物販

中国輸入転売ビジネスの特徴と商品選定の方法

輸入転売ビジネスにおいて、中国の店舗は人気のある仕入先のひとつです。この記事では、中国輸入転売の特徴やメリット、仕入れにおすすめの商品を紹介いたします。

中国輸入転売ビジネスとは

中国輸入転売ビジネスは、物販ビジネスにおいて人気のある転売手法です。
初めての方でも取り組みやすく、ニーズと商品がマッチすれば大きな利益が得られやすいメリットがあります。この項目では、中国輸入転売ビジネスで利益を得る仕組みについて解説します。

物販ビジネスの中でも人気のある転売方法

中国輸入転売ビジネスとは名前の通り、中国から商品を輸入して日本で転売するビジネスのことです。中国からは商品を安く仕入れられるため、物販ビジネスで人気の販売方法です。

商品の選定から仕入れまで、全てネット上で完結できるため、中国まで買い付けに赴かなくてもビジネスを行えるのがメリットです。転売先としては、ネットショップやAmazon、フリマアプリが一般的です。

転売ビジネスの種類

転売ビジネスは、仕入れと販売の価格差を利用して利益を得るビジネスです。今回ご紹介する中国転売の場合は、中国から安く商品を仕入れ、差益などの付加価値をプラスして販売するのが基本です。

他にも、日本の商品を海外で販売することで利益を得る転売ビジネスなどもこれらに該当するでしょう。

中国輸入転売ビジネスの特徴とメリット

数ある転売ビジネスの中でも、中国輸入転売ビジネスは物販初心者にとって始めやすい事業です。この項目では、中国輸入転売ビジネスの特徴と、そのメリットについて解説します。

仕組みがシンプルだから利益を得やすい

中国輸入転売ビジネスの仕組みはシンプルです。中国から商品を安く仕入れて、利益が得られるように価格を設定するだけなので、ネットビジネス初心者でも稼げるのが特徴です。

中国輸入転売ビジネスの大まかな流れは以下の通りです。

  1. 日本のネットショップや通販サイトで売れている商品をチェックする
  2. 中国のECサイト「アリババ」や「タオバオ」でそのジャンルの商品の価格を調べる
  3. 中国輸入代行サービスに見積もりをお願いする
  4. 商品代金、日本への送料、代行サービスの手数料を考慮して、利益が得られるか判断する
  5. 中国輸入代行サービスを通して、商品を輸入する
  6. ネットショップで販売する

ここで注意点もあります。中国製の商品は、仕入れ値自体の価格は安いですが、輸入するための国際送料が高額です。送料は利用する代行サービスや輸送手段によっても異なりますが、洋服等では3,000円程度。代行サービスへ支払う手数料は5%程度と考えておいてください。サイズ・重量の大きな商品ほど、国際送料は高額になります。

また、販売目的で商品を輸入する場合は関税を支払う義務があります。関税は輸入する商品や購入金額により税率が異なるため、事前に情報を収集することをおすすめします。

参考:日本税関

パソコンさえあればビジネスが行える

中国輸入転売ビジネスは、パソコン1台で仕入れから販売まで行えるのが魅力です。中国からの仕入れは、中国輸入代行サービスを利用すれば簡単に始められます。中国の大手通販サイトである「アリババ」や「タオバオ」で商品を選定し、代行サービスを経由し注文すれば、自宅まで商品が届く手軽さが大きなメリットです。

高額な投資資金は不要

中国製の商品は仕入れ値が安いため、少額な資金からビジネスが始められます。例えば、1万円の予算で洋服数着を送料込みで輸入できます。最初は数点の商品の販売から始めて、得られた利益でネットショップの規模を拡大させていくなど、資金に合わせたビジネスモデルを展開できます。

単純作業で利益を伸ばしていける

複数の商品を販売していく中で、特に人気のあった商品を再入荷して、利益を大きくしていけるのが中国輸入転売ビジネスの特徴です。売れ筋やトレンドの商品を繰り返し仕入れて、販売するという単純作業を繰り返せば、売り上げアップが見込めます。

