物販

ネットショップに出品する商品の写真を撮影する際のコツとポイントをご紹介!

ネットショップの商品写真は、ユーザーに商品の購入を促すという非常に重要な役割を担っています。そのため、実物がはっきりわかるような写真であることはもちろん、ターゲットに好まれる写真である必要もあります。

今回は、ネットショップに掲載する商品写真の撮影方法や、うまく撮影するためのポイントなどを紹介します。ぜひ、ネットショップオーナーの方は参考にしてください。

写真撮影のポイント

早速、商品写真を撮影する際に気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

商品のターゲットを明確にする

良い商品写真を撮影するには、ネットショップの利用者となるターゲットを明確にする必要があります。

ターゲットのイメージは、性別・年齢・職業など、具体的に作り上げましょう。ターゲット層が明確になれば、商品写真のイメージも自然と固まるからです。

仮に複数のターゲットを想定するのであれば、何パターンか違う写真を商品ページに載せると良いでしょう。

商品のアピールポイントを決める

ターゲット層と商品写真のイメージが決まったら、商品のアピールポイントを決めます。

「価格」「素材」「カラー展開」「ブランド力」など、商品によって「売り」となるポイントがあるはずです。自分がアピールしたい部分が決まったら、それを写真で伝える工夫を考えましょう。その際は、着画を撮るのも有効です。

写真の雰囲気を決める

商品写真の雰囲気はターゲットの好みに合っている必要があります。ポップな雰囲気、柔らかい女性らしい雰囲気、カジュアルな雰囲気、いずれが良いかじっくり考えましょう。

雰囲気がイメージできたら、コンセプトと併せて、ターゲットのニーズに応えるような構図を決めてください。

商品写真撮影に便利な小道具

ただ商品を並べて写真を撮っただけでは、商品写真として完ぺきとは言えません。魅力的な写真を撮るためには、三脚やライト、レフ板など、いくつかの小道具が欠かせません。

ここからは、写真撮影に便利な小道具を見ていきましょう。

卓上ライト

屋内での撮影は写真が暗くなりがちで、商品本来のカラーや雰囲気を出すことが難しくなります。

そこで便利なのが卓上ライトです。卓上ライトを使えば、商品写真がパッと明るくなります。

商品写真は、光の演出で写真の良し悪しが変わります。数千円程度で購入できるので、ライトは必ず準備してください。

バックペーパーを敷く

商品の下に敷くバックペーパーを準備しましょう。バックペーパーを使えば、直接床や台の上に置くよりも背景がすっきりきれいに見えます。

商品が最もきれいに写るので、色は白がおすすめです。楽天市場やAmazonといった大手ECモールでは、商品画像の背景は白にするように義務化されています。

背景としては、ペーパーのほかにも、布やアクリル板でも代用できます。ツヤ感のあるものや、遊びのある素材など、商品やターゲットのイメージに合わせたものを使うと良いでしょう。

カメラ

スマーフォンのカメラの精度は年々よくなってきてはいますが、できれば専用のカメラを用意したいところです。

デジタル一眼やミラーレスがおすすめですが、家電量販店で売られているデジカメでも機能的には十分です。ただし、あまり古いものだと性能が劣る場合もあるので、「ズーム機能」や「露出機能」が付いているかは必ず確認してください。

三脚

三脚は手ブレ予防のために必要です。手ブレ補正がついているカメラもありますが、三脚のほうが安定して撮影できるのでおすすめです。ネットショップを運営する場合、商品写真をたくさん撮影することになるので、三脚があったほうが楽になります。

特に手ブレが起きやすいマクロ撮影では三脚が必須です。

5,000円から10,000円程度で購入できるので、必ず用意しておきましょう。

撮影時の照明(明るさ)

商品写真は、光の当たり具合によって表情が変わります。写真は自然光のもとで撮影するのが最良と言われますが、商品写真は基本的に室内で照明を当てて撮ることになります。そこで重要になってくるのが、光の調整具合です。

部屋は「白」がおすすめ

撮影部屋を全体的に白くすれば、明るい写真が撮れます。窓の位置は太陽光の影響を受けにくい北向きがおすすめです。

白い壁といっても色味は様々ですが、とくにきれいに撮影できるのは、アイボリーやベージュではない、色味のない白い壁です。凹凸や柄のない、滑らかな素材の壁がおすすめです。

ちなみに、屋外で写真を撮るときは、太陽光が強い晴天時より曇りの日のほうが写真写りが良くなります。

光を当てる位置

ライトは商品の真上からと斜めから当てましょう。照明器具を複数準備できるのであれば、真上・右斜め・左斜めの三か所からライトを当てるのがおすすめです。斜めからの照明には補助的な役割だけでなく、商品に立体感を出す役割もあります。

照明は3台準備するのが理想ですが、1台しかない場合は斜めからダイレクトに光を当てましょう。

ライトを当てることではっきりとした印象になりますが、光で色が飛んでしまったり、透明感がなくなってしまったりすることもあります。その場合は撮影後に修正してください。

