物販

【アパレル系ネットショップ開業を目指す方必見!】洋服の魅力を引き出す写真撮影のテクニックとは?

アパレル系ネットショップの開業を目指している方の中には、「販売する洋服の写真を自分で撮影したい!」という方もいらっしゃることでしょう。しかし、自分でネットショップ用の写真を撮るのは意外と難しいものです。

ショップサイトに掲載する写真は、実店舗の「ショーウィンドウ」に相当する重要なものです。写真の出来が売り上げを大きく左右するため、洋服をより魅力的に撮影する必要があります。

そこで今回は、洋服の魅力を引き出す写真撮影のテクニックについて詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

洋服の魅力を引き出す撮影のコツ7選

ネットショップで洋服を販売する際には、商品の色やデザイン以外にも、着用したときのサイズ感やコーディネートのイメージが持てる商品写真を提供する必要があります。消費者は具体的な着用イメージが持てる写真に出会ったときに、その購入意欲を掻き立てられる傾向にあるからです。

そこで、ここでは洋服の魅力を引き出す写真撮影のコツを7つご紹介しようと思います。

1. 商品には必ずアイロンをかける
2. 拡大した写真を掲載する
3. 撮影方法を工夫する
4. 着用イメージがわかる写真を載せる
5. 小物を利用する
6. 季節感を演出する
7. 撮影用機材を準備する

1. 商品には必ずアイロンをかける

洋服の写真を撮影する際は、必ず商品にアイロンをかけましょう。たとえば、以下の2つの写真を比較してみてください。

アイロンの有無によって写真の見栄えが大きく違ってくるのがお分かりいただけるかと思います。畳んだ時のシワが残っているような写真では、洋服の魅力や美しさが半減してしまいます。そのため、たとえ手間がかかっても必ずアイロンをかけて写真を撮影するようにしましょう。

2. 拡大した写真を掲載する

ネット通販では、実店舗と異なり、消費者は商品を実際に手に取って確かめることができません。そのため、洋服の写真を掲載する際は、全体の写真だけではなく、商品のディテールが把握できる拡大された写真を載せることが重要です。

また、ブランド商品を販売する場合は、ブランドロゴが写った部分を掲載して本物であることをアピールするのも大事なことです。

3. 撮影方法を工夫する

撮影方法を工夫すれば、商品の細部をより鮮明に消費者に伝えることができます。

たとえば、ジーンズの場合は、伸ばした状態だけでなく、V字に折り畳んだ状態で撮影すると、丈の長さがわかりやすくなります。

また、ダメージ加工が施されているジーンズであれば、どの部分にダメージがあるのか把握できるように若干引き気味に撮影すると良いでしょう。

さらに、片方の膝の位置を少し内側に曲げると男性らしさが、片方の膝下を外側に跳ねるように曲げると女性らしさが演出できます。

4. 着用イメージがわかる写真を載せる

洋服の写真以外にも、実際にモデルが着用した写真を載せるのも良い方法です。モデルが着用することで服に自然な動きが出るので、より洋服のイメージや魅力が伝わりやすくなりますし、消費者も共感しやすくなります。

また、ターゲットとなる顧客層の年齢や雰囲気に合ったモデルを採用すれば、より着用したときのイメージが伝わりやすくなるでしょう。

5. 小物を利用する

帽子やアクセサリー、靴、バッグ、スマホなどの小物と洋服を組み合わせることで、場面ごとの着用方法などを提案しやすくなります。

ただし、主役である洋服よりも小物が目立ってしまうことがないように、バランスには気をつけましょう。

6. 季節感を演出する

季節を感じさせる商品は売り上げにつながる傾向があります。そのため、洋服の写真にも季節感を演出しましょう。

たとえば、ハロウィンやクリスマス、バレンタインデーなどのイベントにちなんだアイテムを利用すると季節感を出しやすくなります。

また、春は桜、夏はひまわり、秋は紅葉、冬は雪など、木や花、天候などをモチーフにして撮影するのも良い方法です。さらに、暑い季節にはサンダルやサングラス、肌寒い季節にはマフラーやブーツなどの小物を活用するのも良いでしょう。

