物販

AmazonのFBA倉庫へ納品する際に使うダンボールのサイズ制限とは?ダンボールの入手方法も併せて解説!

AmazonのFBA倉庫に納品するとき、どのサイズのダンボールで納品すべきか迷ったことはないでしょうか。間違ったもので送ると重量を超過しているとして受領拒否されることもあるため、サイズ選びは重要です。また、どのようなダンボールをどのように入手するかも重要になります。

この記事では最新のFBA納品のルールに加え、おすすめのダンボールの入手方法についてご紹介します。

Contents

そもそもAmazonFBAとは?

前提知識として、まず、AmazonのFBAについて説明します。FBAとはFullfilment By Amazon(フルフィルメントバイアマゾン)の略です

フルフィルメントとは?

フルフィルメントとは、ネット上のショップで注文がなされ、その商品が注文者に届くまでの全プロセスがフルフィルメントです。

つまり、商品の受注から梱包、発送、在庫管理、顧客データの管理、返品対応、クレーム対応、決済まで、ネットショップでの買い物業務のすべてをフルフィルメントと呼びます。

FBAならAmazonがあなたに代わって処理してくれる

本来であれば発注、梱包、発送、物流や顧客データの管理など、色々なことを自分でやらなくてはなりません。このような作業をAmazonが代行してくれるサービス、それがFBAです。

FBAを利用することによりあなたとAmazonで販売業務を分担することになります。

あなた: 商品の仕入れとAmazonでの出品及び納品
Amazon: 売れた商品の発送からクレーム対応まですべて

FBAには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。次はそのあたりを見ていきましょう。

FBAを利用するメリット

FBAを使うことで販売者は以下のようなメリットを享受することができます。

・業務の効率化
・Amazonブランドでの集客
・送料の低減
・決済方法の拡充
・海外への販路拡大

業務の効率化

ネットショップを始めて間もないうちは扱う商品の量が少ないので問題ないのですが、事業が軌道に乗り取り扱う商品の量が増え始めると、いろいろと負担が大きくなってきます。具体的には、

・在庫を置いておく保管スペースおよびその賃料
・発送業務
・在庫管理

などの負担が増してきます。

FBAを利用すれば、以上の問題はすべて解消します。その間に自分は仕入れや新しい商品開拓に集中できるわけです。

Amazonブランドでの集客

Amazonが多くの売上を上げているのは、購入者がAmazonを信頼しているためです。特にFBAを利用して出品した商品には「Amazon.co.jpが発送します」と表示されるようになるので、購入者は安心してその商品を購入します。

逆に、1から自分で立ち上げたサイトの場合、よほど魅力的な商品でもない限り、なかなか購入してもらえません。信用がないからです。

Amazonは最大手のネットショップですから、まずは商品をAmazonで探そうという人も多数います。このブランド力はAmazonを利用する最大のメリットの1つといえます。

送料の低減

FBAを利用した場合、送料はFBA手数料に含まれているので、売れるたびに送料について考える必要がありません。しかも、Amazonは膨大な量の荷物について配達業者と契約をしているため、大幅な割引を受けています。結果として、出品者が個人で発送するよりも安く送ることができるのです。

決済方法の拡充

決済方法が多いほうが多くの購入者に受け入れられます。Amazonではクレジットカードを使って決済するのが最も一般的ですが、中にはクレジットカードを使いたくない人やそもそもクレジットカードを持っていない人もいます。

FBAを利用するとクレジットカードだけでなく、Amazonギフト券、コンビニ決済、代金引換、Edy、携帯決済など、様々な決済手段を購入者に提供できます。これにより購入者の幅を広げられるわけです。

海外への販路拡大

日本で売られている商品の中には海外で人気があるものもあります。そういった商品を自分で海外に発送するとなると、税関手続きなどいろいろと手間がかかります。

その点、FBAを利用すれば、簡単に海外に発送できてしまいます。売上を上げるには販路の拡大が欠かせません。その意味で、簡単に海外発送ができるFBAはその機会を増やしてくれるといえます。

FBAにはメリットが多くある

ここまで説明してきた通り、FBAを利用すると以下のようなメリットが享受できます。

・業務の効率化
・Amazonブランドでの集客
・送料の低減
・決済方法の拡充
・海外への販路拡大

これらを個人レベルで実現することは難しいので、FBAを使うメリットは大きいといえるでしょう。

FBAを利用するデメリット

もちろん、FBAには良いことばかりではなく以下のようなデメリットもあります。

・商品のコンディションが確認できない
・災害などでAmazonの業務が止まると販売が滞る
・手数料がかかる

商品のコンディションが確認できない

いったん商品をAmazonの倉庫に送ってしまうと、それが今どのような状態なのか把握できなくなります。新品同様として販売している商品が、いつの間にか倉庫の中で劣化していることもあります。

