物販

eBayで出品する時の手数料について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

eBayはオンラインビジネスで海外商品を仕入れるのにぴったりの、全世界で人気のオンラインマーケットです。
今回はそのeBayでの手数料についてご紹介します。
eBayを使う上でとても大切なことなので、ぜひ参考にしてください。

eBayを使用する時の手数料を知るべき理由は?

eBayを利用するにあたって手数料はとても重要ですが、その理由をご紹介します。

eBayの手数料は複雑

ヤフオクやメルカリと同様で、プラットホームを借りて販売するeBayでは手数料がかかります。
eBayの手数料は少し複雑で、細かいルールがたくさんあります。
また、その金額も割高なのでeBayの手数料についての知識はしっかりと理解してく必要があります。

商品が売れた時にどれぐらいの利益が出ているのかを把握するためにもとても大切です。
出品数や商品のジャンルによっても手数料の変動があり、知らずにeBayを利用すると想像以上の手数料がかかる場合があるのでしっかりと理解しましょう。

eBayでの収支を管理する上で理解する必要がある

手数料を踏まえて仕入れ値や販売額を考えておかないと、思ったように利益が出ない場合があります。
eBayを利用して販売ビジネスをするのであれば収支の管理は必須になります。
特にeBayでは手数料が高額になるケースもあるので、利益を出したいのであれば把握しておきましょう。

eBayでは出品形態やジャンルによって手数料が違う

eBayでは毎月50品まで出品が無料というルールがあります。
一部のカテゴリーを除いて、51品目からは手数料がかかる仕組みになっています。
たとえば、「書籍」「DVD」「音楽」「ゲーム」を固定価格で出品する場合は0.05$かかります。
また、オークション形式で出品する場合は0.30$の手数料がかかります。カテゴリによっては100品目まで手数料が無料のものもあるので事前にチェックしましょう。

101品目からは0.30$の手数料が発生するので、取り扱い商品が増えた時には注意しておきましょう。

eBayの手数料を理解しないと損をする

商品の販売価格は仕入れ値や経費などを含めた上で、利益がでる金額を設定します。

eBayを使い始めた時に陥りやすいミスとして、手数料を含まずに考えると知らないうちに赤字を出してしまうこともあり得ます。
eBayの手数料は経費として管理しないと損をすることがあるので、しっかりと理解しておきましょう。

eBayで実際にかかる手数料とは?

eBayでの手数料は他に比べると高く感じると思います。
国内で人気のヤフオクの落札手数料は8.64%でメルカリは10%です。
ではeBayはどれくらいなのかをご紹介していきます。

出品する時の手数料

毎月50品までは出品手数料は無料で、特定のカテゴリーでは100品まで手数料が無料です。

この画像を参考に見ていきます。

出品画面の最後に手数料が表示され、この手数料はカテゴリによって変動があります
この場合は0.3$です。ほかのオプションをつけていくともっと高額になります。
この手数料は商品が売れなくても返金されることはありません。
eBayでは毎月約一週間の出品手数料無料の期間が設けられます。
その時刻などは日本時間ではないので注意しましょう。

落札する時の手数料

eBayの落札手数料は10%です。

マイページの「Account」を選ぶと、支払った手数料の確認ができます。

画像の場合は1.45$と書かれているのが手数料で、まだ未払いの状態です。

手数料の詳細な一覧は「Fees」から見ることができます。

eBayでのストアを維持する手数料

これは全員にかかるものではありませんが、eBayストアを利用する人にかかる手数料です。
ストアとはeBay内で作れるオンラインショップで、実店舗を持たなくても好きな商品を販売できます。
また、デザイン性を豊かにしたり、いろいろな機能が使えるようになります。
このストアの手数料には3つの種類があります。


「Basicは250品まで無料で出品できて月26.95$」、「Premiumは1000品まで無料で出品できて80.95$」、「Anchorは10000品まで無料で出品できて377.95$」となっています。
実店舗を持つことを考えれば格安で多くの商品を出品できます。
利益が安定して出るようになればストアも検討しましょう。

PayPalの手数料

PayPalとはeBayをはじめ、さまざまなオンラインショップで使用されるシステムで、その利用にも出品者負担の手数料がかかります。
手数料はかかりますが日本人でも使いやすく、海外との金銭トラブルを避けるためにもとてもおすすめです。
たとえば2500円で仕入れた商品が5000円で売れた時に今ご紹介した手数料を加味すると、落札手数料が500円、PayPal手数料が220円、送料1000円、仕入れ2500円として、利益は780円です。

PayPalで売上金を出金する時の手数料

PayPalでは出金を行う時にも手数料がかかります。
PayPal独自のレートで計算され、そのレートはその時点のレートよりおよそ3円程度低く計算されます。
たとえば1$110円だとすると、PayPalのレートでは107円になります。

