物販

中国輸入ビジネスを始める前に知っておこう!リサーチの注意点とおすすめツール

中国から商品を輸入し、日本国内で販売する中国輸入ビジネスは、利益率の高さが魅力です。しかし、何もしないで高い利益率が確保できるわけではありません。利益率を確保するために欠かせないのが、商品のリサーチです。リサーチ力に中国輸入ビジネスの成否がかかっていると言っても過言ではありません。

そこで、この記事では、中国輸入ビジネスを始める前に知っておくべきリサーチのポイントとツールをご紹介していきます。

中国輸入ビジネスの基礎知識

まずは、中国輸入ビジネスを始める前の基礎知識として、仕入れ、物流、リサーチツールについて解説します。

仕入れについて

輸入ビジネスの基本は、安く仕入れることです。特に中国輸入のように競合が多い場合は、販売価格で差をつけるために、より安く仕入れることが重要です。

ただ、そもそも仕入れることができなければ、勝負にもなりません。そのため、中国輸入を始める前の予行演習として、海外版AmazonやeBayなどを利用して仕入れてみてください。

物流について

中国輸入では、国外運送を任せる物流企業の選択も重要です。せっかく安く仕入れても、高額な物流費を販売価格に上乗せしないといけないのでは台無しになってしまいます。

物流企業と言えばFedExやDHLなどが有名ですが、はじめのうちは代行会社の利用をおすすめします。初心者におすすめの代行会社は、イーウーパスポートです。イーウーパスポートは月に150トン以上もの荷物量を取り扱っているため、送料が格安です。航空便、船便共に豊富なプランが用意されている点でもポイントが高いでしょう。

参考:イーウーパスポート

リサーチツールについて

輸入ビジネスに必要な作業のすべてを自分一人で行うのは無理があります。そこで、ソフトウェアを導入したり、作業を外注したりして、作業を効率化することも考えましょう。

はじめは、商品を探すためのリサーチツールの導入だけでもOKです。コストも大してかからないのでおすすめです。

初心者が注意すべきポイント

自分の好きなものだけ仕入れていても成功には繋がらないので、市場で需要があるものをリサーチする必要があります。もっとも、中国輸入の初心者の段階では何を仕入れてよいのかよくわからないでしょう。そこで、初心者のうちは以下の点に注意しながら中国輸入に取り組んでみましょう。

  • まずは小さいものから仕入れる
  • 中国企業のWebサイトで仕入れ元をリサーチする
  • 利益がどれくらい出るかを計算する

まずは小さいものから仕入れる

仕入れる商品は、市場での需要を考慮して選択しなければなりません。

その点、輸入ビジネスのベテランは需要のある商品を探し出すノウハウを持っていますが、初心者のうちはよくわからないと思います。そこで、最初は小さくて軽いものの扱いから始めてみましょう。小さくて軽いものであれば、輸送の過程で壊れる可能性が低くなりますし、各種経費を抑えることもできるからです。

売れ筋商品の取り扱いは、ある程度物販事業に慣れてきてからで十分です。

中国企業のECサイトで仕入れ元をリサーチする

扱う商品が決まったら、次は仕入れ元をリサーチします。アリババやタオバオなど中国企業のECサイトを利用して、キーワード検索もしくは画像検索を利用して検索してみましょう。

利益率を計算する

販売価格は、Amazonの価格などを参考にして付けるようにしましょう。以下に、費用項目と計算式の一例を紹介します。

費用

  1. 仕入れにかかる費用
    • 商品価格
    • 為替レート
    • 代行手数料
    • 中国国内送料
    • 国際送料
    • 関税率

    参考:財務省 税関「関税率表」

  2. 販売にかかる費用
    • 日本国内送料(自分の手元からAmazon倉庫に送る場合)
    • 管理費(AmazonのFBAや倉庫の利用料など)
    • 販売手数料(返品手数料など)
    • 消費税

