物販

【初心者向け】ネットショップ開設におすすめのサービスと言えば、これ!

これからネットショップを開設して、「おすすめの商品を販売していきたい!」と考えている方もいますよね。しかし、どこでどうやってネットショップを開設したらよいか、よく分からないという方もいらっしゃることでしょう。

この記事では、これからネットショップを立ち上げたい方に向けて、ネットショップを開設するためのおすすめサービスを紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

初心者がネットショップを開設する上で気を付けるべき点

メルカリやヤフオクはすでに利用してきたけれど、ネットショップを開設するのは初めて、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずは、初心者がネットショップを開設する上で気を付けるべき点を紹介します。

ネットショップを開設してもすぐには売れない

メルカリやラクマなどのフリマアプリで商品を出品していると、出品して24時間以内に商品が売れることが多いです。しかし、ネットショップで商品を販売する場合は、フリマアプリのように出品してすぐに商品が売れていく、という訳にはいきません。

フリマアプリの場合は、アプリ内でユーザーが欲しい商品を検索すると、商品が一覧となって表示されます。そのため、出品して間もない商品は多くのユーザーの目にとまるチャンスがあり、商品もすぐに売れやすくなっています。

一方、ネットショップの場合は、開設したばかりの頃は知名度がほぼゼロなので、アクセスすらないことが多いです。まずは自分のネットショップや取り扱い商品を世間の人に知ってもらわなければなりません。

TwitterやInstagramなどで自分の商品に興味のありそうな人をフォローしつつ、少しずつお客さんを増やしていくと良いでしょう。ネットショップを開設したからといって、すぐに商品が売れるわけではない、ということは知っておいてください。

ランニングコストを把握しておく

ネットショップは実店舗ほどではないものの、ランニングコストがかかります。特にネットショップを開設したばかりの頃は、ほとんど商品が売れないので、ランニングコストの分はほとんど赤字になってしまいます。

そのため、ネットショップを開設する際にはランニングコストの把握が重要になります。例えば、ネットショップを運営していくための固定費や販売手数料がいくらかかるのかは必ず確認しておきましょう。

また、広告を出して集客する場合は、広告費も必要なコストとして計算しておく必要があります。

制作会社に依頼する時は注意する

ネットショップ開設の失敗例として多いのが、最初からWebサイトの制作会社に依頼して本格的なネットショップを作ってしまうケースです。確かに制作会社でサイトを作ってもらうと、見た目も機能も満足できるネットショップを開設できるでしょう。

しかし、制作会社に依頼すると、大きな費用がかかってしまいます。先ほどもお話した通り、ネットショップを開設してから間がないうちは商品が売れないので、ネットショップを開設するために投じた初期費用分は赤字になってしまいます。

このような事情をよく考えずに、いきなり完璧なショッピングサイトを制作会社に依頼してしまうと、高額な制作費用分を回収できなくなってしまうので、結果として経営が危うくなります。

ネットショップを開設できるサービス

ネットショップの開設は先ほどお話した通り、制作会社に依頼してWebサイトを作る方法があります。さらに、すでにあるサービスを利用してネットショップを開設する方法もおすすめです。

ここからは、ショッピングモール型とショッピングカート型という、2つのネットショップ開設サービスについて紹介します。

集客力が高いショッピングモール型

ショッピングモール型とは、楽天市場やヤフーショッピングのように、店舗を出店しそこで商品を販売できるサービスを提供しているモールを利用する方法です。

モール型は、その集客力の高さが魅力ですが、大手通販会社がライバル店となることも多いため、勝ち抜くには工夫が必要です。そのため、ある程度の商品数を販売できる業者や企業の方におすすめのサービスです。

カスタマイズ自由なショッピングカート型

ショッピングカート型とは、BASEやSTORESのように、ネットショップ開設サービスが提供しているカートシステムを利用して商品を販売する方法です。クレジットカード決済にも対応していることが多いので、ユーザーにとっても使い勝手が良くなっています。

少ない商品数でも気軽に始められるので、ネットショップの開設が初めてという方に特におすすめです。スマホ版・Web版それぞれのデザインも自由自在に行えるため、ネットショップの見た目にこだわりたい方にも人気があります。