レフ板で光を調整する

レフ板は、商品全体を明るく写したいときに欠かせない道具です。レフ板が照明の光を反射して商品を照らしてくれるので、メリハリのある写真を撮ることができます。

レフ板がない場合は、白っぽい板や布でも代用できます。また、100均で売られているカラーボードでも代用できるので試してみてください。

ディフューザーを使う

ディフューザーを使うと、強すぎるストロボの光量を調整することができるので、自然光で撮影したような写真を撮ることができます。ソフトで柔らかな質感を表現したい時にもってこいのアイテムだと言えるでしょう。

ストロボにかぶせるボックス型のものや、布製やプラスチック製のものなど、様々なディフューザーがあるので、用途やシーンによって使い分けると良いでしょう。

撮影用照明を使う

自然光、LED、蛍光灯など、撮影の照明にはいくつか種類がありますが、初心者におすすめなのは小型のストロボです。プロのカメラマンが使う大型のストロボもありますが、最初は小型のストロボでも十分撮影ができます。スピードライトと呼ばれるクリップ式のストロボなら、手持ちのカメラのホットシューに取り付けるだけで簡単に使うことができます。

また、スタンド式のモノブロックストロボはスピードライトよりも光量が強く、よりきれいな写真を撮ることができます。ただし、モノブロックストロボを使うときは、必ずディフューザーを併用するようにしましょう。そうすれば、光が柔らかくなります。

商品を撮影してみる

ネットショップの場合、利用者は写真と商品説明から購入の是非を判断するので、商品写真は極めて重要な役割を担っています。商品のチャームポイントを正確に捉えているだけでなく、商品の色や大きさ、形などが正確に伝わる写真になっているかもチェックしなくてはいけません。

商品の大きさを伝える

写真では、商品のサイズが伝わりづらい場合があります。説明文にサイズを書くのもいいのですが、写真を見ただけで「これくらいのサイズかな」とイメージできるような工夫を凝らせばユーザーフレンドリーな写真になります。

例えば、バッグの写真なら、モデルに持たせることでサイズ感が伝わりやすくなります。または、商品のそばにスマホやペットボトルなどを配置した写真にすれば、一目見ただけでサイズ感がわかります。

小物の場合なら、手に持った写真でもってサイズ感を伝えてもよいでしょう。

実用品は、実際に使用しているシーンを載せたほうが、ユーザーにイメージが伝わりやすくなります。

商品説明に「10cm×5.5cm×6cm」と書いてあっても、ユーザーはイメージしにくいものです。ひと目見ただけで大きさがイメージできる写真を心がけましょう。

商品の取り扱いカラーを伝える

カラーが複数ある商品の場合は、すべてのカラーの写真を掲載しましょう。「ピンク」と一言で言っても、ショッキングピンクなのか、淡いピンクなのかではイメージが全く異なります。

正しいカラーが伝わらないと、購入者からのクレームにもつながりかねません。言葉で説明するだけでなく、すべての色の写真を必ず掲載するようにしてください。

加工のし過ぎはNG

SNSなどでは、アプリでの写真加工が当たり前になってきています。しかし、商品写真で過度の加工はNGです。

加工しすぎると、商品の本当の質感やカラーがわかりにくくなってしまいます。消費者に不信感を与えないためにも、商品写真の加工はほどほどにしましょう。そもそも加工しなくてもよいように、小道具を使ってきれいな写真を撮るよう意識してください。

接写撮影(マクロ)

ほとんどのカメラやスマートフォンには接写撮影の機能が搭載されています。チューリップのアイコンが接写撮影モードで、「マクロ」と呼ばれています。アイコンの通り、花などの小さな被写体をフォーカスするときに使うモードです。

1眼レフなどで本格的に撮影するなら、マクロレンズを使うという手もあります。

アクセサリーや小さな雑貨、小物などの撮影にはマクロモードを使うと写真がきれいに撮れます。小さな商品のピントが合わない、うまく撮影できないときは試してみてください。

編集で差を出す

写真が撮影出来たら、編集・修正作業をしましょう。上述したように、アプリを使っての過度な加工はよくありませんが、編集や修正は必要です。

写真の編集には、photoshopなどの画像編集ソフトを使います。切り抜きで画像のサイズはすべて揃えて統一感を出しましょう。さらに、色の補正で実物と同じ色になるように編集すれば完璧です。

撮影テクニックを駆使して商品を撮影しよう!

きれいな商品写真を撮るには、「コンセプトを決める」「小道具を揃える」「明るさを工夫する」そして「ユーザーに伝わる商品を撮る」ことが重要です。

初めは完ぺきな写真が撮れなくても、繰り返し撮影しているうちにコツがつかめてくるはずです。納得のいく写真が撮れるようになるまで練習し続けましょう。

商品写真は、商品説明とともにネットショップの重要な役割を担っています。ショップの看板となる写真には特に力を入れるべきです。

今回紹介した撮影ポイントを活かして魅力的な商品写真を撮影してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。