物販

ネットショップ販売のおすすめは?開業に必要な知識やショップを比較

「ネットショップ運営に興味があるけれど、たくさんありすぎて特徴や違いがよく分からない。」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では、ネットショップの種類や特徴だけではなく、有料版にするメリットなどを紹介していきます。記事の後半では、ネットショップが運営できるサービスも各種紹介していますので併せてご覧ください。

ショッピングモールとショッピングカートの違いは何?

ネットショップの開業方法には色々ありますが、その中でも代表的なのが「モール型」と「ショッピングカートASP」を利用して開業する方法です。まずは、この両者について説明します。

モール型「ショッピングモール」とは?

モール型とは、インターネット上のショッピングモールに出店して開業する方法のことをいいます。有名なのは、楽天やヤフーショッピングですね。モール型を紹介する際は、よく「デパートにテナントとして出店する」と例えられることが多いです。

モールには複数の商品カテゴリが存在します。ユーザーがいろいろな店舗の商品を見比べられるように、商品を選択すれば複数のショップが一覧で閲覧できる仕組みになっていることが多いです。商品を値段が安い順に並べて比較することもできます。また、モール内でユーザーが欲しい商品を検索することも可能です。

ショッピングカートASPとは?

ショッピングカートASPはモール型とどこが違うのでしょうか?

ショッピングカートASP(独自ドメイン型)では、自分で独自ドメインを取得してネットショップを開業します。実店舗で例えるのなら路面店ですね。モール型とは異なり、自由に店舗をデザインできる上に、モール特有のルールや規制もありません。また、ユーザーの個人情報は各店舗が管理することになります。

最近では、クレジットカード決済機能やカート機能が付帯するショッピングカートASPが増加しています。

以下に、モール型とショッピングカートASPの違いをまとめてみます。

【モール型の場合】

・初期費用・・高い
・システム維持費・・高い
・集客・・しやすい
・価格競争・・起こりやすい
・デザインなどのカスタマイズ・・しにくい
・リピート購入・・しにくい
・外部リンク・・ほとんどできない
・難易度・・簡単
・SNSとの連携・・しにくい

【ショッピングカートASPの場合】

・初期費用・・安い
・システム維持費・・安い
・集客・・しにくい
・価格競争・・起こりにくい
・デザインなどのカスタマイズ・・しやすい
・リピート購入・・しやすい
・外部リンク・・できる
・難易度・・難しい
・SNSとの連携・・しやすい

「で、結局、どちらが良いの?」と思われたことでしょう。

結論から言うと、それは何を目指すかによって異なります。例えば、「集客にかける時間を節約したい」のであれば、モール型を選択したほうがベターです。なぜなら、大手のショッピングモールならその知名度を利用できるからです。おかげで、特に集客する必要がありません。価格競争が起こりやすいというデメリットはあるものの、商品のリサーチや販売に専念したいという人に向いています。

対して、ショッピングカートASPがおすすめなのは、個人で最低でも売上月50万円をめざしている個人や法人の方です。最初から本気で、ネットショップの構築で成功したいと考えている人にはレンタルショッピングカートASP(独自ドメイン)が向いています。なぜなら、利益率が高いからです。

ショッピングモールの費用はいくら?

モールに出店する場合の費用を紹介します。

・楽天・・初期費用は6万円、月額費用はプランによってさまざまだが一番高くて39,800円
・Amazon・・初期費用は無料、月額費用は小口出品で無料、大口出品は4,900円
・ヤフー・・初期費用は無料、月額費用も無料
・ポンパレ・・初期費用は2万円、月額費用は29,800円
・Wowma・・初期費用は1万円、月額費用は4,800円

モールに出店したほうが売れる可能性は高いまります。しかし、オリジナル商品の場合、商品画像をしっかりと作りこむ手間がかかります。また、商品説明で特徴やメリットを伝える必要もあります。

ショッピングカートASP(独自ドメイン)の費用はいくら?

MakeShopという、平均的な費用で利用できるショッピングカートASPを例に挙げると、「初期費用1万円」で「月額費用も1万円」です。また、いくら売っても売り上げ手数料が0円なので、コスト面で優れています。

それに、大規模なショップ運営に向けた高機能プランも充実しています。たとえば、以下のようなものです。

・納品書発行機能
・メーカー直送システム
・注文一括登録機能

そのほかにも、aishipR(アイシップアール)というショッピングカートASPの場合、現在では欠かせないレスポンシブに特化しています。レスポンシブとは、ユーザーがサイトを閲覧している端末の画面サイズに合わせる機能のこと。つまり、ユーザーがスマホを用いていればスマホ用に表示してくれるわけです。

このように、ショッピングカートASPは特徴がそれぞれ異なりますから、費用だけで見るのではなくその特徴まで確認して利用するかどうか決めるべきです。

無料と有料のネットショップ、何が違うの?

