物販

非常にお得なサービス Amazonプライムを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、Amazonプライムについて解説しています。Amazonプライムはかなりお得なサービスです。具体的なサービス内容などについて詳細に解説していくので、まだ申し込んでいない人は、この記事を参考にプライムに登録するかどうか検討してみてください。

Amazonプライムに登録する前に知っておきたいこと

Amazonプライムで利用できるサービス(特典)については、後で説明します。登録前に知っておいて欲しいことを、数点確認しておきます。

Amazonプライムは、いくら払えば利用できる?

Amazonプライムを利用するためには、会費を支払う必要があります。月額制と年額制があり、月額制は1ヶ月500円(税込)ですが、年額制にすると年4,900円(税込)になります。年額を1ヶ月当たりで計算すると、約408円なので、年額制で申し込んだ方がお得です。

最初は短い期間で試したいという人もいるかもしれませんが、30日間の無料体験があるので、お試しはこれで十分でしょう。年額で申し込むことをオススメします。

Amazonプライムの登録に必要なもの

Amazonプライムに登録するためには、原則として会費の支払い方法としてクレジットカードが必要になります。

そのため、クレジットカードを持っていない場合は、クレジットカードの作成が必要になります。

ただし、プライム会員の支払い方法には、携帯決済(docomo、au)による方法や、Amazonギフト券などを使う方法もあるので、カードがないと登録できないというわけではありません。

家族で使えるAmazonプライム家族会員

Amazonプライム家族会員というのは、プライム会員の同居の家族2名までがプライムの特典の一部を受けられるというものです。お急ぎ便やお届け日時指定便が無料になるといったサービスが受けられます。

このAmazonプライム家族会員のサービスについては、今後変更が予定されていて、サービス内容がより充実したものになるとのことです。一方で、登録できる家族が1名に限られることも発表されています。

プライム特典の内容を具体的に紹介

ここからは、プライム会員が受けることができる特典の内容を具体的に紹介していきます。あまり知られてないサービスもあるので、確認してみてください。

各種配送サービスが無料になるPrime Delivery

Prime Deliveryというのは、本来有料の配送オプションが無料になる特典です。

具体的には、当日お急ぎ便、お急ぎ便、マケプレお急ぎ便、お届け日時指定便が無料で使えます。下のprimeマークがあるものは、基本的に無料配送の対象になります。

お急ぎ便やお届け日時指定便を月に1度使うだけで、会費の元が取れます。この特典を目当てに、プライム会員に登録する人も多いのではないでしょうか。また、注文金額にかかわらず通常配送料も無料になり、サイズが大きな商品や重量の重い商品などの特別取扱商品の一部に関する取り扱い手数料も無料になります。

オリジナル作品も見られるPrime Video

こちらも人気のサービスです。国内・海外のドラマや海外映画、スポーツ、アニメなどのキッズ向け作品などが、無料で視聴できます。

なお、視聴可能なすべての作品が無料というわけではなく、prime対象作品以外は有料になりますが、prime対象作品だけでもかなりの数になります。

Amazonだけでしか見られないオリジナル作品も充実してきているので、プライムの会費だけで無料で見ることができるのは、かなりお得ではないでしょうか。番組はネット配信ですが、ネットに繋がる端末がない場合でもFire TV Stickを使えば、テレビで視聴が可能になります。ネット端末をお持ちの場合でも、大画面で楽しみたい方にはオススメです。

Fire TV Stickがあれば、YouTubeなどの他のネットワークコンテンツも視聴でき、この後紹介するPrime Musicで音楽を楽しむこともできるので、購入しておいて損はありません。

好きな楽曲がいつでも聴けるPrime Music

Amazon Musicには、Amazon Music Unlimitedという6500万曲が聴き放題になる有料サービスがあります。

これと比べると少なく感じるかもしれませんが、Prime Musicでも200万曲が聴き放題になります。追加料金なしに200万曲なので、これもかなり魅力的なサービスです。

200万曲もあるので、当然ジャンルも幅広く揃えられています。さまざまなプレイリストも準備されています。

最新の楽曲が聴きたい場合などには、自分が聴きたい曲が200万曲に含まれていない可能性もありますが、作業中のBGMに流しておくといった使い方には十分すぎるくらいでしょう。

幅広いジャンルが読み放題のPrime Reading

映像、音楽ときてPrime Readingは、対象の電子書籍が読み放題という特典です。

Prime VideoやPrime Musicと比べると、読み放題になる書籍の数は多くはありませんが、小説、実用書、マンガなど幅広いジャンルの本が読めます。

Kindle端末で読むことはもちろん可能ですが、無料のアプリをインストールして、スマホ等で読むこともできます。

Kindle端末を持っていれば、更にサービスが追加

これはプライム会員であるというだけでは受けられない特典ですが、プライム会員がKindle端末またはFireタブレットを持っている場合、Kindleオーナーライブラリーという特典を受けられます。

