物販

海外から商品を仕入れるならAmazon.com!そのアカウントの作成方法と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人で海外から商品を輸入するなら、海外のAmazonを利用するのが便利で安全です。海外版Amazonなら、手数料は日本でAmazonを利用するときと同じですし、商品に不具合があったときでもきちんと対応しくれます。

ただ、海外版Amazonだと、現地の言葉で利用する必要があります。また、日本のAmazonアカウントが使えないので、新しくアカウントを作成する必要もあります。

そこでこの記事では、海外版Amazonの中でも最も利用する人が多いであろうアメリカ版Amazonへの登録方法とその使い方を画像付きで丁寧に説明しますので、どうぞ参考になさってください。

Amazon.com(アメリカ版Amazon)のアカウントの作り方

海外版Amazonを利用するには改めてアカウントを作成する必要があります。すでに日本のAmazonのアカウントを持っている方も例外ではありません。

ここからは、アメリカ版Amazonのアカウントの作成方法について紹介します。簡単なので、この記事を見ながら作成してください。

アカウント作成で必要なもの

まずは、アカウントの作成に必要なものを紹介します。

・Eメールアドレス
・クレジットカード(またはデビットカード)

日本版と同じように、基本的にこの2つがあればアカウントを作成できます。また、Eメールアドレスは、日本で利用しているものと同じものでも構いません。ログイン時に入力する必要があるので、日本版と同じものにしておくと覚えやすくてよいでしょう。

また、クレジットカードやデビットカードは必須なわけではありませんが、買い物をするときは必ずと言っていいほど必要になるので、ここで紹介しておきました。ただ、アカウントの作成だけ先に行ってクレジットカードの登録を後回しにしても大丈夫です。

アメリカ版Amazonのアカウント作成手順

準備が完了したところで、アカウントの作成方法について紹介します。

日本版Amazonである「Amazon.co.jp」へアクセス

まずは、普段利用している日本のAmazonのホームページへアクセスしてください。

参考:日本版Amazon

日本のAmazonのホームページを開いたら、一番下までスクロールしてください。

地域選択画面へ移動

ページを一番下まで移動すると「日本」と書かれた場所がありますので、そこをクリックしてください。

国名の変更

「日本」をクリックすると以下の画面が出てきます。

ここで国名の変更を行います。左側にある「日本」をクリックしてください。

すると、国名が一覧で出てきます。その中から、「アメリカ合衆国」を選んでください。

最後に、下にある「サイトを選択」をクリックします。

アメリカ版Amazon「Amazon.com」へアクセス

ここまで終わるとアメリカ版のAmazonである「Amazon.com」へ移動します。

ここからはアメリカ版サイトでの作業になります。自動で翻訳してくれるサービスもありますが、今回は英語のままで作業を行っていきます。

アカウントの登録画面への移動

Amazon.comに移動すると、右上に「Sign in」と書かれたボタンが出てきます。出てこない場合や、消えてしまった場合は、「Hello Sign in Account & Lists」をクリックすれば出てきます。

その下にある「Start here」と書かれているところをクリックしてください。

アカウントの作成

「Start here」をクリックすると、以下のように「Create account」と書かれた画面に移動します。

ここでそれぞれの項目を埋めていきます。埋める項目それぞれの意味は以下のとおりです。

Your name:登録者名
Email:Eメールアドレス
Passward:パスワード
Re-enter Passward:パスワードの再入力

これらをそれぞれ打ち込んでください。登録者名については、「佐藤太郎」であれば、「Taro Sato」のようにローマ字で入力してください。

メールアドレスとパスワードはログイン時に必要になるので、忘れないようにしましょう。最後のパスワードの再入力では、1つ前で入力したパスワードと同じものを再度打ち込んでください。

最後に「Create your Amazon account」をクリックしてください。

メールアドレスの確認

入力内容に問題がなければ、以下のように「Verify email address」というページに移動します。

ここでは、先程入力したメールアドレスに間違いがないかの確認を行います。

また、この時にメールアドレスを開くと以下のようメールが送られてきています。

ここに書かれている6桁の番号を、先程の「Verify email address」の中にある「Enter OTP」と記載されている箇所に入力してください。

間違いがなければ下にある「Create your Amazon account」というボタンを押してください。

アメリカ版Amazonへの登録完了

先程のメールアドレスの確認で入力した数字に間違いがなければ、登録完了となりAmazon.comの画面に移動します。

住所とクレジットカードの登録方法

Amazonでの買い物には住所とクレジットカードの登録が必要になります。住所を登録しなければ商品は送られてきませんし、クレジットカードがなければ商品を購入することができません。