計算式

  1. 粗利益
    売値 ×(1-販売手数料/100)-{(仕入原価+中国国内送料)×(1+代行手数料/100)+ 国際送料)× 為替レート ×(1+関税率/100)×(1+消費税/100)+日本国内送料+管理費}
  2. 粗利率
    粗利益÷{(仕入原価+中国国内送料)×(1+代行手数料/100)+国際送料)×為替レート×(1+関税率/100)×(1+消費税/100)+日本国内送料+管理費}×100

あらかじめ、粗利○円以上、粗利率○%以上などと決めた上で、仕入れるかどうかの判断に使いましょう。

リサーチの注意点

ここでは、リサーチする上でのポイントを5つ解説します。

複数のECサイトを確認する

仕入れる商品を決めたら、まずは複数のECサイトで確認するようにしましょう。そうすれば販売価格や購入ロット数の違いに気づけます。

品質が良くないものは避ける

当然ですが、商品の品質は大事な要素なので、品質の良くないものは仕入れないようにしなければなりません。その点、価格が安すぎるものは、安かろう悪かろうで、品質が良くない場合があるので注意が必要です。必ず商品レビューを確認し、信頼できるショップから仕入れるようにしましょう。

キャラクター商品は避ける

中国で売られている日本のアニメのキャラクター商品の多くは偽物なので、避けた方が無難です。

商標権に注意する

商標権によって保護されている商品は扱わないようにしましょう。この手の商品には排他的使用権が与えらえているため、類似する商品を販売すると処罰されてしまいます。

商品ページのタイトル・画像を確認する

Amazonで商品を販売する方法の一つに、相乗り出品があります。これは同じ商品を出品している人の商品ページに一緒に出品する方法です。相乗り出品であれば、新しく商品画像や商品説明文を用意する必要がないので、効率的に出品できます。

ただし、相乗りで出品する場合は、商品ページに使われている画像や商品説明文と違う商品を販売してしまうと詐欺に問われるおそれも生じますので、付属品などの違いがないかしっかりと確認してください。

無料で使えるAmazonリサーチツール

Google Chromeの拡張機能には、無料で使えるAmazonリサーチツールがあります。

Keepa

Keepaは、Amazonで販売されている商品の需要や価格の推移が追跡できるツールです。販売開始日からのデータを確認できるので、値引きのタイミングをはかるのにもってこいです。

参考:chromeウェブストア 「Keepa – Amazon Price Tracker」

AMZ Seller Browser

AMZ Seller Browserを使えば、Amazonで販売されている商品のランキングや価格の推移が確認できます。商品の検索結果一覧に、ASIN(Amazon Standard Identification Number)が表示されるため、いちいち商品ページを表示する必要がなく便利です。

参考:chromeウェブストア 「AMZ Seller Browser」

Amz superman seller tool

Amz superman seller toolは、商品ページの中盤に表示される「Amazon売れ筋ランキング」を、商品名の近くに表示してくれる機能です。スクロールの手間が省けるので、リサーチ作業が効率的になります。

参考:chromeウェブストア 「Amz superman seller tool」

おすすめの有料Amazonリサーチツール4選

ここでは、おすすめの有料Amazonリサーチツールを4種類ご紹介します。

あまログ

あまログは、商品が30日間で何個売れたのかがわかる「詳細在庫取得機能」を実装している便利なツールです。また、人気商品などの検索に解析済みのデータを利用することができるので、分析の手間が省けます。月額プランは3種類あり、登録後30日間は無料です。

【会員の種別ごとの月額の利用料】

  • ブロンズ 5,478円
  • シルバー 10,978円
  • ゴールド 16,280円

なお、ゴールドプランでは、タオバオ画像検索が利用可能です。これは、あまログで取得した商品画像を使ってアリババで画像検索を半自動で行える機能です。

参考:あまログ

Ama速

Ama速は、メールでのお知らせ機能が特徴のリサーチツールです。具体的には、出品している商品のレビューが更新されるとメールが届く「レビナビ」や、相乗り出品があった場合にメールが届く「相乗りバスター」などです。

