スキル

広告収入を貰ってブログで稼ぐ!仕組みや稼ぎ方を紹介!

ブログは大きく稼げる副業です。しかし具体的にどうやってブログでお金を稼ぐことが出来るのか、よくわかっていない人も多いでしょう。ブログで稼ぐためには、ブログに広告を張り付けて広告収入を得る必要があります。

今回は、ブログの広告収入で稼げる仕組みと、稼ぐためのコツや広告の種類についての紹介です。仕組みが分かれば具体的な稼ぎ方が見えてきます。これからブログで稼ぎたいと思っている人や、今のブログをもっと稼げるようにしたいと思っている人はぜひ目を通してください。

ブログの広告サービスの種類と仕組み

ブログに掲載して収入を得るための広告ですが、実は3つの種類があります。

1.アフィリエイト(ASP)
2.Googleアドセンス
3.Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)

まずは、それぞれの広告サービスの仕組みについて解説していきます。自分のブログにどの種類の広告を掲載するかの参考にしてください。

1.アフィリエイト(ASP)について

アフィリエイト(ASP,アプリケーションサービスプロバイダ)とは、自分のブログに広告を掲載することで様々な商品を紹介し、成果によって報酬を得る仕組みです。ブログの広告収入としては最も一般的な仕組みで、成功すれば大きく稼げる可能性があります。

アフィリエイトは個人ブログで企業の商品の紹介をすることになりますが、実際に個人と企業がやり取りするわけではなく、間にASPが仲介業者として入っています。個人ブロガー側が企業と直接コンタクトをとる事はありません。

基本的な仕組みとしては、まず企業がASPに商品の登録をします。するとASPが広告リンクとして、個人ブロガーに提供します。個人ブロガーはその広告リンクを掲載し、商品の紹介をしてください。それによって製品が売れたら、報酬が貰えるといった仕組みです。この仕組みはこれは成果型広告報酬と呼ばれます。

リンクをクリックしただけで報酬が確定するものもありますが、ほとんどの場合はリンクを通して商品が購入された場合に報酬が発生します。自分で掲載する広告を選ぶ事ができるので、自分のブログで紹介しやすい商品を選ぶと、収入が伸ばしやすいので覚えておきましょう。

2.Googleアドセンスについて

Googleアドセンスは企業と個人、そして仲介のGoogleによって運営されています。仲介を通じて企業の商品広告を掲載し、報酬を得るという基本的な仕組みはアフィリエイトと一緒です。アフィリエイトとGoogleアドセンスの大きな違いは、「広告がクリックされた段階で報酬が確定する」「表示される広告が人によって異なる」の二つが挙げられます。

多くの場合広告商品の購入が報酬条件のアフィリエイトと違い、Googleアドセンスは広告がクリックされた段階で報酬が発生します。この仕組みはクリック型広告報酬とよばれ、報酬単価はアフィリエイトには劣りますが、報酬が発生する確率ははるかに高いと言えるでしょう。

また、ブログに掲載するのは広告リンクではなく広告コードと呼ばれ、これはブログを閲覧する人によって、Google側が自動で広告の内容を選んで表示してくれます。そのためブログ内容に関連した広告が表示されるとは限らず、ピンポイントで商品の紹介ができません。

一方で、閲覧者にとって興味のありそうな広告をGoogleが自動で選んで表示してくれるため、ブログ記事の内容が縛られないというメリットもあります。

3.Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)について

Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)とは、先ほどと同様企業と個人の間にAmazon(楽天)が仲介としてはいり、ブログの広告リンクから商品が売れたら報酬が発生する仕組みです。基本的な仕組みはアフィリエイトと変わらず、成果型広告収入となっています。

アフィリエイトとの大きな違いは、仲介がAmazonや楽天という誰でも一度は利用したことのある大型ネットショップであるという点です。同じ商品であっても、知らないHPから買うのと見知ったAmazonや楽天から商品を買うのでは、圧倒的に後者の方が購入率が高いのは言うまでもありません。

ただしデメリットとして、アフィリエイトと違い広告を掲載するためには、ブログが審査に合格する必要があります。ほぼ無条件に掲載できるアフィリエイト広告と違い、しっかりしたブログ形成が必要になると言えるでしょう。

ブログは広告を掲載して収入を得る

このように、ブログに企業の広告を掲載して商品リンクを踏ませたり購入をさせる事で、報酬をもらうというのがブログの広告収入で稼ぐための仕組みです。

個人が直接企業と契約して商品の紹介をするのは、かなりの実績と能力が必要になります。しかしこれらはいずれも仲介業者が間を取り持ってくれるので、ブログ初心者であっても企業の広告をブログに掲載することができるのです。

