物販

オークションサイトで一目で買い手を引き付ける写真の撮り方

オークションサイトでは、日々たくさんの商品が出品されています。
何の工夫もせずに出品しても、時間が経つにつれて数多の商品の中に埋もれてしまい、買い手の目に触れることなく売れ残ってしまうでしょう。
たとえ、それがどれだけ魅力のある商品だとしても、同じことが言えます。

つまり、出品してから短い時間で、買い手の興味を引き付けなければ売れる可能性は低くなっていく一方だということです。

では、あなたが買い手としてオークションサイトを見るときに、最初にどこに目が行きますか?
それは商品写真のはずです。

この記事では、オークションで興味を引くための写真の撮り方を紹介します。

売れる商品写真の基本ポイント

商品写真において大切なのは、必要な情報や商品の魅力がいかに買い手に伝わるかです。
それによって、商品が売れるか売れないかが決まると言ってもいいでしょう。

そのような写真を掲載することで、買い手の興味を引き付け、出品から早い段階で自分の商品を見てもらえるようになります。

それには、撮影の基本と少しのコツを踏まえれば誰でも簡単にできるので、ぜひ活用してみてください。

まずは、商品を撮影するにあたって知っておくべき基本的なポイントをご紹介していきましょう。

商品に関係のないものは写さない

まず基本的なポイントで大切なのは、商品の背景に不要なものが写らないようにすることです。

例えば、

・カーテン
・家電
・家具
・ゴミ

などです。
このような、商品と関係のないものが写りこんでいると、商品価値が低く見えてしまうのでよく確認することが大切です。

ただし、コーディネイトにあう小物など、あえて一緒に撮影することで商品の魅力が上がるものや、商品のイメージが湧きやすいといったものは積極的に使っていきましょう。
その際は商品の付属品ではないことを記した注意文を添えると、不要なトラブルを招く恐れがなくなります。

床や畳を背景にしない

床や畳の上で撮影した場合も同様に、写真に生活感が出てしまいます。
するとやはり、商品価値を下げてしまうことになりかねません。

商品が見栄えするような床であれば構いませんが、そうでなければ他の背景を用意しましょう。

生活感が感じられる写真にしてしまうと、中古品であることを強く印象付けられます。
オークションに出品する品物でも、商品価値はあるということがわかるような写真にしなければいけません。
新品を出品する際も生活感のある写真にしてしまうと、新品というアピールできる魅力が薄れてしまいます。

背景ひとつで買い手に与える印象は大きく変わります。
買い手の立場に立って、客観的に写真を見るとその重要さがわかるはずです。
商品の背景までこだわることで、よりよい写真に仕上げることができるでしょう

撮影ブースを作ってみよう

魅力的な写真に仕上げるためには、撮影の技が必要です。

家の中で撮影に適した場所を探しても、見つかりにくいことがあるでしょう。
どうしても余計なものが写りこんでしまったり、光の加減が悪かったりするのです。

それらを解決するために、家の中に撮影ブースを作ってみましょう
背景の効果を得るためにもおすすめです。
撮影ブースは、難しい知識や作業もほぼ不要です。撮影の知識がなくとも簡単に作ることができます。

背景紙をセットする

まずは背景紙を用意することから始めます。

商品の大きさに合わせて、商品の後ろに背景紙を設定しましょう。
床の生活感をなくしたい場合にも、背景紙の使用が有益です。

背景紙は、インターネットサイトで購入できます。
色や柄、あらゆるサイズのものがあるので、その商品に合った背景紙を見つけることができるでしょう。

光の調整をする

次は照明を用意します

まず、電気スタンドなどで上から光を当てます。
この状態で試しに写真を撮り、光の強さが適切であるかを確認してみてください。
もし光が強い場合は、ディフューザーを使いましょう。
ディフューザーとは、フラッシュ光をやわらげるための撮影用の機材です。
もしディフューザーがないときは、代わりに白い紙を使っても同様の効果が得られますので試してみてください。

