ないことと、検品体制も整っているので安心して利用できます。

まとめ

海外のAmazonをよりお得に、より便利に利用する方法をご紹介しました。商品によっては驚くほど安く購入できるものもあるので、この機会にぜひ海外のAmazonチェックしてみてください。言語や配送などの難しいことはありますが、そこさえ乗り越えてスムーズに利用できるようになれば、今よりもっと安く欲しい商品を購入できるかもしれません。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。