物販

中国個人輸入ビジネスで輸入代行業者を選ぶときのポイント!オススメの会社も10社紹介

この記事では、中国輸入代行業者を選ぶときのチェックポイントや輸入代行業者と中国人パートナーとの比較、個人で中国輸入ビジネスをするための手段について解説します。オススメの輸入代行業者も10社紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Contents

クレジット決済対応のおすすめ中国輸入代行業者2社を紹介

中国輸入において、一番困るのは送金のシステムです。ここでは、ペイパルによるクレジットカード決済に対応していて支払いが楽な代行業者を2つ紹介します。

タオバオ上海LINER

《メリット》
・拠点が上海なので配達スピードが早い
・梱包が丁寧
・税関に関する知識が豊富でアドバイスもしてくれる

《デメリット》
・最低仕入れ金額が5万円なので初心者には厳しい
・注文書に画像の貼り付けが必須なので面倒

仕入れ最低金額が定められているというデメリットはありますが、総合的にサービスの質が高い業者です。一見デメリットに見える注文書への画像貼りつけも、「後々画像で確認できるように」という仕事に対する意識の高さを感じます。

※2019年4月~代行サービスの新規募集を終了しています。募集再開を待ちましょう。

チャイナ・トレーディング

《メリット》
・サイトの注文ページが優秀で仕入れ商品の指定が簡単
・注文商品のリストを作った時点で支払金額がわかる
・個別発送に対応している
・選べる配達方法が多い

《デメリット》
・タオバオ上海LINERと比べると配送にかかる日数が多い
・梱包が若干雑

決して遅いわけではないですが、タオバオ上海LINERと比べてしまうと配送の遅さが目立ちます。また、梱包はダンボールの周りをラップでぐるぐる巻きにしたような、中国輸入独特の梱包です。割れ物など繊細な商品の場合は、必ず「割れ物注意・丁寧な梱包を」といったメッセージ記載が必要です。

中国個人輸入ビジネス―輸入代行業者を選ぶ時のチェックポイント6つ

ここでは、中国輸入において、輸入代行業者を選ぶ際にチェックするべきポイントを6つお伝えします。

手数料は安さではなくコスパで判断

手数料は安いに越したことはありませんが、安さだけを見て契約を決めてしまうのは早計です。手数料が安い分、検品の質が低い・対応スピードが遅い・サービスの幅が狭いなんてこともありえます。重要なのは、コストパフォーマンスです。

手数料が高くても、サービスの質が高く、依頼から出荷までをスピーディに対応してもらえるのなら、十分利益は乗ってきます。総合的なバランスで見て契約業者を見極めるようにしましょう。

問い合わせへのレスポンスの早さ

輸入代行業者を選ぶにあたって、レスポンスの早さは非常に重要です。日本のシステムに慣れてしまっていると、どこの会社も翌営業日~翌々営業日には返信してくれるものという思い込みがありますが、中国ではそれは常識ではありません。問い合わせへの返答が1週間ほどかかることもしばしばあります。ただでさえ配送の時間がかかる輸入ビジネスにおいて、問い合わせへのレスポンスの悪さは致命的な遅れになってしまいます。

日本人スタッフが常駐している会社や、日本人との契約が長い会社を選ぶと良いです。問い合わせへのレスポンスの早さは、依頼から配送に取り掛かるまでの早さなどさまざまな業務への着手スピードとも比例してきますので、妥協しないようにしましょう。

また、スピードだけではなく、返答内容が的確かなど、サービスの質についてもあわせて確認しておくことをおすすめします。

専用の管理画面の有無

メールだけで仕事の進捗情報を管理している業者よりも、会社独自の専用管理画面がある業者を選ぶほうがおすすめです。というのも、メールだけの管理ではリアルタイムで情報共有ができませんし、他のメールに埋もれて見逃してしまう危険性もあります。

専用画面があれば、こちらからの依頼状況・仕入れや配送などの進捗状況・中国から日本までの配達状況などをリアルタイムで確認できます。確認の手間も省けて作業効率化にもつながるでしょう。

