物販

BUYMA初心者が副業で稼ぐ方法を徹底解説

副業がブームになっています。副業といってもさまざまな職種がありますが、その中でも初心者向けで即金性のあるものとして人気なのが、転売です。

転売とはつまり、安く仕入れて高く売ることです。そのためには仕入れ先を開拓することと、販路を決めることの二つが重要になりますが、現代の転売における販路とは、ネット販売を指すことが多いです。
実店舗を持つことに比べると、遥かに手軽に、かつコストをかけずに運営することができるからです。

本記事では、転売販路の中でも密かにオススメな、BUYMAというファッション専門のプラットフォームについて、解説していきます

BUYMA(バイマ)とは

BUYMAとは、世界各地にいる出品者たちが、こぞって人気ブランド商品を販売するプラットフォームです。出品者は「パーソナルショッパー」と呼ばれ、2019年7月末時点で世界156カ国に約13.5万人が存在しています。

アパレル商品をメインで扱う海外通販サイト

主な商品はアパレルで、これがBUYMAの大きな特徴となっています。海外ブランドの取り扱い数は6,000を超えており、日本にいながら海外ブランドを現地価格で購入することができます。また、日本に入ってきていない商品も手に入れることができるのも魅力となっています。

BUYMAの副業で稼げる仕組み

そのようなBUYMAで、どのようにして副業を展開していくのでしょうか。本当に稼げるのでしょうか。ここでは、BUYMAを利用して具体的にどのように利益を上げていくのか、について解説していきます。

販売価格と仕入れ価格の差額が利益になる

日本に住んでいるパーソナルショッパーは、どのようにして利益を得ているのでしょうか。その仕組みは、転売ビジネスを少しでも知っている人であれば簡単にわかります。

要するに、販売価格と仕入れ価格にある程度以上の差があり、そこが利益になるのです。ブランド品は日本では特に高い値段をつけられることが多いため、海外で仕入れた額とは常に大きな価格差が存在するわけです。

海外から商品を輸入して、日本で売るというシンプルな流れですが、このとき日本の定価より少し安く販売することで、購入者にとってもメリットが生まれます。こういった価格設定の調節などで顧客を惹きつけ、売上を伸ばしていくのが、BUYMAにおける転売ビジネスの定石となっています。

日本未入荷品や、国内完売品がある

ブランド商品のすべてが日本に正規に入ってくるわけではありません。海外では人気なのに、日本にはなぜか上陸しない商品というのも、世の中にはたくさんあります。また、日本ではとっくに完売してしまったものが、海外ではまだ普通に売られている、ということも多々あります。

そういったものが欲しければ、海外から直接購入すればよいわけです。安い価格で入手できます。

そのことは多くの人が知っていることなのですが、現実問題として、海外から商品を個人輸入することに不安を感じている場合も多く、実践している人はあまりいません。言葉の壁や、商品がきちんと届くのかといったことが、主な理由です。ここにビジネスチャンスがあるわけです。

アパレル市場はとても大きい

BUYMAには2019年時点で13.5万人のパーソナルショッパーがおり、日本語で発信している人も多いですが、飽和する様子は今のところありません。季節や流行によって次々と新商品が現れ、新陳代謝を繰り返しているため、需要が尽きることがないからです。

アパレル市場はとても大きく、そして流動的です。この性質が、ビジネスをするにおいては大きなメリットとして機能しています。

BUYMAはまだ稼げるのか?

BUYMAは2005年にスタートしたプラットフォームで、歴史があります。それは信用という意味ではプラスに働きますが、新しく副業を始めようという場合には、一つの心配事に繋がります。「今でもまだ稼げるのか?」、ということです。

結論から言いますと、今でもじゅうぶんに稼ぐことが可能です。他のジャンルで転売をするより、稼げる再現性は高いかもしれません。もちろんビジネスなので、やるべきことはそれなりにありますが、きちんとコツコツこなしていけば、利益を出せる可能性はかなり高いといえます。

ここでは、その理由について具体的に解説していきます。

集客をする必要がない

BUYMAでは、集客に努力を向ける必要があまりありません。プラットフォームであるBUYMA自体が集客をしてくれるからです。

このあたりはAmazonや楽天と同じです。あなたのショップを登録して運営を始めれば、プラットフォームがあなたの代わりに宣伝をしてくれます。販売手数料は引かれますが、それだけです。

しかもBUYMAの場合、出品をすると自動的に世界展開をすることになるので、海外からも問い合わせや注文が入ってきます。ここが大きな特徴であり、海外の購買層に向けて、日本にしかない商品を出品するといった展開も可能になるのです。

そのうえ、今出品すべきオススメの商品をBUYMAが教えてくれることもあり、さらにはクレーム処理も担当してくれるサービスがついています。集客の手間をかなり省くことができるという点で、BUYMAはとても使い勝手がよいのです。

