物販

オークション商品の撮影テク!落札価格は商品写真の質で決まる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットで買物をする時、あなたは最初に商品の何を見ますか?おそらく商品写真と答える人が多いでしょう。写真は文字よりも伝わる情報が多いため、与える印象も大きいです。商品の魅力を商品説明文で伝えようと頑張ってみても、写真で興味をもたせることができなければ売れません。

そこで今回は、オークション出品者に向けて、売れない写真の例と、売れる写真の撮影テクニックを徹底解説します。

オークションにおける商品写真の役割

冒頭にも書いたとおり、商品写真の一番の役割は商品に興味をもたせることです。しかし、それ以外にあと2つ重要な役割があります。

商品情報を正確に伝える

1つ目は、商品の色・形・状態などをより正確に伝えることです。色・形・状態(傷や汚れの程度など)は文章だけではどうしても伝わりにくい部分があります。そのため、商品写真で説明文を補足して、より正確に商品情報を伝える必要があります。

他の出品者との差別化

2つ目は、ライバルとは違う撮り方で商品の魅力を引き出し、ライバルと差別化することです。特に同じ商品を出品しているライバルが多い場合は、差別化が重要です。

オークションの良くない商品写真例4選

続いて、オークションでよく見る「入札されない写真」の特徴を4つ紹介します。

手ぶれ写真

いわゆるピンボケしている写真です。撮影時にカメラが揺れると写真がピンぼけしてしまいます。

手元が安定しない場合は三脚を使いましょう。

内蔵フラッシュのみで撮影した写真

フラッシュを使うことは悪いことではありませんが、内蔵フラッシュだけで撮影すると、正面からしか光が当たらないため、写真が味気なくなってしまいます。

レフ板撮影ボックスなどを使うと、きれいな写真になります。

オートで撮影した写真

デジカメのオート撮影機能は非常に便利ですが、蛍光灯の下などで撮影する際は、オート撮影すると赤みが強い写真になることが多いです。

したがって、室内で撮影する際はホワイトバランスを調整してから撮影しましょう。

スマホ・カメラの影が写った写真

カメラが近すぎると、写真にスマホやカメラのが写ってしまいます。

商品にがかかると一気に魅力がなくなってしまいます。ズーム機能を使って少し離れて撮りましょう。

基本的な撮影テクニック6選

続いて、魅力的な商品写真を撮るための基本的な撮影テクニックを6つ紹介します。以下のテクニックを全て実践するだけでも、落札額が2~3割上がります。

無地の紙で背景を作る

背景が散らかっていたり汚れていたりすると、商品まで汚く写ってしまいます。

そのため、無地の紙を敷くなどして、商品の背景を単一色にしましょう。背景の色は商品の色が一番映える色がおすすめです。一番汎用性が高いのは白やベージュです。

やや望遠で撮る

前述の通り、カメラが近すぎると影が映ってしまいます。逆に、遠すぎると商品の状態が正しく伝わりません。

したがって、影が被らない程度にカメラを引き、望遠側でマクロを使って撮影しましょう。

絞りを利かせる

絞りとはレンズに入る光の量を調整(制限)する部分のことです。絞りを開くと広範囲の光が入るため、ピントの合う範囲が広くなります。商品だけでなく背景も写す時は絞りを開くと良いでしょう。

逆に、絞りを絞り込むとピントが合う範囲が狭くなります。背景をぼかして商品を強調する場合は、絞り込むと良いです。

商品の全体を撮影する場合は絞りを開き商品のディティールを撮影する場合は絞り込むのがおすすめです。

三脚を使う

プロのカメラマンがよく三脚を使うのは、手で持つとブレるからです。プロですら手元がブレるわけですから、素人の手元がブレるのは当たり前です。横着せずに三脚を使って撮影しましょう。かなり安定します。

レフ板やディヒューザーを使う

前述の通り、フラッシュで直接光を照らすと味気ない写真になってしまいます。

光が強すぎる場合は、フラッシュの部分にディヒューザーを装着すれば、光を散乱させて明るさを和らげることができます。ディヒューザーがある場合と無い場合とでは、写真なこんなにも違います。

【ある場合】

【ない場合】

商品の影になっている部分には、レフ板(反射板)を使って明るく補いましょう。レフ板がある場合と無い場合とでも写り方が全く違います。

【ある場合】

【ない場合】

カメラ・光源・ディヒューザー・レフ板の配置例を以下に掲載しておきます。

欠点も撮影する

写真は基本的にキレイに撮るものです。傷や汚れがある場合は、そこが目立たないように撮影するのが普通です。

しかし、オークションに出品する場合は話が別です。商品に傷や汚れがある場合は、むしろ、その部分こそ丁寧に撮影しましょう。

傷や汚れをごまかして撮影したり、写真を修正して出品してしまうと、落札後にトラブルになります。間違いなく評価は下がりますし、最悪の場合、出品停止処分になる可能性もあります。十分注意してください。

