物販

お金を送金する方法まとめ!郵送からアプリまで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お金を送金する方法は一つではありません。使い方を工夫すれば、振込手数料を払わずにお金を送金できます。

この記事では、お金を送金する各種方法を紹介していきます。それぞれの特徴やメリットも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

銀行振込でお金を送金する方法

銀行口座を持っていると、現金振込する機会も多くなります。ここでは、銀行振込の方法を紹介していきます。

銀行振込とは

銀行振込とは、自分の銀行口座から相手の銀行口座にお金を移すことです。預金残高の中から移動させます。

お金の送金で銀行振込が使われるシーンとは

お金の送金に銀行振込を使うシーンとしては、以下のようなものが考えられます。

・ヤフオクやeBayなどのオークションサイトを含むネットショッピングでの支払い
家賃や公共料金などの支払い
証券口座や仮想通貨口座への入金

銀行振込は、相手口座にお金を送金する時に使われます。請求書による支払いのほか、証券口座への入金なども同様です。

銀行振込する方法

銀行振込する方法は以下の通りです。

・窓口
・ATM
・ネットバンキング

いずれの場合でも、相手の口座情報(以下の情報)が必要です。

・金融機関名
・支店名
・預金種目(普通・当座・貯蓄など)
・口座番号
・口座名義人名

銀行によっては振込手数料もかかります。

銀行の窓口からお金を送金する方法

窓口にいる銀行員に相手の口座情報を伝えれば、銀行員が振込手続きしてくれます。自分で振込みの手続きをしたくないという方にオススメです。

ATMからお金を送金する方法

ATMを利用すれば窓口に行く必要がありません。簡単な機械操作のみで銀行振り込みできます。

振込先の口座がコンビニATMに対応していれば、全国24時間どこのコンビニからでも振込可能です。ただし、振込手数料以外にATM手数料がかかります。

ATMでお金を送金する手順は以下の通りです。画面の指示に従ってください。

1.ATMに通帳orキャッシュカードを入れる
2.振込を選ぶ
3.暗証番号を入力する
4.振込金額を入力する
5.振込先金融機関を入力
6.振込先・金額に間違いがなければ確認ボタンを押す
7.振込が完了したら明細書とキャッシュカードを受け取る

相手の銀行口座情報は、頭文字から選ぶのが一般的です。

ネットバンクからお金を送金する

ネットバンクを使えば、インターネット上からお金を送金できます。スマホを利用するため、ATMや窓口で待つ必要がありません。

ネットバンクからの銀行振込みの手順は以下の通りです。

1.ネットバンキングにログインする
2.振込を選択する
3.相手の口座情報・振込金額を入力する
4.振込を開始する

ネットバンクには振込手数料無料のところもあります。低コストでお金を送金したいときにおすすめです。

郵送でお金を送金する方法

お金を送金する方法は銀行振込だけではありません。郵送でも問題ありません。ここでは、郵送でお金を届ける「現金書留」 について紹介していきます。

現金書留でお金を送金する方法

現金書留を送るときは、「郵便局の窓口」か「ゆうゆう窓口」を利用します。現金書留専用封筒に相手の住所と名前、自分の住所・名前・電話番号を書いてください。

袋は二重構造になっています。内側にお金を入れてください。一般の袋とは封の仕方も異なります。

現金書留封筒の封の締め方は以下の通りです。

1.下のふたを起こす

2.中ふたを閉めて糊付けする

3.下のふたを糊付けする

4.上のふたを糊付けする

5.点線に囲まれたところに印を押す(印鑑がなければ苗字を丸で囲む)

やり方は封筒にも書いてあります。分からない場合は確認してください。

現金書留はポスト投函できません。必ず窓口に持って行くようにしましょう。

窓口では「損害要償額」について聞かれます。損害要償額とは、万が一配送事故が起こった場合の補償額のことです。必要だと思う金額を申告しましょう。

他には、速達などのオプションを付けることもできます。

現金書留にかかる費用

現金書留にかかる費用は以下の通りです。

・封筒代:21円
・基本料金:82円
・現金書留料金:430円(1万円まで)、それ以降は5,000円ごとに10円加算

オプション料金は以下の通りです。

・速達:280円
・配達日指定:31円(平日指定)、210円(日曜祝日)
・時間指定:330円

時間指定は、午前・午後・夜間の3つです。

お金は普通郵便では送金できない

普通郵便でお金を送金するのは法律違反です。お金を送金する時は、必ず現金書留を利用してください。普通郵便で送ったことが発覚すると、最寄りの郵便局に呼び出され料金を請求されます。

現金書留以外でお金を送金する方法

現金書留以外でお金を送金するなら、定額小為替(ていがくこかわせ)がおすすめです。

郵便局の貯金窓口から申し込め、50円から送金できます。送金額に応じて、50円・100円・150円・200円・250円・300円・350円・400円・450円・500円・750円・1000円という、定額小為替証書が発行されます。