7. 撮影用機材を準備する

より鮮明で魅力的な写真を撮影するためには、撮影用機材を揃えることも必要です。おすすめの機材は以下の通りです。

【ミラーレス一眼カメラ】
ミラーレス一眼カメラはデジタルカメラの一種で、内部に光を反射するミラーがありません。その分軽量で薄く、持ち運びに便利です。また、比較的操作が簡単で、スタジオ照明と接続しやすいのも魅力です。

【照明機材】
照明機材を使えば商品に光を均等に当てられるようになるので、商品の質感やディテールをより鮮明に映し出せるようになります。そのため「メインライト」「補助ライト」「バックライト」の3種類が入った照明キットを用意しましょう。

【レフ版】
レフ版は、光のムラをなくしたり、陰影を演出したりするなど、光の調整に効果があります。

【三脚】
三脚にカメラを設置することで不要な手ブレを防ぐことができます。また、水準器が搭載されている商品であれば、より精度の高い写真を撮ることができるでしょう。

おすすめの撮影用機材をご紹介しましたが、必ずしも高額な機材を揃える必要はありません。たとえば、ミラーレス一眼カメラでなくても、スマートフォンに搭載されているカメラでも十分鮮明な写真は撮影できます。手持ちの機材をうまく利用して撮影しましょう。

SNSでも大人気!平置き撮影のポイント

平置き撮影とは、洋服を床に並べて平らにした状態で写真を撮る方法です。可愛らしく雰囲気のある写真を撮ることができるため、SNSなどでも人気の撮影方法です。

ここでは、平置き撮影のポイントを4つご紹介します。

1.光の方向に気を付ける
2. 洋服に膨らみを持たせる
3.小物の配置を工夫する
4.床部分に下地を用意する

1.光の方向に気を付ける

平置き撮影で気をつけるべき最初のポイントは、「光の方向」です。

光が左上から右下へ向かうように心がけましょう。これにより服の表面に光がやわらかく降り、影が服の下に落ちるため、コントラストが生まれます。

また、人間は対象物を左から右へ眺める習性があるので、光も同じ方向に流すことでより自然なかたちで目に入りやすくなります。

2. 洋服に膨らみを持たせる

平置き撮影は床に並べるためどうしても服がペタッと平面的になってしまいます。その場合は、服の中にフェルトなどを入れて膨らみを持たせてみましょう。これにより立体感を出すことができます。

また、洋服の胴体部分を少し折り曲げることでシワを作り、着用感を出すのも良い方法です。また、片方の袖をポケットに入れたり、袖をまくったりなどしてラフさを演出するのも効果的です。

3.小物の配置を工夫する

平置き撮影では、靴や小物、アクセサリーなどの小物を使用する場合があります。その際は、実際に洋服を着用したときの配置を意識しましょう。

たとえば、ネックレスなら首元、ブレスレットは手元、靴であれば足元に配置すれば、着用時のイメージも湧きやすいでしょう。

4.床部分に下地を用意する

平置き撮影は、背景になる床部分にも注意が必要です。畳やフローリングなどに洋服を直置きすると洋服が汚れてしまうので、下地を用意しましょう。

下地には白いセットペーパーなど、光を反射して洋服を明るく見せてくれる素材がおすすめです。また、木目の壁であれば温かい雰囲気を与えることができますし、サテン系の布であれば高級感を出すことができます。

ハンガーを使った撮影方法

ハンガーを使った撮影は、洋服の裾がストンと下に落ちる感じを出せるため、実際に着用しているイメージを伝えることができます。

ここではハンガーを使った撮影のポイントについてご紹介します。

ハンガーの選び方

ハンガーを選ぶ際は、洋服の雰囲気を邪魔することのないおしゃれなデザインを選ぶようにしましょう。また、洋服の雰囲気に合った材質のハンガーを選ぶことも大切です。ナチュラルテイストの服には木目のハンガーがおすすめです。一方クール系のアイテムは、スチール製など金属ハンガーとの相性が良いでしょう。