勿論、広告を掲載した商品が売れなかったからと言ってペナルティなどが発生することはありません。企業案件だからと恐れず、積極的にチャレンジしてみましょう。

ブログに掲載される広告の種類

広告サービスだけでなく、実際にブログに掲載される広告にも複数の種類があります。誰がどう見ても一目で広告だとわかるものから、クリックするまで広告だと気づかないようなものまで様々な種類があります。

ブログ記事との親和性や、クリックのされやすさを考えて広告の種類を選択することで、稼げる確率を上げる事ができるので覚えておきましょう。続いては、表示される広告の種類について解説していきます。

バナータイプ(ディスプレイ広告)

最も分かりやすく広告といえる種類で、以下のようなバナーと呼ばれる画像を広告として表示します。個人ブログを見た事のある人であれば、誰しも一度は見た事があるでしょう。

単に画像だけでなく、アニメーション効果等も盛り込む事ができます。一目で広告と分かるので、目につきやすいメリットがある一方で、露骨に広告と分かるので避けられやすいデメリットもあります。

商品リンクタイプ

実際の商品画像をそのまま広告リンクとして使用したものです。以下のように、商品画像をクリックすることでそのまま購入ページにいくことができます。

商品の紹介に力を入れている個人ブログであれば、単純に商品が一目でわかるこの広告を利用することで、広告のクリック率を上げられます。複数の商品を紹介する際にも、比較が分かりやすくなるので効果的です。

ただし広告サイズが少し大きいので、スマホから見ている人にとっては閲覧スペースの妨げになったり、誤タップでストレスをためる原因になったりする可能性がある事は注意が必要です。

テキストタイプ

文字で書かれたテキストがそのまま広告リンクになっているものです。一目では広告リンクだと分かりにくく、広告に苦手意識を持っている人にもクリックしてもらえる可能性があります。

テキストなので広告スペース自体は広くありません。これはスマホユーザーにとっては誤タップしずらいので使い勝手がいい反面、パソコンユーザーからはクリックしずらくなるという欠点でもあります。

広告によっては、使える文字に指定があるものがあります。また、文字の色を変えられるので、リンクだと気づきやすい色にするとより効果的です。

メールマガジンタイプ

Web管理者によってはメールマガジンを発行している所もありますが、そこにも広告を載せることができます。テキストタイプの広告と同様、テキストをクリックすることで該当ページへ移動させるタイプの広告となります。

広告はHTMLコードをそのまま記載する形で表示されます。そのため間違ってバナーや他のタイプの広告を掲載してしまうと非常に見づらくなりますので注意してください。

ライブタイプ

広告の内容が自動的に変更されるタイプの広告です。同じページの同じ箇所の広告であっても、閲覧の度に広告内容が自動で切り替わります。

一度設置した広告が何らかの事情で掲示できなくなった場合などに、ブログ内容を大幅に改修しなければいけないリスクを避ける事ができます。広告の張替が必要なくなるので、大きなブログサイトになる程メンテナンスの手間がかからなくなるという大きなメリットがあります。

ただし、広告商品を紹介するといったブログページには適さないタイプです。広告内容が変わらない通常の広告とうまく使い分けましょう。

検索リンクタイプ

ユーザーが興味を持った内容をより詳しく検索できるように検索窓を設置し、検索結果に応じて広告を表示する仕組みです。ユーザーの検索意欲を引き立てる事ができれば、そこから色々な検索をしてくれるので、検索意欲を上げる記事に設置すると効果的と言えます。

多くの情報を掲載する特集系やまとめ系の記事と相性がいいです。検索窓自体は、ASPなどの仲介業者からレンタルしてブログ内に張り付けられるので利用してみましょう。

広告サービス別、具体的な広告収入の稼ぎ方

広告サービスや広告自体の種類を紹介したところで、続いては具体的にサービス別の広告収入の稼ぎ方について紹介していきます。今回は前述した3つの広告サービスについて、ブログ運営の方針や効果的な稼ぎ方についてまとめました。

ブログの運営方針に応じて広告サービスを選ぶのか、利用したい広告サービスのためのブログを作るのかは人それぞれです。それぞれにあったブログの運営方法があるので、自分のブログをどうしたいのかよく考えてから利用する広告サービスを選びましょう。

