物販

PayPal・LINE Pay・楽天Pay、それそれの特徴やメリット・デメリットを解説

この記事では、キャッシュレス決済によく使われるPay系サービスについて詳しく解説していきます。キャッシュレス決済と言えば、昔から存在するPaypalなどのサービスがありますが、現在ではスマートフォンの普及に伴い、○○Payと呼ばれるサービスが増加傾向にあります。当記事を読んで複雑化するPay系サービスのシステムをよく理解し、今後の消費活動に役立ててください。

スマホ決済とは?

まずは、スマホ決済とは何なのか?ということについて解説していきます。スマホ決済には大きく分けて「前払い」と「後払い」の2種類があります。

「前払い」とは、銀行口座をアプリに紐づけ、事前にチャージしておくことで支払いを可能にする方法です。「後払い」とは、クレジットカードをアプリに紐づけ、毎月のカードの請求と一緒にスマホ決済分も支払う方法です。どちらの方法も、圧倒的に手軽で便利なサービスです。

日本政府は、キャッシュレス決済の推進に積極的

そんな便利なキャッシュレス決済ですが、日本では未だに現金で買い物をする人が多いです。日本の現金決済の割合は全体の20%前後となっています。一昔前に比べるとキャッシュレス派が増えてきてはいますが、まだまだ遅れている印象です。

一方で、「キャッシュレス決済の先進国」として有名なスウェーデンでは、国内での決済全体に占める現金決済の割合がわずか1%です。キャッシュレス決済の手段は、クレジットカードがメインです。最近では、若年層を中心にコード決済も日常的に利用されています。

日本政府は「キャッシュレス決済」の推進に積極的になっています。経済産業省は、国内での決済全体に占める「キャッシュレス決済」の比率を、2025年までに40%まで拡大させることを目標としています。

中でも「コード決済」には力を入れるようです。「QRコード」を使った決済基盤を提供する事業者に、補助金を供与するといったことも推進活動の1つです。

スマホ決済の方法は主に2つ

スマホ決済のシステムには、「前払い」と「後払い」の2種類がありました。実際に決済するときの方法としても以下の2種類があります。

1.非接触IC決済
2.QRコード決済

1.非接触IC決済

非接触IC決済とは、簡単に言うと「おサイフケータイ」型の支払い方法です。レジ横にあるIC決済用の機械にスマホをかざすだけで自動的にチャージ金額から引き落とされます。

PASMOやSuicaなどの交通系カードもほとんどがこの方法です。難しい操作はいっさい必要ないので、誰でも簡単に決済することができます。

2.QRコード決済

QRコード決済には以下の2つの方法があります。

1.店に置かれたQRコードをスマホで読み込む
2.スマホ決済サービスで発行されたQRコードを店に読み取ってもらう

どちらの場合もアプリの指示通りに進めれば問題なく決済できます。事前に2つのパターンがあることを知っておけば、レジで困ることはありません。

スマホ決済のメリットと個人間送金について

次に、スマホ決済のメリットと個人間送金について解説します。まず、スマホ決済のメリットは、いつでもどこでもチャージができる点です。さらに、チャージした金額も場所や時間を問わず銀行口座に戻すことができます。

チャージの場所に制限があり、払い戻しも難しいプリペイドカードに比べ、場所や時間の制限がないスマホ決済は非常に便利です。さらに、アプリによっては友人にチャージ金額から送金することもできます。わざわざATMから送金する手間を省くことができるのです。

Pay系の送金システム

次に、個人間送金についてです。個人間送金とは、文字通り個人同士で金銭を送ることです。現金を直接受け渡しする場合を除けば、銀行口座を使った送金が一般的ですね。しかし、この送金には既定の手数料がかかるため、普段から利用する人は少ないでしょう。

日本では、銀行法上「為替取引」は銀行が行なうものとされていましたが、以前に銀行法の改正と資金決済法の制定、改正が行なわれました。

これによって資金決済法では前払式支払手段発行業と資金移動業がそれぞれ設けられることになりました。

前払式支払手段発行業とは、商品券やプリペイドカードなどの発行を行なう業者のことです。いわゆるカード型の電子マネーはこちらに位置づけられることになります。

一方で、資金移動業は昨今のPay系サービスの中心です。100万円までの少額取引に限定されてしまいますが、銀行法上の為替取引と同等の取引が可能になります。

楽天やPayPal、LINE Pay、メルペイなどの企業はこの資金移動業に登録されているため、これらの各サービスでは個人間送金が可能になるわけです。

Pay系サービス普及のきっかけとなった個人間送金

この個人間送金は、中国でのPay系サービス普及のきっかけとなりました。中国の正月である春節では、日本のようにお年玉の文化があります。その際に現金ではなく、WeChat Payで送るキャンペーンを実施したところ、送金をきっかけとして利用者が拡大したのです。