対象になる本は多くありませんが、月に1冊を無料で読むことができます。ラインナップもさまざまなタイトルが用意されています。

いくつか例を挙げると、出版当時かなり話題になった以下の本も含まれています。

また、以下のようなマンガもあります。

この特典の本は無期限で読むことができますが、次の本を読みたい場合は現在読んでいる本の利用を終了する必要があります。また、プライム会員でなくなった場合は本を読めなくなるので、無料でもらえるというよりも借りられるといったサービスです。

Amazon Photosの容量が無制限に

Amazon Photosは、写真のデータが保存できるストレージサービスです。Amazon Photosは、5GBまではプライム会員でなくても利用できます。

このサービスがプライム会員の場合、容量が無制限に拡張されます。写真を何枚保存しても追加料金はかからず、検索機能や管理機能も使えます。商業利用は禁止されていますが、最大5人までのメンバーを招待することができるファミリーフォルダも使えます。

ゲーム好きにはうれしい特典 Twitch Prime

Twitchというのは、ゲームに特化した配信サイトで、ゲームの実況プレイなどを配信しています。Twitch Primeは、TwitchのアカウントとAmazonプライムのアカウントを紐づけることで使えるサービスです。

毎月ゲームやゲーム内特典が無料で利用できるようになったり、限定スタンプやチャットバッジがもらえたりといったサービスが受けられます。

Amazonプライムへの登録だけで受けられる特典ではなく、Twitchにも登録する必要がありますが、ゲーム好きなら登録しておいて損はないでしょう。

日用品をまとめて購入できるAmazonパントリー

日用品などの「パントリー」の記号が付いた商品を購入すると、ボックスに入れてまとめて配達してくれるサービスです。ボックスが一杯(使用率100%)になるまで入れることができて、手数料は390円(税込)です。

Amazonパントリーは、現在ではプライム会員でなくても利用できますが、プライム会員の場合、パントリーお届け日時指定便が無料で利用できます。自分で買い物に行く代わりに手軽に利用するには、日時指定便が便利です。なお、取扱手数料の390円はプライム会員であっても発生します。

生鮮食料品もAmazonで買えるAmazonフレッシュ

Amazonフレッシュは、生鮮食品も含めた食料品や専門店グルメ、日用品などをネットで注文、配送してもらえるサービスです。配送地域は、東京都、神奈川県、千葉県の中でも更に一部の地域に限定されています。

このAmazonフレッシュは、プライム会員であることを前提にしたサービスです。1回4,000円が最低注文金額で、配送料は390円です。10,000円以上の注文で配送料が無料になります。配送料が無料になるAmazonフレッシュ会員に、月会費500円で登録することもできます。

最短2時間で商品が届くPrime Now

Prime Nowというのは、食品スーパー「ライフ」で扱っている商品が注文から最短2時間で届くというサービスです。

対象エリアがかなり限定されていて、東京都内の7区の更に一部エリアとなります。

利用にあたっては、専用アプリをダウンロードして郵便番号を入力することで対象エリアの確認が行われます。対象エリア内にお住まいの方は、利用を検討してみてください。

Amazon Mastercardがよりお得に

Amazon Mastercardというのは、三井住友カード株式会社とamazon.co.jpが提携して発行しているクレジットカードです。

Amazon MastercardクラシックとAmazon Mastercardゴールドがあります。Amazon Mastercardクラシックの場合、プライム会員なら通常1.5%のポイントが2%つくようになります。プライム会員はよりお得に使えるカードです。

Amazon Mastercardゴールドの場合、追加負担なしでプライム特典が使えます(一部、利用料が発生するサービスがあります)。

上記以外の特典をまとめてご紹介

プライム会員の特典はまだまだあります。残りを一気に紹介していきます。まず、「プライム・ワードローブ」です。これは、対象商品を購入前に試着できるというサービスです。

利用方法としては、prime wardrobeのアイコンが付いた商品を2点以上6点まで注文します。送られてきた商品を最長7日間の試着期間に試してみて、気に入ったものはそのまま購入、それ以外のものは返送できます。

子育てをしているパパママ向けの特典もあります。「Amazonファミリー」という子供の誕生日または出産予定日を登録することによって、特典が受けられるサービスがありますが、これがプライム会員の場合、さらにお得になります。

