物販

オークションサイトを利用して商品を転売する方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転売で効率的に稼いでいる人は、オークションサイトを利用している人が多いですよね。しかし、どうして転売でオークションサイトを活用すると利益が出しやすいのか、いまいち分からない人もいるでしょう。

そこで、この記事ではオークションサイトで仕入れをするメリット・デメリットや、オークション転売で利益を出すコツを紹介します。

オークションサイトを利用して転売するメリット

オークションサイトから商品を仕入れて転売するメリットを紹介します。

自宅にいながら商品を仕入れられる

オークションサイトを利用する一番のメリットは、自宅にいながら商品を仕入れられることです。

オークションサイトを利用しないで「せどり」をするとなると、実際の店舗まで行って商品を仕入れなければなりません。この方法だと、お店までの交通費や時間がかかってしまいます。

しかし、オークションサイトを利用すれば、商品の選定から仕入れまで全てインターネット上で完結できるため、交通費も時間も大幅に削減できます。

時間を気にせず商品を仕入れられる

オークションサイトを利用すれば、好きな時間に商品の仕入れができます。外で仕事をしている人や子育て中の人に自由な時間はほとんどありませんよね。そんな人に、時間を選ばず利用できるオークションサイトはぴったりです。

特に、ヤフオク!の場合は、「自動入札」という機能が備わっています。自動入札を設定しておくことで、予算の範囲内で自動的に入札を繰り返してくれるのでとても便利です。

人気のある商品が分かるようになる

現在、オークションサイトを利用して商品を購入する人はとても多いです。転売においても、普段からオークションサイトを利用していれば、今売れている商品やこれから流行る商品に気付けるようになります

オークションサイトを利用して転売するデメリット

この項目では、オークションサイトを利用して転売を行うデメリットを紹介します。

仕入れに送料がかかってしまう

オークションサイトで商品を落札して仕入れる方法では、当然ながら送料がかかってしまいます。送料も考慮しつつ利益の見込める商品を探さなければならないので、慣れるまでは商品の選定や入札のタイミングが難しいでしょう。

仕入れるまでに時間がかかってしまう

オークションサイトで商品を仕入れるデメリットは、商品を手に入れのに時間がかかってしまうことです。気になる商品に入札しても、そのオークションが終了するまで待たなければなりません。

上手く狙った商品が落札できれば良いですが、落札できないこともしばしばです。

オークションサイトを利用した転売で売れるジャンル

この項目では、オークションサイトで商品を転売する際に売れやすいジャンルを紹介します。

今でもCD・DVDはよく売れる

最近は、ネットで音楽を聴いたり映画を観たりする人が増えているとはいえ、それでもCDやDVDはオークションサイトでよく売れる商品です。

特に、初回限定盤の商品は高値が付くことも多いです。また、予約しなければ手に入らない商品も、オークションサイトでは高い値段で取引されています。

コレクター向けのおもちゃが多く取引される

レゴやトレーディングカードなどのコレクターに人気のある商品も、オークションサイトでは高値で取引されています。一般的なお店では手に入らないものも多いからです。

家電製品は人気商品

家電製品はオークションサイトでよく売れる商品です。新品はもちろん、中古品も人気があるので、転売におすすめです。特に新品の商品は、通販サイトのセールでも安く仕入れられるため、利益を出しやすいでしょう。

また、すでに廃盤になってしまった商品も、その希少性から高値で取引されます

マニアに人気のカメラ

オークションサイトでよく取引される商品としては、カメラも挙げられます。カメラに対してこだわりの強い人は多いため、カメラ好きの人たちの間で取引が頻繁に行われます。

カメラに興味があるのなら、カメラの転売を始めてみるとよいでしょう。

オークションサイトを利用した転売で利益を出すコツ

近年の副業ブームもあり、オークション転売で稼ぎたいと考えている人は多くいます。しかし、オークションで効率的に利益を出し続けるのは難しいことです。

そこで、こちらでは、オークションサイトを利用した転売で利益を出すコツを紹介します。

売れる商品を扱う

転売では、当然ながら「売れる商品」を仕入れなければ利益が出せません。そのため、新製品関連の情報には常にアンテナを張っておきましょう

たとえば、予約しなければ手に入らない新商品の情報を掴んだ時は、迷わず仕入れておきましょう。この手の商品は、予約販売に乗り遅れた人に高値で買ってもらえるからです。

なんとなくライバルのマネをしない

ライバルの動向をチェックするのは大事なことですが、ライバルが販売している特定の商品がよく売れているからと言って、同じような商品を仕入れてもあまりうまくいきません。