日本の現状について

それに対して、日本では個人同士で現金をやりとりするシーンが多いです。お年玉はもちろんのこと、ランチや飲み会で割り勘をする場合にも現金がよく使われます。

これまでも、日本では個人間送金サービスがなかったわけではありません。しかし、銀行振込は送金手数料が必要ですし、送金の無料サービスがあっても出金で手数料が必要になります。なので、どちらかが損をすることになってしまうわけです。

個人間送金をサポートしているサービスは多いですが、銀行口座への出金をサポートしていないサービスもあります。そうしたサービスでも支払いに使える場所が増えていけば、今後現金に近い扱いになっていくでしょう。

ここからは、Pay系サービスの主流であるPayPal・LINE Pay・楽天Payについて詳しく解説していきます。

PayPalの概要

PayPalは、世界中で2億5000万人以上の利用ユーザーがいる世界規模の決済代行サービスです。アプリのダウンロード、アカウントの作成、支払い方法の登録を済ませることでサービスを利用できます。運営元は、サービス名と同じ「PayPal」というアメリカの会社です。

PayPalでできることとは?

PayPalでは、国内外の店舗やオンラインショッピング、Webサービスなどで支払いができます。対応している支払い方法としては以下の通りです。

【クレジットカードの場合】
・VISA
・MasterCard
・JCB
・American Express
・Discover
・Union Pay

【デビットカードの場合】
国際ブランドがついたもの

【銀行口座の場合】
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行

上記の内、いずれかのカード情報や口座情報を登録することで、支払いが行えるようになります。クレジットカードで支払いをした場合、各カードのポイントを貯めることもできるのでお得です。

商品を売った場合は、お金の受け取りを行うこともできます。相手から送金された金額は、自分のPayPalに「PayPal残高」として反映されます。

なお、PayPalのアカウントはメールアドレスによって紐付けられていmなす。なので、お金を受け取る際に、相手へ口座番号を伝える必要がなく、セキュリティ面でも安心できます。

PayPalのメリットとデメリット

【メリット】
PayPalで決済する場合は、クレジットカードを提示しなくて済みます。

支払い時にカードを提示することが危険なわけではありません。ですが、カードを提示しないことでより安心して買い物を楽しむことができます。

また、PayPalでは取引を365日24時間体制で監視しているため、万が一の場合でもすぐに対応してもらうことができます。

【デメリット】
・個人間送金不可
・為替手数料が高い
・個人間送金に対応していない

PayPalの最大のデメリットとしては、為替手数料が高い点です。PayPalの為替手数料は、クレジットカード会社のものより若干高めになっています。

PayPalに対応しているサービス

PayPalはネット上で展開するサービスに対応しています。例えば、ネットで動画を視聴するときもPayPalで支払うことができます。主な対応サービスとしては以下の通りです。

・DMM.com
・PlayStation
・facebook
・YouTube
・STEAM
・hulu
・NETFLIX
・YAMADA
・iHerb
・ローチケHMV
・LION
・ebay
・amiami

また、PayPalは世界中にある1800万以上の店舗で利用することができます。PayPalなら海外通販でも決済できるため、為替の変動を利用して安く購入することも可能です。

海外との取引、資金決済に優れている

PayPalはビジネス面、特に対海外でのお金の取引に重点を置いたサービスです。そのため、海外のアクティブユーザーが多く、海外の商品を購入したい方はPayPalが便利と言えるでしょう。

一方、国内で利用する場合は、利便性をそこまで感じることはできません。ECではクレジットカード決済が主流となっているため、わざわざPayPalで決済をする必要性を感じない人も多いです。

LINE Payの概要

LINE Payとは、実店舗での支払いや友達への送金が可能なサービスです。銀行口座やコンビニ経由で事前にチャージしておくことで、手元に現金がなくても金銭取引を行うことができます。

簡単に言えば、LINEが財布になるイメージです。スマホさえあれば、通話から情報検索、メッセージのやり取り、そして買い物もできるわけです。

LINE Payに対応している店舗は、コンビニや家電量販店、ECサイトなど多岐に渡るため、様々な場面で利用できます。LINEアプリ内の「ウォレット」で簡単な手続きとパスワード設定、銀行の登録を済ませることですぐに利用することができます。

LINE Payでできることとは?

