物販

eBayで売れた商品を海外発送する方法!注意点やトラブルの対処法なども徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

eBayで売れた商品を海外発送するにはどうすればよいのでしょうか。

海外発送と聞くと難しく感じますが、実はそうでもありません。

ここではeBayで売れた商品を海外へ発送する方法を紹介します。注意点やトラブルの対処法なども解説しているので、是非参考にしてください。

海外発送する方法

日本から海外に発送する方法はいくつかあります。ここでは、海外へ商品を発送する方法についてみていきます。

おすすめの海外発送方法

国内から海外に発送する際に利用できる主な業者は以下の4社です。

・日本郵便
・DHL
・Fedex
・ヤマト運輸

eBayで売れた商品を海外へ発送する程度であれば、通常は日本郵便だけで十分です。ただし、30kg以上になると別の業者を利用することになります。

日本郵便で用意されている海外発送方法は以下の通りです。

・EMS(国際スピード郵便)
・SAL便(国際小包、小型包装物)
・船便(国際小包、小型包装物)
・航空便(国際小包、小型包装物)
・eパケット(小型包装物)
・eパケットライト(小型包装物)

海外発送で使うのは、「EMS」「SAL便」「eパケット」「eパケットライト」の4つです。

小型包装物とは

小型包装物とは、サイズや重さが小さめな商品のことです。EMS(国際スピード郵便)や国際小包よりも早く届けられます。

小型包装物について詳しく知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。
小形包装物 – 日本郵便

小型包装物のサイズ・重量制限は以下の通りです。

・2kgまで
・梱包時のダンボールの三辺の長さが90cmまで

サイズ・重量は梱包後のサイズを基準に計測されます。サイズと重量を測るのが面倒だという方は、以下の目安を参考にしてください。

・重量:仕入先サイトに載っている重量に1.3をかける
・サイズ:仕入先サイトに載っている長さに10㎝~15㎝プラスする

仕入先サイトに載っているサイズ・重量に、梱包材のサイズ等をプラスする感じです。

国際小包とは

国際小包は、一般的な商品を海外発送するときに使います。小型包装物と国際スピード郵便の中間と考えておけばよいでしょう。

国際小包について詳しく知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。
国際小包 – 日本郵便

国際小包のサイズ・重量制限は以下の通りです。

・三辺の長さは2m~3mまで
・30kgまで

国際小包は小型包装物より発送可能商品が多いですが、送料が高めです。同程度の送料で配達スピードが速い「国際スピード郵便(EMS)」を利用できるので、メリットはあまりないと言えるでしょう。

具体的な海外発送手段

ここでは、eBayで売れた商品を海外へ発送するために使う具体的な配送手段を見ていきます。

EMS(国際スピード郵便)

海外発送といえばEMSが有名です。国際発送の中では一番送料が高いですが、配達スピードが速いため多くのバイヤーに利用されています。税関をスムーズに通過できれば、アメリカまで2~3日で着きます。

EMSのサイズ・重量制限は以下の通りです。

・長さは大体3m以内まで
・30kgまで

大きくて重いものも送れるので、eBayでの基本的な海外発送方法になるでしょう。

料金表(EMS:取り扱い国すべて) – 日本郵便

上限200万円までの損害補償もついているため、カメラなどの高価な商品も送れます。発送個数によって割引が適用され、月50個以上の利用で10%割引されます。

EMSの割引サービス – 日本郵便

SAL便(国際小包、小型包装物)

海外への発送料金を安くしたいなら、SAL便がおすすめです。SAL便は飛行機の空きスペースを利用するため、送料が安くなっています。ただし、到着日数は3週間前後と遅めです。日数がかかっても送料を安くしたい場合におすすめです。

SAL便を利用するのは、小型包装物のみです。2kg以下の商品を送る場合にのみ利用しましょう。

また、SAL便は追加で410円支払えば追跡番号(書留)をつけられます。

書留をつけるには、自分と相手の住所を記入して、書留をつけたい旨を伝えてください。税関告知書に内容物や重さ・価格を書いて署名すれば申請完了です。税関告知書を郵便局からもらっておけば事前に記入もできます。

国際eパケット

国際eパケットは航空便並の配送スピードにも関わらず、送料が安い海外発送方法です。ただし、EMSより到着日数は遅めです。

国際eパケットのサイズ・重量制限は以下の通りです。

・長さは90cm以内まで
・重さは2㎏まで

大きいものは送れませんが、海外へ発送する方法としてよく使われています。書留が標準サービスとしてついており、6,000円までの損失補償も付いています。小物類の海外発送におすすめです。