定期おトク便を利用した場合ですが、プライム会員なら、おむつやおしりふきが15%引きにななります。ベビー用品のお試しBoxももらえます。

Prime Pets」という特典もあります。犬または猫を飼っているプライム会員向けのサービスです。

プライム会員は、ペットフードなどの対象商品が10%オフで買えます。犬または猫の情報を入力することで、オススメ商品やコンテンツの紹介も受けられます。

バーチャルダッシュ」もプライム会員のみが使えるサービスです。以前AmazonではDash Buttonという商品が販売されていましたが、これをウェブ上で使えるようにしたサービスです。

Dash Buttonは、ボタン一つで特定の商品を注文できるボタンでした。バーチャルダッシュも機能的にはほぼ同じで、ウェブ上のボタンをクリックすると、それだけで手元に商品が届くというサービスです。

消耗品などで定期的に同じ商品を繰り返し注文する場合に便利なサービスです。

最後に、プライム会員は、Amazonギフト券もお得に使えます。

Amazonギフト券のチャージタイプを使った場合、現金をチャージするたびに金額に応じたポイントを受け取ることができますが、プライム会員は通常最大2.0%のポイントを最大2.5%まで受け取ることができます。

学生版Amazonプライム「Prime Student」は更にお得

Amazonでは、Amazonプライムの学生版ともいえるサービスも提供しています。Prime Studentといい、Amazonプライム以上にお得なサービスとなっています。利用資格がある方は、利用しないと損をするといっても良いサービスです。

Amazonプライムよりもかなり安い会費で利用できる

この記事の最初の方で紹介したように、Amazonプライムは月会費500円、年会費4,900円です。これが、Prime Studentでは、月会費250円、年会費2,450円となります。Amazonプライムの半額で、さまざまな特典が受けられることになります。

無料体験期間が長い

Amazonプライムの無料体験期間は30日間ですが、Prime Studentでは6ヶ月間もあります。半年間もの間、プライムのさまざまな特典が無料で受けられるので、利用しない手はありません。あえて難点を言うとすれば、「無料期間が終わったら解約しよう」と思っている人には、6ヶ月は長すぎて、解約するのを忘れてしまうかもしれません。

登録資格、登録方法について

Prime Studentの登録は簡単です。日本国内の大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生であれば登録が可能です。

まず学生認証が必要になります。学籍番号があれば登録でき、学籍番号がない場合は、学生証・在学証明書・合格通知書などの証明書の送付、または学校指定のメールアドレスの入力でも登録できます。

そして、会費の支払方法の選択が必要です。クレジットカードやデビットカード、携帯決済が利用可能です。自分名義のカードなどを持っていない場合は、親権者の同意があれば、親権者名義のクレジットカードやデビットカードも利用可能です。

Amazonプライムの解約・返金

Amazonプライムの無料体験から有料会員への移行あるいは有料会員の期間更新は自動的に行われますから、解約しない限り会費を払い続けることになりかねません。

この記事の最後は、Amazonプライムの解約や返金についてご説明します。

Amazonプライムの会員登録をキャンセルする

Amazonでは解約とは言わずに、会員登録のキャンセルという言い方をしています。Amazonプライムの会員登録をキャンセルするには、ログインした状態で画面上部の「アカウント&リスト」から、「Amazonプライム会員情報」を選びます。

次に、「会員資格を終了する」を選んで、後は画面の指示にしたがってください。

無料体験期間の終了に注意

Amazonプライムは自動更新です。無料体験の期間や有料会員期間が終わると、自動的に会費が引き落とされます。とくにお試し期間の30日間だけ利用してみたいと考えている人は、期間の終了には注意してください。

うっかり解約し忘れてしまったら

このような解約し忘れを防ぐために、Amazon側でも対策をしてくれています。無料体験期間の終了日または有料会員の更新日の3日前にメールが届くというお知らせメールです。「会員情報を変更する」から変更可能なので、設定しておきましょう。

そして、もし解約をし忘れたまま、会費が引き落とされてしまった場合でも、諦める必要はありません。Amazonでは、Amazonプライムの特典を利用していない場合には全額の返金が受けられます。

プライム特典を使用してしまっている場合は、全額返金の対象になりません。有料会員で年会費を支払っている場合は、残りの期間や利用状況に応じて返金がなされます。

まとめ

Amazonプライムについて、特典の内容を中心に紹介してきました。改めて特典内容を見直してみると、非常に充実したものであることがよくわかります。これらのサービスが格安の料金で利用できるので、かなりお得です。

会費制のサービスは、利用しなければ損をすることになりますが、Amazonプライムの場合、お急ぎ便やお届け日時指定便を何度か利用するだけで簡単に元が取れます。Amazonユーザーなら損をするということはまずないので、まだ登録を済ませていない人は、無料体験だけでも始めてみることをオススメします。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る