物販

自力で作成してみよう!ネットショップの開業方法を徹底解説

ネットショップは初心者でも簡単に始められるとはいうものの、その具体的な方法が分からず不安な部分もありますよね。

今回は、自力でネットショップを作成して開業する方法を解説していきます。不安を解消するためにも、開業に必要なノウハウをしっかりと学んでいきましょう。

実店舗とネットショップの違いとは?

実店舗とネットショップは商品を販売するという点では同じですが、開業の仕方には違いがあります。

そこで、まずは実店舗とネットショップ、それぞれの開業までの流れを確認していきましょう。

実店舗を開業するまでの流れ

実店舗の場合、大まかには以下のような流れに沿って開業することになります。

1.何を売るか、ターゲットをどの層に絞るかといった店のコンセプトを決める
2.開業場所や物件を探す
3.資金を調達する(自己資金でいくか融資をお願いするか決める)
4.事業計画を作成する
5.仕入先を決める
6.従業員を採用する(雇用の必要がある場合)
7.開業届を提出する

ネットショップでの開業までの流れ

これに対して、ネットショップを開業する場合は、次のような流れで進みます。

1.販売する商品を決める
2.ショップ名やコンセプトを決める
3.出店形態を決める(モール型か独自ショップ型か)
4.ネットショップを開設する
5.決済方法を決める(クレジットカード決済、郵便・銀行振替など)
6.商品ページを作成し、配送業務の準備を行う
7.集客を行う(SNSやブログなど)

比較してみると、さまざまな点で違いがあることが分かりますね。

ネットショップでは、実店舗と違い、お客さんの表情を直接見ることはできません。また、実店舗で売れる商品と同じものがネットショップでも売れるとは限らないため、商品のアピール方法も変わってきます。

自分で作成するネットショップのメリット・デメリット

自作でネットショップを開設する場合のメリット・デメリットをそれぞれ見ていきます。

自分で作成するネットショップのメリット

ネットショップを自作するメリットは、デザインやレイアウトの設計が自由にできるところです。おかげで、オリジナリティ溢れるサイトの構築が可能になります。

また、自分で作成するので、コストを最小限に抑えられることもメリットの一つです。

自分で作成するネットショップのデメリット

反対に、デメリットもあります。それは、作成に手間と時間がかかることです。さらに、エラーや不具合などのトラブルが発生しても、すべて自分で解決しなければなりません。

ネットショップの自作に向いた人と不向きな人

今はネットショップの開設が簡単になったとは言え、向き不向きは少なからずあります。自作するには、サイト制作やセキュリティに関する知識だけでなく、PCに明るい人の方が向いていると言えます。

初心者必見!ネットショップ開業までの流れを丁寧に解説

ネットショップの開業を考えている方へ、初心者でも分かるようにその流れを説明していきます。

1.開業方法の決定

まずは、どのようなシステムを利用して開業するのかを決めることから始めます。大まかには「レンタルショッピングカート(ASP)」「パッケージソフト」「モール(ネットショップ出店ASP)」「専用のシステム構築」の4種類から選択できます。

2.決済手段の決定

次は決済手段を決めていきます。

オンライン決済には様々な種類がありますが、その中でもよく使われているのが以下の手段です。

・クレジットカード決済
・コンビニ決済
・キャリア決済
・後払い決済
・プリペイド決済

上記の中で最もニーズがあるのが、クレジットカード決済です。近年では、いろいろな決済手段が出てくるに伴い、お客さんのニーズも多様化しています。オンライン決済はネットショップにとって欠かせないものであり、お客さんが希望する決済方法を用意しなければお店を繁盛させることはほぼ不可能です。

3.Webサイトの作成

デザインの知識が少なく、サイトの作成にあまり詳しくない方には、デザインテンプレートの利用をお勧めします。これなら、時間がない場合でも素早くサイトを作ることができます。