管理画面の有無は、顧客管理に対してどれだけ真摯に取り組んでいるかを表す指標でもあります。

AmazonFBA倉庫に直送してくれるかどうか

これは、AmazonFBAサービスを使おうと考えている人だけ気にすれば良い項目です。ただ、AmazonFBAサービスの利用は、ビジネススペースの省エネ・作業効率の向上などに結びつくため、今は使っていなくても今後使うかも知れないという人は必ず確認しておきましょう。

FBA倉庫への直送サービスがない輸入代行業者を使う場合の手順は、以下のとおりです。
仕入れ商品を依頼→輸入代行業者から商品を受け取る→検品→Amazon倉庫への出荷作業→Amazon倉庫へ納品

これが、FBA倉庫への直送サービスがある輸入代行業者を使うと、仕入れ商品を依頼するだけで自動的にAmazon倉庫へ納品してくれます。商品を受け取って、検品や出荷作業をする必要がないのです。これは、商品の受け取りスペースがなくても問題ないことを示しています。輸入ビジネスのために倉庫を借りる必要もなく、自宅で完結させることが可能です。

ただし、この場合は一切商品を見ないまま出品することになります。不良品が混ざって出品されているとクレームにつながりますので、必ず、検品の質が高い業者を選ぶようにしましょう。

配送手段を複数から選べるかどうか

ほとんどの輸入代行業者が取り扱っているのは航空便ですが、できれば航空便以外にも複数の配送方法から選べる業者を探しましょう。商品の値段や種類、業務の拡大などによって配送方法を変えられる方が後々便利です。

航空便以外の配送方法には、配送料金が安い船便や大量輸入に向いているコンテナ便などがあります。

トラブル時にも対応してくれるかどうか

・不良品が見つかったときの出品者への連絡や交換・返金などの対応
・購入者からクレームが入ったときの対応

など、トラブルが起きた際の対応まで任せられる業者を選ぶと安心です。

法人ではなく個人で中国輸入ビジネスをする3つの手段

ここでは、個人で中国輸入ビジネスをするための手段を3つお伝えします。自分がやりやすいと思う方法でビジネスを始めてみましょう。

すべての業務を自分でおこなう

仕入れから検品、出品、出荷まですべて自分でおこなう方法です。
仕入れの方法としては、

・実際に中国に行って現地で仕入れをし、日本に持って帰ってくる
・日本にいながらにして中国系のショッピングサイトを使い仕入れする

という方法があります。

ショッピングサイトを使えば簡単だと思うかも知れませんが、中国のショッピングサイトは日本のサイトとはシステムが違い、出品者とチャットでやり取りをする必要があります。翻訳ソフトを使う手もありますが、すれ違いをなくすためにも中国語に精通している方が安心です。

個人ですべてをおこなうのは、かなりの時間・労力・語学力が必要と言えるでしょう。

中国輸入代行業者を使う

もっとも一般的かつ初心者にもおすすめの方法です。やり取りはすべて日本語で行えるため、語学力も必要ありません。個人でやる場合と異なり、商品購入代金の他に代行業者に払う手数料がかかりますが、面倒な作業をすべて任せてしまえるのがメリットです。

サービス内容や料金は輸入代行業者によって異なります。FBA倉庫への直送まで対応している業者を選べば、やることは仕入れ商品の選定のみ、仕入れも検品も出荷作業も必要ありません。関税などの知識が乏しくても輸入ビジネスに手を出せるのが魅力です。

中国人パートナーに依頼する

知り合いづてや中国掲示板などを使って中国人とパートナー契約をする方法です。輸入代行業者に似ていますが、個人間での取引になるので自由度が高いことが魅力です。契約次第では破格の値段で代行業務をお願いする事もできますし、業務の幅に制約もありません。

