物販

ネットショップの商品写真の上手な撮り方をご紹介!初心者はコレさえ押さえておけばOK!

この記事を監修した吉田です。
2021年10月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

ネットショップを運営する上で、商品写真の撮影に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

商品写真は、いわばネットショップの「顔」とも言える要素です。人の顔でその人の印象のほとんどが決まってしまうように、ネットショップでも写真をいかに撮るかで商品の印象は大きく変わってくるものです。また、ネットショップでは、ユーザーは実際に商品を手にとって確認することはできず、写真からしか商品のイメージを得ることができません。

以上のような事情から、ネットショップを運営するにあたっては、魅力的かつ正確なイメージを写真によって伝えなければなりません。そのためには撮影のコツやポイントをいくつか押さえておく必要があります。

反対に言うと、コツやポイントさえ押さえておけば、効果的な写真を撮ることは簡単です。高額な機材や習得に時間のかかる高等テクニックは必要ありません。

今回の記事では、ネットショップの商品写真撮影にまつわる不安や誤解を取り除きつつ、最低限押さえておくべきポイントについてご紹介していきます。

商品写真の撮影にまつわる3つの誤解

商品写真の撮影に不安を感じるという方は、撮影に対して何か誤解している可能性があります。そこでここでは、多くの人が抱いている3つの誤解をご紹介していこうと思います。まずは、写真撮影にまつわる誤解を解いていきましょう。

1. 商品写真の撮影にセンスは必要ありません

人気のネットショップに並ぶセンスに溢れた商品画像を見て、「写真撮影にはセンスが必要なのかな……」と思っている方がいらっしゃるかもしれません。でも安心してください。写真撮影にセンスは必要ありません。

人気ネットショップの商品写真は、撮影のコツを掴んでいるから魅力的に見えるだけなのです。あなたもそのコツを掴めば、同程度あるいはそれ以上に魅力的な写真を撮ることができるようになります。

2. 商品写真に個性は必要ありません

センスと同じく、「個性も必要なのでは?」と思われている方も多いと思われます。しかしながら、個性も必要ありません。

なぜかというと、商品写真で必要なのは「商品の魅力」を伝えることであり、撮影者の個性を表現することではないからです。撮影者の主張が度を超えてしまうと、商品の魅力を伝えるという本来の目的から外れることにもなりかねません。

繰り返しになりますが、商品写真には個性は必要ないのです。

3. 商品撮影に高額の道具は必要ありません

写真撮影というと、高品質・高画質な写真が撮れる高額な機材が必要なのではと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、最近のスマートフォンや比較的安価なデジカメなどでも、ネットショップに掲載するのに十分なクオリティの写真が撮れるため、無理して高額機材を買う必要はありません。

高額機材にこだわり始めると際限がなくなってしまいます。目的を履き違えて無駄に高額な機材を買わないように注意しましょう。

これさえあれば十分!写真撮影に必要な3つの機材

ここでは、写真撮影に最低限必要な3つの機材をご紹介します。これから写真撮影を始めるという方は、まずは以下でご紹介する3つの機材を揃えておきましょう。

1. スマートフォン

前述した通り、商品写真の撮影にはスマートフォンで十分事足りるので、無理して高額なカメラを購入する必要はありません。

機種が古すぎるとカメラの性能が不十分なものもあるかもしれませんが、ここ数年以内に購入したものであればまず問題ありません。

2. 三脚

手ブレが起きないように、三脚があると便利です。最近は1,000円程度と非常に安価で入手することが可能なので、ぜひ購入しておきましょう。

写真のクオリティを高めるためには、揺れに耐えられるよう足が太いものや、被写体の角度を計測して上下左右に平行な撮影ができる「水準器」付きのものがオススメです。

3. 照明

光量を調節するためには、照明が必要です。日の向きや時間帯、撮影環境などによって十分な光量が確保できない場合があるためです。

光量が確保できないと暗い写真になってしまい、商品のイメージが損なわれる可能性があります。どんな撮影環境下でも商品の魅力を伝えられる写真が撮れるよう、照明は用意しておきましょう。

商品写真の撮影で重要な5つのポイント

ここからは、写真を撮る際の5つのポイントをご紹介していきます。特に難しいものではなく、初心者の方でも即実践可能なものばかりです。

こちらでご紹介するポイントを意識するだけで写真の印象が見違えるほど良化しますので、しっかりと理解しておきましょう。

1. 自然光の下で撮影する

自然光が使える環境であれば、それを活かして撮影しましょう。自然光であれば、実際の商品の色や雰囲気を高い精度で伝えることができます。

良い写真を撮る上で、写真の明るさはとても重要な要素です。暗すぎても明るすぎても、良い写真にはなりません。商品の魅力を正確に伝えるためにも、自然光をうまく利用しましょう。

2. 自然光がない場合はアプリを使う

室内の撮影などで、自然光が利用できない場合もあるでしょう。そういう時こそ照明が役に立つのですが、ここでは照明をまだ用意できていないという人のために別の対策をご紹介します。

その対策とは、アプリを使うことです。オススメは、写真の色味や明るさを調節できる「Snapseed」というアプリです。

参考:Snapseed
iOS
android

このアプリを使えば、たとえ自然光が入らない暗い撮影環境であっても、加工によって明るい写真にすることができます。

3. 白い背景で撮影する

写真の主役となる商品を最大限引き立てるためには、背景も重要な要素です。背景に余計なものが写っているとそちらに目がいってしまい、肝心の商品の魅力がうまく伝わらない写真になってしまうからです。