人気のある商品を見つけるコツ

中国には、多種多様な商品が販売されているので、商品選定の際に目移りすることもあります。この項目では、日本でも売れるであろう商品を見つけるコツを紹介します。

好みのジャンルをリサーチする

人気のある商品のリサーチには、Amazonがおすすめです。Amazonには、中国から仕入れた商品が多数販売されています。まずは、取り扱うジャンルを決めましょう。特にジャンルが思いつかなければ、自分が好きなジャンルで構いません。

今回は、女性向けのスポーツウェアを探します。中国製のスポーツウェアは日本人女性にも人気があります。では、Amazonで「スポーツウェア」と検索してください。

多くの商品が見つかりました。なかでも、スポーツウェアの5点セットは評価も高く、人気商品です。

参考:SURENOW レディース ヨガウェア スポーツウェア 5点セット - Amazon

「アリババ」で検索したところ、1セット125元(1,890円程度)で購入できることが分かりました。

参考:运动服套装女薄款2020新款宽松五件套瑜伽服健身房跑步健身服夏季 - 阿里巴巴

1,890円の商品が3,508円で販売できるので、数着まとめて輸入すれば、送料を考慮しても十分に利益が得られることが分かります。

ノーブランド商品をリサーチする

Amazonで「ノーブランド」と検索すれば、中国輸入商品が多くヒットします。今回は、検索上位に表示された2,980円のエアーベッドを調べてみます。

参考:エアーベッド キャップ シングル 簡易ベッド - Amazon

「アリババ」で画像検索したところ、47.5元(718円)で販売していることが分かりました。718円で仕入れた商品が2,980円で販売できるので利益が得られます。ただし、エアーベットは重量が2.3㎏あるため、国際送料が高くなりがちです。
重量品となると、税関で止められる可能性もありますので、少量からの輸入が妥当です。

エアーベッドのように大きな商品は、送料に注意して利益を算出してください。

競合商品をリサーチする

Amazonで中国製品を見つけたら、出品者を確認してみましょう。出品者のページを見ると、その出品者が他にどのような商品を販売しているかが分かります。このような商品をリサーチすると、比較的楽に商品選定が行えます。

中国輸入仕入れでのおすすめ商品

商品を選定する際は、すでに日本で人気のあるジャンルに絞り込むと比較的利益が得やすくなります。
どのような商品が中国の市場で出回っているのか、日本でニーズがあるかなどをリサーチしながら商品を探しましょう。
この項目では、日本でも需要の高いアイテムを紹介します。

スマホやタブレットの関連商品

スマホ・タブレットの関連商品は、Amazonなど日本の通販サイトでも需要が高いカテゴリです。スマホケースフィルムスマホスタンドなどは、中国では安価に入手できます。スマホやタブレットは今は必要不可欠な製品です。関連アイテムも長期的な需要が見込まれます。

ただし、需要が高い分、同業者も多いのが難点です。ニッチな商品を見つけるなど、競合店や同業者と差を付けた商品を販売する必要があります。

日用雑貨

収納ケース食品用保存ケースなど、普段の生活に欠かせないアイテムも中国で安く購入できます。ただ、日用品は100円ショップなどで安く手に入れられる事実があります。そのためネットショップで販売されている原価数十円程度の商品は嫌われる傾向にあります。

100円ショップなどでは購入できないようなアイテムをセレクトすることが、売り上げをアップさせるコツです。

アパレル商品・季節商品

日本で販売されているアパレル用品は、中国製のものが中心です。洋服やスポーツウェア、靴下などが安く仕入れられます。特に、夏の水着季節イベントのコスプレ衣装などは、毎年の売れ筋商品です。

商品を販売するタイミングを考えて、競合店が販売していないような最新商品を仕入れるのが売り上げを伸ばすコツです。

中国輸入転売ビジネスのデメリット

海外を相手にする以上、中国輸入転売ビジネスにもデメリットがあります。ビジネスを始める前にデメリットを把握して、リスクを最小限に抑えましょう。

商品の質に注意

中国の商品は、日本製のものと比べて、作りが雑な商品が多数存在します。特にアパレル商品に関しては、縫合があまかったり、サイズが正確でなかったりと質の悪い製品が多く見受けられます。

国際送料を抑えるためには、ある程度のまとめ買いが必要ですが、初めて購入する商品に関しては、最小ロットで注文しましょう。数点をテスト輸入して、問題がなければまとめ買いするという手法を取れば、リスクを抑えられます。

