物販

Amazonギフト券を安く買う方法。公式サイトや売買サイトを利用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonでは漫画や書籍の他にも、洗剤やシャンプーなどの日用品や学用品といった色々な物品が購入できますよね。しかも、有料会員になっていれば当日・翌日配達も可能なので、日常的に利用しているという人も多いでしょう。

Amazonでは、商品決済方法の一つに「Amazonギフト券」があります。Amazonギフト券を安く購入できれば、商品をお得に手に入れられます。

そこで、この記事では、Amazonギフト券を安く買う方法を紹介します。お得にAmazonで買物をしたいという方は、ぜひ参考にしてください。

Amazonギフト券の基本

Amazonギフト券は百貨店の商品券と同じようなもので、ギフト券の金額分だけ買い物が楽しめます。従来の百貨店の商品券だと、券面額よりも少ない価格の商品を購入した場合はおつりがもらえないことが多いですよね。しかし、Amazonギフト券なら、商品を購入するために使用した金額分だけが差し引かれ、残りは残高としてカウントされるので無駄がありません。

まずは、これから初めてギフト券を使用する方のために、ギフト券の基本について解説します。

入力すれば使えるから便利

百貨店の商品券は、店頭で会計の際に手渡しして使用しますよね。しかし、Amazonギフト券は、ただカードを持っているだけでは使えません。

ギフトコード登録ページでギフト券の番号を入力して残高に追加して、やっと使用できるようになります。ギフト券の残高が残っていれば、Amazonで購入手続きする際に自動でギフト券残高が使われるので簡単便利です。

有効期限の近いものから使われていく

ギフト券と聞いて気になるのは、「いつまで使えるのか」ではないでしょうか。Amazonギフト券は手に入れたらすぐに使用できますが、ある期間を過ぎてしまうと使用不可になってしまいます。有効期限の異なる複数のギフト券コードを登録した場合は、期限の近いものから自動的に使われることになります。

コンビニでも買えるギフト券

「Amazonギフト券」といっても実はたくさんの種類があり、コンビニエンスストアで買える物からオンラインで購入できるものまであります。

私たちが一番良く見かけるギフト券といえば、コンビニエンスストアに並べられているカードタイプのギフト券ではないでしょうか。その他にもAmazonで買えるギフト券も多くの種類があります。例えば、仕事関係の人にも送りやすいEメール形式のものや、卒業祝いや就職祝いとして贈るのに便利なグリーティングカード形式のものなどがあります。

自分で購入して自分で使う場合は、シンプルに残高へチャージして使えるチャージ形式がおすすめです。

ギフト券をリーズナブルに入手する方法

Amazonで日常的に買い物するなら、お得に商品を買いたいですよね。そんなあなたにおすすめなのがAmazonギフト券です。

ここからは、ギフト券を通常の価格よりもリーズナブルに手に入れる方法を紹介します。

個人同士の売買サイトを利用する

最もリーズナブルにギフト券を手に入れる方法は、個人同士でギフト券を売買できるネットサービスを利用することです。割引率はサイトによっても異なりますが、7%~10%オフで購入できる場合も少なくありません。

公式サイトでお得なポイント還元

Amazon公式サイトでギフト券のページをのぞいてみると、たまにギフト券を買うとお得になる公式キャンペーンを行っている時があります。これは、ギフト券をお得に購入できるというよりは、購入した金額の一部がポイント還元される仕組みです。

例えば、有料会員なら、現金で1回90,000円分チャージすると3%分のポイントが還元されます。また、ギフト券は銀行振込やコンビニ支払い以外にも、手持ちのクレジットカードでもチャージでき、その場合はチャージ金額にかかわらず0.5%分のポイントが還元されます。

ただし、このお得なキャンペーンはいつでも行っているわけではないので、日常的にAmazonで買い物する人は、キャンペーン期間中にまとまった金額をチャージしておくと良いでしょう。