アフィリエイト広告を利用する

アフィリエイト広告は以下のように、商品を紹介するブログに広告を貼りつけ、ブログ閲覧者に商品を買ってもらう事で広告を得る仕組みです。

参考:バリューコマース

よってブログ内容は、特定ジャンルの商品の紹介に特化させた内容にするのが良いです。ここで大切なことは、紹介するのは商品のスペックではなくその商品にもたらされるメリットです。その商品を購入することでどんないい事があるのか読者にイメージさせることが、購入意欲を煽る第一歩だからです。

例えば掃除機を紹介するのであれば、その掃除機の基礎スペックではなく、消音性に優れて集合住宅でも安心して使えるなど、その掃除機を使う事によって利用者にどんなメリットがあるのかを伝えるといった具合です。

また、商品紹介のアフィリエイトブログであれば似たジャンルの商品を複数紹介するのが鉄板です。そうすれば相互リンクを活用して、そのジャンルの商品が気になる人により多く自分のページを見てもらえます。多くのページをつなぎ合わせて、1つのショッピングサイトを作るようなイメージでブログ全体の作成をイメージしましょう。

Googleアドセンス(クリック型報酬広告)を利用する

Googleアドセンスに代表されるクリック型報酬広告は以下のように、ブログに掲載された広告をクリックしてもらうことで報酬が発生する仕組みです。

参考:Google AdSense

広告内容は閲覧する人に応じて自動で最適なものが表示されます。そのため1つのテーマに特化したブログよりは、多種多様な人が見るようなタイプのブログにした方が報酬を稼ぎやすいです。

アフィリエイトと違いブログの内容が縛られないため、稼ぐために必要なのはより多くの人にブログを見てもらうという一点に尽きます。SEO対策などをして、より検索結果の上位に表示されるようなブログを目指すのが一般的な方法です。

また、自分のブログで最もアクセス数が多い記事にリンクを設置して、他の各ページも閲覧してもらう方法も効果的です。ブログのアクセス数が伸びる要因は自分の努力だけではありません。世間のトレンドやニーズによって思わぬページがアクセスを集める事もあります。どのページがどの程度のアクセス数を稼いでいるのかを常に把握して、チャンスが来たら一気にアクセス数を延ばせるように日頃から備えておきましょう。

Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)を利用する

Amazonアソシエイト(楽天アフィリエイト)は以下の通り、Amazonや楽天の商品を紹介し、商品が売れたら報酬が発生する仕組みです。基本的な内容はアフィリエイトと同様と言えます。

参考:楽天:アフィリエイトプログラム

こちらのブログもアフィリエイト同様、特定のテーマに絞った特化型ブログをつくる必要があります。ただしAmazonや楽天は利用ユーザーが多いので、アフィリエイトよりも多少広いジャンルを扱ってもいいでしょう。紹介している商品に興味のある読者が多くなるので、類似商品の比較記事を多めに作るとより効果的です。

そしてこれらのサービスを利用する上で最も大事なことは、審査に合格するためのブログ作りが必要になるという点です。具体的には、定期的な更新やブログ全体の記事に一定の質と量を持たせる事、身分証明を明確にするなど、いくつもの条件をクリアする必要があります。

広告収入だけが目的の中身のないブログでは審査に合格することができません。とはいえ挑戦回数に制限はありませんし、参加条件等は公式サイトに載っているので、要件を満たすブログ作りを心掛けましょう。

(上級者編)純広告を利用する

純広告とは、特定のメディア媒体の掲載する広告を買い取って掲載する仕組みです。今紹介した広告仲介サービスを利用することなく、企業と直接交渉して広告を掲載する必要があります。

主要メディアでの広告掲載ができれば、個人ブログに掲載するよりも多くの人の目にとまり、特定層を狙った広告もより効果を発揮します。一定期間必ず掲載されるため、特定層に限定セールをアピールする等の局所的な広告効果を利用する際にも有効です。

ただし企業とのやりとりが、掲載期間や報酬形態の交渉も含めで全て自分で行わなければいけません。自分にある程度の実績がないと交渉も上手くいかないので、上級者向けの方法と言えます。

自分のブログが成長して、なにか大々的に発信したい事がある際などには、純広告の利用を検討してみましょう。

ブログで広告収入を得るまでの流れ

続いては、実際にブログで広告収入を得るための流れを一から紹介していきます。一連の流れは広告サービスの内容を問わないので、どの広告サービスを利用するにせよ、今回紹介する流れに沿って行うと効率的です。何もない状態から広告収入を得るためには、大きく分けて次の五つのステップがあります。

