物販

オークションで商品を一括出品する方法!おすすめツールも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オークションサイトを利用して商品を売る時に、一つ一つの商品を個別に出品していては手間も時間もかかってしまいますよね。
ネットオークションで商品を多く売りたいなら、一括出品が便利です。

今回は、オークションサイトで商品を一括出品する方法や、便利なツールを紹介します。
こちらの記事で紹介する一括出品の方法やツールを使って効率的に出品してください。

ヤフオクの利用にはYahoo!アカウントが必須

ヤフオクに出品するなら、Yahoo!アカウントが必須です。
Yahoo!アカウントは、メールアドレスやパスワードなどを設定するだけで簡単に作成できます。

Yahoo!アカウント作成に必要な情報

Yahoo!のアカウントを作成すると、Yahoo!のフリーメールアドレスも作ることができるので、希望のアドレスを考えておきましょう。

Yahoo!でアカウントを作成する際に必要となる情報は以下の通りです。

  • メールアドレス(Yahoo!以外)
  • パスワード
  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 性別
  • あればTポイントカード番号

これらの情報の中には、後から追加・編集できるものもあります。

Yahoo!プレミアム会員への登録も検討してみよう

Yahoo!には、Yahoo!プレミアムという月額使用料の必要なサービスがあります。

Yahoo!プレミアムに登録しなくてもヤフオクを利用することは可能です。
しかし、Yahoo!プレミアム会員であれば、ヤフオクで商品が落札された際の落札手数料がお得になります。

また、ヤフオク以外のYahoo!関連サービスでも、Yahoo!プレミアム会員だけのメリットがある点も見逃せません。
例えば、日用品が購入できるLOHACO(ロハコ)やYahoo!ショッピングでは、ポイントがより多く還元されるなどの特典があります。

Yahoo!プレミアム会員にはいつでも登録できるので、ヤフオクに慣れてきたら、入会を検討してみてもよいでしょう。

ヤフオクの手数料について

ヤフオクを利用する際に気になるのが、手数料ではないでしょうか。

ヤフオクでは、一部のカテゴリを除いて、商品を出品するだけなら手数料はかかりません。
さらに、落札されなかった商品を再出品してもかかりません。

では、どのような場合に手数料がかかるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

落札システム手数料

出品した商品が落札された場合は、「落札システム手数料」という手数料がかかります。
落札システム手数料は、落札価格の10%です。
しかし、Yahoo!プレミアム会員なら8.64%になります。
したがって、Yahoo!プレミアム会員に登録しておいた方が、商品を多く出品される人にとってはお得です。

例えば、商品の落札価格が1万円だった場合、一般会員の落札システム手数料は1,000円なのに対し、Yahoo!プレミアム会員なら864円です。

有料のオプション

ヤフオクでは、有料のオプションも利用できます。
特に、「注目のオークション」を設定しておくと、同じカテゴリ内で自分の出品した商品が上位に表示されやすくなります。
どの有料オプションを付けたら良いのか悩んだ時は、「注目のオークション」をまず検討してみてください。

特殊カテゴリに注意

特殊カテゴリでは、出品する際に「出品手数料」が必要です。
特定カテゴリとは、主に車両関連のカテゴリなので、あまり取り扱う機会はないかもしれません。
しかし、自分が出品する商品が特定カテゴリに該当しているかどうかは必ず事前に確認しておきましょう。

オークションのメリット・デメリット

ヤフオクでは、オークション形式とフリマ形式の2種類の販売方式があります。
こちらでは、オークション形式で商品を出品するメリットとデメリットを紹介します。

オークションのメリット

オークション形式で商品を販売するメリットの一つは、入札が集まれば想定以上の価格で落札される可能性がある点です。
オークションでは商品を購入したい人が競り合うので、商品価格はどんどん上がってきます。

また、売れなくなってしまった商品も「1円オークション」で出品すれば、意外と高い値段まで上がっていくこともあります。
ヤフオクでは1円から商品が出品できるので、在庫を抱えたくない場合に便利です。

オークションのデメリット

逆に、オークション形式のデメリットは、終了までに時間がかかってしまうことです。
すぐに在庫をさばきたい場合でも、出品してからオークション終了日時までは待たなくてはなりません。