背景の選び方

ハンガー撮影の際は光を反射しやすいように白い壁を利用しましょう。白い壁がない場合は、壁に白の壁紙を貼って代用するのもおすすめです。また、ハンガーはテグス (釣り糸)に吊るして撮影するのが一般的です。

ハンガー撮影で立体感を出すには

ハンガー撮影で立体感を出すには、いくつかポイントがあります。

まず、幅広い形状のハンガーを使うと肩に丸みが出て、立体感が生まれやすくなります。また、肩や袖、襟の部分を手で丁寧に丸みを作るように整えると、ふんわりとした印象になります。さらに、ウエスト部分をキュッと絞って虫ピンで留めると、立体的なスタイルになります。

なかなか立体感が出ない場合は、肩・袖・襟に丸めた厚紙を入れると効果的です。

トルソーやマネキンを有効利用しよう

トルソーやマネキンを使用すると、平置きやハンガーを使った撮影よりも洋服をより立体的に見せることができます。ここでは、トルソーやマネキンを使った撮影のポイントをご紹介します。

トルソーのメリットとは?

トルソーとは、イタリア語で「胴体」という意味であり、頭と手足を除いた胴体部分のみの人形のことです。

トルソーを使えば、スカートやワンピースのようなふんわりとしたデザインのアイテムを立体的に見せることができます。また、布などのやわらかい素材でできている場合が多く、ピンなどを刺すことが可能です。さらに、マネキンに比べ軽量で扱いやすく、着替えも簡単です。

トルソーには以上のような特徴があるため、洋服の写真撮影に初めて使用するという方でも比較的扱いやすいでしょう。

マネキンのメリットとは?

一方のマネキンは、頭部や胴体、両腕、両脚などがすべてそろった全身人形です。全身のコーディネートをディスプレイする際に使用されます。

首や腕、脚の角度や向きを自由に変えられるので、様々なポーズをとらせることができます。そのため、トルソーよりもさらに具体的な着用イメージを伝えやすくなっています。

また、資金に余裕がなくモデルを雇えない場合でも、マネキンなら低コストで消費者に着用した様子や雰囲気を伝えることができるので経済的です。

首回りを変化させて様々な着用シーンを演出しよう

トルソーやマネキンは、洋服の首回りを変化させることで様々な着用感を表現できます。

たとえば、ボタンあるシャツの場合、ボタンを閉じることでフォーマル感を表現できます。一方、ボタンを開けると解放感が出て、よりリラックスした雰囲気を与えることができます。

このように首回りを変化させることで、それぞれの場面に合わせた着用方法を提案することができるのです。

また、トルソーやマネキンは商品のサイズ感も表現できるので便利です。たとえば、オーバーサイズでゆったりと着た状態をつくったり、ジャストサイズでぴったり体にフィットした状態を表現したりなど、様々なサイズ感を演出することができます。

魅力的な商品写真を撮影して売り上げアップにつなげよう!

今回は、洋服の魅力を引き出す写真撮影のテクニックについて詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ネットショップでは直接商品を手に取ることができないため、サイトに掲載する商品写真が売り上げに大きく影響します。そのため、商品の魅力を細部に渡って伝えることができる写真を撮ることが重要なのです。

そのためには、小物を使ったり、撮影機材を用意したり、季節感を演出したりなど様々な工夫が必要です。また、撮影の仕方も、「平置き撮影」「ハンガー撮影」「トルソーやマネキンを使用した撮影」など、いろいろなパターンの撮影方法を試すべきです。

今回ご紹介したテクニックをぜひ参考にして、消費者の購買意欲を掻き立てる魅力的な写真の撮影にチャレンジしてみてくださいね。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!