レフ板で影を明るくする

照明を当てて撮影した写真を確認し、影を消す作業を行います。
影を消すためには、光を反射させる役割があるレフ板を使用します
レフ板は家庭向けのものから、本格的なものまでそろっており、ほぼインターネットサイトで購入可能です。

また、レフ板の代わりに白い画用紙を使用しても十分に効果が得られます。

興味を持ってもらうための写真とは

オークションサイトで商品を売るためには、商品写真を見たその一瞬で、買い手に良い印象を持ってもらわなければいけません
そのような良い印象を与える写真を掲載すれば、商品にも興味を持ってもらいやすくなり、買い手の購買意欲を高めるのです。

それには見やすい写真、そしてどのような商品なのかが正確に伝わる写真にする必要があります。

特別な技術は使わずともそのような写真を撮ることは可能です。
以下のことに気を付けて撮影していきましょう。

写真のサイズは「スクエア」が基本

スマートフォンで写真撮影をする場合に、撮影サイズを「スクエア」に設定しましょう。

多くのオークションサイトでは「スクエア(正方形)」サイズでの画像設定がデフォルトです。
仮に、3:4の写真サイズで投稿すると、余白部分ができてしまい画像が小さく表示されることがあります。

一目見てわかりやすい写真を掲載することが、商品を売るために重要です。
オークションアプリ内で撮影や編集ができるものもありますが、あらかじめ「スクエア」の設定で写真を用意しておくといいでしょう。

細かいところまでわかるように撮影する

必ず商品にピントを合わせ、細部や柄などがわかるように撮影します。
タグの表示や製品情報などの記載がある場合も、それらが読み取れるようにピントを調節することが大切です。
中古品であれば、汚れがある箇所や傷んでいる箇所の写真も必ず撮影しましょう。
そのような細かいところまで伝えられる写真であれば、信頼性も増し、売れる確率がさらに上がります。

また、後から写真の編集アプリを使って修正することもできるので、光の加減やピントの細かな調節をして、商品の詳細な情報まで伝わるような写真を用意しましょう。

実際に出品用の写真を撮影しよう!

それでは実際に、オークションへ出品するための写真撮影をしていきましょう。

写真撮影は自然光が入る窓際で、明るい時間帯に始めるのがポイントです。
商品は、見栄えをよくするために必ず清掃をします。
清潔で生活感のない写真を撮ることが大切なので、多少面倒でもこのひと手間をかかさないようにしましょう。

白背景で撮影する

商品の背景は白を使うことがおすすめです。
清潔感もあり、商品も見やすくなります。

商品の色が白だとしても、自然光の陰影できれいに撮影できるのでまずは白を使って撮影してみてください。

他の色の背景でも構いませんが、わかりにくくまとまりのない写真にならないように注意が必要です。

部屋の壁は白いことが多いので、壁の色を利用して撮影することも一案です。

ただし、汚れのないきれいな白を背景にすることが前提であることを念頭に置いておかなければいけません。
汚れても新しいものに取り換えられるという利点からも、やはり背景紙を使用するのが最善でしょう。

ハンガーを変えてみる

衣服を出品するなら、ハンガーなどの小物にも気を使いましょう。
生活感があるハンガーよりも、雑貨店で購入できる雰囲気があるものを使用すると、出品者のイメージも併せて伝わりやすくなります。
もちろん、出品する衣服の印象も格段にアップするでしょう。

また、洋服の傾きや崩れなどは丁寧に直して撮影するのは定石です。

背面も撮影する

正面からの写真だけでなく、同じ構図で別の角度からも撮影しましょう。
背面から側面からなど、どのような商品なのかがわかるように何枚か掲載すると、より買い手に親切な商品ページが出来上がります。

正面写真だけしか掲載していないものと、別アングルで撮られた写真を数枚掲載しているのとでは、たとえ同じ商品でも後者から購入しようと思う人が多いでしょう。
売り手としての信頼においても重要なポイントと言えます。