そこで、ここからは、住所とクレジットカードの登録方法について紹介します。

住所の登録方法

まずは、住所の登録方法について解説します。

ここを丁寧に行わないと商品が届かなくなってしまいますのでご注意ください。

(1)アカウント情報ページへ移動

Amazon.comのページの右上に「Hello,○○(登録者名) Account & Lists」と書かれた場所があるので、そこをクリックしてください。

右上の「Your Account」と書かれた場所をクリックしてください。

(2)住所選択ページへ移動

次に「Ordering and shopping preferences」と書かれた中の一番上に「Your addresses」と書かれた場所があるのでそこをクリックしてください。

(3)住所入力ページへ移動

「Your addresses」をクリックすると、登録している住所の一覧が出てきます。現時点では、まだ住所は登録されていないので何も出てきません。

次はそのページにある「Add Address」をクリックしてください。

(4)住所の入力

すると、以下のような画面が出てくるので、ここに自宅の住所を入力します。

英語で住所を書くのに慣れていない方も多いと思うので、一つずつ順を追って説明します。

【Country/Region】の選択

こちらは国の選択欄です。

最初は「United States」となっているので、そこをクリックして「Japan」に変更してください。

【Full name】の入力

こちらは名前の入力です。荷物を送った際の受取人名をローマ字で入力してください。(例:佐藤太郎→Taro Sato)

【Street address】の入力

このStreet addressには2つの入力欄があります。それぞれ以下のような意味です。

・Street and number, P.O. box. c/o.:番地 (例:新宿1丁目2番→1-2 Shinjuku )
・Apartment, suite, unit, building, floor, etc.:建物名(例:新宿BLDG502号室→Shinjuku BLDG 502)

このように、番地とマンションの場合は建物名と部屋番号を入力してください。

【City】の入力

ここには新宿区、横浜市のように市区町村名を入力してください。(例:新宿区→Sinjuku-ku、横浜市→Yokohama-shi)

【State/Province/Region】の入力

こちらには都道府県名を入力してください。(例:東京都→Tokyo、神奈川県→Kanagawa-ken)

【Zip Code】の入力

こちらには郵便番号を入力してください。ここは日本語で入力するときと同じで問題ありません。

【Phone number】の入力

最後は電話番号の入力です。入力の際は、先頭に国番号の(+81)をつけ、電話番号の最初の0を省いて入力します。(例:+81 90 1234 5678)

(5)住所の登録

これで入力すべき事項は終わりです。最後に、間違いがないかを確認して、一番下の「Add address」をクリックしてください。

(6)住所登録完了

「Add address」をクリックすると、以下のような画面が出てきます。もう一度誤りがないか確認しておきましょう。

クレジットカードの登録方法

続いては、クレジットカード情報の登録方法について紹介します。

(1)アカウント情報ページヘ移動

まずは、住所登録の場合と同様、右上の「Hello,○○ Account & Lists」をクリックしてください。

(2)カード情報登録ページへ移動

すると、アカウント情報ページに移動します。

その中から「Payment options」を探してクリックしてください。

(3)カード情報の登録

「Payment options」をクリックすると、カード情報を登録するページに移動します。

入力する項目は以下の3つです。

Name on card:カード名義
Card number:クレジットカード番号
Expiration date:カード有効期限

これらはカード上に記載されている内容をそのまま入力するだけで大丈夫です。入力が終わったら、その隣りにある「Add your card」をクリックしてください。

(4)住所の選択

最後に登録したカードを使用した際の配達先を登録します。

先程登録した住所が表示されるので、その住所を利用する場合は「Use this address」をクリックしてください。

別の住所を使用したい場合は「Add a new address」をクリックして、先程と同じように住所を入力してください。

(5)カード情報登録完了

これで登録完了です。「Payment method added」と出てくれば、登録が完了したことになります。

アメリカ版Amazonでの買い物の仕方

ここからは、実際にアメリカ版Amazonでの買い物の仕方について紹介します。

基本的には日本のAmazonと同じですが、英語表記でよくわからないという方も多いと思うので、ここで説明します。

商品の探し方

Amazonで商品を検索するには、直接検索する方法とカテゴリーから検索する方法があります。

前者は、ページの一番上にある白いバーの中に商品名やブランド名、商品の特徴を打ち込んで検索する方法です。

カテゴリーから探す方法は、ページの左上にある三本線のメニューから探すことになります。

そこをクリックするとカテゴリーの一覧が出てくるので、その中から興味のあるものを探してください。

評価の確認方法

実際にAmazonで購入するとなると、レヴュアーの評価が気になる方も多いと思います。特に、海外からの輸入となると日本で買うとき以上に気を使うことでしょう。

そこで、ここではAmazon.comでの評価の確認方法について紹介します。

まず、気になる商品のページに移動します。すると、商品名の下にある星印の右側に「○○(数字) ratings」と記載されている箇所があるのでクリックしてください。

すると、どのぐらいの人がどのような評価をしたのかが表示されます。ここから、さらに詳しい評価内容を知りたい場合は、左側の「○(数字) star」というところをクリックしてください。

