物販

BUYMAで偽物を出品してしまわないために。仕入れ先の正しい見極め方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは「BUYMA(バイマ)」というサイトをご存知ですか?

このサイトを利用して商品を販売したり購入したりした方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、出品者がBUYMAで偽物を販売してしまった場合のペナルティや購入者が偽物を見極めるポイントについて解説していきます。

BUYMAについての基本知識

BUYMAをご存じない方もいらっしゃるかと思うので、まずはBUYMAについての基本知識を紹介させていただきます。

BUYMAとは

BUYMAは、日本にいながら世界中のブランド、アパレル関連の商品を購入できるソーシャルショッピングサイトで、日本未入荷の商品や、海外限定モデルの商品も購入することができます。

パーソナルショッパーと呼ばれる購買者が買い付けた海外のブランド品などを、このサイトを通じて購入者と売買できるシステムになっています。

BUYMAを選ぶ理由

ヤフオクやメルカリなど個人同士で売買ができるサイトやアプリは他にもありますが、BUYMAの特徴は、取扱商品を新品のブランド品と新品アパレル関連品のみに限定しているところです。

また、ノーリスクでかなり稼げること、ネット環境さえあれば誰でもすぐに始められる点も魅力です。

BUYMA商品は本物か偽物か

BUYMAでは海外で直接買い付けたブランド品を販売しているので、BUYMAに偽物の商品が出品されているとは考えにくいですが、偽物の疑いがある場合は、BUYMAに鑑定を依頼することもできます。鑑定については後の項で詳しく解説します。

偽物を販売しているかどうか見極めるポイント

パーソナルショッパーが、自分が仕入れた商品が偽物であるにもかかわらずそれを知らずに販売した場合、禁止事項違反を理由にアカウント停止に追い込まれるだけでなく、自分を信頼して商品を買ってくれた購入者を裏切ってしまうことにもなってしまいます。

そうならないためにも、仕入れ先のサイトが偽物を販売していないかしっかりと見極めましょう。

ブランドの公式価格より安すぎないかチェックする

ブランドの公式サイトよりも価格が安すぎる場合は要注意です。

公式価格と比べて格段に安い値段でブランド品を購入できることは通常ありえないことなので、このようなサイトからの購入は避けるようにしましょう。

自分が購入したい商品の正規価格・型番・仕様を事前にチェック

BUYMAでは基本的に国内の参考価格よりも安く購入できることが多いです。

その理由として、現地価格に最低限の手数料や利益のみを上乗せしただけで販売している、クーポンなどを利用して安く買付けをしている、大量購入などで割引きを受けて買付けをしている、などが挙げられます。

事前に販売者に安く販売している理由を問い合わせ、回答を濁された場合は出品者が偽物を販売しているおそれがあるので、購入者は購入を再検討した方が良いでしょう。

買付け先・仕入れルートのチェック

BUYMAでは正規品であると証明出来ない商品の買い付けは禁止されています。

この規約を見ると正規品以外の出品は認められていないように思われますが、原則として「日本国内で流通している正規品と同程度の品質・仕様」という記載があるように、直営店や正規代理店から購入されていない商品が販売されている場合もあります。

そのような商品を正規品とは別に並行輸入品と呼称します。

正規品が海外のメーカーやブランドの直営店・正規代理店から買い付けているのに対して、並行輸入品は海外の小売店・販売店から買い付けているため、正規品に比べて安く手に入れることができます。