特異なコンセプト

BUYMAはいわゆるECサイトの中でも、かなり特異な性質を持っています。顧客が注文をしてから、パーソナルショッパーが商品を探してくるという「無在庫転売」のかたちを採ることができるのです。

この形式において、パーソナルショッパーは出品者というよりは、お客様の代わりに世界中から商品を探してくる役職、のようなニュアンスになります。お客様一人ひとりの、買い付け担当になるようなイメージです。

パーソナルショッパーが開拓している仕入れ先次第では、簡単には手に入れることのできない商品も販売することができます。そうすれば、そのパーソナルショッパーの人気は上昇し、着実に利益に繋がっていくわけです。

このような販売方法を正式に承認しているプラットフォームはBUYMAだけなので、BUYMAでしか買い物をしないという顧客も多いのです。その点は、BUYMAでビジネスを展開するうえでの大きな強みとなっています。

購入者に富裕層が多い

BUYMAで扱われる商品はピンからキリまであります。安いものなら数百円ですが、高ければ数百万円という商品も当たり前のように売られています。しかし、そういった商品でも売れ残ることはあまりなく、きちんと売れていくのです。

これが意味しているのは、BUYMAでブランド品を購入する顧客には富裕層が多い、ということです。彼らは商品に価値さえ見出したのであれば、お金に糸目をつけない傾向にあります。

このような状況は、商品のラインナップを決める際の自由度に繋がります。「この商品は魅力的だが、高いから売れないのではないか」といった不安をあまり感じることなく、大胆にラインナップを作ることができるのは、ショップの運営側にとっては大きなメリットです。

本当のライバルは少ない

ここまで紹介してきたように、BUYMAは初心者向けのさまざまな利点を備えたプラットフォームです。それゆえに新規参入者も多く、一見するとこのことは競争の激化に繋がりそうなイメージがありますが、実のところはあまりそうなっていません。基本的な知識を備えていない新規参入者が非常に多く、そのほとんどは稼げずに脱落してしまうからです。

プラットフォームごとに「ライバルの質」には違いがあります。たとえばAmazonなどは、近年出品者のレベルが向上しており、生半可なスキルではビジネスを存続させるのが難しくなってしまいました。

しかし、今のところBUYMAにはそのような傾向はありません。あなたがしっかりと勉強したうえで挑むのであれば、ライバルの数に怯む必要はありません。地道な努力を積み重ねることで、高い確率で利益を上げ、資金を増やしていくことができるでしょう。

BUYMAで売れているブランド

BUYMAでは、現在よく売れているブランドを上位100位まで見ることができます。このランキングを参考にすれば、初心者であっても仕入れるべきブランドについて迷うことはありません。

最初は独自性を出すよりも、このようなデータを参考にして「すでに生まれている流れに便乗する」のが確実なやり方です。このランキングの中から、価格帯別に主だったブランドをいくつか紹介していきます。

ハイブランド(高価格帯)

ハイブランドとは、Louis Viton、GUCCI、CHANEL、HERMES、PRADAといった、誰もが知っている超一流のブランドのことです。BUYMAにおいても、ブランド別の売上ランキングの目立つところに常に位置しています。1個あたりの価格が大きいわけですから、当たり前の結果ではあります。

ただし仕入れ価格も高いので、利益率まで高いかというと、そうでもありません。輸入手続も手間がかかる場合があるので、BUYMA初心者はあまり手を出さないほうがよいでしょう。

ミドルブランド(中価格帯)

LOEWE,COACH、Ralph Laurenといったミドルブランドの商品も、BUYMAでは安定して売れています。これらの商品も、直営店などから仕入れようとすると、それなりにハードルが高くなります。

初心者がいきなり手を出すのは厳しいでしょう。ある程度の経験を積み、資金を増やしてから臨むことをオススメします。

ファストファッション(低価格帯)

ファストファッションとは、ZARA、Victoria’s Secret、UGGといったブランドのことです。単価が低く、商品1個あたりの利益額は小さいですが、販売数が多いので、BUYMAでの売上は比較的安定しています。まとまった数の商品を取り扱うことで、それなりの収益を上げることはじゅうぶんに可能となっているので、BUYMA初心者にはオススメの価格帯であると言えます。

ファストファッションの特徴として、芸能人やネットのインフルエンサーのふとした発言から急に流行するものがある、という点が挙げられます。そのような商品に運良く当たることができたら、大きく稼ぐことも可能です。その意味でも、面白い価格帯ではないでしょうか。

ストリートブランド

SupremeやHUFといったストリートブランドは、ファストファッションと同様、BUYMAではよく売れているジャンルの商品です。実店舗の充実したブランドも多いですが、それぞれの本国には日本では手に入らない商品も数多くあり、そのような品物を扱えば、コアなファンから強い支持を得ることも可能となります。

