物販

Amazon輸出で商品が売れない9つの原因と狙うべき商品を徹底解説!

Amazon輸出は転売の中でも人気のある手法です。しかし、Amazon輸出を始めてみたものの思うように売れないと悩んでいる人は多くいます。そこでこの記事では、Amazon輸出で商品が売れない9つの原因と、狙うべき商品を紹介します。

Amazon輸出で商品が売れない原因

 

一体何が原因でAmazon輸出で思うように商品が売れないのでしょうか。

まずは、Amazon輸出で上手くいかない原因を9つ紹介します。

売れないジャンルの商品を取り扱っている

Amazon輸出を始めたのは「日本の商品はアメリカでも人気があるからよく売れると聞いたから」という人もいらっしゃるでしょう。確かに日本製の商品はアメリカのAmazonで人気がありますが、どのジャンルで出品しても売れるというわけではありません。

アメリカ版Amazonには39種類の商品ジャンルが存在します。個々の商品はそれぞれ適当なジャンルに分類した上で販売することになります。

ここで売れていないジャンルで出品してしまうと間違いなく購入してもらえません。それどころか、そもそも見てもらえない可能性もあります。

ジャンルを選ぶ時は取引実績の多いジャンルで出品するようにしましょう。

リサーチが上手くいっていない

Amazon輸出において、商品のリサーチは大変重要です。商品選びを間違えると、出品した商品が全く売れず、大量の在庫を抱えてしまうこともあるからです。例えば、Amazon自身が出品している商品と同じ商品を出品してもなかなか売れません。

そのため、Amazon輸出においては以下の点に注意しましょう。

Amazon輸出する際の注意点
・Amazon自身が出品しているかどうか
・ライバルはどれくらいいるか
・ライバルは在庫をどれくらい抱えているか

商品リサーチの際は、しっかりとライバルの数とライバルがどれくらいの在庫を持っているかをチェックすることが重要です。

メインカートを知らない

メインカートの取得方法を知らないと、なかなか商品を購入してもらえない場合があります。

Amazonで商品を検索すると、複数個出品されている商品でも商品枠は1つしか表示されません。この1つだけ表示される商品枠のことをメインカートといい、メインカートの商品は良く売れます。

メインカートを取得しないまま出品していると、売れるはずの商品も売れなくなってしまいます。

他の出品者と価格が大きく異なる

価格設定を間違ってしまっても商品は売れません。

ライバルたちの商品価格とあまりにもかけ離れた価格設定では誰も買ってくれないでしょう。そのため、商品リサーチの際にライバルたちが設定している商品価格もしっかりとチェックする必要があります。

さらに、商品を出品してからも、Amazon内での相場の動きを確認し、こまめに価格変更を行うのが売り上げるコツです。

FBAを活用していない

出品者がFBAを利用している場合、購入者は商品を注文してから自宅へ届くまでの日数が短くなるというメリットを享受できます。そのため、FBAを利用した方が商品が売れる可能性が高まります

売れるタイミングを逃している

商品には「売れる時期」というものがあります。売れる時期を逃すと、全く売れなくなってしまうこともあるので要注意です。話題の商品を取扱う場合は、旬を逃さないように素早く入手し出品しましょう。

送料が高すぎる

Amazon輸出の場合、高い送料がネックとなります。利益を出すために商品価格を上げたり、送料を別にしたりしがちですが、送料が高いままだと顧客に嫌われます。そのため、送料を抑えられる「小さくて軽い商品」を扱うのがポイントです。

オリジナル商品を宣伝していない

オリジナル商品は知名度があまりないため、なかなか売れません。オリジナル商品を扱う場合は、SNSやYouTubeなどを上手に利用して商品を宣伝してから販売しましょう。

到着まで日数がかかる

「Amazonなら欲しい商品が早く到着するから」という理由でAmazonを利用している人は多くいます。そのため、Amazonに出品する以上、商品購入から到着まで日数がかかるようでは話になりません。FBAを利用するなどして、商品を早く届けられるように工夫しましょう。

Amazonで売れる商品のポイント

Amazonで売れる商品とはどのようなものなのでしょうか。商品選びももちろん重要ですが、それ以外にも売れるポイントが存在します。

SEOに強い商品がよく売れる

SEO(Search Engine Optimization)という言葉はご存知でしょうか。簡単に言うと、サイトの表示順位を決めるシステムのことです。例えば、Googleで何かを検索すると、たくさんのサイトが一覧で表示されます。この際、SEOが強い記事は上位に表示され、SEOに弱い記事は数ページも後に表示されるようになっています。

実は、SEOはAmazon内にも存在します。SEOが強い商品は1ページ目に表示されるので、多くの人の目に留まりますが、SEOの弱い商品は見てもらえません。そして、自分の商品のSEOを強くするためには商品タイトルや商品説明文を工夫する必要があります。