ショッピングモール型にかかる費用

ショッピングモール型を利用するには、初期費用と月額の固定費がかかるケースが多いです。例えば、楽天市場でネットショップを開設する時にかかる費用を確認してみましょう。

楽天市場では4つの出店プランがあります。ネットショップ初心者の場合は「がんばれ!プラン」という料金体系がおすすめです。こちらのプランなら1ヶ月19,500円(年間一括払)の維持費で出店できます。

別にシステム利用料として1ヶ月の売上高の3.5~7.0%が必要ですが、ランニングコストが比較的安いので、初心者のネットショップ開設におすすめです。

ショッピングカート型にかかる費用

ショッピングカート型は、ショッピングモール型と比較して費用が安く抑えられます。例えば、MakeShopというサービスでは、初期費用は10,000円(税抜)かかりますが、利用料は月額10,000円(税抜)です。

販売する商品も10,000件まで可能なので、たくさん商品が売れるようになれば、かなり格安でネットショップを運営できます。

参考:MakeShop

このようにショッピングカート型は初期費用も月額利用料もショッピングモール型よりも安く抑えられるのが魅力です。商品数が少ない時は、出品可能数が少ないプランでコストを抑えて、商品数が増えてきたら、より多くの商品が出品できるプランへと変更していけば良いでしょう。

ネットショップ開設におすすめのショッピングモール型サイト

この項では、日本の代表的なショッピングモール型サイトを紹介します。

言わずと知れた楽天市場

楽天市場は日本で有名な通販サイトのひとつです。購入者として利用したことがある方も多いことでしょう。楽天市場に出品すると、楽天市場から手厚いサポートが受けられます。

ネットショップ開設において分からない点があれば、新規出店窓口に相談すれば疑問点を解決できるでしょう。さらにセミナーも定期的に開催されているので、ネットショップ初心者さんでも安心です。

店舗ページを作成する際には、店舗オープンアドバイザーさんに相談すれば、効率よくオープンする方法を教えてもらえます。ネットショップのページ作成で分からないことがあれば、相談してみましょう。

また、ネットショップがオープンしてからも、ECコンサルタントさんにネットショップ運営について相談できます。楽天市場ではサポートがしっかりと受けらえるので、ネットショップを初めて開設する人におすすめです。

参考:楽天市場「出店」

世界中にユーザーのいるAmazon

Amazonは世界中で人気の大手通販サイトですよね。日本のAmazonに出品するメリットは、商品をAmazonの倉庫に預けて商品管理から発送までをAmazonにお任せできる点です。

このAmazonに商品管理や発送をお願いする出品形態をFBA出品といいます。手数料はかかってしまいますが、自宅に在庫を抱えたくない人に人気があります。

ネットショップ開設初心者は、まずは小口出品を利用すると良いでしょう。小口出品は名前通り、数点から商品を出品できるプランです。月額の固定費もかからないので、まずは数点だけ販売したい人におすすめです。

参考:Amazon「出店」

PayPayキャンペーンが魅力のヤフーショッピング

ヤフーショッピングも、楽天市場やAmazonに負けないくらい有名ですよね。

ヤフーショッピングではPayPayが利用できるので、PayPayのキャンペーン時に商品を購入する人が増加します。

さらに、ヤフーショッピングでは初期費用も月額使用料も無料なのがおすすめポイント。PayPayのキャンペーン時に売上の1.5%の負担は必要ですが、全体的に見ると手数料を抑えて出店できます。

ヤフーショッピングの出店ページで月額費用をシミュレーションできるので、ぜひお試しください。

参考:ヤフーショッピング「料金・費用について」

Pontaポイントが貯まるポンパレモール

ポンパレモールはPontaポイントが貯められるショッピングモールです。基本出店料が無料で、システム利用料も売上の2.5%というコストの安さが魅力。ただし、初期登録費用が60,000円かかってしまうので、初期費用回収のためにある程度利益を出す必要があります。

楽天市場やヤフーショッピングと比較すると、お客さんはやや少ない傾向にありますが、他の店舗と差別化することで売上を伸ばすことは十分可能です。

参考:ポンパレモール「出店」

若い女性に人気のQoo10

Qoo10は、若い女性に人気のある通販サイトで、韓国コスメやオルチャンファッションがよく売れています。出店する際の初期費用は無料ですが、商品成約時に手数料がかかります。

