物販

オークション・フリマサイトの手数料徹底比較!一番お得なサイトはここ!

今はオークションサイトやフリマサイトなど、個人で取引できる市場がたくさんあります。しかし、個人間取引サイトの利用には手数料がかかります。できることなら、手数料は安く済ませたいものです。

そこで今回は、主要なオークションサイト・フリマサイトの手数料を徹底比較して、一番オトクに取引できる市場をご提案します。この記事を読んで、利用するサイトを選ぶ際の参考にしてください。

4大オークション・フリマサイト

国内の個人間取引サイトで特に有名なサイトを4つ紹介します。

ヤフオク

参考:ヤフオク

皆さんおなじみのYahoo JAPANが運営する日本最大級のオークションサイトです。常時6,000万点以上の商品が出品されています。商品のジャンルも幅広く、総カテゴリ数は40,000以上です。

また、ヤフオクではオークション出品の他にフリマ出品も可能です。

メルカリ

参考:メルカリ

メルカリは今やフリマアプリの代名詞になっています。スマホに限定した利用者数はヤフオクを抜いています。メルカリは売れた時に販売手数料がかかるだけで、登録料・利用料・出品手数料などは全て無料です。女性利用者が多く、洋服・アクセサリー・子供用品などの需要が高いのが特徴です。

モバオク

参考:モバオク

モバオクはモバイルオークションの略で、ヤフオクに次いで日本第2位の市場規模を誇るオークションサイトです。元々は2004年に携帯電話用オークションサイトとして誕生しました。現在はパソコンでも取引可能です。

古着・子供用品・漫画・ゲーム・金券など200万点以上の商品が出品されています。

決済はモバペイ取引と代引取引のみ利用可能です。

ラクマ

参考:ラクマ

ラクマは楽天が運営するフリマアプリです。2016年に楽天がフリマアプリ「フリル」を買収してラクマに統合されました。手数料が安いため、今後さらにシェアを拡大すると言われています。

各サイトの取引手数料

続いて、上記4サイトの取引手数料を解説します。

ヤフオクの取引手数料

ヤフオクを落札目的のみで利用する場合は、Yahooに無料会員登録さえすれば取引できるようになります。手数料・利用料は一切かかりません。支払うのは商品代金・送料のみです。出品者が落札者に手数料の負担を要求することは規約違反なので、このようなことがあった場合はヤフオクに報告しましょう。

一方、ヤフオクに出品する場合は、基本的に出品は無料です。ただし、落札された場合は落札システム利用料がかかります。落札システム利用料は、無料会員で落札価格の10%、プレミアム会員だと8.64%です。ただし、プレミアム会員登録には月額498円かかります。

出品を途中で取り消した場合は、540円の出品取消システム利用料がかかります。

ただし、車・バイクなどを出品した場合は、出品システム利用料・落札システム利用料・出品取消システム利用料が全て3,024円になります。

メルカリの取引手数料

メルカリも購入するだけなら特に取引手数料はかかりません。しかし、出品した商品が売れた場合は販売価格の10%が手数料として徴収されます。

モバオクの取引手数料

モバオクは出品・落札手数料は一切かかりません。そのかわり、落札者・出品者ともに月額利用料がかかります。金額はGoogle Play決済の場合は360円、iTunes決済の場合は324円です。

