物販

Amazonランキングを分析してせどりを始める方法

せどりを始めるにあたって大切なのは、人気の高い商品をいかに安く仕入れられるかです。世界有数のECサイトであるAmazonのランキングを見てみると、どのような商品に人気があり、売れ行きがよいのかを把握できます。

そこで今回の記事では、Amazonランキングから得られる情報を理解し、仕入れを判断する基準や利益のアップに繋げる方法を紹介していきます。せどり初心者の方は特に必見です。

Amazonランキングを分析した方がよい3つの理由

まずは、せどりを始める際になぜAmazonランキングを分析した方がよいのかについて解説していきます。

仕入れる前に商品が売れているかどうかが分かる

Amazonランキングが高い商品は、Amazonの中でも人気があって売れている商品になります。反対に人気がなく売れていない商品はランキングが下がります。そのため、Amazonランキングはその商品が売れているのかどうかを判断する1つの情報源となるのです。商品を仕入れる前にこうした情報が分かると、実際に仕入れた時にその商品が売れずに余剰在庫を抱えてしまうリスクを回避することができます。

商品回転率の目安が分かる

売れ行きが好調であるかどうかを調べるには、Amazonランキングの推移を調べると大体分かります。売れ行きが好調であるということは、その商品の回転率が高いことを表しています。そのため、売上アップを期待できるということになります。

ただし、Amazonランキングは商品ごとにカテゴリーされているため、商品によってその母数が大きく異なります。カテゴリーごとに利益が期待できるランキング順位と回転率は違うという点に注意してください。せどりで利益を出すためには、カテゴリーごとのランキングが何位まであり、回転率の目安となるランキング順位を把握しておくことが重要です。

仕入れ基準が分かると自信を持てる

商品一つ一つを調べるとなれば、とても手間と時間がかかってしまいます。そうなると売り上げが見込める商品が見つかったとしても、得られる利益は少なくなります。

短時間で利益化できる商品を見つけることが利益を出すためのコツです。つまり、商品を見つけたら仕入れるかどうかを判断するスピードを上げていくことで、利益へと繋がるのです。利益を出せるようになると、自分なりの仕入れ基準に自信を持つことができ、さらに商品を仕入れやすくなるといった好循環を生み出すことができます。

Amazonランキングの仕組みを知ろう

実際にAmazonランキングを見ていく上では、その仕組みを知っておくと分析もしやすくなります。ここからはAmazonランキングの仕組みを解説します。

Amazonランキングの順位はどのように決まるのか

Amazonで売られている商品には必ずランキングがあります。しかし、Amazonがランキングを出す基準を明らかにしていません。あくまで予測とはなりますが、Amazonランキングにおける順位の決め方としては積み上げ式・在庫数の2つが挙げられます。

積み上げ式とは、最後に売れた順から並べるということです。例えば、「T」というイヤホンが売れて1位になったとします。すると今まで1位だった「E」のイヤホンが2位となり、これまで2位だった「A」のイヤホンが3位となります。このように順位が入れ替わるのが積み上げ式の仕組みです。

ここまで見ると、「売れない商品がたまたま売れて1位になってしまうこともあるのでは」と疑問に思う方もいるでしょう。しかし、ほぼそのようなことは起こり得ません。

普段あまり売れていない商品は売れた瞬間にランキングは上がります。ランキングは1時間ごとに更新されるため、そのタイミングで商品が売れればランキングが高くなるのです。また、この時の在庫数もランキングに影響してくるとされています。ただし、1時間以内、もしくは24時間以内に商品が再び売れなければランキングは下がっていきます。一方、人気があり、よく売れている上位ランキングの商品の回転率は高く、早ければ秒単位で売れていきます。そのため、大抵は普段から根強い人気のある商品が上位にランクインしているのが常です。

とはいえ、ランキングが更新される間際になって売れた商品は、次のランキングで順位をかなり上げることになります。ランキングを鵜吞みにして商品を仕入れるのは避けましょう。

商品ランキングをカテゴリー別で見る

次にAmazonランキングをカテゴリー別で見る方法をご紹介します。まず、Amazonの商品ページを表示します。下にスクロールしていくと、「登録情報」が出てきます。そして、登録情報の中にある「Amazon売れ筋ランキング」項目を見てください。

靴であれば、「シューズ&バッグ」カテゴリーと「スニーカー」部門など、カテゴリーや部門ごとのランキングが表示されています。このように商品ページ上でAmazonランキングを確認できるため、商品ターゲットを絞って調べることが可能です。

Amazonランキング分析におすすめのツール

ここからはAmazonランキングの分析におすすめのツールを2つ紹介していきます。これらのツールを利用することで商品情報を調べる時間を短縮できる上、より的確な情報の把握も可能になります。

X-Dealer Pro

X-Dealer ProはAmazonで販売している商品の各出品者の在庫数を瞬時に把握できるツールです。

まず、在庫数を調べたい商品ページを開きます。商品説明の下に「新品&中古品(●)点:¥〇〇」と表示された部分をクリックすると出品者一覧がページ右側に表示されます。

次にChromeのツールバー右側の拡張機能のアイコンのなかから「X-Dealer Pro」を選択して表示されるプルダウンメニューから「スライド式在庫取得」をクリックします。

するとページ右側に表示されていた出品者一覧の各ショップの詳細欄の左下に「在庫●」と表示されます。

2021年にAmazonの商品ページが仕様変更されるまでは、在庫数のほか販売数、補充数なども確認できて大変便利なツールでした。しかし、2021年6月現在、残念ながらこれらの機能は停止されています。今後のアップデートに注目しましょう。

