物販

ネットショップ開業初心者が知っておきたい基礎知識とポイント

ネットショップやオンラインストアを開業したい人は、どのような手続きが必要でどのような方法で売り上げをあげていけば良いのかなど、不安はつきものです。開業を検討している人はもちろん、興味がある程度の人まで、開業するための手続きや集客方法などを詳しくお教えします。

ネットショップを開業するための手続きをはじめ、ショップの開設方法や売り上げアップのポイントなどをみていきましょう。

ネットショップ開業の手続きとは?

ネットショップを開業するためには開業手続きが必要です。開業届を提出すると晴れて「個人事業主」になります。

開業届と同時に決めていきたいのが「青色申告」を提出するかどうかです。ここからは「開業届はいつまでにだせばいいの?」「青色申告って何?」という疑問に答えながら、開業届の提出と青色申告について解説していきます。

開業日を決めて開業届を提出

開業届はこれから個人事業主となる人が提出する必要があります。まずは自分が「この日から開業したい!」と思う日にち「開業日」を決めてください。

開業届は開業日から1か月以内に税務署に提出しましょう。提出を怠ったり遅らせたりしても罰則はありませんが、税金や今後の手続き等に必要になってくるものです。後々面倒なことにならないためにも、開業日が決まったら早めに提出しておいてください。

開業届を提出するメリット

開業届を提出すると、事業用の銀行口座が開設しやすくなるメリットがあります。事業用の口座開設には屋号と姓名が必要です。

一度決めると変更にも手続きが必要になるので、慎重に決めてください。事業によっては開業届以外の書類が必要な場合もあります。心配であれば口座開設前に銀行で相談してみましょう。

個人事業主になると、確定申告を毎年おこなうようになります。自分で申告する手間はありますが、青色申告なら節税できる大きなメリットもあるので、開業届と一緒に提出しておくのがオススメです。

青色申告の申請時期に注意

青色申告をすると、大きく分けて3つのメリットがあります。
・65万円もの特別控除が受けられる
・売り上げが赤字になっても3年繰り越しできる
・ともに事業をする家族への給与が経費になる

事業を始めたばかりの人にやさしい制度となっていますが、「青色申告承認申請書」を事前に提出しなければなりません。提出しないと青色申告とならないので忘れないようにしましょう。

申請できるのは「青色申告を希望する年の3月15日まで」です。2020年分から申請したい場合は、2020年3月15日までに申請をするということになります。

ただし新規に開業した場合は、開業日から2か月以内に申請しても対象になります。開業日が2020年4月1日なら、2020年5月31日までに手続きをすればOKです。

ネットショップ開業の流れ

ネットショップでは販売の流れが決まっています。一般的には以下のとおりです。

それでは、1つずつみていきましょう。

仕入れ

ネットショップで売れそうな商品の仕入れをします。ネットショップを開設してすぐは在庫を抱えがちになるので、たくさん仕入れないように注意しましょう。

商品ページ作成

仕入れた商品が売れるように、説明文や画像を使って紹介します。商品の詳細が分かる写真や魅力的な文章などを工夫しながら、商品ページを作っていきましょう。

商品の購入

顧客が気に入った商品を購入します。ここでは顧客が商品が魅力的であることはもちろん、サイトを訪れたくなるような見やすさやデザインも購入につながりますよ。

代金の支払い

商品を購入した顧客が支払いをします。支払い方法はクレジットカードのほか、銀行振り込みや代金引換など、さまざまな顧客のニーズに合わせておきましょう。

発送

顧客が購入した商品を梱包し、宅配業者に委託して発送します。到着までの期間が近いほど顧客からの評価も高くなるので、購入されたらできるだけ早く発送することが大切です。

ネットショップの開業方法とは?

ネットショップの開業方法はおもに3つの方法があります。
・自分でECサイトを開発する
・カートシステムのみ使用する
・大手ECサイトで販売する

それぞれの特徴をみていきましょう。

自分でECサイトを開発する

ホームページを開発する企業や個人に依頼をして、サイトを作ってもらう方法です。初期費用は100万円以上とかなり高額になるうえに、情報流出のリスクもあり注意が必要です。

自社サイトだけでマーケティングをおこなうため、利益が上がるのに時間がかかります。ECサイトを開業したばかりの人は、ネットショップでしばらく経験を積んでからがオススメです。

カートシステムのみ使用する

ECサイトで必要なのが、商品を注文する際の「ショッピングカートシステム」です。ネットショップでは受注を管理するほか、購入した顧客の個人情報やカード情報も管理しなければなりません。そのようなショッピングカートの部分を提供してくれるサービスです。

近年では商品の購入や決済のほか、顧客管理・売り上げの分析・受注処理・配送管理などのサービスも使えることが多いです。カートシステムは2つのサービスに分かれています。それぞれの特徴は以下の通りです。

・ASP型 サーバやアプリなどは管理してもらえます。月額レンタルで利用可能。初心者におすすめ。futureshopやカラーミーショップなど。
・フルスクラッチ型 自社のECサイトに沿った自由な構築が可能。管理は自社でおこなう。大手ECサイト向け。

フルスクラッチ型は細かい管理が必要なため、個人のネットショップには向いていません。利用する場合はASP型がオススメです。

大手ECサイトで販売する

Amazonや楽天市場などの大手ECサイトで出店する方法です。初期費用が安く大手のためマーケティングもしやすいので、初めてネットショップを開設するならここから初めてみましょう。

Amazonの利用料は月額登録料4,900円と格安です。楽天市場は1年ごとの契約で19,500円から出店できます。

ネットショップ開設の注意点とは?

