スキル

稼ぐ人の思考法を知れば、あなたも稼げる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「稼ぐ」とはいっても、普通に会社勤めをしたりアルバイトをしたりといったレベルのものではなく、いわゆる「お金持ち」になる人を想定しています。お金を稼ぐことに関して上手くいかない人は、この記事を参考にしてください。稼ぐ人の思考法を身につけることは、稼ぐための一番の近道です。

ポジティブシンキングとネガティブシンキング

最初は、ポジティブシンキングネガティブシンキングについて考えてみましょう。考え方は大きく2つに分かれます。

お金を稼ぐチャンスに遭遇したとき、ポジティブに思考できる人でなければ、積極的に挑戦することができずにチャンスを逃してしまう」、という理由でポジティブシンキングが大事なのだという考え方と、「不確実性の高い時代には、不用意に行動を起こせばいいというものではない、慎重な判断こそが求められる」、という理由でネガティブシンキングであることが成功するためには必要だ、という考え方です。しかし実際には、お金を稼ぐためには、どちらの要素も必要になります。

ポジティブシンキングの強みと弱み

ポジティブに物事を捉えることには、プラスの面があることは間違いありません。先ほども書いたように、「今がチャンスだ」と思ったときに積極的に行動を起こすことは、成功への鍵です。

とくに、大金を得るためには、まだ誰も手を付けていない分野をいち早く開拓することが必要になるケースが非常に多いです。そのようなときに必要なのは、失敗をおそれないポジティブな思考です。

一方で、自分が置かれた状況を顧みることなく、常にポジティブでいれば良いというものでもありません。「失敗をおそれない」という姿勢によって、一旦生じ始めた損失が、より大きくなってしまうこともあります。どのような状況でもポジティブであれば良いというものではないのです。

たとえば、株の取引をする場合、大きく儲けるためには、多少の危険はあっても一気に資金を投入することが必要になる局面があります。一方で、市場が冷え込んでいるときに無謀な投資をしても、損を大きくするだけです。状況を見て動くことが大事です。

ネガティブシンキングの強みと弱み

ネガティブシンキングは、基本的にはポジティブシンキングの裏返しになります。ネガティブに思考する人は、常に先のことを考えて、失敗する可能性を極力抑えながら行動します。確かに、こういった思考の人は、大きな失敗をしにくくはなります。

しかし、一方で大きなチャンスを逃すことになりかねません。先ほども書いたように、大きく稼ぐためには、誰も手を付けていない新しい分野を自ら切り開いていくことが必要です。先のことを考えて失敗を怖れていては、小さな成功は掴めても、大きな成功は掴めません。

結局、ポジティブシンキングにも、ネガティブシンキングにも強みもあれば、弱みもあります。「どちらか一方でなければいけない」というのは、間違いです。人生の局面に応じて、時には積極的に、時には消極的に思考することが必要なのです。

「稼ぐ人」「稼げない人」は、こう考える

お金を稼ぐために役に立つものとしては、学歴や資格、資産などさまざまなものがあります。しかし、これらを持っている人でも、実際には稼ぐことができずに貧乏になってしまうこともあります。

「稼ぐ」と「稼げない」を分けるものの一つが、物事に対する考え方です。考え方一つで、どんな環境にある人でも稼げるようになります。

ここからは、お金を「稼ぐ人」と「稼げない人」の物事に対する考え方の違いについて、いくつか見ていきます。「自分は、どちらの思考になっているか」を考えながら読んでみてください。

自分にとっての成功のイメージがあるか否か

たとえば、会社に入ったとき、自分にとっての成功をイメージしているか否かによって、「稼ぐ人」になれるか、「稼げない人」になってしまうかが変わります。「その会社で出世すること」が自分にとっての成功であるとイメージできている人であれば、出世のために仕事に精を出すことでしょう。そして、単に目先の仕事をこなすことだけでなく、将来のための仕事を意識するはずです。

一方で、成功のイメージがない人は、上司の命令で目の前の仕事を片付けることに終始します。やりがいもなければ、出世もできません。

そして、「お金を貯めて独立すること」が自分にとっての成功であるというイメージがあれば、自分の将来のために勉強をしたり資格を取ったりするはずです。会社の仕事も、必要なお金を貯めるために頑張れるはずです。

大事なのは、成功の具体的なイメージです。漠然としたイメージでは強いモチベーションにはなりません。自分にとっての成功とは何か、何のためにお金を稼ぎたいのか、しっかりと考えてみることが重要です。

