物販

中国輸入で転売デビューを目指そう!やり方や注意点を解説!

中国輸入を活用した転売事業は、誰でも少額から利益を上げることのできるビジネスモデルと言えます。しかし、現実には参入しても思うように利益を上げられず、途中であきらめてしまう人も少なくありません。

中国輸入ビジネスで成功するためには、ビジネス全体の流れや注意点を把握していることが絶対条件です。いつ何をして、どんな商品を取り扱うのかといったセオリーが分かっていなければ稼ぐことはできません。

今回は、中国輸入で転売を行うためのプロセスや注意点について紹介していきます。これから中国輸入ビジネスを始める人はもちろん、思うように成果を上げられない人もぜひ目を通してください。

中国輸入における転売商品の仕入れ先

転売をするための商品は、主に中国のECサイトで仕入れを行います。いくつか種類があるので、順番に解説していきます。

淘宝(タオバオ)

淘宝(タオバオ)は中国ECサイトの中でも最大手であり、ありとあらゆる商品が販売されています。単純に市場規模が大きいので、特にこだわりがないならまずはこのサイトで仕入れる商品を探してみましょう。

Amazonなどと同様、企業が消費者に商品を販売するBtoCの形式をとっているため、膨大な数のショップから買い物ができます。類似商品を扱っているショップも多いので、商品ごとの比較をする際にもいい練習になるでしょう。1点からの注文も可能なので、まずは少量の注文から試してみてください。

阿里巴巴(アリババ)

阿里巴巴(アリババ)は、中国の大手卸売りサイトです。タオバオとの大きな違いは、企業向けのBtoBの取引がメインになっている点です。

企業向けの商品や価格が安いため、仕入れにかかる費用を抑えることができます。その分まとめ買いが求められることもあるので、ある程度中国輸入に慣れてきて、大量に商品を仕入れたいと思った時に利用を検討してみましょう。

阿里快递(アリエクスプレス)

阿里快递(アリエクスプレス)では、他のECサイトよりも小口での購入が可能です。費用は多少割高になりますが、初心者で大量に仕入れたくない人にはおすすめです。

また、英語や日本語のサイトもあり、中国語が不慣れな人でも安心して利用できるのは大きなメリットです。ただし日本語は多少ニュアンスが違う場合もあるので、参考程度にとどめて間違えないよう気を付けてください。

天猫(テンマオ)

天猫(テンマオ)は、現在最もにぎわっている中国ECサイトです。BtoCの形態で販売を行っており、商品の品質が高いことが大きな特徴になっています。

当然値は張りますが、偽物も多い中国市場で安全に高額商品が購入できるのは無視できないメリットです。高品質の商品を仕入れたい時に、テンマオは特におすすめと言えるでしょう。

初心者におすすめなのはタオバオ・アリババ

中国輸入ビジネスを始めたばかりの初心者には、商品数の多いタオバオか、価格の安いアリババをおすすめします。どちらも使いやすさ・安全性ともに高く、最初の仕入れ先にするにはうってつけです。

慣れてきたら、テンマオなどで高額商品の仕入れを行っていくのもありです。まずはタオバオかアリババで中国輸入ビジネスの基礎を学んでいきましょう。

商品の仕入れと販売のタイミング

中国は日本と異なる部分が多々あるため、注文の際はタイミングを考える必要があります。でないと商品の発注が遅れたり、納品までに時間がかかったりする可能性が高いからです。

続いては、中国で仕入れるタイミング及び日本で転売するタイミングについて解説します。タイミングを覚え、効率的に商品を仕入れていきましょう。

仕入れは春節前に行う

中国には、春節(旧正月)という1週間前後の大型連休があります。この時期は多くの仕事がストップするため、最大で1か月程度、中国国内での物流が滞ってしまうのです。

そのため、この時期に仕入れを行っても到着はかなり後になってしまいます。春節は大体2月の上旬にあるため、仕入れたい商品がある場合はそれまでに済ませておきましょう。

春節以外の連休も要注意

中国には春節以外にも連休があり、そのたびに何度も物流が滞ります。主要な連休は事前に把握しておき、仕入れ時期が被らないように気を付けましょう。

主な連休と時期は以下の通りです。

  • 清明節(4月上旬)
  • 労働節(5月1日)
  • 端午節(5月5日ごろ)
  • 中秋節(8月15日ごろ)
  • 国慶節(10月1日)

