Amazonプライムですぐに有料会員を解約する方法とは?PCとスマホ別の手順と退会する際の注意点を解説

「Amazonプライムを今すぐ解約したい」

「PC、スマホそれぞれで解約する手順は?」

「解約する上で何か注意点はある?」

Amazonプライムの解約を考えている方は、このような悩みをお持ちではないでしょうか?

Amazonプライムは、お急ぎ便やprime videoなどを利用することができる便利なサービスです。初めての方には無料体験で試すことができます。しかし中には、もうAmazonプライムは不要になったから解約したいと考えている方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、以下について解説していきます。

・Amazonプライムを解約する方法

・PCとスマホ別の解約手順

・Amazonプライムを解約する際の注意点

今後Amazonプライムを利用しない方は是非参考にしてください。

目次

Amazonプライムの無料体験とは?

まずは、Amazonプライムの無料体験とは何なのか?ということについて解説します。Amazonプライムとは、Amazonの有料サービスであり、年会費5900円(税込)もしくは月額600円(税込)支払うことで、さまざまな特典を利用できるサービスです。

もちろんAmazon自体は一般会員でも利用できるため、年会費を支払ってまでAmazonプライムを利用したいと思えない人もいるでしょう。しかし、Amazonプライムでは一般会員だと決して利用できない便利なサービス、コンテンツが用意されているため、無料体験だけでも利用してみる価値はあります。

30日間便利な特典を利用できる

Amazonプライムの無料体験期間は30日間であり、その間はさまざまな特典やサービスを利用することができます。まずは、無料体験期間で特典を利用し、自分にとって利便性の良いサービスがあれば、Amazonプライムへの本登録を検討してみると良いでしょう。

Amazonプライムの特典全てが対象

Amazonプライムでは、無料体験期間中も利用できる特典に制限はありません。有料会員とまったく同じ特典・サービスを利用することができます。

Amazonプライムの特典の中でも特に人気のサービスは、映画やTV番組が見放題になる「プライム・ビデオ」です。無料体験期間中は、「プライム・ビデオ」ももちろん無料で利用することができます。期間中に気になっている映画やTV番組を一通り視聴してしまうのも1つの手です。

Amazonプライムの期間終了後はすぐに有料会員へ

Amazonプライムは設定を変更しない限り、30日間の無料体験期間終了後には、自動ですぐに有料会員へと移行してしまいます。以下のAmazonプライムの規約をご覧ください。

つまり、無料体験期間中に解約しなかった場合は、Amazonプライムへ自動ですぐに有料会員に登録され、会費が引き落とされてしまうということです。今後もAmazonプライムを利用し続けるのなら良いですが、そのつもりがない場合は注意が必要です。

あわせて読みたい
Amazonプライム会費4900円が勝手に発生していた!原因や解約方法について徹底解説 Amazonプライム、みなさんは利用していますか?最近は、映画やドラマなどの動画コンテンツが楽しめるサービスが充実していることもあって、利用している方が多くなって...

Amazonプライム解約や更新日に注意!

Amazonプライムを解約するには、更新日に気をつける必要があります。もし無料体験としてAmazonプライムを利用している場合には、更新日に気をつけておかないと料金が発生することもあるので注意が必要です。

解約は更新日の1日以上前にすること

無料体験期間中に解約して、料金を発生させたくないのであれば更新日の1日以上前に解約の手続きが必要となります。更新日というのは料金発生日とイコールの関係なので、更新日になってしまった時点で料金が発生してしまいます。Amazonプライムは更新日に解約しておけば料金はかからないと勘違いする方が多いので注意しましょう。

なのでもしも早めに解約することを決めているのであれば、決めたその日のうちに解約の手続きを申し込むことをおすすめします。Amazonプライムでは、もし解約しても更新日の前日までは利用することができます。