なんとなくライバルのマネをするのではなくて、どこのメーカーのどの商品が売れるのかきちんと調査し、自分なりの根拠を持って仕入れましょう

売れる商品の相場をチェックする

商品の相場のチェックは必ず行いましょう。相場を大きく越える値段で出品してしまっては売れません。売れるだろうと思って高値で出品している間に商品のブームが過ぎて結局売れなくなってしまった、ということもあり得えるので注意しましょう。

高すぎる値段で仕入れない

オークションサイトを利用して商品を仕入れる場合は、欲しい商品に対して入札を行います。しかし、入札合戦に熱中して高い金額で入札を繰り返してはいけません。きちんと、利益の出せる金額で入札することを忘れないようにしましょう

Amazonやヤフオク!が転売におすすめ

仕入れた商品は、Amazonヤフオク!などで転売します。特にヤフオク!は1円オークションや即決価格設定もできるため、商品によって出品方法を変えられる点が便利です。

ヤフオク!を利用して商品を転売する場合、人気のある商品は1円オークションがおすすめです。多くの人が注目している商品は、開始価格が1円でもきちんと価格が上がっていくからです。

オークションの終了日時を商品によって変える

商品によって、オークションの終了日時を調整しましょう。例えば、主婦向けの商品であれば平日の昼間に設定し、会社員向けの商品であれば土日の夜に設定します。オークションサイトでは終了日時の近い順に表示されることが多いので、最も利用者の多い時間に終了日時を設定するのが効果的です。

売れた商品はまた仕入れる

利益が出た商品は、仕入れて出品するを何度も繰り返しましょう。そうすることで、確実に利益を増やすことができます。

赤字が出ても続ける

オークション転売を始めたころは、赤字が出てしまうのは普通のことです。最初は勉強のためと思って、赤字が出ても落ち込まずに続けましょう。そのうちに、利益の出せる商品が分かってくるはずです。

売れ残りを減らす

人気商品であってもブームが過ぎると全く売れなくなることは少なくありません。そのため、売れなくなった商品は1円オークションを利用するなどして在庫を処分してしまいましょう。投げ売りでも在庫を抱えるよりはマシです。

オークション転売で違法行為を犯さないために

オークションサイトは本来、個人が不用品を取引するためのサービスです。そのため、「転売目的」で取引を繰り返すことは、違法となってしまいます。

そこで、オークションサイトを適法に利用するための方法を紹介します。

古物商許可証を取得する

転売目的でオークションサイトを利用して商品を売ることは違法になる場合があります。もしも繰り返しオークションサイトで商品を売りたい場合は、「古物商許可証」を取得しましょう。

古物商許可証は、警察で申請して取得できます。申請には手数料19,000円が必要です。もし不許可になってしまっても手数料は返却されないので注意してください。詳しい申請方法は、各都道府県の警察署のホームページに記載されています。

参考までに、警視庁の古物商許可申請に関するページのURLを掲載しておきます。

参考:古物商許可申請 警視庁

海外から商品を仕入れる

日本で購入した商品を日本で転売するには「古物商許可証」が必要です。しかし、実は、海外で仕入れた商品を日本で販売する場合には、古物商許可証は必要ないのです。つまり、商品を輸入して転売する方法であれば、古物商許可証がなくても行えるということです。

例えば、海外で有名なeBay(イーベイ)で商品を購入し、日本で転売する転売ヤーも多く存在します。eBayでは取引されている商品ジャンルも多く、日本では販売されていない珍しい商品も出品されているので、利用すると良いでしょう。

オークション転売で利益を出そう

今回は、オークションサイトを利用して商品を転売する方法を紹介しました。

オークションサイトから仕入れれば、自宅にいながら転売ができます。また、海外のオークションサイトを利用して仕入れれば、「古物商許可証」も必要ありません。

最初から成功するのは難しいことですが、売れ筋商品を適切な方法で販売していれば、そのうち利益を出せるようになります。色々な転売方法を試してみて、自分に合ったスタイルを見つけてください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る