物販

Amazonの小口出品と大口出品はどう違う?それぞれの特徴とおすすめのケースについて解説

Amazonで商品を売るためには、セラーとしての登録を行う必要があるのですが、その際に出品のスタイルを選ばなければなりません。しかし、両者にはどういった違いがあるのか、自分はどちらを選ぶべきなのか悩んでいる方も多いでしょう。

この記事では、2つの出品スタイルの違いや、それぞれの出品スタイルがどういったユーザーにおすすめなのかといった情報を解説していきます。

Amazonには2つの出品プランがある

セラーになるためには、「大口出品」と「小口出品」の2つのプランの中からどちらかを選ぶ必要があります。では、具体的にこの2つにはどういった違いがあるのでしょうか。この項目では、それぞれのプランの大まかな特徴について説明します。

大口出品プラン

大口出品は毎月4,900円を支払い、様々なオプションを利用することができるプランです。料金が一定額で固定されているため、月に50個以上の商品を売る予定のユーザーにはこちらがおすすめです。

また、大口のユーザーにしか使えない機能もあるため、出品に際して細かく設定をしたいという場合もこちらを選ぶと良いでしょう。

小口出品プラン

小口出品は定額の支払いではなく、商品1つにつき手数料を支払う仕組みになっています。大口出品とは違い、ある程度使える機能が制限されていますが、限られた種類の品物しか扱わないという場合にはおすすめです。

それぞれのプランの違い

この項目では、それぞれのプランの違いについて説明していきます。大口の出品スタイルには小口のユーザーでは使えない機能も多々ありますので、これらの特徴をよく確認すればプランを選ぶ際の参考になるでしょう。

表で見る2つの違い

Amazonの出品プランについてのページを見ると、以下のような表を確認することができます。

このように、2つのプランでは利用できる機能に大きな違いがあります。そのため、利用料の違いだけを基準にして出品スタイルを選択すると、売りたい商品を売ることができないケースもあるので気を付けましょう。次項からは、それぞれの機能の詳細について紹介していきます。

参考:料金プラン、配送手数料、料金シミュレーター Amazon出品サービスの料金- Amazon

料金で比べる2つの違い

まずは、2つのプランの料金の違いについて見ていきましょう。小口出品は「1つの商品につき100円+手数料」を支払うのに対して、大口出品は「月額4,900円+手数料」を支払う仕組みとなっています。

したがって、ひと月に販売する商品の数が少ない場合は小口出品沢山の商品を扱いたい場合は大口出品の方がお得に利用できるのです。

出品を効率化できるツール

次に、利用できる各機能について説明していきます。小口のプランでは、様々なツールやオプションを使うことができません。しかし、商品を販売する為に必須という訳ではないため、それらの機能に魅力を感じなければ、無理に大口に加入する必要はないでしょう。

では、大口のユーザーが使える機能とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。その中から、まずは一括出品ツールについて説明していきます。これは出品の際に登録しなければならない以下の7つの項目を一括で入力することができる機能です。

  • SKU
  • 価格
  • 数量
  • 製品コード
  • 製品コードのタイプ
  • コンディションタイプ
  • 商品のコンディション説明

手間を大幅に削減できるので、出品する品数が多い方や、なるべく多くの利益を上げるために作業時間を削減したい場合には、利用することをおすすめします。

様々なレポートを確認できる機能

さらに、大口出品を選んだユーザーは、売り上げた数やアクセス数などのレポートを確認することができます。これらのデータを確認し分析することで、次の仕入れに活かしたり、価格設定を見直したりすることもできるようになるのです。

こちらの機能も必須という訳ではありませんが、さらなる利益を望むのであれば活用するのがおすすめです。

配送料金の設定

小口出品を選んだユーザーは配送料の詳しい設定をすることができませんが、大口出品では配送する地域や配送方法によって、送料を細かく設定することができます。

遠方に送る場合に送料を高く設定することはもちろん、一定の金額以上の商品を購入した顧客へのサービスとして送料を無料にするなど、様々なケースに対応できるのが魅力です。

お届け日指定オプションの追加機能

さらに、大口出品では、購入者がお届け日を指定できるオプションを追加することができます。

独り暮らしなどで限られた日にしか商品を受け取ることができない顧客も多く、商品が届く日時を指定できるか否かは重要な要素です。そのため、この機能を利用することができるかどうかといった問題は、売り上げに大きく影響してくるでしょう。

ショッピングカートボックスの利用

Amazonでは一つの商品ページに多数のセラーが出品する「相乗り出品」が一般的ですが、買い手側が商品を購入する手段として、2つの方法の中からどちらかを選ぶことになります。

そのひとつ目が「出品者一覧から商品を選ぶ」方法です。こちらは商品のページからボタンをクリックし、出品者の一覧を表示するという手間が必要になります。より良い条件で品物を買いたいというユーザーは、この方法を選ぶケースもありますが、多数派ではありません。

小口のユーザーが商品を出品した場合は、この出品者一覧に表示されることになります。そのため、顧客が自分の商品をカートに入れる確率が低いというデメリットがあります。

もう一つの方法は「ショッピングカートボックスから購入する」という方法で、多くのユーザーがこの方法で商品を購入します。こちらは商品ページの右側に大きくボタンが表示されており、この項目から商品をカートに入れることができます。

そのため、自分の出品した品物がショッピングカートボックスを利用することができるかどうかが非常に重要になってきます。この機能を利用するには様々な条件をクリアする必要があるのですが、その一つに大口出品者であることが含まれています。

したがって、どんなに実績を積んでいても、小口のユーザーはこのチャンスを得ることができないということになります。自分の商品を選んでもらうチャンスを増やし、より多くの利益を上げたいと思うのであれば、大口出品を選んだ方が良いでしょう。