更新日を過ぎても返金される場合がある

もしもうっかりして更新日を過ぎて料金が発生してしまったとしても、Amazonプライムを利用していなければ返金してもらうことができます。返金を行う手続きは難しくなく、ただ普通に解約すれば大丈夫です。

もし更新日を過ぎて少しAmazonプライムを利用してしまったとしても、その使った分を計算してその利用度合いに応じた金額が返金されるので安心です。ただどの程度の金額が返ってくるかは不明なので、できれば更新日前に解約するのが望ましいです。

Amazonプライム会員を今すぐ解約するやり方

では、Amazonプライム会員を今すぐ解約したい場合はどうすれば良いのでしょうか?ここでは、Amazonプライムの解約方法をPCとスマホ別に解説していきます。

PCで解約する場合

1.「アカウントサービス」≫「Amazonプライム会員情報」の順に進んでいきます。

2.上のメニューにある「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」をクリックします。

3.「特典と会員資格を終了」をクリックします。

4.「〇〇さん、キャンセルする前に年間プランをご検討ください」の表示になりますので、そのまま「会員資格を終了する」をクリックします。

5.さらに確認するページになりますので、一番下の「特典と会員資格を終了」をクリックします。

なお、最終確認をして「特典と会員資格を終了」を選択した場合は、残りの期間に対して日割りで返金されます。期間ギリギリまで利用しないともったいないというわけではないのでご安心ください。

Amazonプライムの解約をアプリで行う方法

1.Amazonアプリ画面下の人型アイコンをタップします。

2.次の画面でアカウントサービスをタップします。

3.アカウント設定の「プライム会員情報の設定・変更」をタップしましょう。

4.プライム会員情報の管理から「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をタップします。

5.「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」をタップします。

6.Amazonプライムを期限まで利用するのか、今すぐ解約するのか、会員更新前にメールでお知らせを受け取るのかを選択し、画面の指示に従って進んでいくと解約できます。

なお、PCの時と同様で、「特典と会員資格を終了」を選択した場合は、残りの期間に対して日割りで返金されます。期間ギリギリまで利用しないともったいないというわけではないのでご安心ください。

Amazonプライムの解約を電話で行う方法

Amazonプライムの解約は、アプリやPCの他に電話でも行うことができます。ここでは電話でAmazonプライムを解約する方法をご紹介します。

電話で解約する方法

まずAmazonのサイトにログインして、カスタマーサービスから電話をかけてもらいましょう。Amazonはお問い合わせの電話番号を持っていないため、カスタマーサービスに問い合わせて電話をかけてもらう必要があります。

それでは詳しい電話での解約方法を画像を使ってご紹介していきます。

1.Amazonサイトにログインする

2.Amazonサイト、トップページの「アカウント&リスト」を押す

3.「アカウントサービス」を押す

4.「プライム」を押す

5.「Amazonプライム会員」を押す

6.「今すぐ電話をリクエストする」を押す

7.電話番号を入力する

あとは担当者から連絡がくるのを待ち、解約の手続きを行うだけです。
かけてもらう仕様のため、通話料はかかりませんので安心して下さい。

あわせて読みたい
Amazonカスタマーサービスアソシエイトに繋がらない?その対応法は? 「Amazonの買い物で困ったらどこに問い合わせしたらいい?」 「チャットやメールで質問や問い合わせはできる?」 「Amazonから電話してもらうことはできる?」 このよう...

Amazonプライムを解約する時に電話がつながらない場合は?