そうならないためには、白い背景で撮るのが最も良い方法です。まわりに余計な物や色がなくなるため、商品のみにフォーカスした写真になります。

4. 均等に余白を取る

良い写真を撮るには、余白も重要な要素になります。ポイントとしては、左右均等に余白をとることです。

余白が均等でないと、どこかバランスが崩れていて違和感のある写真になってしまいます。逆に余白が均等であれば、きれいに整った印象を与えられるようになります。

5. カメラの角度を平行にする

カメラの角度も、写真の印象に大きく影響します。印象の良い写真にするには、商品に対してカメラを平行にするのがコツです。

奇をてらって角度を変えたくなるかもしれませんが、平行に撮ったほうが写真のバランスが安定し商品のイメージや魅力が伝わりやすくなるので、こちらのほうがベターです。

代表的な写真の構図3選

ここでは代表的な写真の構図を3つ紹介します。構図の知識があれば、撮影のバリエーションが増え、写真のクオリティを高めるもうひと工夫を加えられるようになりますので、ぜひ頭に入れておきましょう。

1. 黄金分割構図

黄金分割構図とは、何かを分割する時に最も美しいと言われている比率、いわゆる「黄金比」を利用した構図のことです。

縦と横をそれぞれ3分割する線を引き、線が交わる4つの点のどこかに被写体を配置することで、直感的に美しいと感じる写真を撮ることができます。

2. 日の丸構図

日の丸構図とは、被写体を真ん中に置く構図です。人物写真などによく使われる構図で、写真の主役が明確になるのが特徴です。

3. 対角線構図

対角線構図とは、その名の通り被写体を対角線上に置く構図です。水平に撮ると平凡に見えてしまう写真でも、対角線上に撮ることによって奥行きや躍動感を出すことが可能になります。ダイナミックな写真を取りたい場合にオススメの構図です。

商品に合わせた最適な撮り方

何を撮るかによって、最適な撮影方法は変わってきます。ここでは、上手な撮り方を商品別に紹介していきます。ご自身のネットショップで販売する商品に合わせた最適な撮り方をここで学んでいきましょう。

食品の撮り方

食品を撮る場合のポイントは、何といっても美味しそうに見えるように撮ることです。そのためには、照明を食品のやや後方から当てるのがコツです。こうすることによって食品の場合は立体感が出てきますし、ドリンクの場合は光が透けてきれいに見えるようになります。

注意点としては、光が強くなりすぎないようにすることです。光が強すぎると手前の影が濃くなってしまい、食品の写りが悪くなってしまいますので、ほどよい逆光を心がけてください。

アパレル製品の撮り方

アパレル製品を撮る際に重要なことは、商品のイメージを正確に伝えることです。購入者の手元に商品が届いたときに「なんか思っていたものと違う」と思われてしまうと、ショップに対する印象も悪くなってしまいます。

商品イメージを正確に伝えるためには、実際に着用したときのサイズ感やコーディネート例を意識するのがコツです。イメージに合った人物モデルを使えればそれに越したことはありませんが、難しい場合はマネキンでも十分です。また、関連する小物を一緒に写すのも、イメージを伝えるには有効な手段です。また、素材感をうまく伝えることも重要なので、ディフーザーやレフ板を用いて撮影できると良いでしょう。

とはいえ、イメージモデルやマネキン、ディフーザーやレフ板などが用意できない場合もあるでしょう。その場合は、商品を床に並べて撮ってみてください。実際に「#置き画」や「#置き画くら部」という言葉がインスタグラムやツイッターなどのSNSでハッシュタグとして使われているくらい、洋服やファッション雑貨などのアパレル製品を床に置いて撮影しているユーザーは数多く存在しています。撮影にあまりコストをかけられない場合や、手軽にアパレル製品を撮影したい場合は、ぜひこの方法を試してみてください。

化粧品の撮り方

化粧品の撮影で重要なのは、とにかく清潔感のあるイメージにすることです。そのためには、基本的に白を基調としたセッティングにするのがオススメです。商品を置く場所や背景も全て白で囲んでおくのが王道パターンです。また、アクリル板などに写り込ませると、化粧品らしいイメージがより高まるでしょう。

たくさん写真を撮りましょう!

今回の記事では、ネットショップに出品する商品の写真を撮影する際に押さえておくべきポイントについてお伝えしてきました。

ポイントはいくつかありますが、何よりも大事なのは、実際に撮影しネットショップにアップしてみることです。手を動かさずに頭で考えているだけでは実際にどんな写真になるか分かりませんし、実際にアップしてみなければユーザーからの反応も得られません。

それに、商品写真は何度でもアップし直すことができます。一度ショッピングサイトにアップしたら二度と変更してはいけないというルールはありませんので、うまく商品のイメージを伝えられていない、もっといい撮り方ができそうだと感じた場合は、何度でも撮り直してみましょう。

また、実際の行動量が多ければ多いほど撮影スキルも向上していきます。逆に構想を練っているだけでいつまでたっても行動しなければ、スキルが向上することは一切ありません。

「失敗は成功の母」という言葉があるように、失敗を重ねれば重ねるほど成功に近づくのです。ネットショップの商品写真の場合は失敗した場合のリスクもほぼありませんから、行動しない理由はありません。逆に行動しなければ成功に近づくことがありませんので、そちらの方がリスクとも言えます。

この記事を読み終わったら、すぐにでも写真を撮ってアップしてみてください。たくさん写真を撮ってたくさんアップするというサイクルを繰り返していれば、そのうち改善点が見つかりますし、撮影スキルも向上していきます。

ぜひこちらの記事を参考にしつつ、魅力的な商品写真を撮っていただければと思います。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!