4.開業に必要な書類の提出

実店舗に限らずネットショップでも、事業を始めるには届け出が必要な書類があります。

まずは、「開業届」を税務署へ提出する必要があります。原則として、事業の開始の事実があった日から1ヶ月以内に出さなければなりません。ところが、開業届を出さなくても特に罰則はないので、提出していない方もいるのが現状です。罰則はありませんが、開業届を出していないと確定申告の際に青色申告の選択ができなくなります。青色申告をすれば特別控除として65万円の控除が可能になるので、きちんと届け出することをおすすめします。

また、取り扱う商品の種類によっては、許可や資格が必要な場合もあります。例えば、食品や中古品、酒類などがそのような商品に当たります。

モール型ネットショップとカート型ネットショップの違い

ネットショップを開業できるシステムには様々なものがあります。前項ではその種類について紹介しましたが、ここではモール型ネットショップとカート型ネットショップの違いについて紹介していきます。

モール型ネットショップの特徴

モール型ネットショップとは、Amazonや楽天市場といったショッピングモールにいろいろな店舗が集まって個々に商品を販売するタイプのネットショップです。

モール型ネットショップを利用するメリットは、何といってもその圧倒的なブランドネームによる集客力です。また、誰もが知っているショッピングモールなら安心して買い物ができるので、お客さんからの信頼を得やすいのも利点です。

しかし、デパートにテナントを出店するのと同様に、ショッピングモールに出店するにはテナント料金の支払いが必要になります。その他にも、月額利用料や売上に対するロイヤリティなどが発生する点もモール型のデメリットです。

ショッピングカート型ネットショップの特徴

ショッピングカート型ネットショップは、ショッピングカート機能が標準でセットされたWebサイト構築サービスを利用して開業するネットショップのことです。

メリットは、販売時に決済手数料以外の費用が発生しないことです。また、固定費を低く抑えられることもメリットです。さらに、モール型ネットショップにあるような規制やルールが無いので、オリジナリティを出しやすいことも利点です。

その一方で、モール型とは違って、カート型ネットショップにはほとんど集客力がないので、自分で集客を行う必要があります。

モール型ネットショップの費用

続いて、モール型ネットショップを利用した場合にかかる費用を確認していきます。

◆楽天市場で出店した場合

出店プランは4種類あり、全てのプランで初期費用として60,000円(税別)がかかります。また、各プランごとに異なる月額出店料とシステム利用料を支払う必要もあります。

楽天市場では、下記のURLから出店後の月額売上にかかるランニングコストの詳しいシミュレーションができます。

参考:楽天市場

例えば、目標月商を100万円として、スタンダードプランでの試算結果を出してみると、売上金額に対して10.4%の手数料がかかる結果になりました。さらに、この手数料に、固定の月額出店料50,000円(税別)がプラスされます。固定費もプラスして計算してみると、全部で15.4%の手数料がかかることが分かります。

ショッピングカート型ネットショップ「MakeShop」を利用した場合の費用

次は、ショッピングカート型ネットショップ「MakeShop」を利用した場合の費用を見ていきます。

参考:MakeShop

こちらは、フリーショッププラン・ビジネスショッププラン・プレミアムショッププラン・エンタープライズと4つのプランが用意されていて、各プランとも初期費用と月額費用しかかかりません。しかも、売上手数料は0円です。

例えば、プレミアムショッププランならば初期費用10,000円(税別)、月額費用10,000円(税別)、売上手数料0円とリーズナブルな金額で始められます。

自作ネットショップのポイント

自作でネットショップを開設する場合に注意すべきポイントを見ていきましょう。

1.見やすく分かりやすいサイト構成

1つ目は、ユーザーにとって見やすくスッキリしたページになっているか否かです。商品をカテゴリ別に整理したり、目立つ場所へ検索窓を配置するなどの工夫を凝らしましょう。

2.注文ボタンの位置

2つ目は、注文ボタンの位置に注意することです。注文ボタンは、ページを開いてすぐ目に付く場所にあるほうが良いでしょう。反対に、お客さんが間違えて注文ボタンを押してしまいそうな場所には配置しないようにしましょう。