もしもAmazonのカスタマーサービスに電話してみても、繋がらなかった場合には以下の方法を試してみてください。

チャットで解約したい旨を伝える

カスタマーサービスから全然電話がかかってこない場合には、チャットで解約をするようにしましょう。方法は電話をリクエストをする流れと同じで希望連絡方法を「チャットで問い合わせる」にします。そこで解約したい旨を伝えましょう。

電波が良いところに移動して電話する

電話がつながらない理由はもしかしたら、現在の居場所に問題があるのかもしれません。もしアンテナの本数が1本になっていたり、電話が圏外になっているようであれば場所を変えてもう一度試してみるといいでしょう。

再起動してみる

カスタマーサービスから電話を受けたとしても、端末の不具合等で音声が流れないことがあります。そのような場合は、自分の端末を1回再起動してみてから試してみましょう。

時間を置いて電話をかける

もし電話がつながらないのであれば、Amazon側が他の人との電話で混雑している可能性があります。特にAmazonの大型セール中は、電話で問い合わせる人が多くなるので日を改めたり、時間を置いてかけなおすようにしましょう。

アプリやPCから解約する

電話が繋がらない場合には、アプリやPCを使って手動で解約する方法があります。今すぐにでも解約したい方は、そちらで手動で行うのがいいでしょう。

Amazonプライムを解約する際の注意点とは?

これまで解説してきた手順で進めていけば、Amazonプライム会員を解約することができます。ただ、Amazonプライムを解約する際にいくつか注意点がありますので、ここで紹介していきます。

更新期限ギリギリまで利用する場合

Amazonプライムの解約手続きを行う際に、上記の画面で「更新前にお知らせを受け取る」というボタンが表示されます。このボタンは、更新期限の3日前にメールで通知してくれるサービスです。このボタンをタップすることで、Amazonプライムを更新期限ギリギリまで利用することができます。

ただ、更新期限まで利用したい場合にこのボタンを押し忘れてしまうと、すぐに有料会員へ自動的に移行されてしまうので注意しましょう。

Amazonプライムで今すぐに有料会員から解約する場合

逆に、更新ギリギリまで利用せず、今すぐAmazonプライムを解約する場合は、残りの期間に対してAmazonから返金を受けることができます。今すぐ解約して返金を受けるのか、期間ギリギリまで利用するのかを考えたうえで、お得な方を選ぶと良いでしょう。

Amazonプライムの解約による返金を日割りで受け取りたい場合

Amazonプライムの返金は、最後に特典を利用した日から日割りで計算した額になります。ただ、日割りと言っても、厳密にはプライム特典の利用度をシステムが自動計算するため、日割り額はあくまでも目安です。

たとえば、残りの日数が残っている場合でも、プライムの利用度が高ければ、その分日割り額も少なくなるということです。解約したタイミングが基準になるわけではないので、手続きをする際は良く考えた方が良いでしょう。また、手続きを終えた後に「プライム・ビデオ」や「お急ぎ便」といったサービスを使ってしまうと、日割りの日にちが更新されてしまうので注意が必要です。

Amazonプライムの特典をいっさい利用していない場合

逆に、Amazonプライムの特典をいっさい利用していない場合は、Amazonより全額返金されます。つまり、この場合は解約するタイミングや日割り額のことをいっさい考える必要がないということです。

Amazonプライムの解約を無料期間中に行う場合

Amazonプライムの無料体験期間内に解約する場合は、当然会費はかかりません。無料体験だけ利用するつもりなら、登録後にすぐ解約手続きしておくと良いでしょう。

返金はクレジットカードへ

Amazonプライムの解約の際に発生する返金は、現金ではなくクレジットカードへの返金となります。クレジットカード以外での決済方法を選択していた場合は、その方法での返金になります。現金で返ってくるわけではないので、そこは理解しておきましょう。

家族会員も同時に解約

Amazonプライムに家族で登録している場合は、自分が解約してしまうと家族全員も同時に解約になってしまいます。家族の誰かが今後もAmazonプライムを利用したいという時は、再度申し込みを行う必要があります。家族で一緒に登録している場合は、解約する時に1度家族と相談した方が良いでしょう。

Amazonプライムの解約はプライムビデオからはできない

Amazonプライムの解約はプライムビデオのwebブラウザやアプリからではできません。もし解約したいのであれば、Amazonショッピングサイトから解約の手続きを行う必要があります。

Amazonプライムの解約後のポイントはどうなる?