1.広告収入の基本的な内容を覚える
2.個人ブログを作る
3.ブログのデザインを考える
4.広告を載せるブログ記事を書く
5.ブログに載せた広告から収入を得る

順番に紹介していくので、1つずつ確実にこなしてブログの収益化を目指しましょう。

広告収入の基本的な内容を覚える

最初は、ブログの広告収入に関する知識を一通り覚えます。最初になんとなくでブログを始めてしまうと、自分のやりたかったブログ像と適した広告サービスが上手くかみ合わない可能性があります。ブログを始める前に、一通りの知識を付けてブログの方向性を明確にしましょう。

主に覚える事としては、前述した広告サービスや広告の種類、各サービスを活用したブログの作り方は必須です。他にもブログを作成するために用意するものや稼ぐまでにかかる時間、ブログのジャンル選定などが挙げられます。

ブログで広告収入を得るのは、始めてから長い時間がかかります。途中で不安になったり投げ出したりしないためにも、これらの知識を頭に入れ、どんなブログを作るのかを決めてから次のステップに進みましょう。

個人ブログを作る

ブログの方向性が決まったら、いよいよ個人ブログの作成です。収益化を狙う個人ブログの作成に必要なものは、レンタルサーバーと独自ドメイン、有料ブログサービスの三つです。

レンタルサーバーとはブログを設置する場所で、例えるならブログという家を設置する土地のようなものと覚えておきましょう。続いて独自ドメインとは家の住所のようなもので、ブログのURLの事です。レンタルサーバーは月額料金で借りるのに対して、独自ドメインは一度取得したら一生ものになります。他者が取得したドメインは選択できないので、基本的には早い者勝ちです。

そしてブログサービスには有料のものと無料のものがありますが、広告収入で稼ぐのなら必ず有料のものを選びましょう。なぜなら無料ブログサービスでは既に広告が貼られていたり、広告を貼る事で規約違反となりブログ自体が消される可能性があるからです。基本的にこだわりがなければWordPressを利用しておけば間違いありません。

ブログのデザインを考える

無事にブログを作成することができたら、続いてはサイトのデザインの編集を行います。ブログサイトはオリジナリティーが重要なので、自分のブログの雰囲気に合ったデザインの設定が必要です。

WordPressには無料のデザインテンプレートがあるので、インストールするだけで自由に利用することができます。有料のデザインもありますが、無料の物でもクオリティに見劣りはしないので、最初は無料のもので大丈夫です。

最初は、シンプルでスタイリッシュなデザインを選んでおけば間違いありません。なまじデザインの種類が多いので悩む人も多いですが、デザインはいつでもボタン一つで変更ができるので、悩む前に色々試してみましょう。

広告を載せるブログ記事を書く

ブログサイトのデザインが決まったら、本格的な記事の執筆に入ります。前述したように、記事の内容は利用するアフィリエイトの種類に応じて変えていきましょう。アフィリエイト広告やAmazonアソシエイトであれば、商品の長所やメリットを紹介する記事を、Googleアドセンスであれば、ブログ記事全体のアクセス数を伸ばす記事執筆がおすすめです。

広告記事で稼ぐために重要になるのが、競合サイトの存在です。トレンド商品や売れやすい商品は、既に競合サイトが多く存在しています。初心者が記事を書いても勝つのは難しいので、競合サイトに載っていない内容で差別化するか、どうしても勝の目が見えないならブログのテーマ自体の変更も検討が必要です。

また、記事の質は大切ですが、記事の量もそれ以上に大切な要素です。単純にブログの記事数が多い方がブログ全体のアクセス数が伸びるのは勿論、沢山記事を書くことによって自身のライティングスキルも向上していきます。一度書いた記事であっても変更はいつでもできるので、まずは沢山記事を書くことを優先しましょう。

ブログに載せた広告から収入を得る

記事の質や量がそろってきて、自分のブログにアクセスが増えてくれば、遠からず広告収入を貰う事ができるでしょう。まとまった広告収入を得るには時間がかかりますが、一度収入が増え始めれば、後は一気に収入を伸ばせるのが広告収入の強みです。

ブログは一長一短で収益化させることはできません。ブログ内容によりますが、安定した収益を得るためには半年~1年は地道に執筆を重ねる必要があります。気長に良質な記事を増やしていくことで、最終的には高収益を生むブログサイトが出来上がるのです。