新しい商品を出品する為の条件

小口出品を選んだユーザーは、元々Amazonに出品されている商品を販売することはできるのですが、新しい商品を販売することについては制限されています。そのため、新規商品の出品を考えているのであれば大口出品を選ばなければなりません。

自分の扱う商品のカテゴリーにもよりますが、Amazonに登録されていない品物を多く扱う場合には大口の出品スタイルがおすすめです。

指定できる支払い方法にも違いがある

商品を売る際には、小口のユーザーは代引きやコンビニ決済などといった一部の支払いの方法を指定することができません。大口出品なら顧客が利用できる決済の種類を自由に設定することができます。

今日では、ほとんどの利用者がクレジットカードや電子マネーでの支払いを行いますが、現金での支払い方法にこだわる顧客も一定数います。そのため、選べる支払い方法が多いに越したことはないのです。より多くの顧客に利用してもらいたい、顧客の満足度を上げたいなどといった目標があるのであれば、大口出品を選ぶのがおすすめです。

どちらのプランがおすすめ?

これまでは、それぞれの出品スタイルの特徴について説明してきました。しかし、この情報だけを見たところで、自分はどちらのプランを選んだらいいのか分からない方も多いと思います。そこで、この項目ではどのようなユーザーが各プランに適しているのかを、目標や状況に合わせて説明します。

小口出品に適しているケース

大口出品で利用できる様々な機能について説明してきましたが、毎月一定額を支払わなければならないというのがネックになります。どんなに便利な機能を利用できたとしても、そのためにかかる費用以上の利益を得られなければ意味が無いのです。

小口出品にかかる料金は、1つの商品につき100円なので、ひと月に出品する数が49個以下で、Amazonに支払う料金の合計が4,900円に満たない場合は小口を選択する方が良いでしょう。その理由としては、大口出品の月額が4,900円だからです。そのため、月々の出品数が50個以上のケースでは大口を選ぶ方がお得なのですが、49個以下になると大口出品では手数料を払い過ぎていることになるのです。

また、これまでに説明した大口のセラーしか使えない機能も、必要という訳ではありません。限られた条件の中でも満足してビジネスをすることが可能なのであれば、小口出品で十分でしょう。

大口出品に適しているケース

沢山の商品を扱いたい、本格的にAmazonのセラーとして商売を始めたいという方には、様々な制限がない大口出品がおすすめです。商品を売るために有利な機能を沢山利用できるため、小口出品よりも商品が売れるチャンスを得やすいでしょう。

また、先ほど説明したようにひと月の出品数が50個を超える場合にも大口を選ぶことをおすすめします。様々な機能を使う予定が無いにしても、扱う商品数が多い場合に小口出品だとかえって損をしてしまうので気を付けてください。

途中からプランを乗り換えることも可能

そうは言っても、初めからいきなり大口のプランに加入するのはリスクがあります。いくら沢山品物を出品したところで、それが売れなければ意味がありません。実際に販売を始めてみたら、思ったほど商品が売れず損をしてしまったというケースもあるでしょう。

そのような場合でも、後から小口のプランに変更するという方法があるので安心してください。変更の手順もとても簡単なので、いつでも気軽に出品のスタイルを変えることができます。

また、小口出品で実績を積んでからまた大口のプランに戻すといった方法もあります。ただし、小口の出品スタイルではそこまで多くの利益を出すことはできないと考えて良いでしょう。そのため、試しに始めてみてあまり稼げなかったとしても、あまり気にすることはありません。あくまでもセラーとしての実績を上げるという目的で小口を選び、頃合いを見て大口に変更するという方法がおすすめです。

このように、自分の希望や状況に応じて適したプランを選択するというのがとても大切なことなのです。

出品のプランを変更する方法を解説

では、現在選んでいる出品スタイルを別のものに変更したい場合には、一体どうしたら良いのでしょうか。この項目では、その詳しい手順について解説します。

自分がどちらに加入しているかを確認する

セラーの登録から時間が経っていると、自分がどちらのスタイルを選択したか忘れてしまっている場合もあります。まずはセラーセントラルにアクセスし、現在加入しているのが大口と小口のどちらのプランなのかを確認しましょう。

プランを変更する方法

では、実際に出品スタイルを変更する手順を確認していきましょう。まずはセラーセントラルにアクセスし、マイページの右上から設定のプルダウンメニューを開き、「出品用アカウント情報」という項目をクリックしましょう。

次に、「ご利用のサービス」という項目右上の「サービスの管理」をクリックします。

ここから登録内容を確認することが可能です。「Amazon出品サービス」の項目右下付近に「○○出品に変更」という文字が記載されているので、そちらをクリックすることで出品のスタイルを変更することができます。

小口出品では販売を休止することが可能

小口出品を選んだユーザーは、出品した商品の販売休止設定をすることができます。これを有効にすることで、商品の販売をストップすることが可能になります。

この機能は大口出品ユーザーは使えず、設定をしても月額の料金の支払い義務がなくなるという訳ではありません。更には商品も販売中のままになってしまうので、くれぐれも気を付けてください。

販売の休止設定をするには?

商品の販売を休止するには、まず出品ステータスを確認し、項目右上にある「休止設定」を選択します。

移動したページの「停止中」というラジオボタンを選択し、保存をクリックすれば完了です。

自分に適した出品プランを選んでお得にビジネスを始めましょう

このように、出品のスタイルは気軽に利用したいユーザーから本格的なビジネスを考えているユーザーまで、様々な事情に合わせて変えることができます。

設定の為に難しい手順を踏む必要もなく、気軽に出品プランを変更することができるので、是非この記事を参考に自分に適したスタイルを選んでください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!