かなり細かく金額が指定されており、送金額によっては現金書留よりコストを抑えて送金できます。

定額小為替なら、普通郵便でお金を送金できます。基本料金は1枚につき一律100円です。

受け取る時は、身分証を郵便局の窓口に持っていきます。

お金を送金するときは一番安くなるものを選ぶ

お金を郵送する方法としては、現金書留が一般的です。小さい金額なら定額小為替の方が安く送金できます。

お金を送金する際は、一番安く済む方法を選ぶことが大切です。

個人間送金アプリを使えば割り勘も簡単

お金を簡単に送金する方法として、個人間送金アプリも普及してきています。個人間送金アプリを利用すれば、仲間同士で簡単に送金し合えます。割り勘する時にもオススメです。

個人間送金アプリの使い方

まずは、専用のアプリをダウンロードしましょう。ダウンロードしたら、必要な金額をチャージします。銀行口座・クレジットカードなどでチャージ可能です。

これで準備完了です。相手を選択し、金額を入力して送金してください。

個人間送金アプリでは、相手先の銀行口座クレジット情報などは必要ありません。送金手数料も無料なため、仲間内で簡単に送金しあえます。アプリに対応していれば、実店舗やネット通販サイトでも利用できます。

個人間送金アプリの種類

個人間送金アプリには3つの種類があります。

1.資金移動業者型
2.収納代行業者型
3.前払式支払手段発行業者型

種類ごとに特徴もあるため、状況に応じて使い分けましょう。

個人間送金ができるサービス

個人間送金ができるサービスはたくさんリリースされています。

ここでは、日本でも使える個人間送金サービスを紹介していきます。

LINE Pay

・運営元:LINE株式会社
・本人確認:必要
・種類:資金移動業者
・送金手数料:無料
・決済機能:あり
・支払い方法:チャージ残高
・送金限度額:1回/1日10万円
・残高出金:可能
・残高出金手数料:200円(税別)
・出金可能銀行:三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行など(60行以上)

LINE PayはLINE株式会社が提供する送金サービスです。割り勘機能もついています。

メリット
・利用者数が多い
・JCB加盟店でチャージ残高を利用できる
・QRコード決済も可能

デメリット
・銀行口座の登録が必須
・出金手数料がかかる
・操作が複雑

pring

・運営元:株式会社pring
・本人確認:必要
・種類:資金移動業者
・送金手数料:無料
・決済機能:あり
・支払い方法:チャージ残高
・送金限度額:1日100万円
・残高出金:可能
・残高出金手数料:無料
・出金可能銀行:みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、近畿大阪銀行、東邦銀行、北九州銀行

pringはメタップスの子会社が提供している送金サービスです。残高出金手数料が無料で、1円単位で出金できます。

メリット
・残高出金手数料が無料
・使いやすい

デメリット
・利用者が少ない
・チャージ残高を利用できる加盟店が少ない

Kyash

・運営元:株式会社Kyash
・本人確認:不要
・種類:前払式手段発行業
・送金手数料:無料
・決済機能:あり
・支払い方法:チャージ残高
・送金限度額:1回5万円、1ヶ月10万円
・残高出金:不可
・出金可能銀行:なし
・残高出金手数料:不可

Kyashは本人確認がいらない送金サービスです。Kyashバーチャルカード・リアルカードを発行すれば、VISAに加盟しているショップでも利用可能です。

メリット
・オートチャージできる
・2%の還元率でポイントがつく
・本人確認がいらない

デメリット
・残高出金機能がない

PayPay

・運営元:PayPay株式会社
・本人確認:不要
・種類:前払式手段発行業
・送金手数料:無料
・決済機能:あり
・支払い方法:チャージ残高
・送金限度額:–
・残高出金:不可
・出金可能銀行:なし
・残高出金手数料:不可

PayPayはソフトバンクとヤフーが共同運営している送金サービスです。QRコードでも送金できます。銀行口座やクレジットカードなどから事前にチャージ(PayPayライト)して送金します。お得に使えるキャッシュバック(0.5%)や入会キャンペーンなども豊富です。

メリット
・本人確認がいらない
・クレジットカードからチャージできる

デメリット
・キャッシュバック(0.5%)や入会キャンペーンなどで手に入れたポイントを送金に使えない
・日本円として出金できない
・VISAなどの国際ブランド加盟店で利用できない

Money Tap

・運営元:SBI Ripple Asia株式会社
・本人確認:あり
・種類:電子決済等代行業
・送金手数料:無料
・決済機能:なし
・支払意方法:口座残高
・送金限度額:1回3万円、1日10万円
・残高出金:可能
・残高出金手数料:–
・出金可能銀行:–
住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行。

Money Tapは住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行が提供する送金サービスです。口座間で仮想通貨リップルをスムーズに送金します。アプリを利用するため、24時間365日いつでも送金可能です。送金手数料は基本的に無料ですが、2019年3月末以降、りそな銀行の他行宛て送金手数料が50円(税別)になります。

メリット
・保有している口座間で直接送金できる
・口座に直接振り込むため出金も簡単
・自身の口座間でも送金できる

デメリット
・利用者が少ない

まとめ

お金を送金する方法は銀行振込が一般的です。郵送したい場合は、現金書留を利用しましょう。少ない金額であれば、定額小為替もおすすめです。個人間送金アプリを使えば、手数料無料で送金しあえます。日本では普及していないサービスも多いので、この機会に利用してみてください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法