収益化のコツは、競合サイトと違う土俵で勝負をすることです。例えば、大きな区分で家電の紹介ブログを書こうと思った場合、競合サイトは数多く存在しています。そこで同じ家電にしても洗濯機に絞ったり、寿命の長い家電を紹介したりといった形で、競合サイトは別方面で記事を書きましょう。大まかなニーズには対応できなくても、細かいニーズに合致する人への集客が上手くいけば、安定した収益を得る事ができます。

ブログの広告収入で稼ぐためのコツ3選

ブログを作ったばかりのころは、いくら記事を書いても毎月収入が入らないなんて事は当たり前です。ですがいくら作業をしてもお金にならない時間が長いのは辛く、途中で挫折してしまう人も多いでしょう。そこで折れずに記事を書き続ける事でしか、広告収入を得る事ブログをつくる事はできません。

ただし広告収入を得る近道はありませんが、より効果的に広告収入を得るためのコツはあります。最後に、広告収入で稼げるブログ作りのためのコツについて紹介するので、参考にしながらぜひ諦めずにブログ記事の執筆を続けてみてください。

自分の知識や経験を最大限活用する

ブログ記事でアクセス数を稼ぐためには、他のサイトにないオリジナリティが求められます。そして誰もが持ってる最大のオリジナリティとは、自分が今まで歩んできた人生の知識と経験なのです。

自分が経験してきた詳しい分野でブログ記事を書けば、他のサイトよりも詳しい記事が書けます。知識の深い分野であれば、何も知らない人よりもスラスラと記事の執筆が進みます。もし詳しい分野がないとしても、自分の意見を混ぜたブログ記事には立派なオリジナリティが生まれるのです。そうやって自分の得意分野で勝負することで、大手競合サイトがあっても記事の差別化を図る事ができます。

他の記事の劣化ではなく記事の差別化さえできれば、競合サイトより自分のブログサイトを求めてくれる人は必ず現れます。そうやって少しずつ自分のブログのファンを増やしていくことが、収益化の第一歩と言えるでしょう。

月の投稿本数は最初から決めておく

ブログ記事の執筆は長丁場の作業なので、ただ気が向いた時に記事を書こうと思っても、なかなか執筆が進みません。ですから必ず毎月の執筆本数を決めておき、事前に執筆のスケジュールを決定しておくことが大切なのです。

目標を設定することで、記事の執筆に必要性が生まれます。書きたい時に書くだけでは続かないので、ノルマを課して自分の執筆をコントロールすることはとても効果的です。

また、自分の納得いく記事を書くことができず、なかなか記事が完成しない人もいるでしょう。しかし前述したように、最初の内は記事の質よりも量の方が大切です。記事の質は求めだしたらきりがないので、まずは目標の記事数を書ききる事を最優先させてください。どうしても納得がいかなければ、月の記事ノルマを達成してからゆっくり添削すればいいのです。あくまで最優先は記事を投稿することだという事は忘れないでください。

検索上位サイトを見てマネする

広告収入を得るためには、検索上位サイトと差別化を図る必要があるのは事実です。ですが記事の書き方も分からないような最初の内は、あえて検索上位サイトを見て書き方をマネするのは非常に効果的です。

検索上位のサイトとは言ってみれば、その分野の頂点を争うサイトです。記事の書き方や文章の構成、サイトの見せ方など参考にできる事はいくらでもあります。丸々コピーするのはダメですが、書き方や文法をマネする分にはまったく問題ありません。

右も左も分からない初心者のうちは、目指すべき指標があったほうが努力の方向性を間違えにくいです。そうしてマネを続けていくうちに、なぜ検索上位サイトが優れているのかが分かるようになります。そうなったらよい点を参考にしながら、存分にブログにオリジナリティを出していけばいいのです。

まとめ

今回は、ブログで稼ぐとは広告収入で稼ぐ事、広告収入には種類がある事、ブログで広告収入を得るまでの道のりとコツについて紹介しました。今回紹介した内容を覚えておけば、ひとまず広告記事のあるブログサイトを作るところまではできます。

ブログ記事の収益化には時間がかかり、収入のない期間も長いので挫折する人は少なくありません。しかし一度広告収入が増え始めれば、爆発的に収入を増やすことができるのも広告収入の魅力と言えます。どんなブログも地道な作業が必要ですが、正しいブログの作り方ができれば、その収入を増やすまでの時間を短縮できます。

ブログ初心者にとって一番大切なのは、継続して記事の量を増やしていく事です。今回紹介した内容を参考に諦めず執筆を続け、広告収入が稼げるブログサイト作りに挑戦してみましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!