使いすぎ防止で節約できる

Amazonで買い物する際に予めギフト券の残高に追加してから買い物を行うメリットは、先ほどご紹介した通り、キャンペーン期間中であれば最大3%のポイント付与があることです。また、Amazonで販売されているほとんどの商品は決済手段としてクレジットカード以外にも銀行振込やコンビニ支払いを利用できますが、一部のコンテンツはクレジットカードでしか決済できないものもあります。そんなときでも、ギフト券があれば購入できます。

それに、クレジットカードを使用した買い物ではついつい買い過ぎてしまう人も、ギフト券に毎月の必要な金額だけをチャージして使うようにすれば、使い過ぎを防止することもできます。

ギフト券の売買サイトとは

公式サイト以外からギフト券をお得に手に入れる方法といえば、ギフト券の売買サイトを利用する方法が挙げられます。

売りたい人と買いたい人を結びつけるサイト

ギフト券の売買サイトというのは、ギフト券をもらったけれど使う予定がない人がギフト券を売り、逆にギフト券を欲しいという人がギフト券を購入できるサイトです。売りたい人と買いたい人の間には仲介業者が入るので仲介手数料を支払う必要がありますが、それでもギフト券をお得に購入できるので、多くの人に利用されています。

売買サイトを利用するメリット

ギフト券を売り買いできる売買サイトには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここからは、ギフト券の個人間取引によってギフト券を手に入れるメリットを紹介します。

通常よりも安く購入できる

売買サイトを利用すると、ギフト券を通常よりも割引価格で購入できます。例えば、5,000円分のギフト券が4,700円で購入できたりします。ただし、割引率は売買サイトによっても、購入するタイミングによっても異なります。

すぐに利用できる

売買サイトでギフト券を購入すれば同時にギフト券コードも手に入るので、Amazonでのお買い物にすぐに使えます。

簡単に購入できて、利用方法も簡単

売買サイトは普通の通販サイトと同じように、欲しいギフト券を選んで購入するだけなので、ギフト券の購入に時間はかかりません。急いでいる時でも、ササッとギフト券を購入してAmazonで欲しい商品を買えるようになります。

売買サイトを利用するデメリット

ギフト券の売買サイトには、残念ながらデメリットもあります。

使用済みのギフト券も出品されている

売買サイトでギフト券を販売している人の中には非常識な人もいます。使用済みのギフト券を販売して稼ごうと考えている人さえいます。または、ギフト券の残高がないにもかかわらず、うっかりそのギフト券を販売してしまう人もいます。

ただし、売買サイトで購入したギフト券が使用済みであった場合は、返金対応してもらえるので安心してください。

30分以内に利用しなければならない

売買サイトの多くは、ギフト券を購入してから30分以内に使用しなければ、使用済みのギフト券を購入してしまった場合でも補償してもらえません。そのため、ギフト券を購入したらすぐにギフト券コードを登録する必要があります。

トラブルが生じるとややこしい

ギフト券の売買に関してトラブルが生じた場合でも、基本的には購入者と販売者で話し合って解決しなければなりません。非常識な人から購入してしまった場合は、話し合いもうまくいきにくくなります。ギフト券の売買サイトにはいろいろな販売者がいるため、トラブルが生じるリスクについても考えた上で購入するようにしましょう。

人気のあるギフト券売買サイト

ここからは、ギフト券を個人同士でお得に売買できるサービスを具体的に紹介していきます。

ギフト券を安く買えるサイト

「アマギフト」は通販サイトを事業としている会社が運営しており、Amazonで使えるギフト券コードだけでなく他のサービスのギフト券やポイントも取引できる売買サイトです。アマギフトは、電話番号を公開しているだけでなく問い合わせフォームも設置しているので、トラブルが起こっても安心です。

参考:アマギフト

「ベテルギフト」は30日間の返金保証を謳っている売買サイトなので、購入したギフト券が使用できなかった場合は返金してもらえます。また、24時間体制でトラブルに対応してくれるのも嬉しいポイントです。