Amazonプライム解約後のポイントは、請求確定時のプライム会員のステータスによって決まります。Amazon Mastercardを使っている人は、プライム会員になっている間は、還元率が上昇します。しかし還元率の判定は請求確定時にAmazonプライムに入っているかどうかで決まります。

またAmazonプライムを解約したからといって、Amazonアカウントを削除しない限りポイントは無くなりません。しかしAmazonプライムの無料体験を利用することでポイントがもらえるキャンペーンは、料金が発生したあとにポイントが付与されるため、解約してしまうともらうことができないため注意が必要です。

Amazonプライムは今すぐ有料会員を解約するといつまで使える?

Amazonプライムを解約すると契約終了日が表示されます。この契約終了日が過ぎると、会員特典が使えなくなるのはもちろん、Amazonプライムビデオも見ることができなくなります。それまでにダウンロードしていたコンテンツも見れなくなってしまうので注意です。

また解約する際に「今すぐ解約」を選択した場合には、その場ですぐに見れなくなってしまいます。解約する際には「今すぐ解約」するか「契約期間終了日まで」を選ぶかでだいぶ変わるのでしっかりと認識しておきましょう。

再度Amazonプライムに入会する場合

では、再度Amazonプライムに入会したい場合はどうすれば良いのでしょうか?ここではAmazonプライム会員に再度登録する時の方法を解説します。とても簡単な手順で再登録できますので、ご安心ください。

1.Amazonトップページの「アカウント&リスト」から「Amazonプライム会員情報」を選択します。

2.重要なお知らせの「ここ」をクリックします。

3.「30日間の無料体験を試す」をクリックします。

4.登録ページより「30日間の無料体験を試す」をクリックします。

これでAmazonプライム会員への再登録が完了です。

Amazonプライムが解約されているか確認する方法

Amazonプライムを解約しているかどうかを確認する方法は、アカウントサービス画面からいつでも確認することができます。

Amazonにログインしたら「アカウント&リスト」を押して、「アカウントサービス」を押します。その後は「プライム」を押すことで現在そのアカウントがAmazonプライムに加入しているかの確認ができます。

「お客様はプライム会員ではありません」と表示されていれば、即時解約されたということになります。会員資格満了日での解約をした場合には、残り日数が書かれます。

Amazonプライムを解約する際によくあるトラブルとは?

Amazonプライムを解約する際、スムーズに解約できれば良いのですが、そうはいかないこともあります。手続きが複雑で思った通りに進まないことや、想定外のトラブルが発生するケースもあるでしょう。しかし、そういった時に適切な対処ができなければトラブルを解決することはできません。

そこで、ここでは、Amazonプライムを解約する際によくあるトラブルとその対処法を紹介していきます。現時点で解約する気がない人でも、1度目を通しておくことで万が一の際に役立つはずです。

Amazonプライムで今すぐ有料会員を解約したいのに「すぐに終了する」が選択できない

今すぐに解約したいのに、「すぐに終了する」が選択できないケースがあります。これは、Amazonプライムの会員特典を会員費以上に利用している場合に発生します。「すぐに終了する」が選択できない場合は、「20●●/●●/●●に終了する」を選択し、今期分の期間が終了した際に自動継続しないように設定しておきましょう。

プライムを年会費での支払いをしている場合は、基本的に1年ごとの更新となります。いつでも退会できるようにしたい場合は、少々割高ですが、月額費会員に登録しておいた方が良いでしょう。

Amazonプライムの解約後アマゾンフォトにアップした画像はどうなる?