LINE Payでは最初にお金をチャージする必要があります。LINE Payでのチャージ方法は以下の通りです。

・アカウントに登録した口座からチャージする
・セブン銀行ATMを使ってチャージする
・LINE Payカードを店舗のレジに提示してチャージする
・コンビニの決済端末かレジでチャージする
・残高が一定の金額を下回ったら銀行口座から自動的にチャージされるようにする

決済方法は以下の3通りです。

・LINE Payカードにチャージして支払う
・LINE Payアプリのコードをレジで提示して支払う
・ネットショッピングの支払い時にLINE Payを選択して支払う

LINE Payカードで決済する場合は、カードの発行が必要です。カードはLINE Payアプリで発行することができます。

また、LINE PayではLINEで繋がりがある人に対して送金することができます。送金する際は、相手の口座情報を知らなくても構いません。手数料も無料です。

他にも、LINE Payでできることは様々あります。

請求書支払い:公共料金や生命保険、税金などの各種請求書に対する支払いができる

家計簿アプリとの連携:お金の入出金などが管理できる家計簿アプリと連携できる

外貨両替:事前に必要事項を入力しておけば、空港や自宅、職場で外貨を受け取ることができる

マイカラー制度によるポイント還元:LINE Payのコード支払いを行うと、ランクに応じてLINEポイントが付与される

獲得したポイントは、1P=1円として利用することができ、LINE Payにチャージすることもできます。

LINE Payのメリットとデメリット

【メリット】
・登録やチャージ手数料が無料
・簡単に支払いできる
・友達との送金や割り勘ができる
・ポイントが貯まる

まず、LINE Payでは登録やチャージに手数料がかかりません。チャージするお金さえあればOKです。QRコードやバーコードを利用して簡単に決済を済ませることができます。

【デメリット】
・全ての店で利用できるわけではない
・本人確認が必要なサービスもある
・クレジットカードからはチャージできない

LINE Payは全ての店で利用できるわけではありません。また、送金などの一部サービスに関しては本人確認が必要です。クレジットカードからチャージできないという点もデメリットの1つです。

「LINE Pay」がおすすめな人

・よくLINEを利用する人
・友人とよく割り勘をする人
・キャンペーンが好きな人

LINEの利用ユーザーは多いため、割り勘機能などは非常に使いやすいでしょう。

楽天Payの概要

楽天Payとは、支払手数料がいっさいかからない決済サービスです。楽天の会員登録情報にクレジットカードを登録し、スマホに専用アプリをダウンロードすることで利用できます。

楽天PayではVISA・JCB・MasterCard・アメックス・ダイナースクラブ・Discoverなど、6つの国際ブランドを扱うことができます。ただ、店舗によってはクレジットカードが利用できない場合もありますので、ご注意ください。

楽天Payが使える店舗

楽天Payは、Pay系サービスの中でも古くから普及を目指していたため、多くの店舗で利用することができます。コンビニであれば以下の通りです。

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・セイコーマート
・ポプラ

「楽天Pay」に「楽天カード」を登録してお得に

楽天Payは基本的に後払い式です。そのため、事前にチャージする手間はかかりませんが、楽天会員となってクレジットカード情報を登録する必要があります。クレジットカードは、楽天系列のカードであればどの国際ブランドのものでも利用できます。

楽天Payで決済する場合は、アプリを立ち上げてコードを読み取ってもらいます。この際、楽天Payに登録しているクレジットカードから支払元となるカードを選択することで、そのカードから支払代金が引き落とされる仕組みです。

楽天Payで決済すれば、クレジットカードで決済した際に付与されるポイントに加え、還元率0.5%相当の楽天スーパーポイントが付与されます。

例えば、楽天Payに楽天カードを登録した場合、楽天カードの還元率1%に加え、0.5%分の楽天スーパーポイントが付与されるイメージです。この場合、最終的な還元率は1.5%になります。

楽天ユーザーなら期間限定ポイントの消化もできる

楽天Payで支払う際は、楽天市場などで貯めた楽天スーパーポイントを充当することもできます。充当できるポイントは期間限定ポイントも対象となるため、楽天ユーザーのポイント消化にうってつけです。

楽天Payのデメリットとしては、まだ利用できる店舗が限定される点です。とはいえ、利用できる店舗は急速に拡大しているため、今後もますます利便性は向上していくでしょう。

「楽天Pay」がオススメな人

・楽天カードをメインで使っている人
・楽天IDを持っている人
・楽天市場でよく利用する人

楽天スーパーポイントは、もはや現金と同様の価値を持ちつつあります。あらゆるサービスを楽天系のサービスに切り替えることで、お得に買い物をすることができます。

まとめ

今回は、キャッシュレス決済によく使われるPay系サービスについて解説してきました。当記事で紹介したサービスを利用する際は、是非参考にしてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。