ネットショップを開設する前に注意しておきたいことや、事前に知っておくと良い情報も入手しておきましょう。ポイントは大きく分けて3つです。1つずつ詳しく解説していきます。

最初は売れないと理解しておく

良い商品を仕入れても、残念ながらすぐに売れることは無いと覚えておきましょう。ネットショップは少しずつ顧客を獲得して、レビューや口コミ・SNSなどを通じて広まっていくことが多いです。

最初から売れるような商品は、広告代理店が関わっていることがほとんどです。まずは、自社ショップの顧客を獲得することから始めます。

芸能人が自身のブログやSNSを通じて特定の商品を紹介することがあります。数年前、紹介した商品が不適切な理由で問題になってしまったことがありました。このような方法は、たくさんのファンやフォロワーを持っているからできることです。

有名人が個人的に愛用しているかのように商品を紹介することを、「ステルスマーケティング」略して「ステマ」と呼ばれています。有効な手段に思えますが、近年ではステマに良くないイメージを持っている人が多いので注意しましょう。

有名人を使ったステマと判明したらネットユーザーからたたかれてしまいますし、売れるのはほんの一時的にすぎません。本当に良いと思う商品なら価格・品質・性能の良さを自社のショップでアピールして、地道に顧客を増やしていくのが懸命です。「最初は売れなくて当たり前」と肝に銘じて、顧客とリピーターを増やしていくことに専念しましょう。

ランニングコストを意識する

ネットショップを継続するためには、ランニングコストも意識しましょう。良い商品を仕入れることも大切ですが、上で説明したようにネットショップを開設してすぐの売れ行きは良くありません。自社の利益につながる価格で販売することも考える必要があります。

商品の価格とともに、運営コストや固定費・販売手数料なども支払っていくことになります。広告宣伝費が売上よりも高くなることがあるかもしれません。売れたからといって安心できないのが難しいところです。ランニングコストを抑えながら少しずつ売上を増やしていきましょう。

開業の予算を見直す

ネットショップを開設するときには、開業資金のバランスを考えて予算を組みましょう。自社サイトの開発では費用が100万円前後かかることは先にお伝えしましたが、手元にじゅうぶんな予算があるからといって開業資金に全て割り当ててしまうのは避けてください。

ウェブ制作会社などに開発を依頼すれば仕上がりもシステムも素晴らしいサイトが完成します。しかしその後すぐに売上が伸びるわけではないので、最初から大きな資金を動かすのは避けたほうが無難なのです。格安でネットショップを開設できるBASE(ベイス)も視野に入れてみると良いでしょう。

楽天市場の出店には月額利用料が必要です。楽天市場では商品数や画像容量によってプランが分かれているうえに、月間売上高に応じたシステム手数料も必要です。楽天市場に出店しても資金繰りが間に合うのかを検討して、少ない予算と維持費で経営できる方法を見つけてください。

最寄りの商工会議所で相談をすると、助成金などの案内をしてもらえるかもしれません。さまざまな開業方法をシミュレーションしてみましょう。

ネットショップ成功のカギは集客にあり

ネットショップには競合サイトが非常に多いです。数あるショップの中から顧客の目をとめて購入してもらうには、集客力がカギとなります。4つのポイントをおさえて、より多くの集客を目指しましょう。

SEO集客を強化する

ネットショップの集客にはSEO(検索エンジンの最適化)が必須となってきます。SEOとはGoogleなどで検索したときに、検索結果の上位に表示されるようにサイトを作ること。良い商品を仕入れても、顧客の目に入らなければ売れることはありません。たくさんのサイトの中から自社の商品を見てもらうためには、SEO対策が重要なポイントの一つです。

ブログやSNSを活用する

自社商品を宣伝する手段として、ブログやSNSを多用しましょう。TwitterやInstagram・Facebookは世界中の人が利用していて、閲覧数も多いです。

Instagramは商品の画像をダイレクトに見てもらえるメリットもあります。画像を気に入ってもらえれば購入につながり、自社サイトにリンクできる機能もあります。ハッシュタグもどんどん利用してください。

リスティング広告を利用する

リスティング広告とは、検索したキーワードに応じて部分的に表示される広告のことです。例えばGoogleで「開業」と検索していると、検索結果の上部や下部に開業に関する広告が表示されることをいいます。

広告を見た人がクリックするだけで課金されていくシステムで、コストパフォーマンスも高いのが特徴です。自社でSEO対策をする必要がなく、効率的な集客方法だといえます。

アフィリエイト広告を利用する

アフィリエイト広告とは、自身のブログなどを持っている人に自社の商品を紹介してもらう方法のことです。ブログにアクセスしたり購入したりした場合に宣伝の報酬を支払うので、広告費を抑えることができます。

アフィリエイト広告をする人(アフィリエイター)は楽天アフィリエイト・A8ネットなどの仲介サービスが便利です。自社の商品をアフィリエイターにアピールしてもらって、売上を伸ばしていきましょう。

まとめ

ネットショップ開業にはおさえておきたいポイントがたくさんあります。資金繰りが安定するためには開業時から動いていきましょう。

どのようにすれば集客が見込めるのか・商品を購入してもらえるのかが成功のポイントです。開業前に考えておくことで、万が一の事態にも強くなれます。

自社の商品に、どのような強みがあるのかを考えてみてください。自社のショップでしか購入できないような強みがあると大きな魅力になります。SNSでバズることで一気に売上が伸びる企業も多くあるので、まずは地道に顧客を定着させていきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。