ネットショップには、有料のものと無料のものがあります。「無料で利用できるなら、無料のもので良い」と考える人もいれば、「大事な収入源だし、良い環境が手に入るのなら有料版も考慮する」と考える人もいらっしゃることでしょう。

そこで、有料版と無料版の特徴をそのメリット・デメリットを中心に確認していきましょう。

有料版の方が容量が多い

無料版と比較すると、有料版の方が用意されているサーバーの容量が大きいのが特徴です。たとえば「Jimdo」というネットショップの場合、無料プランには容量制限がありますが、有料プランは無制限となっています。このようにして、無料版と有料版の差別化をしているというわけです。

有料版の方がデザインを豊富に楽しめる

有料版の方がデザインが豊富に用意されているので、他のショップとの差別化が容易になります。たとえば、ネットショップ「BASE」の場合だと、無料テーマと有料テーマが用意されています。

ネットショップでは、「どんな商品を置いているか」がもちろん大切ですが、ショップの見た目もとても大切です。見た目の雰囲気が悪いと、そのWebサイトを探索しようと思ってもらえません。

BASEには、買い切り型の有料テーマを扱う「デザインマーケット」というサービスがあります。このサービスを利用すれば、Web製作の知識を持っていなくても機能やデザインを管理画面から編集することが可能になります。

このように、有料版には便利な機能が搭載されていることが多々あります。そのため、使いやすさを求めるのであれば有料版ということになります。

集客に強いのも有料版

前述のとおり、有料版の方が無料版と比較してより多くの機能を提供しているため、集客にも強くなっています。ネットショップを運営する上で、集客は大事な要素です。売れているショップのほとんどは、集客に多くの労力を費やしています。ネットショップを成功させたいのであれば、有料版を利用するのがおすすめですよ。

無料版だと独自ドメインが使えないこともある

無料版の中には独自ドメインが使えないものも存在します。独自ドメインが使えないと、たとえばSTORES.jpなら「〇〇.stores.jp」のようなドメインになります。つまり、ユーザーにここのネットショップを使っていると教える形になるのです。個人で運営している方であれば、そんなの気にならないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、企業で独自の商品を販売するのであれば、独自のドメインを使ったほうがよいでしょう。

「モール型」のネットショップを紹介!

ここからは、おすすめの「モール型」のネットショップを紹介していきます。「ヤフーショッピング」といったよく知られているサイトから、「EC CUBE」などのあまり聞かないものまで紹介しますので、ぜひご覧ください。

ヤフーショッピング

ヤフーショッピングの特徴は以下のとおりです。

・ユーザー数が月間4158万人
・初期費用や、毎月の固定費用が無料
・さまざまなポイント獲得キャンペーンがある

ヤフーショッピングは、初期費用や毎月の固定費用はかからないものの販売手数料が高いとも言われています。

ヤフーショッピングは、大量の商品を一括で管理できるのが特徴です。CSVファイルで1度に2万件までの商品データが登録できます。また、ユーザーの購買意欲をそそる様々な企画があるので売り上げアップが狙えます。

また、使いやすい分析ツールも豊富に用意されているので、販売状況をすぐに把握することが可能。ユーザーが使ったキーワードや訪問経路をすぐに把握できるので、戦略が立てやすくなっています。

参考:ヤフーショッピング

楽天市場

楽天市場にはこのような特徴があります。

・ユーザー数が9520万人
・初期費用や月額費用はかかるが、ネットショップ運営をサポートしてくれる
・アマゾンと比較して、リピーターを獲得しやすい
・商品を販売するページのデザインに自由が効く

楽天の魅力は、なんといってもユーザー数の多いところです。初期費用や月額費用はかかりますが、ネットショップの運営をサポートしてもらえるメリットもあります。出店前、ページ作成時、運営開始後と様々な時点でサポートしてもらえるので、運営方法に詳しくなくても安心です。

参考:楽天市場

Wowma!

Wowma!は、2016年にKDDIが買収したECモールです。その後、いろいろ新たな取り組みを行うことによって年々ユーザーを獲得し続けています。たとえば、店舗運営管理システムでは、予約販売機能やコンビニ受取機能を含む40以上の機能を新たに追加しました。しかも、1年で40以上の機能を追加したというのですから、いかに力を入れているかが分かります。

また、auユーザーを取り込むことにも力を入れています。通信会社auと連携を取り、全国のauショップ店頭にてWowma!の紹介などを実施しています。

Amazonや楽天市場などと比べると、まだまだ小さなモールではありますが、ユーザーや出店者の確保に力を入れているので今後さらなる成長が期待できます。

Wowma!には、中国にある日本製品専門のオンラインモールへの出店をサポートしてくれるサービスもあります。日本の製品は世界中で評価を得ているので、日本の製品を扱っていることをアピールできれば売り上げアップが見込めますよ。

参考:Wowma!