この差額と口座へ49,999円以下の資金を移動する際には、250円の手数料がかかります。
5万円以上の場合は250円はかかりません。

出品ページをアップグレードする手数料

オプション手数料というものがeBayにはあり「optional fee」と呼ばれています。
この機能は商品を出品する際にオプションを追加する手数料です。

全部つけると手数料だけで高額になるので、必要最低限のものだけにしましょう。
商品の金額によって手数料が変わります。

$150未満の商品で出品期間が1、3、5、7、10日の場合は

Gallery Plus $0.35
Listing Designer$0.1
Subtitle$0.5
Value Pack$0.65
Bold$2

$150以上の商品で出品期間が1、3、5、7、10日の場合

Gallery Plus $0.7
Listing Designer$0.2
Subtitle$1
Value Pack$1.3
Bold$3

以上の手数料がかかりますが、売れる自信のあるものや目玉商品にオプションをつけると効率よく販売できます。

eBayでの手数料を簡単に計算する方法

手数料を把握することは大切ですが、毎回計算するのはとても大変な手間になります。

落札金額の15%ほどが一つの目安にもなりますが、eBayのサイトでも計算することが可能です。

feeillustratorで手数料を確認する

こちらがURLです。

まずはカテゴリを選択します。

その次は該当の出品方法に、金額を入力します。

次は1ヵ月あたりの出品数を入力します。
その下はTRSセラーで販売手数料の割引を受けていれば入力します。

次の欄には月の販売個数平均と、販売額を順に入力します。

最後に平均送料とストアの契約方法を選択します。

ストアの種類毎の手数料が表示されて、一番お得なストアが緑色で表示されるようになっています。

eBayで100ドル売った時の手数料

商品を即決形式で100$で売って、送料と出品手数料は無料、1$110円の場合の手数料を計算します。
販売価格の100$から以下の手数料が引かれます。
eBay販売手数料10$とPayPal手数料の3.9$+40円の「13.9$+40円」がかかります。
1$110円だとすると1569円が手数料になります。
eBayでは一度入金されてから手数料だけを改めて引かれます。
また、取引回数によっては割引されることもあるので、その場合は金額に変動があります。

手数料の支払い方法と確認方法

PayPalの手数料は自動的に引かれる仕組みになっています。
eBayの手数料は自動で支払う方法と自分で払う方法の2パターンあります。

登録した当初は自動支払いはできなくて、ある程度溜まってから支払い通知がくる仕組みになっています。
支払いをしないと出品できないシステムなので、支払い忘れもありません。

手数料を自動で支払う方法

以下の画像を参考に設定方法をご紹介します。

マイページから「Account」を選び「Change automatic payment method」をクリックします。

そのあとにSet up Automatic Paymentsををクリックすれば設定完了です。

手数料を自分で支払う方法

自分で支払う方法についてご紹介します。

マイページの「Account」の「one-time payment」をクリックします。

表示されている金額を確認して「Pay」をクリックします。
そのあとにログイン画面が表示されるので「同意して続行」をクリックすれば完了です。

手数料の確認方法について

手数料を確認する方法もご紹介します。

①「Latest invoice amount」はその月の請求金額のことを表示しています。

②「New Activity applied to the latest invoice noted above」は返金などで払い戻され、creditsとして記載される金額です。

③「Amount due as of」はその日付時点での請求予定金額が表示されています。

④「New activity not yet invoiced」は来月の請求予定金額が表示されています。

⑤「Current Balance」今月と来月の合計請求金額が表示されています。

eBayの手数料が高い理由と対策は?

eBayは他のサイトに比べると手数料が高く感じる場合があります。
手数料が高いのにも理由があるので、次にその理由をご紹介します。

手数料が安ければよい訳でもない

たとえば手数料を安く済ますために、自身でショッピングサイトを作ったり他のサイトを利用することも可能です。
ただ、eBayと同じような集客もいきなりはできません。
また、eBayでの手数料が高いといってもリアル店舗の維持費とは比べ物にはなりません。

eBayでの手数料は他と比べると高く感じますが、その手数料で得られる集客や便利なシステムを考えると決して高くはありません
手数料を安く済ませることだけを考えると、逆に損をする可能性があります。

ストア登録をして手数料を安くする

eBayのストアに登録して、手数料をできるだけ安くする方法があります。
先ほどご説明したように無料出品数も増えますし、落札手数料を安くすることもできます。

カテゴリーにもよりますが、通常10%の落札手数料が3.5%から9.15%まで安くなります。
手数料が安くなった分、値引きや仕入れに資金を回すことが可能になります。