日本での転売におすすめの時期はクリスマス

仕入れた商品を転売するタイミングについては、皆が浮かれている時期がおすすめです。つまり、クリスマスが最も売上を伸ばすことができます。

パーティやコスプレグッズ、プレゼントなど、クリスマスパーティーで使われるような商品がよく売れます。売れ行きが伸びそうな商品は事前に多く仕入れておくことで、大きく売上を伸ばすことのできる時期と言えるでしょう。

ハロウィンも販売時期にはおすすめ

同様の理由で、コスプレやパーティグッズの需要が増えるハロウィンも、販売のチャンスです。1年のうち、この時期だけはコスプレをするという人も多いので、それらの道具を安価で仕入れておけば高い利益を出すことができるでしょう。

皆の購買意欲が高くなる時期を狙って適切な商品を販売することで、普段より高い売上を出すことができます。最初は難しいですが、ぜひ挑戦してみてください。

中国輸入で儲けを出しやすい商材

いざ中国輸入ビジネスを始めようと思った時に、品ぞろえがあまりに多すぎて何を仕入れたらいいか分からないという人も多いでしょう。選択肢が多いのはいいことですが、初心者にとっては悩む原因にもなってしまいます。

そこでこの項目では、中国輸入におすすめの商材について紹介していきます。何を仕入れるか迷っている人は参考にしてください。

アパレル、ファッション系

アパレル、ファッション系の商材は利益率が高いので、初心者にもおすすめできます。利益率が高い理由は、そもそもの商品単価が安いので仕入れ価格を抑えることができるからです。

また、商品も小さくかさばらないので送料を抑えられたり、日用品なので購入ペースが早かったりと回転率の良さも特徴と言えます。

例えば、以下の商品の販売価格に注目してください。

これを中国から仕入れようと思うと、仕入れ価格は以下の通りになります。

ここから各種手数料が引かれたとしても、大きな利益を上げられることが分かるでしょう。回転率も高いので、定期的な収入が見込めます。

また、コスプレグッズなど季節性があるものは、前述したタイミングで販売を行えば大きな利益を上げることができます。在庫の管理も楽なので、とっつきやすい商材と言えるでしょう。

生活用品

生活用品は日常生活の中で定期的に消費されていくので、高い回転率を見込めます。回転率の高い商品には低価格の商品が求められることも多いので、中国から安価で仕入れることができれば、定期的に一定の利益を上げることができるのです。

生活用品は品ぞろえが豊富で、様々なニーズに対応することができます。中にはこのように、日本ではなかなかお目にかかれない商品もあるので、購入者の目を引く目的で少し仕入れてみるのも効果的です。

ちなみに仕入れ額も以下のように安価なので、多少色物を仕入れたとしてもコストを抑えられます。

中国市場にはこのような商品も多々あり、普通の商品とうまく組み合わせることで、さらに売上を伸ばすこともできます。この辺りはリサーチ力が求められますが、初心者はやりながら覚えていけば大丈夫です。

スマートフォン、タブレット用の備品

現在は誰もがスマートフォンやタブレットを持っている時代なので、それらの周辺機器は常に高い需要が見込めます。これらは利用頻度に比例して消耗率も高く、定期的に新商品も発売されるので、長期にわたって利益を上げられるのが特徴です。

例えばスマホケースは、Amazonで購入しようとするとこの程度の料金がかかります。

しかしこの商品を中国で仕入れる場合、何とこれほどの安さで仕入れることができるのです。

新商品やトレンド商品が出た時に、先んじてこれらの周辺機器を安価で仕入れておくことで大きな利益を狙えます。また、流行を追う力を鍛えられるため、初心者の練習にはちょうどいいと言えるでしょう。

車の備品

車用品も需要が高く、安定した利益を生んでくれます。個人での利用はもちろん、仕事で車を使う人もたくさんおり、そこそこの利益率で総合的に高い回転率があるのが特徴です。

例えば、車用品でよく使われるシガーソケットにUSBの充電を行う機器でこういった商品があります。

これも中国市場で仕入れることで、これほどの安価で購入できるのです。

車用品は車を使っていない人には分かりにくく、少し勉強が必要な商材ではあります。しかし実用性が高く需要が見込める商品が多いので、他店や市場動向を参考にしながら、少しずつ覚えていきましょう。

家庭で使える工具

日本ではDIYなども流行っており、一般家庭で工具を使う機会も増えてきました。これらの工具を最初から持っている人は少ないので、高い需要が見込める商品と言えるでしょう。

法人でも、専門職以外が利用するような工具は価格を重視したものが使われるところも多いです。ですから中国から安価で商品を仕入れておくことで、利益を確保することができます。