細かい撮影テク3選

ここからは、応用編の撮影テクニックを3つ紹介します。かなり細かい話ですが、以下の3点を意識して撮影すれば、ライバルと差別化できます。

水平に撮影する

被写体が傾いた写真は見ている人を不安定な気持ちにさせます。

傾きを調整して水平にするだけで印象がかなり良くなります。

どうしても水平に撮れない場合は、画像編集ソフトなどを使って水平に編集しましょう。デジカメで撮る場合は、グリッド機能を使うと水平に撮れます。グリッド機能が搭載されていない場合は、水準器を平らな場所において撮影すると水平な写真が撮りやすくなります。

撮影する角度を意識する

商品によって、その特徴が最も映える角度は異なります。

例えば、「一眼レフカメラ」を出品するとします。真正面から撮影すると、カメラの形や特徴が上手く伝わりません。

高い位置から撮ると、カメラの形が少し分かりやすくなります。しかし、位置が高過ぎます。

高さを少し下げて、斜めから撮影すると、最もカメラの形や特徴が伝わりやすくなりました。

このように様々なアングルで撮影して、最も特徴が伝わりやすい角度を見つけましょう。

デジカメの場合はズームで撮る

光学ズームレンズを搭載したデジカメは、広角側で撮影すると被写体の形が少し歪んでしまいます。

そのため、ズームした状態で撮ることをおすすめします。光学3倍ズームの場合は最大ズームで、光学6倍ズームの場合は中程度のズームで撮ると被写体の形が正確に伝わります。

スマホカメラでの撮影方法

スマホカメラで撮影する場合のやり方と注意点を解説します。

カメラアプリを使う

ヤフオクなど大抵のオークションアプリは、出品画面から撮影可能です。

しかし、出品画面から撮影すると色・角度などを上手く調整できません。したがって、写真撮影にはカメラアプリを使いましょう。

近寄り過ぎない

スマホは広角レンズカメラが多いため、近寄りすぎると遠近感が強調され被写体の形が歪みます。

そのため、少し離れたところから撮影しましょう。小物などを撮影して商品が小さくなってしまった場合は、余白を後でカットすればいいだけの話です。

VGA程度のサイズで撮る

スマホカメラはデフォルトの写真サイズが壁紙サイズになっていることが多いですが、それではオークションサイトにアップロードしたときに見にくくなってしまいます。

そのため、画像サイズはVGAサイズ(640×480)にしましょう。

画像ファイルの容量を抑える方法

画像ファイルの容量が多いとページの読み込みに時間がかかってしまいます。どんなに魅力的な商品写真を撮影しても、ページが重ければ訪問者がページバックしてしまいます。そこで、画像ファイルの容量を抑える方法も解説します。

デジカメの設定を変更

まず、デジカメで撮影する際は、写真のサイズをVGAサイズ(640×480)に設定しましょう。

最近のデジカメは高解像度のきれいな写真を撮影できますが、オークション用の写真に高解像度は必要ありません。

また、画像ファイルの容量を抑える1つの方法として「圧縮率を上げる」手もあります。しかし、こちらはあまりおすすめできません。圧縮率を上げると画質が悪くなるからです。

【圧縮率を上げない場合】

【圧縮率を上げた場合】

画像編集ソフトを使う

スマホで撮影した場合も、撮影時に画像サイズをVGAサイズ(640×480)に設定しましょう。上手く設定できない、もしくは、既に撮影してしまった場合は、画像編集ソフトで画像サイズを変更しましょう。

撮影後の写真編集のコツ

最後に、撮影後の画像編集のコツを2つ解説します。

不要な部分はトリミング

例えば、以下の写真を見てください。余白が多すぎると思いませんか。

このような場合はトリミングして余白を削りましょう。余白がなくなるだけで印象がかなり良くなります。

明るさ・コントラストの調整

コントラストの弱い写真は、悪くはありませんが魅力が伝わりにくいです。

明るさ・コントラストを調整して、写真にメリハリを付けましょう。

ただし、やり過ぎて元の商品とかけ離れたものになってしまわないように注意してください。

商品写真で第一印象が決まる

オークションに限らず、ネット販売では商品写真非常に重要です。写真で興味を持たせることができなければ、商品説明は読んでもらえません。ましてや、購入に至ることはほぼ無いでしょう。

オークションに出品してもなかなか落札されない方は、ぜひ写真の撮り方を見直してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る