また、車・バイクの取引の場合のみ、出品者に落札手数料が課せられます。車の落札手数料は4,860円、バイクの落札手数料は3,024円です。

さらに、落札者にはモバペイ手数料がかかります。料金額は購入金額や支払い方法によって異なります。詳細は以下の表をご参照ください。

ラクマの取引手数料

以前は、ラクマでは取引手数料が一切かかりませんでした。しかし、現在は販売価格の3.5%が販売手数料として徴収されています。

登録費や月額手数料などはかかりません。

ケース別!個人販売におすすめのサイト

続いて、販売するならどのサイトがおすすめか、ケース別に紹介します。

レア物販売

限定品・非売品など希少価値の高い商品を販売する場合は、ヤフオクやモバオクなどオークションサイトに出品することをおすすめします。

オークションサイトはとにかくレア物が高く売れるサイトです。

ファッション・女性向け商品販売

洋服・アクセサリー、その他女性向け商品を販売したい場合はメルカリ・ラクマなどフリマサイトをおすすめします。

メルカリとラクマは、手数料だとラクマの方が、送料だとメルカリの方が安いです。価格が5,000円以下でかさ張る商品はメルカリで販売した方が利益が大きくなります。

早く売りたい場合

引越しなどで早急に不用品を処分したい場合は、買取サービスの利用をおすすめします。

オークション・フリマ利用時にかかる手数料まとめ

オークションやフリマの利用にかかる全ての手数料を以下にまとめておきます。

販売時の手数料一覧

・会員登録料
・月額利用料
・出品手数料
・落札手数料
・決済手数料
・送料(購入者負担にすることも可能)

購入時の手数料一覧

・会員登録料
・月額利用料
・決済手数料
・送料

おすすめオークション代行業者3選

オークションへの出品作業が面倒な方には、代行業者の利用をおすすめします。代行業者は出品作業を全て代行してくれます。以下でおすすめの代行業者を紹介します。

(1)オクサポ!

参考:オクサポ!

オクサポ!はYahoo公認ストアです。2006年にサポートを開始して以来、ヤフオクで10万件以上も代行販売しています。月額会員費なども一切かかりません。

【サービス内容】

・宅配キットを使って無料で商品を発送可能
・相場から開始価格設定(こちらで指定することも可能)
・出品作業は全て代行
・最大90日間は無料で再出品

【代行手数料】

落札価格手数料
1,500円以下落札価格 -100円
1,501~3,000円1,280円
3,001円~5,000円36%
5,001円~10,000円28%
10,001円~30,000円22%
30,001円~60,000円16%
60,001円~100,000円10%
100,001円~300,000円5%
300,001円以上2%

(2)クイックドゥ

参考:クイックドゥ

クイックドゥもYahoo公認ストアです。オクサポ!同様に落札されなかった場合は再出品してくれます。落札された場合は、たとえ未入金トラブルがあっても入金してくれます。

【サービス内容】

・相場から開始価格設定(こちらで指定することも可能)
・出品作業は全て代行
・何度でも無料で再出品
・ヤフオク費用は全てクイックドゥが負担

【代行手数料】

落札価格手数料
1,500円未満0円
1,500円〜2,999円1,300円
3,000円〜4,999円35%
5,000円〜19,999円23%
20,000円〜49,999円15%
50,000円〜99,999円10%
100,000円〜299,999円5%
300,000円以上3%

(3)宅オク

参考:宅オク

宅オクはネットオフが運営している代行サービスです。

【サービス内容】

・相場から開始価格設定(こちらで指定することも可能)
・出品作業は全て代行
・未落札の場合はネットオフが買取

【代行手数料】

落札価格手数料
3,500円未満1500円
3,500~50,000円35%
50,000円以上15%

イチオシはオクサポ!

オクサポ!はこれまで10万件以上の取引を代行しており、落札率98%を誇っています。実績はNo.1です。

オークション出品にかかった各種手数料も全て代行手数料の中に含まれているため、とてもお得です。代行業者選びに迷った場合は、オクサポ!をおすすめします。

サービスが終了したオークションサイト

最後にサービスが終了したオークションサイトも紹介しておきます。

サービス終了オークションサイト一覧

・楽天オークション
・チケットキャンプ
・ぐるぐるオークション
・エコオク
・WANTED AUCTION!
・アイ・オークションネット

オークション・フリマサイトは手数料と利用者層で選ぶ

各サイトによって利用者層が違うため、安く買える商品・高く売れる商品などが異なります。オークションやフリマサイトをご利用の際は、手数料と合わせて利用者層も比較してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。