Qoo10には2種類の商品購入方法があり、出品者が支払う手数料も異なります。「すぐに購入」で買ってもらえた場合、カテゴリーにより6~10%の販売手数料がかかります。また、より購入者がお得に買える「共同購入」では、20,000円以上で6%、20,000円未満で8%の手数料が発生します。

参考:Qoo10「出店者登録」

ネットショップ開設におすすめのショッピングカート型サービス

ショッピングカート型のサービスは、独自ECサイト型ネットショップとも言われており、ネットショップのカスタマイズが比較的自由なのが魅力です。

ここからは、ショッピングカート型のサービスについて紹介します。

集客しやすいBASE

BASEはCMで宣伝している通り、誰でも簡単にネットショップを開設できるサービスです。Webサイト制作の知識がない人でも、好きなテーマを選ぶだけで簡単にネットショップが作れます。

ショッピングカート型のサービスは集客が難しいというデメリットがあります。しかし、BASEでは、多くのユーザーが利用しているショッピングアプリ「BASE」に商品が登録されます。おかげで、たくさんの人の目にとまりやすくなっているので、集客の心配はそこまでありません。

登録料や月額の固定費がかからないのもおすすめポイント。ネットショップにかかるコストは販売手数料のみなので、ネットショップに慣れていない人でも比較的簡単に運営できますよ。

参考:BASE

SNSから集客できるカラーミーショップ

カラーミーショップもネットショップ初心者さんに人気のあるサービスです。BASEと同様に、数あるテンプレートを選ぶだけでオシャレなネットショップが開設できます。さらに、Instagramやnoteで商品を紹介して、商品ページに誘導できるのもポイント。

多くの人が利用しているSNSで簡単に商品を紹介できるので、自分の商品に興味のある人を集客できます。最初はシンプルなネットショップでスタートし、売上が伸びてきたら機能を追加してネットショップを拡大させると良いでしょう。

参考:カラーミーショップ

定期販売やオーダーメイド商品が売れるイージーマイショップ

イージーマイショップでは、商品の定期販売が行えます。お客さんが定期購入を申し込めば、毎月自動的に注文が入り、商品をお届けできる仕組みになっています。さらに、オーダーメイド商品も販売できるので、名前入りの指輪やカップなども販売できます。

イージーマイショップではプランが複数ありますが、無料版であれば初期費用も月額利用料もかかりません(代わりに、機能は最低限のものに限定されます)。基本機能がすべて揃ったスタンダードプランであっても初期費用3,000円、月額利用料2,700円(年払いの場合)で利用できるので、ネットショップ開設初心者でも始めやすいでしょう。

参考:イージーマイショップ

スマホで売上管理できるSTORES

STORESは簡単にオシャレなデザインのネットショップが開設できるサービスです。顧客リストや売上の管理が全てスマホ1つでできてしまうのがポイント。パソコンを使用した方が出品作業は楽になりますが、日々の管理はスマホで行えます。

STORESにはフリーとスタンダードの2つのプランがあり、フリーでは月額料金と初期費用が無料です。決済手数料のみ商品金額の5%かかります。スタンダードプランは月額1,980円ですが決済手数料が3.6%とフリープランよりも安くなっています。

参考:STORES

自分らしいネットショップを開設しよう!

ネットショップには、ショッピングモール型とショッピングカート型の2種類があります。はじめからビジネスとして本格的にネットショップを運営したいと考えているのであれば、規模も大きくサポートも手厚いショッピングモール型がおすすめです。

一方、ネットショップは初めてで、メルカリやヤフオクと並行しながら少しずつネットショップの規模を大きくしていきたい、というのであればショッピングカート型が良いでしょう。

また、売上が安定するまでは初期費用を抑えたいという方は、ショッピングカート型のサービスを利用すれば、初期費用をゼロ、もしくは安く抑えられます。デザインのカスタマイズも自由なので、お気に入りのショップをオープンさせられますよ。

自分の目標や費用に合わせて、最適なサービスを選んでネットショップを開設してくださいね。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。