また、ネット通販の強みを活かすことができます。以下のように、普通に生活していたらどこに売っているか分からないような商品でも、ネット通販であればユーザーがすぐに検索し、購入につなげられるのです。

これも、中国市場ではこのように安価で購入が可能です。

1つ注意点として、工具は品質が高めである台湾製の仕入れを心掛けてください。なぜなら工具は消耗率が高いので、あまりにも早く壊れるとユーザーの評価に影響してしまうからです。自分の販売サイトの評価も売上を伸ばす大切な要素なので、覚えておきましょう。

自転車用品

最近は自転車用品も高い需要を生み出しています。都会では車より使用頻度が高かったり、お金の無い学生が自転車を利用したりするケースも増えているからです。

自転車用品は大体自転車屋に売っていますが、利用したことの無い人も多いためネットでの注文率も高く、売上を伸ばしやすいジャンルと言えます。

もちろん自転車用品も、中国市場で安価に仕入れることができます。例えば、以下の商品は日本での販売価格です。

中国ではこの程度の価格で購入ができるため、利益率も高いことが分かるでしょう。

こちらの商品も消耗率が高いので、なるべく品質のいい商品を仕入れるのがコツです。目安として、商品タイトルに「精品」とあるものは品質を保証された商品なので、覚えておきましょう。

防犯、防災グッズ

近年は、防犯意識の高まりから防犯グッズの売れ行きも好調です。また、この手の商品は何か事件があるたびに関連商品が一気に売れていくので、ある程度仕入れておくとまとまった利益になります。

中国市場では、日本ではなかなかお目にかかれないような特殊な商品も販売しています。

この手の商品は回転率こそ悪いものの、利益率が非常に高いことが特徴です。

防犯、防災グッズは特需を見込みやすい商品ジャンルです。日々のニュースをチェックして、国民意識を予想しながら仕入れるのが利益を上げるコツと言えるでしょう。

特定の層に人気のある商品

一見すると需要がなさそうな商材ですが、こういった特定の層に人気の商品は、案外売れ行きが良いです。上手くリピーターを作ることができれば、定期的に安定した収入にもつながるのでおすすめです。

例えば、以下の商品はサバイバルゲームで使われるヘルメットです。

こういった商品も、中国市場で安価に仕入れることができます。

ヘルメットは意外と日常生活でも活用できるので、普通の商品の中に紛れ込ませておくとついでに買っていく人もいます。品ぞろえの中には、こういった遊びの要素を少しプラスすることで、よりユーザーの購入意欲を高められることもあるので覚えておきましょう。

中国輸入から転売までの流れ

では実際に、中国から商品を輸入して、転売を行い利益を出すまでのプロセスを見ていきましょう。商品はアリババで仕入れ、Amazonで転売を行うこととします。

また、今回は以下の商品を例として扱いますが、どの商品でも基本的な流れは変わりませんので、よく覚えておきましょう。

転売によって利益を生み出す仕組み

まずは、転売をすることでどうやって利益が生まれるのかを解説します。転売で利益を生み出す基本は、「販売価格-(仕入れ額+費用)=利益」です。

商品を仕入れるのにかかった費用と、実際に販売するまでにかかった諸費用を全て足したものがトータルの費用となります。そして商品を販売した価格から費用を引いたものが、商品1つ当たりの利益となるわけです。

商品を販売するまでには、商品の仕入れにかかる費用以外にも諸々の費用が掛かってきます。仕入れ額から販売価格を決めてしまうと、実際に販売しても赤字になってしまうことがあるので気を付けてください。

費用は仕入れ方や販売ルートによっても異なってきます。今回は輸入代行業者を利用する事を前提にして費用を算出するので、しっかりと計算の仕組みを覚えておきましょう。

仕入れ代+諸費用=原価

中国から商品を輸入する場合、商品本体の仕入れ価格の他にも、以下のような諸費用が掛かってきます。

  • 中国国内での配送料
  • 輸入代行業者への各種手数料
  • 日本に発送するための国際送料
  • 関税

例えば、この商品の商品単価は日本円にすると約400円程度です。しかしこれら諸費用を含めると、おおよそ1点あたり約900円となります。

そしてこの仕入れ価格と諸費用を足したものが原価となります。商品を仕入れる際の値段とは大きく異なることが分かるでしょう。この原価の考え方は利益を出す上で非常に重要なので、必ず覚えておきましょう。

Amazon販売にかかる手数料

仕入れた商品の販売をAmazonで行う場合、さらに手数料がかかります。手数料は商品によって異なりますが、今回の場合はおよそ15%程が販売手数料です。

さらに商品を配送する配送手数料も別途かかってきます。すると、この商品にかかる手数料は約750円程度です。これらの各種手数料はAmazonの販売手数料の詳細で確認できるので、一度目を通しておきましょう。