また、ライバル店舗リサーチ機能を使えば、取扱い商品や在庫などのデータが取得できるのも魅力的です。月額料金は5,400円で、登録後7日間無料です。

参考:Ama速

アマテラス

アマテラスは、指定キーワードの検索順位や検索数などの調査に強いツールです。また、出品した商品の売上管理や、競合の出品者(セラー)の販売状況のチェックにも利用できます。月額プランは2種類あり、30日間無料です。

  • アドバンスプラン 9,800円
  • プロプラン 19,800円

相乗り出品ではなく、オリジナル商品を検索結果で上位表示させたいというニーズをお持ちの方に向いています。

参考:アマテラス

在庫チェッカー

在庫チェッカーは、競合出品者の在庫や販売量をチェックできるリサーチツールです。また、同じ商品の売れ筋の色やサイズをリサーチすることも可能です。料金は買い切りで42,900円です。2年使えば月あたり1,800円程ですが、短期間で使うのをやめてしまうと割高になります。

ただし、2021年4月現在は新規受付を停止しています。今後の再販を期待しましょう。

商品をうまく見つけるリサーチのポイント

ここでは、稼げる商品を見つけるにあたってのリサーチのポイントを解説します。

簡単に検索できる商品は避ける

簡単なキーワード検索ですぐに見つかる商品は要注意です。なぜならば、あなた以外の多くの人たちも同じようにすぐに見つけられるからです。こうした商品は競合出品者が多く、価格競争が起こりがちになるのでおすすめできません。逆に、簡単なキーワード検索で辿り着けるような商品を避ければ、価格競争のリスクは下がります

また、仕入れ商品の最終チェックとして、どんなキーワードで上位表示されるかを確認してみるのも良いでしょう。

リサーチ代行を利用しない

「アリババ リサーチ」というキーワードでGoogle検索すると、「中国輸入代行」というタイトルが表示されることがありますが、以下のようなデメリットがあるため、こうしたリサーチ代行に外注すべきではありません。

競合セラーと同じ商品情報が納品される

リサーチ代行業者は、競合セラーからの依頼も請け負っています。従って、競合セラーと同じ商品情報を納品されるリスクがあります。

自分自身のリサーチスキルが上がらない

検索にはコツが必要です。その点、Amazonで商品の候補を探したり、中国のECサイトで仕入れ先を探したりすることによって検索スキルは上がっていくものです。そして、このスキルこそが、中国輸入ビジネスでは大きな差を生みます。しかし、リサーチを代行してもらうと、このような能力が身につかないままになってしまいます。そして、リサーチのスキルを身につけておかないと、納品された商品情報の問題点を指摘することもできなくなってしまいます。

多くの商品を見つけるための検索のコツ

より多くの商品を見つけるための検索のコツは2つあります。

  • 目当ての商品に近い商品のタイトルで検索し、表示された商品のタイトルで再検索する
  • 少しでも関係がありそうなページは開いたままにしておく

目当ての商品と少しでも共通点がある商品を見つけて、商品のタイトルをコピペして検索を繰り返してください。途中で目当ての商品とかけ離れてしまったら、直前の検索に戻って別の商品で試してみましょう。

Google翻訳の活用

アリババ・タオバオ検索ではAmazonの商品タイトルを自動翻訳するため、余計なキーワードが入っていると検索精度が落ちてしまいます。その対策として、例えばアマテラスでは「Google翻訳」へのリンクが搭載してあったりするので、積極的に活用していきましょう。

商品タイトル以外のキーワード検索

商品をリサーチする際は、商品タイトルにこだわる必要はありません。見つかりそうなキーワードを自分で考えて、試してみましょう。

リサーチツールを使いこなそう

この記事では、中国輸入ビジネスを始める前に知っておくべきリサーチのポイントとツールをご紹介してきました。

中国輸入ビジネスは利益率の高さが魅力ですが、何もしないで高い利益率が確保できるわけではありません。高利益率を確保するために欠かせないのが、商品のリサーチです。まずはリサーチツールを使いこなして、中国輸入ビジネスに本格的に取り組んでみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!