国際eパケットライト

国際eパケットライトは、2016年にできた新しい海外発送方法です。

eパケットと同様のサイズ・重量制限で、配送スピードは遅めです。新しい発送方法のため配送可能国も多くありません。SAL便(小型包装物)の書留版と考えておけばよいでしょう。

eBayシッピングツールを使って海外発送を楽にしよう

eBayシッピングツールというツールをご存知でしょうか。ここではeBayシッピングツールについて紹介していきます。

eBayシッピングツールとは

eBayシッピングツールとは、eBayでの海外発送の手間を軽減するツールです。特に、初めて海外発送する場合におすすめです。

eBayシッピングツールの使い方

eBayシッピングツールの使い方をみていきましょう。

下記リンクから、eBayシッピングツールのサイトに移動しましょう。
Shipping Tool eBay Japan

ページに移動したら、ログインしてください。

ログインに成功すると、eBayと自動で連携されるはずです。

eBayと連携できたら、海外発送する商品の「ラベル発行」をクリックして、該当の発送方法を選んでください。

ラベル発行画面では、「アイテム名」「重量」「金額」「原産国」「発送詳細」を入力してください。

重量などは郵便局が測り直すので、詳しく入力する必要はありません。入力が完了したらラベル発行をクリックしてください。

ダウンロードが開始されれば完了です。

発送完了されたら、バイヤー側にも自動的に追跡番号が送付されます。大変便利なツールなので積極的に利用していきましょう。

海外発送トラブルについて

ここでは海外発送で起こりやすいトラブルについて解説していきたいと思います。

商品が届かない

最も多い発送トラブルが、「商品の不着」です。国内発送ではほとんどないと思いますが、海外発送では月に数件ほど未着の連絡が来ます。特にSAL便を利用するときは注意しましょう。

SAL便は航空機の空きスペースを利用するため、商品の見落としが起きやすく不着トラブルも多いです。

不着トラブルを避けるために、郵便事情が悪い国を最初から発送除外国に設定しておくのも良いでしょう。

商品の到着が遅い

到着遅延」もよくある海外発送トラブルです。

雪・台風などの天候や、地震などの自然災害によっては、到着日数が遅れる場合があります。

到着遅延は郵便局のホームページで確認できます。遅延がわかった時点でバイヤーに連絡を入れることが大切です。

商品の破損

郵便事情が悪い国では、商品を雑に扱う配達員も多いので注意しましょう。

海外発送はワレモノ指定ができないため、しっかり梱包することが大切です。

割れやすい商品を扱う場合は、海外発送しないのもひとつの手です。

発送商品の間違い

海外発送していると、発送する商品を間違えることもあります。発送する商品数が多いセラーにありがちなミスなので注意しましょう。

海外発送するときの注意点

ここでは海外発送するときの注意点について解説していきたいと思います。

荷受人が不在の場合は直接連絡する

荷受人が不在で郵便局が商品を預かっている場合、追跡結果が「保管」になります。保管状態のまま日数が過ぎると、商品が日本に返送されてしまいます。一週間程度で返送される国もあるようです。

「保管」状態を解消するには、バイヤーに直接連絡を取るのがおすすめです。日本のように再配達依頼がない国も多いので、直接バイヤーに取りに行ってもらうことが大切です。

荷物を追跡できない国もある

オーストラリア・カナダなどは、荷物が日本を出た時点で追跡ができなくなります。イスラエルや、コロンビア・ペルー・ブラジルなどの南米諸国も同様です。これらの国で配送トラブルが起こると、日本郵便に「調査請求書」を提出して追跡調査することになります。

「調査請求書」は、荷物の所在を調査してもらうために提出する書類です。調査には1か月くらいかかります。

商品が紛失しやすい国もある

ヨーロッパ(イタリア、フランス、スペインなど)と中東・南米全域は、商品紛失が起きやすい地域として知られています。これらの国に発送するときは、特に注意しましょう。

アメリカは比較的安心と言われています。

税関検査期間が長い国もある

ヨーロッパなどは税関検査が長いことで有名です。イタリアなどでは、2週間以上かかることもあります。

テロなどでも、検査期間が長くなります。

海外発送するときの梱包方法

海外発送トラブルを避けるには、商品の梱包状態も重要です。ここではおすすめの梱包資材などを紹介していきます。

海外発送リスクを減らす梱包のポイント

梱包のポイントは、「小さい、軽い、壊れにくい」です。

この3つを取り入れれば、梱包の手間もかからず送料を安く済ませられます。商品の破損リスクも抑えられるでしょう。

例えば、CD・DVDなどは海外発送に向いている商品です。ダンボールとクッション梱包を併用すれば、破損リスクはさらに軽減します。

クッション梱包だけでは重みに耐えられません。ダンボールと併用することで頑丈性が増します。

Amazonの梱包のように商品をビニールで固定するのもおすすめです。ラップなどを利用すれば、重量も増えません。

色々試してみて、自分に合った梱包方法を見つけてください。

商品重量を減らすコツ

商品重量を減らせれば、発送料金を抑えることができます。数グラム程度であれば、ダンボールの中抜きで対応可能です。

ダンボールの中抜き箇所は、蓋部分です。メインとなる蓋部分はカットできないので、蓋をした時に下になる部分をカットしていきます。この部分をカットするだけで、10グラム程度は重量カットできます。

ダンボールの中抜きは、「数グラムカットすれば送料が抑えられる時」におすすめです。

海外発送する方法まとめ

eBayに出品していた商品が売れた際の発送方法で活躍するのは、EMS(国際スピード郵便)やeパケットです。楽に海外発送したいなら、eBayシッピングツールを利用しましょう。eBayシッピングツールなら、「発送完了」や「追跡番号」などを自動で連絡してくれます。

海外発送のトラブルを避けるには、「小さい・軽い・壊れにくい」を意識しましょう。発送先の郵便事情を確認することも忘れないでください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法