「時間を使っている」ということに意識を向けているか

よく言われることですが、時間は有限であり、誰にも平等に与えられているものです。何となく過ごしている時間も、集中して何かをしている時間も、同じ時間です。ボーっとしている間も、それは時間を使っていることに他なりません。

もちろん、人間は、常に集中して仕事をしたり勉強をしたりできるわけではありません。リラックスタイムは必ず必要になります。ただし、「何となく休む」のではなく、「しっかり休む」ことが時間を無駄に使わないことになります。

たとえば、同じ1時間でも、ボーっとテレビを見ていた後は、むしろ気だるく、その後で頑張ることができません。もし、その時間に軽い運動をして、シャワーを浴びて汗を流してスッキリした気分になっていれば、その後の仕事や勉強は充実したものになるでしょう。

こういった生活を毎日繰り返して数年が経つと、どのように時間を使っていたかは大きな差になります。何をしているときも、「時間を使っている」ことを意識することによって、無駄に時間を過ごすことがなくなり、「稼ぐ人」に近づいていけるのです。

自分の価値を認めているか否か

自分の価値を自身が認めているか否かというのも、稼ぐ人になるためには非常に重要です。起業する場合やフリーランスで仕事をする場合を考えていただければ分かりやすいのですが、自分で自分の価値をちゃんと認めている人は、自分の仕事を自信を持って売り込むことができます。また、自分の仕事に対して適正な対価を要求することにもためらいがありません

これに対して、自分の価値を自分で認めることができない人は、他人に自分をアピールすることも苦手で、報酬を要求することに引け目を感じてしまいます。「稼げる」のは、自分の価値を認めている人です。自尊心という言葉に言い換えてもいいでしょう。

自尊心を持った人間に成長できるかどうかは、幼少期の体験なども影響が大きいので、簡単に自尊心を持った人になることは難しいですが、自分で自分の価値を認めることができていない人は、この記事をきっかけに、些細なことでもいいので自分で自分を褒めることをしてみてください。繰り返すことで、徐々に自尊心を取り戻すことができます。

「稼いでいる人」の思考法に学ぶ

漫然と「稼ぐ人になりたい」と思っていても、どのように考え行動すべきかは明らかになりません。

このようなときに参考になるのは、実際に「稼いでいる人」の考え方や行動です。

一流を目指す、一流の人に学ぶ

まず目標を高く持つことです。やるからには、その道の一流になることを目指しましょう。一流を目指した結果、二流で終わることはあるかもしれませんが、最初から二流を目指していたのでは三流の実力も付きません。

そして、一流を目指すからには、一流の人に学びたいものです。身近に一流と呼べる人がいるとは限りませんが、その場合は、書物などを参考にしてもいいでしょう。

大きく稼ぐためには、人と同じことをやっていてはダメです。周りの人から抜きん出るためには、その道のトップを目指す必要があります

自分の利益になるものを買う

「稼ぐ人」になるためには、お金の使い方も非常に重要です。お金は使わなければ貯まるというものではありません。使ったお金が、それ以上の利益を自分にもたらしてくれるのであれは、積極的に使うべきなのです。

これは単なる浪費とは大きく異なります。「欲しいから買う」「必要だから買う」といった思考から抜け出して、「自分に利益のなるものを買う」という思考に転換できれば、購入するものは、今までと違ってくるはずです。

多角的にものを見る

例えば、あなたの手元に、お気に入りのコップがあったとします。気に入った理由は何でしょうか。使いやすさかもしれませんし、色や形かもしれません。手や口で触れたときの心地良さかもしれません。

コップという一つのものに対しても、様々な要素があり、色々な見方があります。普段は意識していないかもしれませんが、その気になれば色々な角度から分析できるはずです。

他には、例えば、あなたが何かに困っているとき、「困ったな」で終わってしまっては、進歩はありません。そこで、「困っていることの解決方法を考える」と一歩進みます。そこから、更に進んで、「同じことで困っている人に、解決方法を提案できないか?」とまで思考が進むと、「稼げる」かもしれません。

このとき、「性別が違ったら」とか「お年寄りだったら」といった風に発想を広げていくことができれば、次のアイデアに繋がります。

色々な角度から物を見ることで、身近に転がっている稼ぐためのヒントを掴むことができるのです。

苦手な人にも、あえて近づく

苦手の内容にもよりますが、「その人に会うとコンプレックスを感じる」ために会いたくないと思う人は、あなたにとって学ぶべきところが多い人です。こういった人を避けずに、積極的に付き合っていくと、自分を高めることができます。

