物販

ルイヴィトンを買うなら日本国内の直営店より免税店!免税の仕組みと免税手続きの方法を徹底解説

ルイヴィトンなどの海外ブランド品は現地で買う方が安上がりです。さらに、海外の免税店で買えば、免除される税金の分だけ安く購入できます。しかし、免税店の利用にはいくつか注意点があります。

そこで今回は、免税店の種類と注意点、そして、ブランド品を買った後の免税方法を解説します。

免税店とは?

まず最初に免税店の具体的なシステムを解説します。

免税店は2種類

免税店には「DUTY-FREE SHOP(デューティーフリーショップ)」と「TAX FREE SHOP(タックスフリーショップ)」の2種類があります。それぞれ免除される税金の種類が違います。

DUTY-FREE SHOP(デューティーフリーショップ)

DUTY-FREE SHOP(デューティーフリーショップ)はあらゆる税金が免除されるお店のことです。

消費税はもちろん、関税・酒税・たばこ税を含む全ての税金が免除されます。なぜなら、国際線の出国ゲートの先はどこの国にも属しておらず、税金がかけられないからです。

したがって、DUTY-FREE SHOPは基本的に空港の中にあります。

最近は街中でもDUTY-FREE SHOPを見かけますが、街中のDUTY-FREE SHOPで購入した商品は空港で受け取ることになります。

TAX FREE SHOP(タックスフリーショップ)

TAX FREE SHOP(タックスフリーショップ)は消費税のみが免除される免税店です。家電量販店や百貨店内にある免税店はTAX FREE SHOPに該当します。

TAX FREE SHOPは、購入した商品を海外で消費する外国人を対象に運営されています。国内で消費されるわけではないため、消費税が免除されることになります。

海外の免税店について

免税店は日本だけでなく世界中の空港にあります。海外旅行の際に免税店(DUTY-FREE SHOP)が利用できるのは以下の4箇所です。

・日本の空港
・乗り換えの空港
・行き先の海外の空港
・飛行機の機内販売

海外の免税店

日本国内の空港にある免税店を利用する場合は、普通に購入しても特に問題はありません。しかし、海外の免税店を利用する場合は注意点があります。それは為替レートです。

ブランドの世界統一価格

一昔前は、ルイヴィトンやシャネルなどのブランド品は国によって値段が違いました。しかし、現在は多くの人気ブランドが世界中で価格を統一しています。これがグローバルプライシングです。

ルイヴィトン

ルイヴィトンの場合は、セールをしないだけでなく、アウトレット品を市場に供給することもないため、どこの国でもほぼ同じ価格です。

海外ブランド品が安い理由

ではなぜ海外ブランド品は海外で買った方が安いと言われているのでしょうか。理由は大きく分けて3つです。

(1)送料・関税・消費税がかからない

1つ目にして最大の理由がこれです。

海外ブランド品を日本で購入しようとすると、商品価格の他に送料・関税・消費税が代金に上乗せされます。海外で直接買えば本体価格のみとなるため、安く買えるのです。

(2)個人の買い物は関税もかからない

とはいえ、個人の買い物でも海外で購入した商品を日本に持ち込めばそれは輸入です。輸入品には関税がかかります。

しかし、旅行者の場合は最大20万円までの買い物は免税対象となっています。したがって、20万円以下のブランド品であれば関税もかかりません。

(3)本国の方が安い

そして、3つ目の理由が、そもそもブランド本国の方が本体価格自体が安いことです。世界統一価格を採用していても、本国の方が価格が安いブランドが多いのです。

海外でブランド品を購入する際の注意点

海外のブランド品は本国で買う方が安く買えますが、現地で買う際は注意点があります。

正規店で買う

それはブランド品は必ず正規店で買うことです。商品に問題があった場合、正規店で購入したものであれば修理・交換に対応してくれますが、セレクトショップで買ってしまうと対応してくれないことが多いです。

服装に気をつける

また、海外の高級ブランド店はフォーマルな服装で行く必要があります。カジュアルな服装で入ってしまうと、店員や他の客の気分を害すため、退店させられることもあります。

偽物に注意

また、海外では日本とは比較にならないほど偽物が多く出回っています。露店で売られているブランド品は十中八九偽物なので注意してください。

海外旅行でブランド品を購入した場合の免税方法

ちなみに、免税店でブランド品を購入してもその場で免税されるわけではありません。その場でいったん税金を支払って、あとで一定の手続きをすることで支払った税金が還付される仕組みになっています。

最後に免税の手続き方法を解説しておきます。

出国時の現地手続き

出国前に現地の税関で、購入時にもらったリファンドチェック(免税書類)に承認スタンプを押してもらいましょう。

その際は、買った商品とレシート、パスポートを提示する必要があります。

商品は未開封

ちなみに、出国時点で商品が開封済みだと承認スタンプがもらえません。なぜなら、免税は購入した国の外で商品を使用することを前提としているからです。出国前に開封してしまうと「国内で使用した」とみなされ消費税などの支払い義務が発生してしまいます。

絶対に開封しないでください。

返還される税金の受け取り方

返ってくる税金の受け取り方には3種類あります。

現地の空港で払い戻し

1つ目は、現地の空港で現地通貨で払い戻してもらう方法です。その際、承認スタンプが押されたリファンドチェックを提示する必要があります。

日本の空港で払い戻し

2つ目は、日本に帰ってきてから空港で日本円で払い戻してもらう方法です。これが一番おすすめです。

クレジット口座に払い戻し

3つ目は、必要書類を郵送して、小切手かクレジット口座に払い戻してもらう方法です。

海外ブランド品は現地で買う方が安い

海外ブランド品は現地で買った方が安いです。免税されるだけでなく商品価格自体が安いことが多いからです。旅行に行く際はぜひブランド品を購入してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!