参考 : XDEALER.PRO

AMZ Seller Browser

AMZ Seller Browserを活用すると、Amazonの検索画面だけで商品情報を調べることができます。表示されるのは以下の情報です。

・ランキング
・ランキング変動グラフ
・価格変動グラフ
・同じブランドの他の商品
・ASIN(Amazonの商品識別番号)
・FBA(注1)出品者
・Amazonが出品している商品かどうか

これらは商品画像のすぐ下に「ランキング順位」を先頭にして表示されます。

BSR History」の表示にカーソルを置くとランキング変動グラフが現れます。縦軸がランキング、横軸が日付となっています。

Price History」の表示にカーソルを置くと価格変動グラフが現れます。縦軸が価格、横軸が日付となっています。また、青線がAmazon以外の出品者の価格推移、緑線がAmazonの価格推移です。

Brand」の表示にカーソルを置くと、同じブランドの他の商品画像が現れます。そのままクリックすると、その商品が掲載されたAmazonの検索結果画面に移動します。

ASINはAmazon上で商品を調べる際に必要になることもある商品識別番号です。これが一瞬で分かるのはAMZ Seller Browserの優れた特徴と言えるでしょう。

また、FBA出品者数とAmazonが出品している商品かどうかは赤文字で表示されます。「数字+FBA Sellers」と表示されていれば出品者数が分かります。さらに、「Sold by Amazon」と表示されていれば、Amazonが販売している商品となります。

注1)「Fulfillment-By-Amazon」の略。商品をAmazonの倉庫に送ることで、商品の販売、保管、注文、出荷、配送、返品、カスタマー対応などの処理全てをAmazonが代行するサービス。

参考: AMZ Seller Browser

人気商品を探す上での注意点4つ

たとえAmazonランキングを見て「これは売れそうだ!」と思ったとしても、必ずしもそうではない場合があります。ここからは人気商品を探していく上で注意しておきたい点を4つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

Amazonランキングはあくまでも「目安」

Amazonランキングの仕組みでも解説しましたが、ランキングは1時間ごとに変動しているほか、ランキングの基準も明確ではありません。カテゴリーごとにランキングがあり、その商品母数が違います。人気のあるカテゴリーのランキングとあまり人気のないカテゴリーのランキングでは、同じ順位でも商品の売れ方が異なります。「ランキングはあくまで目安」という認識を持って、総合的に分析していくことが大切です。

増産報道で値崩れが発生

上記は任天堂スイッチ増産の報道の例です。このような需要過多になっていた商品を増産するという報道が出ると、一気に値崩れを起こすこともあります。すると、せどりを行うのは難しくなります。また、在庫を大量に保有していた場合は損失を出してしまいます。日頃から需要と供給のバランスをよく見ながら商品を仕入れることが大切です。

人気商品には「長期」「短期」がある

人気商品は、その人気が長期的に持続するものと短期的なものの2つに分かれます。長期的に人気のある商品は強いキャラクター性のある商品や衣類などの生活必需品です。一方、短期的な人気商品として挙げられるのは、季節性の商品、メディアで取り上げられ一時的に流行している商品などです。仕入れる際は長期的な売上が期待できる商品なのか、それとも短期的に売れる見込みのある商品なのかを見極めるようにしましょう。

Amazonランキングが表示されていない商品もある

商品によってはAmazonのベストセラーランキングが表示されていないものがあります。このような商品は売れているのかどうかが分からない状況です。そのため、ランキングが表示されていない商品をどうしても仕入れて販売したい場合は念入りに商品を調べる必要があります。

ランキングが表示されていない理由には、「商品ページが新規に登録されランキング情報を獲得できていない」「商品のカテゴリー化(ブラウズノードの設定)がされておらず検索できない」といったことが挙げられます。検索ができないと販売には繋がりません。そのため、ブラウズノードの設定は必ず行ってください。

初心者におすすめの仕入れカテゴリー

実際に初めてAmazonに出品するとなると、どのようなカテゴリーにターゲットを置けばよいのか迷ってしまいますよね。最後に、初心者におすすめの仕入れカテゴリーをご紹介します。

家電製品

一口に家電と言ってもさまざまな商品があります。例えば、冷蔵庫などの大型家電は送料が通常よりもかかるほか、在庫保管が困難であるため、あまりおすすめはできません。

一方、小型の家電製品である電気ケトルやドライヤーなどは生産終了している商品でも需要があります。新品・中古問わずに仕入れがしやすいのも特徴です。

食料品

食料品には例年季節問わずに売れ行きのよい商品があります。中でも代表的なのは冷凍食品です。

このほか、季節によって売れ行きがよくなる食料品もあるため、適切に時期を大量に入荷して販売することができれば利益の向上に繋がります。他のカテゴリーに比べると一つ一つの利益は少ないですが、すぐに消費される商品のため売れやすいと言えます。

ゲーム関係

ゲームは昔流行していたハード機器、ソフトともに需要がある商品です。また、その周辺機器であるコントローラー、メモリーカード、充電器、ケースなども需要があります。中にはプレミアがついているハード機器やソフトもあるため、上手に仕入れて販売している方もいます。せどり初心者でも人気商品か判断しやすく、挑戦しやすいカテゴリーです。

健康・美容グッズ

健康グッズや美容品は男女問わず生活必需品です。健康に対するメディアの発信も多く、関心を引きやすいカテゴリーとなっています。

ただし、健康グッズや美容品は新品の販売しかできません。また、一部商品では日本国内で販売が可能な成分で作られているかどうかの審査が必要です。販売する際には必ず薬機法など関連する法律を調べましょう。

まとめ

普段の生活からAmazonランキングを意識して商品を見ていくと、新たな人気商品を発掘できるスキルが身につきます。まずはお小遣いを稼ぐ感覚で気軽に始めてみるのもおすすめです。本記事を参考にしながら、生活がより豊かになるせどりライフを満喫してくださいね。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!