参考:ベテルギフト

「ギフティッシュ」はオークション形式でギフト券を購入できる売買サイトです。運営会社は古物商許可証も所持しています。Amazonギフト券が10%オフで購入できるだけでなく、ニンテンドープリペイドカードが6%オフになっているなど、様々なギフト券がお得に購入できます。

参考:ギフティッシュ

「アマテン」は売買サイトの中では老舗の部類に入ります。運営会社は六本木ヒルズ森タワーにあるamaten株式会社です。大手ですし、直近の取引成立割合が98%なので、比較的安心して利用できるサービスです。

参考:アマテン

ギフト券を安く買う流れ

ここからは、上記のサイトを利用してギフト券を購入し実際に使用するまでの流れを紹介します。いずれのサイトでも大まかな流れは同じですし、それほど難しくもないので、ぜひ新規会員登録から購入まで挑戦してみてください。

一般的な売買サイトの流れ

売買サイトを利用するには、まず新規会員登録をする必要があります。会員登録といっても年会費無料で登録できるものがほとんどです。登録の際は本人確認が必要となるので、運転免許証やマイナンバーカードを手元に用意しておきましょう。

売買サイトの多くは、ギフト券を購入する時に支払うのではなく、売買サイトへ先に入金するチャージ方式を採用しています。そのため、購入したいギフト券の金額分を入金しておきましょう。

入金が完了したら、希望する金額のギフト券を選んで購入します。購入後は、すぐにギフト券コードを登録しましょう。無事にギフト券残高が増えたことを確認できたら、その旨を取引相手に報告しておくと親切です。

売買サイトを利用する注意点

売買サイトを使えば、普通はお得にギフト券が手に入りますが、うっかりしていると損することもあり得ます。

そこで、ここからは売買サイトを利用する際の注意点を解説します。

入金前の申請を忘れない

多くの売買サイトでは、ギフト券を購入する前に購入金額分を入金することになります。しかし、入金前に申請が必要な売買サイトも多くあります。売買サイトの利用に慣れてくると、うっかり申請するのを忘れてお金だけ先に入金してしまうことも少なくありません。

ただ、申請せずに入金してしまった場合でも、売買サイトのサポートに問い合わせるときちんと対処してもらえるので安心してください。

ギフト券詐欺に巻き込まれる可能性も

先ほど、売買サイトに出品されているAmazonギフト券の中には有効期限切れのものも含まれている可能性がある、とお伝えしましたが、もっと悪質なものも存在します。それは、詐欺集団が適当にAmazonギフト券コードを作成して出品しているケースです。

ギフト券コードは数字を並べただけのものなので、適当に作ろうと思えばできてしまいます。それを利用して実在しないギフト券を出品している業者もいることには注意が必要です。

手数料が高いサイトもある

ギフト券の取引に対して手数料を徴収するサイトがほとんどです。そのため、ギフト券の割引率によっては手数料を追加で支払うと逆にマイナスになってしまうこともあります。

ギフト券購入の際は、手数料も加味して本当にお得になるかどうかよく考えてから購入するようにしましょう。

信頼できる売買サイトを見つける

売買サイトの仲介業者にも悪質な業者は存在します。購入したギフト券の有効期限が過ぎていたり、使用できなかったりしても何の対処もしてくれない業者もいるのです。

そんな悪質な業者でギフト券を購入してしまわないように、ネットで売買サイトの口コミを検索して信頼できるかどうか事前に確認しておきましょう。

ギフト券の金額が違うリスク

意図的なのか、うっかりなのか定かではありませんが、購入したギフト券の金額が違う場合も稀にあります。例えば、5,000円分のギフト券を購入したのに、登録してみたら3,000円しか残高が増えていないなどのトラブルもあります。

Amazonギフト券を安く買おう

Amazonギフト券は、Amazon公式サイトや売買サイトを利用してお得に手に入れられます。ただし、売買サイトでの購入には今回ご紹介したようなリスクもあるため、問題解決の仕組みを用意している売買サイトで取引するようにしましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る