また、日本で販売している商品であっても、並行輸入することによって、正規販売代理店よりも安く販売することができます。そうなればあなたのショップの強みになります。

スポーツブランド

Adidas、New Balance、Nikeといったスポーツブランドも人気です。日本では入手できないスポーツシューズやスニーカーは、とくによく売れる傾向にあります。日本で品切れを起こした商品を輸入することで、大きく稼ぐことができる場合も多いです。

BUYMAで副業をするリアル

BUYMAで海外商品を転売して利益を得る仕事とは、具体的にどのように行うものなのでしょうか。

人気ショッパーを参考にする

利益を上げるためにいちばん大切なのはもちろん「売れる商品を出品すること」です。そのために初心者が行うべきなのが、人気のパーソナルショッパーを参考にすることです。

BUYMAでは他のパーソナルショッパーの販売情報もすべてチェックすることができるので、彼らが実際にどんな商品をどのくらい売ったのかはすべて把握することができます。
それを真似てラインナップを作るのです。

人真似というと聞こえは悪いですが、このような作業を繰り返していくことで、だんだんと目利きになってきます。どの時期にどんなものが売れるのか、あるブランドの中でも何が売れやすくて何がそうでないのか、といったことが、真似しているうちに自分自身の判断でわかってくるようになります。

オリジナリティというと聞こえはよいですが、経験を積んでいないうちから自分の感覚だけでやっても、物事はなかなか上手く行きません。

まずは成功している他者から学び、それをそのまま実践してみましょう。そうしているうちに力がついてきて、自力でも結果が出せるようになっていくのです。

BUYMAは一種の資格

BUYMAで商品を販売することを、一種の資格として捉えてみるのはどうでしょうか。好きな時間に作業ができて、やり方さえ身につければ最低限それで生活していくことができるという意味では、強力な資格のようにみることもできます。

もちろん、勉強と改善を常に欠かさないことが重要になってきますので、決して楽に稼げるわけではありません。しかし軌道に乗せることができれば安定的な収入が入ってくるので、努力を積み重ねるだけの価値はじゅうぶんにあると言えるでしょう。

BUYMAで副業をするメリット

ここで改めて、BUYMAで副業するメリットをまとめてみましょう。

リスクが少ない

BUYMAは無在庫転売を公式に認めている唯一のプラットフォームです。これはとくに、初心者には大きなメリットとして働きます。また、注文を受けた商品の在庫がなければ、取引をキャンセルしてもよいという決まりもあるので、リスクが非常に少ないです。もちろん、あまりにも取引のキャンセルが多いと、あなたのショップの評価が下がり、信用度が低くなってしまいますが、規約違反にならないというのは強みであると言えるでしょう。

利益率が高い

BUYMAの商品は、利益率が高いです。平均すると20%ほど、高い商品だと50%に到達することもあります。日本では海外のブランド品は高く売られる傾向にあるため、仕入れ価格の安さに比べて高めの価格で販売することができるからです。この利益率の高さを利用して、あえて販売価格を低めに抑えることで、顧客を多く引きつけるというやり方も選べます。

売れているショッパーは少ない

パーソナルショッパーは、2019年7月の時点で、世界156ヶ国に13.5万人がいます。それだけの数のショッパーがいると、すでに飽和状態で、限られた利益の食い合いになってしまっているのではないかと心配する人も多いことでしょう。

しかし現実として、飽和状態にはなっていなく、ライバルもさほど多くありません。なぜなら、アパレルの世界はトレンドの移り変わりが激しく、売れる商品も売れるショッパーも、常に変化し続けているからです。13.5万人のすべてがライバル、というわけではないのです。

実際、きちんとした利益を上げているのは全体の一握りで、あとはほとんどビジネスとしては成立していません。その理由としては、以下のようなことが考えられます。

・あくまで副業という意識なので本気で取り組んでいない
・本業が忙しくなり、副業に使える時間が少なくなった
・他にもっと惹かれるビジネスを見つけ、そちらに注力するようになった

つまり、本気で取り組み続けることで、売れるショッパーの仲間入りをすることができる可能性はじゅうぶんにあるのです。

まとめ

BUYMAで副業をするメリットと、その詳細について解説しました。BUYMAは初心者にもわかりやすいプラットフォームで、比較的楽に参入することができ、また成功の可能性も用意されています。正しい積み重ねをしていくことで、本業以上の利益を上げるショッパーに成長することも夢ではありません。

BUYMAでの副業にチャンレジしてみる価値はかなりあると言えるでしょう。本記事を参考に、ぜひ稼げる副業としてのBUYMAを試してみてください。