すると、以下のようにその評価をした人のコメントを確認できます。

もちろんコメントはすべて英語で書かれています。英語が苦手な方はGoogle翻訳などを使ってみてください。

購入方法の紹介

ここからは、購入方法について説明します。

購入の際は、画面右側の「Add to Cart」か「Buy Now」を利用します。これらは、それぞれ日本語版でいうところの「カートに入れる」「今すぐ買う」と同じ意味です。「Buy Now」を選べばすぐに購入できますが、はじめのうちは「Add to Cart」から購入することをおすすめします。ここでも、こちらの方法を紹介します。

まずは、「Add to Cart」をクリックしてください。

選んだ商品によっては、「kindle unlimited」を紹介されますが、これは「No,thanks」で飛ばしてもらって結構です。

すると、以下のような画面が出てきます。他にも商品を買いたい場合は、その商品も同じようにカートに入れてください。

これで購入する場合は、「Proceed to checkout」をクリックしてください。

すると、次は住所の選択画面に移動します。

ここでは、先程入力した住所が出てきます。配送先に問題がない場合は「Deliver to this address」をクリックしてください。別の住所に送ってもらいたい場合は、下に住所を入力する場所があるので、そこに住所を入力してください。

そうすると、配送方法の選択画面に移動します。

配送の方法によって値段や時間が大きく異なるので、自分の都合に合わせて配送方法を選んでください。

次の画面で「My card is in Japanese Yen(JPY)」を選択し、「Continue」をクリックします。

最後にギフトの有無を選択すれば購入完了となり、後日商品が送られてきます。

日本への発送に対応していない商品もある

アメリカ版Amazonに出品されている商品の中には日本への発送に対応していないものもあります。

そのような商品を購入しようとすると、先程の購入作業中に以下のような画面が出てきます。

こちらの画面が出てきた場合は、日本へは発送できないのだと思ってください。また、あらかじめログインした状態で利用していると、商品ページに「Sorry, we can’t deliver this item to Japan」とメッセージが出てきます。

それでも購入したい場合は、スピアネットやFishisfastなどの転送代行サービスを使ってください。

Amazon.comで購入する際の注意点

ここまでで、Amazon.comに登録してから商品を購入するまでの方法はわかっていただけたと思います。

ここからは、海外から商品を購入する際の注意点についてご紹介します。

注意点(1)送料について

日本のAmazonを利用しているときに送料を気にすることは、あまりないと思います。特に、Amazon Primeに登録していれば、送料がかかることはほとんどありません。

しかし、海外のAmazonを利用する場合は勝手が違います。配送料は商品の重量や配送方法によって異なるため、いつも同じ送料というわけにはいきません。もちろん、購入画面で確認できるのですが、慣れてくるとうっかり見落としてしまうこともあります。海外からの送料は想像以上に高くなることもあるので、しっかりと確認するようにしましょう。

注意点(2)関税について

日本でAmazonを利用していると、まとめ買いでお得になることがあります。同じように、海外のAmazonでもまとめて購入しようと考える方も多いと思います。ただ、海外から商品を購入する場合は、まとめ買いをしてしまったがために関税が必要になることもあるので注意してください。

例えば、アメリカから輸入する場合に関税がかかる条件は以下のようになっています。

・送料を除く合計金額が10,000円以上
・送料を含む合計金額が16,666円以上

このどちらかに当てはまってしまうと、関税を支払わなければなりません。そのため、なるべく以上の要件に当てはまらないように購入するのがおすすめです。具体的には、商品を分けて購入すると良いでしょう。先程の金額は複数商品の合計金額なので、何回かに分けて購入することで関税を逃れることができます。もちろん、1つの商品で10,000円を超えてしまう場合はどうしようもないですが、基本的には、「分けて買えば関税を回避できるケースがある」と覚えておいてください。

注意点(3)Buy Nowでの購入

購入方法のところでも紹介しましたが、購入方法には「Add to Cart」でカートに入れて買う方法と、「Buy Now」で買う方法があります。

日本のAmazonに慣れている方は、ついつい「Buy Now」を使いたくなるかもしれませんが、これには注意が必要です。それは金額についてです。

商品画面に表示されている金額は、商品自体の値段だけで送料は含まれていません。そのため、「Buy Now」から商品を購入すると、送料の確認を行わずに購入してしまう可能性が高くなってしまいます。

日本版と同じなので簡単に使える

今回はAmazon.comを例にして、登録してから商品を購入するまでの手順について紹介してきました。見てもらえば分かる通り、サイトは英語ですが、使い方はほとんど日本版Amazonと同じです。そのため、普段から日本版Amazonを使っている方は、日本版と同じような感覚でAmazon.comを利用できると思います。

ただ、最後に紹介した3つの注意点には気をつけてください。送料を見落とすと後で痛い目に遭います。送料だけで金額が全然違うものになってしまうからです。

それでも、Amazon.comは便利なサイトです。今回ご紹介したポイントを押さえておけば、失敗することもありません。是非、利用してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る