物販

eBay出品者必見!おすすめの発送方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

eBayを利用して輸出を始めるとなると、配送の手配が1つの障壁となります。国際配送の方法は種類が多いため、どれを使ったらいいのか分かりにくいからです。

そこで今回は、eBay出品者に向けて、おすすめの配送方法を徹底解説します。

eBayで使える国際配送方法

最初にeBayで使える国際配送方法を解説します。

eBayで使える主な配送方法5選

eBay発送で利用できる配送業者は以下の5社です。

・日本郵便
・ヤマト運輸
・佐川急便
・Fedex
・DHL

30kgを超える荷物は佐川急便・Fedex・DHLのいずれかで発送する必要がありますが、30kg以下の荷物は日本郵便で送るのが一般的です。

日本郵便の国際配送サービス

日本郵便が提供している国際配送方法は以下の3つです。

・小型包装物
・国際小包
・国際スピード郵便(EMS)

小型包装物は三辺の合計が90cm以内・重量2kg以内、国際小包は三辺の合計が2~3m以内・重量30kg以内の荷物が配送可能です。国際スピード郵便(EMS)は配送先の地域によって若干異なりますが、最大辺の長さが1.5m以下・三辺の合計が3m以下・重量30kg以内の荷物の配送が可能です。

ただし、国際小包は、EMSより配送料が高いにも関わらず配送スピードが遅いためあまり使われません。国際発送で主に使うのは小型包装物と国際スピード郵便(EMS)です。

小型包装物の配送サービスは以下の7つです。

・SAL便(エコノミー航空便)
・SAL便(エコノミー航空便)書留
・eパケット
・eパケットライト
・航空便(AIR)
・航空便書留
・船便

目的別、最適な発送方法

続いて、目的別に最適な発送方法を解説します。

スピード重視ならEMS(国際スピード郵便)

とにかく早く届けたい場合はEMS(国際スピード郵便)がおすすめです。配送料は高いですが、その分優先して配送してもらえるため、配送スピードは最速です。追跡番号も発行されます。

配送可能な荷物の大きさ・重量は配送先によって異なります。詳しくは以下のページをご確認ください。

参考:EMS大きさ・重量制限一覧表 – 日本郵便

また、配送料も配送先によって異なります。

参考:料金表(EMS:取り扱い国すべて) – 日本郵便

とにかく安く配送したい場合は船便

とにかく安く済ませたい場合は船便がおすすめです。配送料はEMS(国際スピード郵便)の3分の1程度とかなり安くなっています。ただ、届くまでに数ヶ月ほどかかります。

コスパが良いのは国際eパケット

できるだけ早く、かつ安く発送したい場合は国際eパケットがおすすめです。国際eパケットは、EMS同様、デフォルトで書留が付いてくるため荷物の追跡が可能です。

航空便(AIR)書留と同じスピードで、かつ航空便(AIR)書留より安く発送できます。さらに、荷物が紛失した場合は、6,000円まで補償してもらえます。

国際郵便比較

国際郵便サービスを配送スピードが速い順に並べると以下のようになります。

1.EMS(国際スピード郵便)
2.国際eパケット・航空便
3.国際eパケットライト・SAL便
4.船便

配送料が安い順に並べると以下のようになります。

1.船便
2.SAL便(エコノミー航空便)
3.国際eパケットライト
4.SAL便書留
5.航空便(AIR)
6.国際eパケット
7.航空便書留
8.EMS(国際スピード郵便)

例えば、1kgの荷物を東京からロサンゼルスに発送する場合の配送料とお届け所要日数は以下のようになります。

EMS(国際スピード郵便):2,900円(2~3日)
国際eパケット:1,985円(5~8日)
国際eパケットライト:1,320円(2週間前後)
航空便(AIR):1,860円(5~8日)
航空便書留:2,270円(5~8日)
SAL便(エコノミー航空便):1,080円(2週間前後)
SAL便書留:1,490円(2週間前後)
船便:770円(2ヶ月前後)

落札から発送までの流れ

続いて、eBayでの商品の落札から発送までの流れを説明します。

落札商品の確認

商品が落札されると通知メールが届くので、落札された商品を確認しましょう。

まずeBayにログインして右上の「My eBay」から「Selling」を選択してください。

「Seller Hub」が開くので、「Orders」タブを選択して、「Awaiting Shipment」をクリックしてください。

これで落札済み(未発送)の商品リストを確認できるようになります。

落札者にお礼のメッセージ

落札された商品を確認したら、落札者にお礼のメッセージを送りましょう。

該当商品の「Print shipping label」から「Contact buyer」を選択してください。

入力欄が表示されるので英語でメッセージを入力した後、「Send message」をクリックしましょう。

シッピングツールで発送ラベル作成

続いて、シッピングツールを使って発送ラベルを作成します。シッピングツールの使い方は後述します。

商品の梱包

次に商品を梱包します。

外国の配送業者は日本の業者より荷物の扱いが雑です。国内に配送する場合より丁寧に梱包しましょう。

商品の発送

梱包が完了したら発送します。

国際郵便で発送する場合は、集荷を依頼するか郵便局に持ち込んでください。

国際配送は配送トラブルが多いので、荷物を追跡できるように必ず書留をつけましょう。

落札者に追跡番号を通知

商品を発送したら、落札者に追跡番号を伝えましょう。

「Print shipping label」から「Add tracking number」を選択してください。

追跡番号を追加して「Save」をクリックすれば追跡番号が通知されます。

落札者に発送完了連絡

加えて、落札者にお届け日数なども伝えておきましょう。

シッピングツール「Ship&co」の使い方

最後にシッピングツールを使って発送ラベルを作成する方法を解説します。

以前はeBayのシッピングツールが使えましたが、現在はサポート終了となってしまいました。そこで、代わりにおすすめするツールは「Ship&co」です。

Ship&coとは

Ship&co」はeBayを含めた多数のECサイトの発送ラベルをワンクリックで発行できるシッピングツールです。

非常に便利なツールですが、利用には1件につき20円かかります。

新規登録してeBayと連携

「Ship&co」の利用にはアカウント登録が必要です。

参考:Ship&co

アカウント登録が完了したら、ログインして「ショッピングシステムからオーダーを取込む」からeBayを選択してください。

eBayアカウント連携画面が出てくるので、「Agree」をクリックしてください。

商品の選択

アカウントの連携が完了すると、eBayのオーダーリストが取り込まれます。発送ラベルを発行したい注文にチェックを入れてください。

プルダウンメニューから配送方法を選んで、一括発行をクリックしてください。

発送ラベル発行

すると、ラベルが自動作成されて追跡状況もeBayに反映されます。

発送ラベルは以下のようになっています。

海外発送は慣れれば簡単

海外発送は最初は手間取りますが、一度やり方を覚えてしまえば簡単です。海外発送代行業者に依頼するという手もありますが、利用料がかかるため、自分で発送するのがおすすめです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る