また、自分と感性が近い人と一緒にいると安心できます。逆に、自分にない感性を持った人といるのは、落ち着かず不安になります。このような場合も、あえて自分とは違った感性の持ち主と接するようにすれば、刺激を受けて自分を成長させるきっかけにできます

一旦始めたことは、簡単には諦めない

1円起業という言葉がありますが、15年ほど前に会社法が改正されてから、資本金1円でも会社を作れるようになりました。それ以前に比べると、格段に起業は容易になりましたが、その分、簡単に諦めて廃業をしてしまう人も増えました。一時的にお金を掴むことができたとしても、多少の困難ですぐに諦めてしまったのでは、後が続きません。

本当の成功者になるためには、成功し続けてくことが必要です。そのためには、一度始めたことは簡単には諦めないことです。一つの目安としては、3年間です。逆に言えば、「最低でも3年間は続ける」という覚悟がないなら、始めるべきではないともいえます。

失敗を恐れない、失敗から逃げない

失敗を恐れていては、成功を掴むことはできません。さまざまなケースを想定して、対処法を検討しておく必要はありますが、十分な対策を検討したら、後は失敗を恐れずに立ち向かうことが必要です。

そして、もし失敗をしてしまっても、最後まで責任を持って対処しましょう。たとえ失敗しても対処を間違えなければ、次につながります。

「稼げない人」の思考法・行動も知っておこう

ここまでは、「稼ぐ人」に注目してきましたが、自分を省みるためには、「稼げない人」について知っておくことも重要です。ここからは、「稼げない人」の思考法や行動、その他の特徴についてご紹介しますので、自分が同じことをしていないか、振り返ってみてください。

お金に関することで苦労をしたことがない

大金を稼ぐ人の中には、子供の頃にひどい貧乏だったとか、知り合いの借金の保証人になって酷い目にあったといった、お金に関することで苦労をした人が少なくありません。お金で苦労したからこそ、お金持ちになりたい、もっと稼ぎたいという強い想いが生まれるというケースが多いわけです。

とくに、食うや食わずといった生活をしたことがある人は、「お金を稼ぐ」ことに強いモチベーションがあります。逆に、こういった体験がない人は、お金を稼ぐ意欲が小さく「稼げない人」になってしまうことがあるのです。

お金を稼ぐことへの意欲が小さい

お金を稼ぐことへの意欲が小さい人は、ある意味幸せな人かもしれません。お金に困ったことがない人だからです。このタイプの人は、無理にお金を稼ごうとしないというのも生き方の一つです。もし、そんな自分を変えたいと思うのであれば、お金を失う経験をしてみるのも、自分を変える方法の一つです。

そうはいっても、ただお金を捨てるのでは意味がありませんから、「普通では簡単には手を出せないリスキーな投資をしてみる」といったことがオススメです。もし、投資が上手くいって、お金が儲かれば、それはそれで悪くないことです。

それ以外の方法としては、次にご紹介するように、最悪の未来を想像してみるのもいいかもしれません。先行き不透明な世の中ですから、色々と悪いことを想像していると、「お金を稼がないとヤバイ」という気分になってきます。

将来のことを漠然としか考えていない

お金を稼げない人のかなり多くがこのタイプかもしれません。漫然と毎日生活をして、生きていく上で必要な最低限のお金が稼げていれば、それで十分。そんな考え方をしている人です。

このタイプの人は、将来を想像する力が乏しいのです。改めて考えてみると、将来が安泰であるとは誰にも断言できません。

病気になったり、事故にあったりといったことは誰にでも起こり得ることで、自分が無事であったとしても、家族に同様のことが起これば、経済的に困窮する可能性はいくらでもあります。務めている会社が倒産したり、自然災害に見舞われたりすることもあるかもしれません。お金を稼ぐ意欲が小さい人は、今の生活がいつまでも続いていくと何となく思ってしまっているのですが、現在の日常はいつ壊れても不思議ではないものなのです。

もっとも、普段からマイナスのことばかり考えていても精神的に不健康になるので、常にこういったことを考えている必要はありません。しかし、時には、将来のことを色々と具体的に考えてみるようにすれば、「稼げるときに稼ぐ」ことが極めて重要であることが分かるはずです。この記事をここまで読んでいる人は、「稼ぎたい」という意欲がある人だと思いますが、もし、稼ぐことへのモチベーションが下がってしまったときは、最悪の未来を想像してみてください。

出費を省みない

これは無駄遣いをする、浪費癖があると言い換えてもいいでしょう。自分が使ったお金について、意識的に管理をしていない人は、「稼ぐ人」にはなれません。

お金を使うことと、稼ぐことは別物という考え方もできるかもしれませんが、稼げるようになるには、コスト意識を持つことが絶対に必要です。この記事で、お金持ちの思考方法として、「自分の利益になるものを買う」というのを挙げましたが、そのためのお金を作るには、無駄なことにお金を使ってはいられません。