上位表示されるための要素

Amazonは独自のアルゴリズムを採用して、商品の表示順位を決定しています。順位決定の大きな要素は以下の3つです。

上位表示されるための要素
・商品レビューの多さ
・商品レビューの評価
・商品の売り上げ

つまり、良く売れており、かつ高評価が多い商品が上位に表示される仕組みなっています。

好みや感情だけで選ばない

商品選定の際は、自分の好みや感情といった私情を挟まないことが重要です。Amazon輸出を初めて間もないうちは「これなら私も欲しい!」と思った商品を選びがちですが、たいていは失敗します。

私情を挟まない。これが売れる商品選びのための重要なポイントです。

Amazon輸出で売れる商品の見極め方

Amazon輸出でも、売れる商品と売れない商品が存在します。Amazon輸出を成功させるために、売れる商品と売れない商品の見分け方をマスターしておきましょう。

商品ランキングで順位を確認する

Amazonでは、売れる商品のランキングが公開されています。このランキングは約1時間ごとに更新されるため、ランキングが上位の商品はよく売れている商品であると判断できます。

例えば、Amazon.comの「Zak Designs HLOC-K952 Sanrio Water Bottles, Tritan, Hello Kitty」というハローキティのボトルを見てみましょう。

商品ページの下の方にある「Product information」の項目内に「Best Seller Rank」と書かれたランキングが表示されています。こちらのハローキティのボトルは「Kitchen & Dining」カテゴリーで651位なので、なかなか売れている商品だと分かります(2019年9月7日時点)。

さらに、「Keepa」というツールを活用すると詳しいランキングを調べられます。

Keepaならアメリカや日本、その他各国のAmazonの商品価格の推移が確認できます。日本語にも対応しているので、英語が苦手な人でも使いやすいツールです。

1ヶ月間の販売総数も調べられるため、売れ行きを把握するのにも便利です。また、ブラウザの拡張機能をインストールすると、Amazonの商品ページに価格履歴が表示されるようになります。

参考:Keepa

商品カテゴリーの規模をチェックする

カテゴリー内で順位が高いといっても、属しているカテゴリーが大カテゴリか小カテゴリかによっても売れ筋商品か否かの判断は異なってきます。先ほどのハローキティのボトルは「Kitchen & Dining」に属していました。

「Kitchen & Dining」が大カテゴリであれば、651位は良く売れている商品と判断できますが、小カテゴリであればあまり売れていない商品の可能性があります。Amazonには多くのカテゴリが存在するので、カテゴリの大小を見分けるのは容易ではありません。しかし、経験を積めば次第に分かるようになってくるので安心して下さい。

ライバルの数を確認する

気になる商品が見つかったら、ライバルの数をチェックします。売れ筋商品であってもライバルが多すぎると売り上げるのが難しくなってしまうからです。ハローキティのボトルの場合は、8人が同じ商品を販売しています(2019年9月7日時点)。

多くの出品者が12~13ドルで出品している中、1人だけ17ドルで販売している出品者がいます。残念ながら、17ドルでは購入してもらえない可能性が高いでしょう。

このように、他の出品者がいくらで出品しているかをチェックして、ライバルとかけ離れていない価格で出品しましょう。

商品ランキングと所属カテゴリーだけでなく、ライバルの動向も含めてチェックすることが、売れる商品の見極めには欠かせません。

Amazon輸出で狙うべき商品

Amazon輸出で狙い目の商品を紹介します。Amazon輸出をこれから始めようと思っている人だけでなく、すでにAmazon輸出を始めているけれど思い通りに売れていないという人も是非参考にして下さい。

人気のある商品を狙う

人気のある商品は狙い目です。とはいえ、ライバルも多いので利益が出せるギリギリの価格で出品しなければ売れないこともあります。ただ、販売実績を作るために、まずは人気のある商品から売っていくことも大事なことです。

人気のない商品を狙う

逆に人気のない商品はライバルがいないので、うまくいけば独占販売が可能です。独占市場であれば価格を高めに設定することも可能です。そうすると、一つ売れるだけでも大きな利益を出すことができるので、数を売る必要がなくなります。

販売期間に余裕のある方は、不人気ジャンルの商品に挑戦するのも良いでしょう。

関連する商品もチェックする

最初のうちは売れる商品と売れない商品の見極めが難しく感じられるかもしれませんが、経験を積んでいくことで次第にコツがつかめてきます。まずは自分が興味のあるジャンルからリサーチしてみましょう。

徹底的にリサーチしていけば、当初は取り扱う予定のなかったジャンルでも売れる商品が見つかることもあります。また、関連する商品をチェックすることで売れる商品が発見できることもあります。とにかく、いろいろな商品をリサーチして感覚を掴んでいきましょう。

売れなくても諦めない

Amazon輸出では、売れるジャンルや商品を選定しなければほとんど売れません。しかし、売れる商品の見分け方は経験によって身についてくるものなので、赤字が続くからといって諦めてはいけません。まずは、利益を出せるギリギリの価格でも出品を行い、評価を貯めていきましょう。そうこうしているうちに、売れ筋商品の見分け方が身についていることでしょう。

 

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。