ここまでかかった費用を合計すると、原価900円+Amazon手数料800円=約1,700円となります。この商品はAmazonでは2,080円で販売されていることから、商品1つ当たりのおおよその利益は2080-1700=380円程で、利益率は約22%といった所です。

仕入れ額だけを見ると、大きく利益を上げられそうに見えますが、実際には様々な手数料がかかってきます。まとまった利益を得るためにはある程度数を販売する必要があるというわけです。

その他の諸費用

今回ご紹介したのは、アリババで仕入れてAmazonのFBAを利用した転売ビジネスを行った時の計算方法です。手数料は利用するシステムや販売先によって大きく変わってきます。

他にも、商品の広告代や、保管料金、作業代金など細かい費用はたくさん掛かってきます。仕入れ額にこの諸費用を足した上で、さらにそれを上回る販売価格に設定しなければ利益を上げることはできません。これは何を販売するにしても変わらないので、必ずこの計算方法を使い、利益の計算を行ってください。

中国輸入ビジネスの注意点

中国輸入ビジネスは、言葉にすれば仕入れたものを販売するだけの簡単なビジネスです。しかし実際には、思わぬトラブルや想定外の事態に遭遇してしまい、不利益を被ってしまうことも珍しくありません。

中国輸入ビジネスの初心者が入り口でつまずいてしまわないように、注意点についても紹介していきます。大きく分けて、3つの点に気を付けてください。

送料の計算には関税や国際送料も含める

国内サイトで行う通販と輸入ビジネスで最も違うのは、商品を発送するコストです。商品は別の国から海を渡って手元に届くことになるので、到着までに関税や国際送料が別途かかってしまうのです。

海外から商品を輸入する際には、お馴染みの消費税の他にも以下の3つの税金がかかってきます。

  • 関税(商品によって異なる、個人輸入の場合は商品代金の60%が課税対象)
  • 関税手数料(配送される箱1箱につき200円位)
  • 中国輸出通関手数料(配送される箱1箱につき70円位)

このように、輸入には様々な税金がかかるため、予想以上に費用がかかってしまいます。利益計算を間違えて、赤字商品を販売することにならないよう気を付けてください。

保管コストと発送コスト

大量に商品を仕入れるのであれば、その商品を発送するまでのコストと、到着した商品を保管するためのコストも頭に入れておきましょう。取り扱う商品によっては、ばかにならない金額がかかる可能性があります。

全て自力で管理することでコストを抑える方法もありますが、スペースや環境の関係で難しい人も多いでしょう。AmazonのFBAのように発送や保管を代行してくれるサービスもありますので、上手く活用することで大きく手間を省くことができます。かかる手間ひまも立派な費用なので、多少お金をかけてでも業者に一任したほうが、結果的に稼げることも多いので覚えておきましょう。

利益率についての考え方

利益率とは、利益÷販売価格で求められる、その商品が売れたことで発生する利益の割合を表したものです。当然高ければ高いほど優良な商品ではありますが、あまり利益率にこだわり過ぎて、実際の販売に移れないようでは利益を上げることはできません。

逆に利益率が小さい商品でも、定期的にある程度の数が売れる商品を販売できれば、確実に利益を生み出すことができます。どんなに少額でも、利益が出る商品を売り続ける限り損はしないため、まずは利益率が少なくても商品を売るところから始めていくべきです。

小さな利益を積み重ね、ある程度ノウハウがたまったら高い利益率の商品も混ぜていけばいいのです。最終的には、たまにしか売れないけど大きな利益を出す商品と、利益は少ないけどよく売れる商品を程よく組み合わせることが、長くビジネスを続けていくコツと言えるでしょう。

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスの基本的な仕組みと、稼ぎ方について紹介しました。ぼんやりとでも、自分が何をしたら稼ぐことができるのかについてイメージできましたか。

可能な範囲でリスクを避けつつ、利益を生み出すための行動をとることで、少しずつですが確実に稼ぎを増やしていくことができます。リスクも事前に予測がついていれば対策も取りやすいですし、万が一のことがあっても被害を少なくすることができます。

金額は少なくてもいいので、まずは実際に商品を仕入れて販売し、利益を上げることから始めてみましょう。実際に一連のプロセスを体感しながら慣れていくことで、どんどん稼ぎを増やすことができます。今回紹介した方法を参考に、ぜひ中国輸入ビジネスに挑戦してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】2021年5月現在で成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。