また、これはオークションに限ったことではないかもしれませんが、購入者から「思っていた商品と違うから返金して欲しい」などと連絡がくることもあります。

オークションへの一括出品に役立つツール

ここからは、ヤフオクをもっと便利に使用するためのツールを紹介します。
特に、たくさん商品を出品したい場合に役立ちます。

オークタウンで一括出品

オークタウンは、ヤフオクを効率的に利用できるようになるツールです。

オークタウン

オークタウンの主な機能は以下の通りです。

  • 商品データをまとめて入力して一括出品可能
  • 再出品もまとめてできる
  • 出品したい時間に出品する予約出品
  • 簡易な画像登録手続き
  • 取引後、複数の取引を一括で評価
  • 売れ筋商品の簡単リサーチ

以上のように、オークタウンではオークションの一括出品をはじめとして、様々な機能が利用できます。
さらに、複数の商品の取引管理もツール上で行えるので、スムーズに取引を同時進行させられます。

また、商品のリサーチ機能もついているので、ライバル商品のチェックにも役立ちます。
オークタウンの利用は、Yahoo!JAPAN IDでログインするだけなので簡単です。

AppToolで複数商品を一括出品

AppTool(アップツール)は、ヤフオクを利用する際に便利な無料ツールです。

AppTool

AppToolの主な特徴は以下の通りです。

  • 複数の商品を一括出品
  • オークション出品も簡単操作で完了
  • パソコンとスマホで利用できる
  • セキュリティも万全
  • すべての機能を無料で使える

AppToolを利用すると、商品の出品・再出品・評価を一括で行えるので、出品にかける時間を大幅に短縮できます。
また、操作方法も簡単なので、AppToolが初めての人でもすぐに使えるようになります。

ショップレコメンダーは現在使用不可

以前はショップレコメンターというツールも人気がありましたが、現在では使用できません。
ショップレコメンダーを使用すると、新着商品や関連した商品が自動で表示される仕様になっていました。

各オークションサイトに利用できるsaatscommerce

saatscommerceは、出品管理ツールです。

saatscommerce

ヤフオクだけでなく、世界的オークションサイトのeBayや、Amazonの出品状況も管理できます。
ただし、月額使用料8,900円が必要です。

クラウド型のサービスなので、どのパソコンからでもアクセスできるのが便利です。
何より、eBay・Amazon・ヤフオクなどの主なサイトを全て管理できるのが魅力ですね。

一括出品管理は一括出品おまかせ君2

一括出品おまかせ君2は、名前の通りヤフオクで商品を一括出品する際に使用すると便利なツールです。

一括出品おまかせ君2

一括出品おまかせ君2の商品説明文や画像情報を保存しておけば、一括出品が簡単にできます。
また、一度終了してしまったオークション情報も保存されているので、再出品する時も簡単です。

このツールはパソコンにダウンロードして使用しますが、定期的にアップデートが実施されているので、アップデート情報を逃さないようにしましょう。

ヤフオクでの取引を楽にしてくれるツール

ヤフオクで取引する際に便利なツールを紹介します。上で紹介した出品管理ツールと併せて使用すると良いでしょう。

取引を一括チェックできる取引ナビブラウザ2

取引ナビブラウザ2は、ヤフオクの取引をサポートしてくれるツールです。

取引ナビブラウザ2

ヤフオクで取引メッセージを確認しようとすると、一つ一つの取引をチェックしなければなりません。
しかし、取引ナビブラウザ2を使えば、新着メッセージがまとめて確認できるのでとても便利です。

自動入札をお任せできるBidMachine

BidMachineは、ヤフオク自動入札ソフトで、ヤフオクを利用して商品を仕入れるときに役に立ちます。

BidMachine

このツールを使えば、オークション終了直前に自動的に入札も行えます。

また、商品検索も定期的に行えるので、狙った商品を確実にチェックできるでしょう。
商品の入札時、高値更新時、落札時の通知機能も備わっているので、重要な情報を見逃すこともありません。

アクセス状況を確認できる出品アナライザー

出品アナライザーは、ヤフオクの商品ページへのアクセス状況を一覧表示できるツールです。
どの商品にアクセスがどれくらい集まっているかを簡単に確認できます。

出品アナライザー

さらに、アクセス状況をCSVファイル形式で保存できるので、過去のデータ管理も容易です。
多くの商品を出品する際に利用すると良いでしょう。

オークションでの一括出品はツールを使いこなそう

今回は、オークションで商品を一括出品する方法や役立つツールを紹介しました。
ヤフオクなどのオークションで大量に商品を出品・管理する際は、ツールを上手に使いこなして効率的に作業を進めていきましょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る