お金を「稼ぐだけ稼いで、使いたいだけ使う」、そのような生き方が許されるのは、余程才能に恵まれた一握りの人だけです。あなたが一握りの天才でないのなら、出費のことにも意識を向ける必要があります。

月々に発生しているコストに目を向けていない

これは出費に意識を向けることの一つですが、月々に発生している固定費というものがあります。個人であれば、携帯電話の料金だとか、賃貸住宅に住んでいる場合の家賃といったものです。法人の場合であれば、人件費などがこれに当たります。

これらは月々に支払っているものなので、いつの間にか支払っていることが当然のことになってしまって、意識が向かなくなります。このように無意識に使っている費用については、本当に出す必要があるものなのか、節約することはできないのか、検討してみましょう

たとえば、携帯電話は本当に必要なのか、もっと安いプランにはできないのか、考えてみてください。実家に住めば家賃は要らなくなります。会社の場合であれば、余剰人員は大きなコスト要因です。

固定費を削ることに成功すれば、その後は毎月節約できることになるので、効果は大きいです。

色々な記念日を祝っている

記念日を祝うことは、必ずしも悪いことではありません。ただし、それは本当に大事な人の大事な記念日を祝う場合です。

とくに親しくもない人の誕生日を祝う会に惰性で参加していたり、贈りたくも貰いたくもないプレゼントを贈りあったり、そのようなことをしていないでしょうか。こういった惰性で続けている人付き合いを断ち切ることができないのは、「稼げない人」の特徴です。

すべてのお祝い事を否定するわけではありませんが、本当にあなたが参加する価値があるものなのか、もう一度考えてみてください。とくに価値がないものであるなら、思い切って参加を取りやめることで、お金も時間も無駄になりません。

ギャンブル・宝くじをやめられない

ギャンブルや宝くじをやめられないというのも「稼げない人」の特徴です。「ギャンブルはやらないけど、宝くじは買う」という人も多いかもしれませんが、宝くじは、かなりたちの悪いギャンブルです。購入された金額の半分以上が回収され、購入者に還元されないので、宝くじは普通のギャンブルよりもむしろ損をする確率が高いということを知っておくべきです。

運営費への回収率
宝くじ55%
競馬25%
パチンコ15%
オンラインカジノ1%

論理的な思考ができる人であれば、宝くじを買うくらいなら、投資に回します。

自己肯定感が低い人

「自分の価値を認められない人」について、解説しましたが、それとほぼ同じです。自分を肯定できない人は、ブランド物を身につけて、見かけだけの価値を高めようとしたりします。

また、むやみに他人に奢ってあげて感謝されようとするのも、自分に自信がないからという場合が少なくありません。自己肯定感が低いことで、無駄な出費が増えているわけです。自己肯定感が低い、自分で自分の価値を認められないというのは、無駄な出費を招いて、「稼げない」ことにつながります。

時間管理ができない

この点も、既に触れました。時間を無駄にするというのは、大きな損失であると知るべきです。

他人よりも稼ぐためには、そのために使う時間を確保する必要があります。無駄に使っている時間を減らす、そして利益を生む活動に時間を使う、それができない人は決して「稼げる人」にはなれません。

なお、この視点を持つと、お金の使い方も変わります。たとえば、食器洗浄機を買えば、皿洗いにかける時間を大幅に省けます。時間を大事にするようになれば、「時間が節約できるなら、そのためにはお金を惜しまない」そういった思考に変わっていくのです。

身近な人の意見を参考にする

「身近な人の意見をよく聞く」というのは、実は「稼げない人」の特徴です。「稼ぐ人」の思考方法を解説したところで、「一流の人に学ぶ」ことが大事であると述べましたが、身近な人は多くの場合、一流の人ではないからです。

身近な人の意見を参考にして得られるのは、平凡な結果でしかありません。一流の結果を残したいなら、身近な人の意見を聞き過ぎてはいけません。身近な人に意見を求めるくらいなら、一流の人が書いた書物の中に答えを求めた方が賢明です。

まとめ

「稼ぐ人」の思考法について、解説してきました。「稼げない人」についても解説したので、自分が現在どちら側の人間になっているのか、この記事をよく読んで分析してみてください。

そして、「稼ぐ人」の思考法を身につけましょう。思考法が変わるだけで、「稼げる人」に大きく近づくことができるはずです。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る