商品の状態を確認したくなったときは、自分で手元に商品を戻し、再度Amazonの倉庫へ送る必要があります。

このため、FBAで扱う商品はコンディションが大きく変わらないか、コンディションに左右されない商品にしたほうが良いといえます。

災害などでAmazonの業務が止まると販売が滞る

FBAも人間が運営しているものなので、災害や不具合などでフルフィルメントセンターの業務が止まると販売が行われなくなります。

あまり考えたくない事態ではありますが、そのようなリスクがあるのは事実です。

手数料がかかる

FBAは無料で使えるわけではありません。FBAを利用すると以下のような手数料を要求されます。

・配送代行手数料
・在庫保管手数料
・FBA梱包準備サービス料
・長期在庫保管手数料
・返送、所有権の放棄手数料

参考:料金プラン

もちろん、こういった手数料を払っても儲かるからこそFBAが使われるわけですが、何も考えずに価格設定してしまうと、手数料のせいでほとんど利益が出ないということもありえます。手数料には十分気を使って収支の計算を行うようにしましょう。

デメリットも理解した上で利用しよう

ここまで見てきたように、FBAには

・商品のコンディションが確認できない
・災害などでAmazonの業務が止まると販売が滞る
・手数料がかかる

といったデメリットがあります。利用する際は、こういったデメリットがあることも理解しておきましょう。

AmazonのFBA納品時のダンボールサイズと重量超過のルールについて

それでは本題に入ります。FBAに納品する際はできるだけ送料を減らすため、1つのダンボールに多くの商品を詰め込みたくなります。しかしながら、重要制限を超えてしまったり、サイズオーバーしたりした場合は納品を拒否されます。また、サイズ以外にも納品を拒否される場合があります。

この場合、返送料は出品者負担になり、再送料も必要になります。あらかじめルールをしっかり把握した上で、一度で納品できるようにすることが重要です。

FBAに納品するダンボールのサイズと重要の制限

商品をダンボールに詰めてFBA倉庫に送る場合は、以下のような制限があります:

■小型サイズ及び標準サイズ商品: 3辺が50cm x 60cm x 50cmより小さく、重量が30kg以内。ただし、メーカー専用箱の場合、3辺が95cm x 69.9cm x 50.9cmより小さく重量が40kg未満。

■大型サイズ及び特殊大型サイズ商品: 3辺の寸法の合計が216cmより小さく、重量が40kg以内。ただし、メーカー専用箱の場合、3辺が95cm x 69.9cm x 50.9cmより小さく重量が40kg未満。

参考:各種輸送箱のサイズ・重量制限

このサイズや重量を超えた輸送箱での納品は受領拒否の対象となるので注意が必要です。

ダンボールのサイズ以外の要件

実はダンボールのサイズ以外にも受け取り拒否となってしまう場合があります。

具体的には、

・重量が15kgを超過しているにもかかわらず、ダンボールの天面と側面に「重量超過」と明記していない
・輸送箱に破損または汚れがある
・複数の輸送箱を束ねている

といった場合に受け取りを拒否される可能性がありますl。

参考:各種輸送箱のサイズ・重量制限

ダンボールのサイズばかりに囚われてしまうと、以上の注意点を見逃してしまいます。十分に注意しましょう。

FBA納品におすすめのダンボールサイズ

では、実際にFBA倉庫に納品する際は、制限サイズギリギリの段ボール箱(160サイズ)を使えば良いのでしょうか。この場合、商品によっては重量制限に引っかかるため、あまりおすすめはできません。たとえば本を入れると160サイズの1/3ほど入れただけで重量超過になってしまいます。送料は箱が大きくなるほど高額になるので、むしろ高くなってしまいます。

このため、小型サイズ商品と標準サイズ商品は80~120サイズのダンボールを使うのがおすすめです。なお、細長いダンボールも1辺がAmazonの規定を超えてしまう可能性があるので注意しましょう。

大型サイズ商品及び特殊大型サイズ商品は、3辺の合計が216cmより小さいサイズとなっているため自由度が高いです。しかしながら、重量制限のことを考えると、120~160サイズの箱に少しずつ入れるのがおすすめです。メーカー純正品のダンボールの場合は、規定内であればそのまま送ることも可能です。

重量超過は配送業者に対しても注意

前述の通り、Amazonに送る荷物には重量制限があり、かつ30kgを超えた場合はその旨を箱に記載する必要があります。

もう1つ気をつけたいのはFBA倉庫まで送る際に使う配送業者です。たとえばヤマト運輸やゆうパックの場合は、重さは25kgまでという制限があります。

参考:宅急便のサイズについて(ヤマト運輸)

参考:25kgぴったりの重さの物を送ることができますか?(郵便局)