ただし、会社が管理しているわけではないので、業務内容や金額に保証はありません。最終的には、信頼関係の問題になってきます。

輸入代行業者と中国人パートナーのメリット・デメリットを比較検証

ここでは、輸入代行業者と中国人パートナーそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。自分にはどちらが向いているのか比較検討してみて下さい。

輸入代行業者のメリット3つ

・誰でも依頼することができる
まず第一に、中国人に知り合いがいない・中国語がわからない人でも簡単に依頼できるところが輸入代行業者の魅力です。公式サイトもありますし、口コミ情報も調べればでてきます。サービス内容が明確でわかりやすいのもメリットといえるでしょう。

・コスパが良い
契約内容にもよりますが、一般的に中国人パートナーを作るとなると、使用頻度にかかわらず支払いが発生します。輸入代行業者の場合は依頼量によって支払いが発生するので、コストパフォーマンスがいいといえるでしょう。例えるならば、正社員雇用=中国人パートナー、業務委託=輸入代行業者です。

・信用度が高い
輸入代行業者は、ほとんどが法人で営業をしています。金銭のやり取りやサービス内容において信用度が高いのがメリットです。急に連絡が途絶えてしまうというリスクも少ないといえます。

輸入代行業者のデメリット

唯一デメリットとして挙げられるのは、決められたサービス以上のことはしてもらえないという点です。中国人パートナーであれば、完全なオンリーワンメニューでの対応です。細かく指示を出せるという点においては、輸入代行業者が一歩出遅れてしまいます。

しかし、オプションサービスを多く取り揃えている業者やパートナー制度として細かなサービス提供をおこなっている業者もいますので、よほど細かい指示でなければ輸入代行業者でも十分でしょう。

中国人パートナーのメリット

自分の思うままのサービスが受けられる点が中国人パートナーと契約するメリットです。中国輸入をする上で発生するさまざまな要望をその都度伝えて、臨機応変に仕事をしてもらうことが可能です。

・検品はここまでやってほしい
・商品の撮影はこうしてほしい
・梱包時にショップカードを同梱してほしい

など、オンリーワンの対応をしてほしい人には中国人パートナーが向いているでしょう。

中国人パートナーのデメリット5つ

中国人パートナーとの契約にはデメリットが多いことも認識しておかなければいけません。反対に、デメリットをデメリットと感じない・問題を解決できる力があるという人は、中国人パートナーを探してみてください。

・ツテがないとパートナー探しは難しい
中国人パートナーとマッチングするための掲示板もありますが、なんのツテもない状態で知り合って、ビジネスパートナーとするには不安が大きいです。悪い人にあたってしまえば、仕事が雑だったり、最悪は給与だけを持って連絡が途絶えたりという可能性もあります。マッチング中も複数回に渡るやり取りになるので、かなりの時間がかかると覚悟しておきましょう。

・イチから教育する必要がある
中国人パートナーは自由度が高いことがメリットですが、それは自分のルールをイチから教えないといけないことと隣り合わせです。輸入ビジネス自体が初めての場合、ノウハウなどの基本的な部分から教える必要があります。

・送金が大変
輸入代行業者であれば、日本の口座を持っているのですべて日本円での支払いが可能です。しかし、中国人パートナーはというと、日本の口座を持っていない人がほとんどです。日本口座から中国の個人口座に入金するのは難しいため、ほとんどがPeypalでの送金になります。しかし、為替手数料や受取手数料が発生するため、結果的に支払う金額がかさみがちという問題があります。

・毎月の固定費が発生する
契約次第ですが、中国人パートナーとは毎月の固定費で契約することが多いです。仕事量に限らず支払い義務が発生するので、月によっては損をしてしまうことも考えられます。

・信用度が低い
個人間での契約ですので、輸入代行業者に比べて信用度は低いです。金銭のやり取りに関しても、業務の質に関しても、保証してくれる存在はどこにもいません。人の本質を見抜く能力や良好な関係を築く能力が必要です。