プライム・フォトに写真やファイルをアップしたまま解約してしまった場合は以下のようになります。プライムの特典として付与されたストレージを持っていない場合は、新たにファイルや写真をアップロードすることはできません。ただ、ストレージにアクセスし、既にアップロードされているファイルや写真、パーソナルビデオの閲覧、ダウンロード、削除をすることはできます。

つまり、一定期間内であれば既にアップロードしているファイルの削除やダウンロードはできるということです。重要なファイルをプライム・フォトにアップロードしている場合は、削除される前に別の保存場所に移動させた方が良いでしょう。

Amazonプライムで解約したアカウントが不明な場合

ログインにて「このEメールアドレスを持つアカウントが見つかりません」とあれば、メールアドレスに誤りがあることが分かります。カスタマーサービスを利用するにはログインをする必要がありますので、捨てアドなどで新規にアカウントを作成してから、改めて不明のアカウントについて問い合わせをしましょう。

「パスワードが正しくありません」と表示されれば、パスワードが間違っているので新たに設定し直しましょう。

Amazonプライムで解約するアカウントの持ち主が死亡してしまった場合

Amazonプライム会員の持ち主が死亡してしまった場合、代理人がカスタマーサービスに問い合わせることでアカウントを閉鎖する必要があります。代理人は原則として、配偶者、親、兄弟、子供のいずれかであることが条件です。カスタマーサービスからの案内メールをもとに必要書類を準備してアカウントを閉鎖することができます。

トラブルの際はAmazonカスタマーサービスに相談

これまでトラブルの際の対処法を紹介しましたが、状況によっては自分1人の手に負えなくなることもあり得ます。自分の力でどうにもできなくなった際は、Amazonカスタマーサービスに相談するのも1つの手です。

Amazonプライムでは、誤って会員継続をしてしまった場合や、無料体験後に有料会員へと移行してしまった場合、特典を利用していない限りは会費が返金される可能性があります。また、Amazonカスタマーサービスには24時間連絡できるので、特典や返金額のことで不明な点がある場合は問い合わせてみると良いでしょう。

トラブルの際に1番注意したいのは、問題を放置することで事態が悪化することです。サービスの特性上お金が絡んできますので、トラブルは放置せずに、できるだけ早く解決した方が良いでしょう。

Amazonのサポート体制はしっかりしているので、問い合わせれば真摯に対応してくれるはずです。疑問点や不明点がある場合はそのまま放置せず、Amazonカスタマーサービスへ問い合わせることをオススメします。

dアニメストアをAmazonプライムビデオから解約する方法

ここではAmazonプライムビデオはそのままで、dアニメストアのみを解約する方法をご紹介していきます。

ログイン後に「アカウント&リスト」を選ぶ

まずプライムビデオのアカウントにログインして「アカウント&リスト」をクリックします。

「メンバーシップおよび購読」を選ぶ

「アカウント&リスト」を開くと、アカウントサービスという項目が出てきますので、そこの「メンバーシップおよび購読」を押します。

ビデオ設定に移動する

「メンバーシップおよび購読」を開くと、今自分が加入しているビデオが項目として出てくるので、「dアニメストア for Prime Video」から「ビデオ設定」を押します。すると画面が切り替わるので「チャンネルを登録解除」を押します。

警告メッセージを確認

登録解除を押すと「dアニメストア for Prime Videoチャンネル登録を終了しますか?」という警告が表示されます。確認ができたら「自動更新機能を無効にして〇月〇日まで視聴する」を押すことで解約の手続きは完了です。

まとめ・Amazonプライムですぐに有料会員を解約する方法

今回は、Amazonプライム会員の解約方法や解約する際の注意点を解説してきました。Amazonプライムは年会費の場合、5900円のランニングコストがかかります。そのため、月に1度もAmazonを利用しないという方は、会費がもったいないので早めに解約した方が良いでしょう。

Amazonプライムには1ヵ月の無料体験がありますが、期間が過ぎるとすぐに有料会員へ自動で移行します。そのため、今後も使い続けるつもりがないのであれば、解約の手続きを行いましょう。

逆に、月に1度でも利用する方は素晴らしい特典を利用できるので、Amazonプライムを解約しない方が良いです。無料体験期間中はいつでも解約することができるので、Amazonプライムが少しでも気になっている方は、この機会に体験してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次