3.商品の使用感が分かる写真や説明文

3つ目は、商品写真や説明文でその商品の使用感を伝えるようにすることです。使用感が伝わってくる写真や説明文を多く載せるようにしましょう。

ネットショップ構築に役立つサービス5選

ネットショップの構築に役立つサービスを5つ紹介していきます。自身の用途に合わせて選んでください。

1.BASE(ベイス)

1つ目は、BASE(ベイス)です。初心者でも使いやすいサービスが特徴です。2012年のサービス開始以来、利用店舗数を伸ばし続けています。

参考:BASE(ベイス)

BASEなら、様々なテンプレートの中から自分の好きなショップデザインが選べます。また、テンプレートは編集可能なので、細かくカスタマイズすることも可能。

販売手数料(決済手数料とサービス利用料の合計)は、売上の6.6%+40円です。例えば、2,000円の商品を販売すると、132円+40円=172円がかかり、8.6%の金額が手数料として発生します。

それほど大きな売上を見込んでいないのなら、基本利用料がかかりませんし、始めやすいのでおすすめします。

2.STORES

2つ目は、STORESです。こちらもBASE同様、誰でも簡単にネットショップ作成ができるサービスを提供しており、利用者も増えています。

参考:STORES

プランは、以下の2種類が用意されています。

・フリープラン 月額0円、決済手数料5%、
・スタンダードプラン 月額1,980円(税別)、決済手数料3.6%

STORESもテンプレートの数が豊富なので、デザインにこだわって作成したい方におすすめです。また、STORES内で独自のドメインの取得が簡単にできることも特徴です。無料で始められるので、とりあえずアカウント登録をしてサービスを試してみるのも良いでしょう。

3.カラーミーショップ

3つ目は、カラーミーショップです。本格的なネットショップの作成が可能なのに、利用料金が最も安く、人気のサービスです。

参考:カラーミーショップ

レギュラーとラージの2つのプランがあって、ともに販売手数料は0円ですが、決済手数料は別途かかります。月額費用は、それぞれ3,000円(税別)と7,223円(税別)です。

テンプレートの数が豊富にあるので、好みのデザインから選べます(有料のものと無料のものとがあります)。また、HTMLやCSSの編集ができるので、独自のデザインにカスタマイズすることも可能です。

数あるネットショップ作成サービスの中でもコストパフォーマンスの良さで選ぶなら、カラーミーショップでしょう。

4.shopserve(ショップサーブ)

4つ目は、shopserve(ショップサーブ)です。創業から約20年たっている老舗のネットショップ作成サービスです。その実績は、他のネットショップ作成サービスを大きく上回っています。

参考:shopserve

shopserveには海外ユーザー向けのカート機能が用意されているだけでなく、テキスト表示も英語に切り替える機能も実装しています。おかげで、海外の人へ商品を販売するのには困りません。

プランは4種類から店舗の運営スタイルに合ったものを選べます。オプションサービスや決済代行手数料以外に追加の固定費がかからないのが特徴です。また、開通料はいずれのプランも15,000円(税別)です。月額利用料は、ドメイン認証型か企業実在認証型かで異なりますので注意してください。

予算に余裕がある方や、オプションサービスの利用でネットショップの成長を図りたい方には、おすすめのサービスです。

5.MakeShop

最後は、MakeShopです。商品登録の設定が自在にできて、思い通りのネットショップ作成が可能です。何といっても高機能なところが特徴で、本格的なネットショップ作成を希望する中級~上級者向けのサービスです。

参考:MakeShop

プランは、フリーショップ、ビジネスショップ、プレミアムショップ、エンタープライズの4つがあります。いずれのプランも初期費用と月額費用だけの支払いです。売上手数料は0円です。

迷ったら、とりあえず15日間試してみましょう(無料)。その後で自分に最適なプランを選べばOKです。

自作のネットショップ開設は挑戦あるのみ!

今回はネットショップを開設する方法について紹介してきました。

ネットショップの開業には、メリット・デメリット両方あります。

しかし、デメリットのことばかり考えていても仕方がありません。今は様々なネットショップ作成サービスがありますので、まずは自身に合ったサービスを見つけ、これを最大限に活用してネットショップの運営に挑戦してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。