ポンパレモール

こちらは、2013年にリクルートが開始したECモールです。ローソンやじゃらん、ホットペッパーBeautyなど、およそ8500万人のユーザーをポンパレモールへ誘導できる強みがあります。なぜなら、リクルートグループでの共通ポイントが使えるからです。初期費用は20,000円、月額固定費はベーシックプランで29,800円。

特に、最低価格保証というキャンペーンが有名です。商品が最低価格保証に当選した場合、メルマガで商品紹介されたりポンパレモールの企画メインページに掲載されたりします。

ただ、ヤフーショッピングや楽天市場と比較すると、集客力が弱いのがネックです。

参考:ポンパレモール

「カート型」のネットショップを紹介!

ここからは、カート型と呼ばれる自社サイトを紹介します。カート型は集客の難易度は高いですが、マーケティングやカスタマイズに自由が効くのが嬉しいところです。その特徴を理解して、あなたに合ったネットショップを開業してください。

Make Shop

MakeShopは、集客に優れているネットショップです。グループごとに一斉メール配信ができるといった高性能のメール機能が備わっています。フェイスブックやツイッターなどのSNSと連動させることも可能なので、商品を簡単に紹介することができます。

ユーザーが過去にチェックした商品をショップに表示する機能もあります。ネットショップを見ていて、「さっき良さそうな商品があったのに、商品名を忘れてしまった!」なんて時にショップが履歴を表示してくれたら分かりやすいですよね。

SEOを一括もしくは個別で設定できる機能も備わっています。SEOの設定に有力な「見出し」や「サイト内リンク」などが自動で作れますよ。

MakeShopにはプランが2種類あり、月額費用が10,000円のものと50,000円のものがあります。

参考:Make Shop

カラーミー

MakeShopほどの機能は備わっていないものの、ネットショップ販売に必要な機能は備えています。ですから、豊富にある便利な機能を使いこなすに至っていない初心者の方が使うのにおすすめ。カラーミーは、電話やメールだけではなくセミナーなどでサポートを行っています。

発行したコードを貼り付ければWebページへ簡単にカートを表示させられる「どこでもカラーミー」という機能もあります。この機能を使えば、ブログからも誘導できます。「CSSフレームワーク」は上級者向けのテンプレートデザインシステムです。

3つのプランが用意されており、月額費用は834円~7,223円まで変動しますが、どのプランも商品登録数は無制限です。

参考:カラーミー

STORES JP

「STORES JP 」は、毎日の作業が楽しくなるように、シンプルに作られています。その一方で、販売方法は豊富で、「販売期間設定」や「定期販売」、「まとめ割引」などを含めた10種の方法が用意されています。

料金プランは、ショップが成長していくごとに選べます。フリープランは月額利用料0円で決済手数料が5%。スタンダードプランは月額料金が1,980円で決済手数料は3.6%です。初月の月額料金は無料です。

デザインのバリエーションが豊かで、テンプレートは48種もあります。これだけあれば、どれにしようか迷ってしまいますね。

参考:STORES JP

BASE

初心者の方におすすめなのがBASEです。登録料も月額料金も無料で利用できます。ただ、商品が売れるごとに決済手数料、サービス利用料、振り込み手数料が発生します。

BASEでは、インスタグラムを用いて商品の宣伝ができるようになっています。また、オリジナルの画像データをアップロードすればTシャツやスマホケースの作成ができるので、絵が描ける人にもおすすめです。

BASEは度々ショップイベントを開催しており、ショップオーナーに出店する機会を与えています。あなたが作ったオリジナルブランドを紹介することもできますよ。

参考:BASE

EC CUBE

EC CUBEは、商品登録数やデータ容量に制限が無いことが魅力です。初期費用は無料ですが、月額費用が販売額によって7,800~37,800円の間で変動します。独自ドメインの設定ができ、サポート宛に問い合わせると設定方法の案内が届きます。

参考:EC CUBE

ネットショップの特徴をとらえて活用しよう!

ネットショップの種類や特徴を解説してきました。カート型もモール型も、それぞれに強みと弱みがある事をご理解いただけたでしょうか。1つのモールに集中するのではなく、複数のショップを展開することによって売り上げも上がります。

まずは、楽天市場やヤフーといった大手のモールに出店をするところから始めてみましょう。そして、出店のコツが掴めたら、STORES JP やBASEなどへ展開するのが良いでしょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。