得意分野を持つ輸入代行業者8選

ここでは、安い・スピードが早い・大量仕入れに強いなど、得意分野を持って運営している輸入代行業者を8社紹介します。

イーウーに強い「イーウーパスポート」

《おすすめポイント》
・イーウー市場での仕入れに特化している
・現役セラーに相談ができる
・商品の一時保管を行なってもらえる
・月イチで買付ツアーが開催される

現役セラーに学ぶ機会が多いことがポイントです。有料会員制度なので初心者にはハードルが高いですが、ある程度売上が伸びてきた中級者が、買付ツアーやセミナーで学んでレベルアップするには最高の環境です。

専任アドバイザーが対応してくれる「イーウーマート」

《おすすめポイント》
・日本と中国それぞれに専任アドバイザーがいる
・会員専用ページがある
・定期的にセミナーが開催される
・独自の物流をもっている

専任アドバイザーがいる輸入代行業者でも、その多くは日本側のみです。しかし、イーウーマートなら日中両方に専任アドバイザーがいてくれるので、内容に応じて適切に対応してもらえます。また、独自の物流を持っているので、他社に影響されることなく輸入や納品が可能です。

検品と梱包の代金が安い「ヲヲフェニックス」

《おすすめポイント》
・検品や梱包サービスが安い
・簡易的ではあるものの商品画像の撮影を行ってくれる

多くの輸入業者では、詳細な検品・セット組み・新しいOPP袋への入れ替え作業・不要な付属品の取り外し作業などを有料オプションとして扱っている場合が多いです。そのため、しっかりと検品をしてもらおうとすると非常に高額な費用がかかってしまいます。
しかし、ヲヲフェニックスの場合は、オプション制ではなく定額制でオプション代金を徴収しています。手数料の範囲内で幅広く検品業務を行ってくれるのが魅力です。

顧客満足度の高さはピカイチ「シーレル」

《おすすめポイント》
・カスタマーサポートの質が高い
・発注システムがわかりやすい
・マンツーマンサポートがある
・セミナーや勉強会が開催される

マンツーマンでのサポートやセミナーの開催、わかりやすいシステムなどによって、初心者でも安心して利用できる会社です。日本人カスタマーによる対応も受けられるので、輸入ビジネスに不安を抱えている人にもおすすめです。

物流費用が安い「ライトダンス」

《おすすめポイント》
・とにかく物流費用が安い

ライトダンスは、価格の安さを全面に売り出している輸入代行業者です。レスポンスの早さなどサービス内容で言うと「最低限レベルが保証されている」程度ですが、金銭面のお得さはピカイチです。物流費用の安い業者を探している人におすすめします。

ワンストップで輸入業務が可能「イーウースマイルライナー」

《おすすめポイント》
・リサーチの代行も行っている
・商品ページの作成もお願いできる
・商品の加工もできるのでオリジナル商品の販売が可能

仕入れから販売までの業務の殆どをカバーできる幅広いサービス展開が魅力です。通常であれば複数の会社に依頼しなければいけないようなことも1社でまかなえるため、管理が非常に楽にできます。

大量仕入れが得意「淘太郎」

《おすすめポイント》
・コンテナ便などの大量輸入に対応している
・外部に検品会社を持っており、しっかりとした検品サービスの提供が可能

大量発注・大量検品・大量輸入に対応しているため、大ロットでの依頼をする人に向いています。

日本・米国2つのAmazonへの出品に対応「桜トレード」

《おすすめポイント》
・日本と米国両方へのFBA直送サービスを展開
・コンサルティングサービスもある

日本のAmazon倉庫だけではなく、米国Amazon倉庫への発送・出品ノウハウを持っている点が魅力です。米国Amazonへの出品を考えている人におすすめの輸入代行業者です。

まとめ

中国人パートナーを見つける方法や個人ですべておこなう方法もありますが、初心者にオススメなのは輸入代行業者を使うことです。条件に合うところを見つける必要がありますが、日本語のみでやり取りができるので、取引先を探すのは比較的簡単だといえるでしょう。この記事を参考に、ぜひ自分に合う中国輸入代行業者を見つけて、ビジネスを成功させて下さい。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。