商品別の撮影のコツ

どんな商品であっても、全て同じ撮影方法で撮ることはおすすめできません。
商品によって、それぞれに最適な撮影方法があることを知っておくべきです。

それらを使い分けることで、より買い手に伝わりやすく、わかりやすい写真を撮ることができます。

それぞれの商品別に撮影の簡単なコツをご紹介していきましょう。

食品を撮るコツ

食品を出品する際の撮影のコツは、買い手が食べることを想像できるような写真にすることです。
食品のパッケージを正面から撮るだけでなく、食べ方やレシピなどが記載されていれば、それらも撮影しましょう。
そうすることで買い手自身が「商品を食べる」ことをシミュレーションしやすくなるでしょう。

そして、撮影のテクニックとしては「照明を逆光ぎみで撮る」ことを意識してみてください。
こうすることで、立体感のある写真になり、飲み物などは光が透けてきれいに写ります。

しかし、後方からの強い光で手前の影が濃くなり、細かな箇所が潰れてしまうことがあるので注意が必要です。
光の強さをほどほどにし、注目してほしいところにしっかりとピントを合わせて撮影しましょう

アパレル商品を撮るコツ

アパレル商品の写真は、イメージに合うモデルを使うことも一案ですが、USEDなど買い手に誤認されやすい傾向があります。
着用時のサイズ感やコーディネートのイメージを伝えたい場合は、マネキンの着用画像の使用や、関連小物と組み合わせた撮影が現実的です。

また、素材の質感などをわかりやすくするために、照明を商品と同じくらいの高さにして左右の斜め前から当てます。
そして、ディフューザーやレフ板で光を調節するとよいでしょう。

さらに雰囲気のある画像を目指すなら、インスタグラムやツイッターなどの構図を参考にすることも一案です。
「置き画」などと呼ばれる、平置きで撮影する手法もアパレル商品を魅力的に見せることができます。

バッグを撮るコツ

バッグに関しては、外観だけでなくバッグの中も撮影します。

外観だけでは伝わらない、内ポケットの数やファスナーの状態などがわかるように撮影します。
実寸記載といった文字情報以外に、写真でも詳細を伝えることが大切です。

バッグの中にどれぐらいの物が入るのかがわかるように、サイズのイメージが湧きやすいものをいくつか入れて撮影してもいいでしょう。

また、アパレル商品と同様にモデルやマネキンを使うと、サイズ感や身に付けているイメージが伝わりやすくなるのでおすすめです。

アクセサリーを撮るコツ

アクセサリーは背景を落ち着いた色に設定して撮影します。

アクセサリーの色味にもよりますが、背景を黒にすると高級感が演出できます
背景に色画用紙などを使って、商品を強調することがコツです。

また、マクロ撮影が可能であれば、寄りの写真を撮影することもおすすめです。

アクセサリーなどの小物類は、彫金の凹凸や貴石のカットといった、細部まで伝わるような写真にすることがポイントです。

画像転載はしない

商品の写真を自分で撮影せず、インターネット上から引用して掲載することは厳禁です。

オークションに出品するのであれば、その商品が手元にあるはずなので、必ず自分で撮影した写真を使用しましょう
買い手の立場からすると、出品した商品を実際に撮影した写真でなければ商品の詳細も不確かですし、何より信憑性に欠けます。
トラブルにならないためにも、画像転載は避けましょう。

まとめ

ここまで、オークション出品の際の効果的な写真の撮り方を説明してきました。

メジャーなサイトであればあるほど、出品数が多く、新着商品の流れも早くなります。
その中で自分の出品した商品が埋もれることなく日の目を見るには、今回ご紹介した撮影方法を実践することが大きな鍵となるはずです。

出品してから間もない時間で、買い手の興味を引き付けることができれば「出品したのに全く売れない」といった悩みを抱えることも減るでしょう。
商品の魅力を十分に伝え、買い手の心を掴むような写真でオークションを成功へと導いてください。