ショップについての確認事項

この項目では、パーソナルショッパーが現地のショップで商品を購入する前に確認しておくべき事項についてまとめておきます。

ショップをAlexaでチェックする

まずは、Alexaというデータ調査サイトで購入を検討しているサイトのアクセスランキングをチェックしておきましょう。

購入を検討しているサイトのアクセスランキングを確認することで、そのサイトが安心できるかどうかの判断材料にすることができます。

ショップのレビューをチェックする

誰しも一度は「○○ 評判」といったキーワードで検索して物やお店の評判を確認したことがあるかと思います。

海外のサイトも同様に、「(現地の)ショップ名  review」といったキーワードで検索を行って実際に商品を購入した人の生の声をチェックするようにしましょう。

ショップの運営会社の概要を確認する

運営会社のサイトに会社の住所や電話番号がしっかり記載されているかどうかも確認しましょう。住所や電話番号が曖昧に記載されている会社はダミー会社のおそれがあります。

また、記載されているメールアドレスがフリーアドレスであった場合は注意が必要です。フリーメールが素性を隠すための方便として使われている可能性があるからです。

その他の注意事項

この項目では、他にもパーソナルショッパーが注意しておくと安心な事項について解説していきます。

URLにブランド名+SALEなどの記載があるサイト

URLにsaleやoutletなどの単語が入っているサイトは偽サイトの危険性が高いです。

これと同じようにサイトのどこかにfakeやreplicaなどの文字が記載されているサイトは偽物を取り扱っている可能性が高いため避けた方が良いでしょう。

決済方法が極端に偏っているサイトは要注意

決済方法が銀行振込しかないなど、極端に少ないサイトは偽サイトと疑った方が賢明です。

通常、ブランド公式店舗やセレクトショップなどの決済方法はクレジットカードやペイパルを利用できることがほとんどです。

決済方法の選択肢の数もチェックポイントです。

必要な時は買付けた際のレシートを同封してもらう

買い付け先のプロフィールがサイトに記載されていても、詳細が不明なため心配になるパーソナルショッパーの方もいらっしゃるかと思います。

そういう場合は買い付け時のレシートの発行を依頼してみましょう。現地の実店舗で購入した場合はもちろん、オンラインで購入した場合でもギフト用レシートの発行をお願いできるときがあります。

気になるところがある場合は、積極的に現地店舗の担当者に問い合わせてみましょう。

偽物を購入したとしても返金してもらえるBUYMA鑑定サービスとは

BUYMA商品は本物か偽物かの項目でも紹介したBUYMA鑑定サービス

ここからは、BUYMA鑑定サービスについて解説していきます。

BUYMAで偽物の販売が少ないのは本当なのか

先述した通り、BUYMAの運営者が厳格なチェックを行っているため、BUYMAで偽物が販売られている可能性は低いです。

BUYMA事務局のランダムチェック

BUYMAでは商品を販売している出品者にランダムでメールを送ることがあります。

そこには出品している商品の仕入れ先か購入証明書を提出することを促す内容が記載されており、これを怠ると最悪の場合アカウント停止になる可能性もあるので、パーソナルショッパーの方は期限内に提出しましょう。

BUYMA鑑定サービスとは

BUYMA鑑定サービスは、BUYMAがブランド品鑑定会社「イーレディー株式会社」と提携して提供しているサービスです。

この鑑定専門のIACC会員企業が本物と保証してくれるため、安心してBUYMAで買うことができます。

また、購入者がBUYMA鑑定サービスを依頼すると、出品者にも通知が届くシステムとなっています。

BUYMA鑑定サービスの実態について

前項で紹介したBUYMA鑑定サービスは、購入者にとっては安心できるサービスです。

しかし、出品者からすれば正規店で購入した商品であるにもかかわらず鑑定依頼に出されると、ちょっと厄介な部分もあります。

この項目では、そんなBUYMA鑑定サービスの詳細な流れと実態について出品者の目線から解説していきたいと思います。

BUYMA鑑定サービスを受けられるブランドは限定されている

BUYMA鑑定サービスを受けられるブランドはこのページに表記されているブランドに限られています。

このブランド一覧に掲載されているブランド以外は、サービス対象外として鑑定依頼されることはありません。

BUYMA鑑定サービスは本物か偽物かを判断するサービスではない

実はこの鑑定サービスは真贋判定を下すためのサービスではありません。

そのため、商品のロゴの金具が少しズレているだけであっても、確実に本物だという確証がないかぎりアウトとジャッジされてしまいます。

BUYMA鑑定サービスに依頼された商品のほとんどが偽物と判断されてしまううえ、BUYMA側にどのような基準でその判断が下されたのか問い合わせても、その理由は教えてもらえません。

BUYMA鑑定サービスでアウトと判断されたら

BUYMA鑑定サービスでアウトと判断された商品を販売していた出品者は、ほとんどのケースで、正規のルートで購入したものかどうか確認するために購入時のレシートの提示をBUYMAから請求されます。レシートや納品書がない場合は、購入時の画面のスクリーンショットなど、正規のルートで購入したことを証明できるものを用意しましょう。

ここでBUYMAが禁止しているショップのレシートを提示したら、当然ながらアカウント停止かそれ相応の処分が下されます。また、期間中にレシートもしくは正規のルートで購入したという証拠を提示できなかった場合も同様の処置が下されます。

BUYMAでの偽物の購入や出品に関してのまとめ

この記事ではBUYMAで偽物を仕入れ、出品してしまった場合の事例を解説してきました。

あなたがBUYMAで商品を購入する側であれば、購入の際にもしかして偽物かも?と思っても、すぐにBUYMA鑑定サービスに依頼するのは控えましょう。というのも、BUYMA鑑定サービスに出されたブランドやブランドに関連するカテゴリの商品がBUYMAで出品できなくなる場合があるからです。

不明瞭な点があるときは、BUYMA鑑定サービスに依頼する前に直接出品者に問い合わせるようにしましょう。

あなたが出品する側であれば、自分のアカウントが停止に追い込まれないように、また、購入者を不安にさせないように販売している商品の情報をしっかり説明するように努めましょう。

発送通知を送る際に、「商品の品質に気になる点がございましたら遠慮なくご連絡ください」といった旨のメッセージを添えておくのが効果的かと思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る