在庫を抱えるリスクがある

中国輸入に限らず、物販ビジネスは在庫を抱えるリスクがあります。毎月安定した利益を得るために、自宅の一部屋を在庫部屋にし、商品管理している人も少なくありません。

もし在庫を自宅に抱えたくない場合は、倉庫をレンタルするか、AmazonのFBA出品を利用することも一案です。FBA出品を利用すると、中国から直接AmazonのFBA倉庫へと商品を送ってもらえるので、在庫を抱える心配がありません。

ただし、FBA出品は海外出荷となるため、顧客の手元に届くまでに時間を要するというデメリットがあります。
出荷や発送に関するトラブルを防ぎたい場合は、得策とは言えません。

注文から到着まで日数がかかる

中国から日本の自宅まで商品が届くのには時間がかかります。注文してから到着するまで数週間かかると考えておいてください。注文から到着までの流れは以下の通りです。

  1. 中国輸入代行サービスに商品を注文する
  2. 代行サービスが中国店舗に注文する
  3. 中国店舗から代行サービスへ商品が発送される
  4. 代行サービスから日本の自宅へ商品が発送される

なお、航空便の場合は代行サービスが商品を発送してから自宅へ届くまで4日程度です。船便の場合は、10日~2週間かかります。
ただし、社会情勢などによってさらに時間がかかる場合もあります。

競合店と差別化するためのポイント

中国輸入転売は、物販ビジネス初心者でも始められるため、競合店も多いのが特徴です。どうすれば競合店と差別化できるのか、心がけるべきポイントについて解説します。

OEM商品で差別化を図る

物販ビジネスで成功するためには、競合店との差別化が重要です。競合店が取扱っていないオリジナル商品を販売すれば、ファンがついて売り上げを伸ばせる可能性が高まります。

簡単な例だと、オリジナルのブランド名やロゴを商品に印字して販売する方法が一般的です。中国のノーブランド商品を、自社のオリジナル商品にすることで、同等商品との差別化がかないます。

ただし、オリジナルロゴをブランド商品と意識してもらうには、かなりのプロモーションが必要になるでしょう。生半可な戦略ではファンはつきません。
またブランディングなど、余分な費用をかけてしまう可能性も否めません。

中国での展示会へ参加する

中国まで出向けば、商品の展示会に参加できます。展示会ではアパレル商品や生活雑貨など多彩なジャンルの商品が展示されており、販売者と直接交渉も行えます。また、商品の実物を見られるので、テストとして商品を仕入れる手間も省けるのが大きなメリットです。

競合店と差を付けるために、現地へ赴くのも物販ビジネスを成功に導く秘訣です。

中国での展示会は、ジェトロのホームページで検索できます。「世界の見本市・展示会」の詳細検索ページで、開催地を「中国」に設定して検索しましょう。
展示会には、参加資格が必要なものも存在します。初めて展示会に参加される方は、入場に関して登録の必要のない一般向けの展示会に参加されると良いでしょう。

展示会への参加は、主催者のWebサイトにアクセスして入場チケット、あるいは招待券を入手する必要があります。

中国の展示会では英語でも交渉できますが、やはり中国語を使える方がスムーズです。中国輸入代行サービスの中には、展示会において商談通訳の同行を依頼できるサービスを実施しているところがあります。

例えば、「イーウーパスポート」では、中国語のネイティブの方がプランニングから同行までサポートを行います。中国語に不安のある方は、このような通訳同行サービスを利用するとスムーズな交渉が行えるでしょう。

中国の展示会で有意義な結果を残すために

中国の展示会で収穫を得るためにはいくつかのポイントがあります。

まず、展示会へ赴く前に、その展示会で展示されるジャンルの日本国内での売れ行きを確認しておきましょう。日本の通販サイトをチェックして、どのような商品が人気で、価格帯はどれくらいかを把握しておきます。

この情報をベースに相場などを確認すると、買い付けの目安が付きやすいでしょう。

中国輸入転売ビジネスを成功させよう

中国輸入転売は、ネットビジネス初心者が比較的簡単に利益を得られるビジネスです。しかし、在庫を抱えてしまうリスクや質の悪い商品を購入してしまうリスクも伴います。これらのリスクを最小限に抑えるため、今回ご紹介した中国輸入転売ビジネスのデメリットや秘訣を参考に、ビジネスを進めてください。