請求された手数料の確認方法

請求されている手数料を確認する方法をご紹介します。
手数料の確認方法は2つあり、直近の手数料を確認したい時と1ヵ月分の手数料をまとめて確認する時に分けてご紹介します。

直近の手数料を確認する方法

ebayのマイページから「Account」「Fee」の順にクリックしてページにアクセスします。


Feeのタブからより詳細な手数料を確認することもできます。

簡単に確認できるので、取引があった時にはこまめに確認しましょう。

直近1ヵ月分の手数料をまとめて確認する方法

eBayから、毎月20日頃に1ヵ月分の請求書がメールで送られてきます。
メールのView Invoiceボタンをクリックして手数料を確認できます。

表示されるページでは1ヵ月分の手数料を確認できます。
出品数が多いとその分手数料の件数も増えて、ページが分かれている場合があります。
その時はSingle Page Viewをクリックすると1ページで表示ができます。

この場合はリスティングのアップグレード機能利用料が$20.52

手数料請求の詳細は「Special Duration Fee」という機能を使用していたことで請求されていました。
この機能は出品後に取り消すことはできませんが、ギャラリープラスやサブタイトルなどの機能はあとで外すことが可能です。

リスティングのアップデート機能を外したい時

マイページから「Selling」をクリックして「Listings」から「Active」をクリックします。
商品を表示して、リスティングのアップグレード機能が適用されている商品にチェックをして「Edit」をクリックします。

その後「Edit fields」をクリックして、「Gallery Plus」「Boldlisting upgrades」「International site visibility」を設定してしまった場合は「listing upgrades」をクリックします。
「Subtitle」を設定してしまった場合は「Title and subtitle」をクリックします。

アップグレード機能を外したい箇所で「Remove from all」を選択し「Save and close」を押します。
上記の方法でまとめて機能を外せます。

最後に「Submit changes」をして保存しすれば完了です。

PayPalの手数料の確認方法

PayPalの決済手数料は簡単にチェックできます。
ログインして、「取引」タブから決済手数料を確認したい取引を選択します。

赤枠の部分に決済手数料が表示されます。

eBayの手数料に関することをわかりやすくまとめると

手数料の計算は時間もかかり、あまり時間を取ることができない場合はだいたい15%かかると思っておくと間違いありません。
手数料を安くする工夫をする時は15%未満に抑えられるように意識すると節約できます。

eBayを利用する時の注意点3つ

まずは出品手数料と落札手数料とPayPalの手数料を考慮すること。
そして手数料の目安は15%ということ。
手数料を抑えるにはストア登録をするということ。

この3つを頭に入れておくと、慣れないうちでもスムーズに利用できます。
利益をあげる上では大切な要素なので、必ず頭に入れておきましょう。

eBayの出品手数料の払い戻しについて

eBayで商品が売れたあと、待っていても入金がされないという時は待っているだけではいけません。

入金を催促した後も支払いがされない場合は、きちんと対処をしましょう
そのまま放置しておくと支払いがなくても、落札手数料が引かれてしまうからです。
未払いが発生した時はセラーからケースを開き「unpaid item」を選びます。
その後eBayから購入者に連絡が入り「4日以内に支払ってください」という通知が行きます。

そのあと支払いがなければ、落札手数料が戻ってきます。
商品の金額が大きければ大きいほど落札手数料は高くなるので、処理漏れのないように注意しましょう。

まとめ

今回はeBayで発生する手数料についてご紹介しました。
きっちりと利益を出すためにも、手数料を把握する必要があります。
今回の内容を参考にして、eBayを上手に利用して利益を出してください。

一括出品、在庫管理、リサーチなどの作業を極限まで効率化
30日間無料で使用できるeBay輸出ツール「Nijuyon」




eBay輸出の出品、在庫管理、リサーチ、どれも売上が伸びてくるとそれぞれが膨大な作業量になり、すべてを手動で行っていては必ずどこかで稼ぎが頭打ちになります。

稼げるようになっても作業に追われて自由な時間がゼロでは本末転倒ですし、利益を拡大するためには効率化は避けて通れません。 eBay輸出の作業を効率化するツール「Nijuyon」を使えば

  • eBay上での手動出品と比べて約6倍のスピードで出品可能
  • 見やすい商品ページのテンプレートが自動適用
  • eBayの過去落札履歴から売れている商品を簡単リサーチ
  • Amazon.co.jp、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオクの在庫有無を簡単管理
  • ツール内からのメッセージ送信が可能なため外注化も安心
  • 世界最大のネットショップ構築サイト「Shopify」への出品も可能
  • リミットアップに必要な出品枠いっぱいの出品も容易
など、これ1つで仕入れ、出品、販売までを一括管理できてしまいます。初回30日間は無料で利用可能なので、まずは気軽に試してみてください。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法