佐川急便の制限重量は30kgですが、これでも大型サイズ商品や特殊大型サイズ商品の制限まで届きません。

参考:飛脚宅配便

これらの制限を超える物を送るサービスもありますが、それなりに料金がかかってしまいます。Amazonだけでなく配送業者の重量制限も意識して荷造りをしましょう。

FBA倉庫に送ったダンボールが受領拒否される原因

FBA倉庫に送った商品が受領拒否される原因をもう少し詳しく見ていきます。その原因は大きく分けて3つあります。

・ダンボールや商品が破損している
・ダンボールのサイズが規定を超えている
・ダンボールを自分で加工している

ダンボールや商品が破損している

梱包をしっかりしていない場合、ダンボール自体や中の商品が破損することがあります。この事例はAmazonのHPにも写真付きで紹介されています。

実は、受領拒否になるのはまだましなケースです。商品の破損に気づかないまま販売してしまった場合、購入者からのクレームは避けられませんし、結果としてアカウントが強制的に閉鎖されることにもなりかねません。

いつ商品が破損したのか特定するのは困難なので、梱包はしっかり行いましょう。重要なのはダンボールの強度だけでなく、中の商品の梱包です。特に大きなダンボールに複数の商品を入れる場合は、緩衝材を利用してしっかりと商品を守るようにしましょう。

なお、使用可能な緩衝材は、クッション、エアピロー、紙に限られています。生物分解可能な梱包材(とうもろこしの梱包材)、クリンクル(しわ加工)ラップ、シュレッダー済みペーパーは使用できないので注意してください。

ダンボールのサイズが規定を超えている

上でも紹介しましたが、ダンボールのサイズが規定を超えていると受領拒否される可能性があります。

なお、1cm単位で測っているわけではなく、あくまで受領担当者のさじ加減で決まっているようです。とはいえ、トラブルにならないためにも規定を守って発送したほうが安全かと思います。

ダンボールを自分で加工している

既存のダンボールではサイズが合わないからと言って、ダンボールを切ったり貼ったりして丁度いいサイズのダンボールを自分で作ってはいけません。

残念ながら、このようなダンボールで納品することはできません。この事例もAmazonのHPに写真付きで紹介されています。

改良したダンボールは諦めて、既存の段ボール箱を使用するようにしましょう。

FBAに送るためのダンボールの入手方法

いろいろなルールを守りつつFBA倉庫に納品するにはダンボール選びも重要です。ここからはダンボールの入手方法について見ていきます。

ホームセンターでダンボールを入手する

まず、一番無難なのがホームセンターでダンボールを購入する方法です。販売されているダンボールは丈夫ですし、好きなサイズを選べるので自分にあったものを探すことができます。

たとえば、カインズでは57.6cm x 37.8cm x 50cmというAmazonの制限に合致するサイズのダンボールが売られています。

参考:【5枚セット】160サイズ 高さ調節できる段ボール M-3×5枚[4549509173069×5]

ネット通販で5枚1,290円で入手可能なので、迷ったらこれを使うのが無難です。

無料でスーパーでもらえるダンボールでは駄目なのか?

人によってはお金を出してダンボールを買うこと自体に抵抗感がある人もいるかと思います。しかしながら、スーパーなどで無料で配布されているダンボールは一般的に小さなサイズが多いです。

荷物を小分けにし、小さいダンボールにそれぞれ梱包して発送すると、かえって高く付くことがあります。たとえば、ヤマト運輸で関東→関東で調べると、

サイズ料金
60サイズ930円
80サイズ1150円
100サイズ1390円
120サイズ1610円
140サイズ1850円
160サイズ2070円

となっており、60サイズ以外は160サイズのダンボール1つでまとめて送ったほうが複数に分けるよりも安いことがわかります。ダンボール代を出し惜しみせず、送料も含めたトータルで損得を計算してみてください。

参考:宅急便運賃一覧表:全国一覧

スーパーでダンボールをもらうべき場合と注意点

もちろん、スーパーで段ボールをもらったほうがいい場合もあります。たとえば商品が小さかったり、本やCDのように決まった形で詰め込みやすかったりする場合は、160サイズは必要なく、小さなダンボールで十分です。このような場合は、スーパーで貰えるダンボールを使ったほうが安く済みます。

また、大きいダンボールに詰め込みすぎると重量制限を超過したり、ダンボールが破損したりする場合もありますので、商品の数が多い場合もスーパーでもらう小さめのダンボールに小分けして発送するのが良いでしょう。

ただし、スーパーでもらえるダンボールには生野菜などが入っていた可能性があります。この場合、水分で濡れて弱くなっていたり、汚れていたりすることもありますので十分注意しましょう。

納品時はダンボールの選択も重要

FBA倉庫へ納品する時は、ついつい商品のサイズと重量にばかり目が行きがちですが、ダンボール自体も非常に重要です。固定観念にとらわれず、柔軟かつ臨機応変にダンボールを選べば、コストを抑えることができるでしょう。

FBA納品時のルールを守りつつコスト削減を

この記事で紹介したように、FBA倉庫への納品には細かなルールがあります。このルールを守らないと、Amazonに受け取ってもらえなかったり、あるいは購入者のところでトラブルになったりします。

FBAのルールを守った上で、できるだけコストを下げる工夫を凝らしていきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。