物販

ネットショップが簡単に開ける!レンタルショッピングカートの選び方

ネットショップを開く際に必要なのがショッピングカートです。ショッピングカートを自作すること自体は可能ですが、時間と手間がかかるだけでなく、専門知識も必要になるため、現在はこの機能を提供しているネット上のサービスを利用するのが一般的です。ただ、この手のサービスを提供している会社は数多くあるため、自分に合ったものを選ぶのは難しくなっています。

この記事では、そんなレンタルショッピングカートについて解説します。ネットショップの開業を検討されている方は、この記事を参考にして、自分に最適なレンタルショッピングカートを選んでください。

レンタルショッピングカートとは何か?その特徴は?

レンタルショッピングカートというのは、文字どおり、ネットショップの運営に必須のショッピングカートをレンタルしてくれるサービスのことです(ただし、現在では、ショッピングカート以外の機能も提供している会社がほとんどです)。クラウド上で提供されるサービスなので、自分でサーバーを準備する必要もなく、気軽に利用することができます。

この記事で紹介する「レンタルショッピングカート」について

レンタルショッピングカートという言葉は、人によって多少使い方が異なります。

この記事では、基本的に、ショッピングカート機能のレンタルに留まらず、ショッピングサイトを作成・運用するためのシステムを総合的に提供しているサービスのことをレンタルショッピングカートと呼びます(ただし、一部、カート機能のみをレンタルしているサービスもあります)。

レンタルショッピングカートの特徴

レンタルショッピングカートの特徴は、なんと言ってもその手軽さにあります。例えば、ECパッケージと呼ばれるサービスを利用してもネットショップは開けますが、システムの開発・運用に専門的な知識が必要なだけでなく、コストもかかります。

レンタルショッピングカートの場合は、コンピューター関連の知識はほとんど必要ありませんし、誰でも扱える、費用も安く済むなどのメリットがあります。

しかし、ECパッケージと違ってシステムをカスタマイズすることが難しいので、既存の物流システムや顧客管理システムなどと連携した大規模なECサイトを構築するには不向きな面もあります。

 

レンタルショッピングカートを選ぶ際にチェックすべきポイント

現在、レンタルショッピングカートサービスを展開している企業は数多くあります。どれを選ぶべきかは難しいところですが、いくつかチェックすべきポイントがあります。開業してから後悔しないためにも、以下に挙げるポイントを確認しておきましょう。

デザインの自由度で選ぶ

レンタルショッピングカートを利用する場合、システム面でのカスタマイズはほとんどできませんが、デザインは自由になるのが一般的です。

例えば、アパレル関係の商品を扱う場合は、ショップの個性を打ち出すことが他の業種よりも重要になります。そのため、個性的なデザインのショップをオープンできるよう、選択可能なテンプレートの数が多いものや、HTMLを編集できるものなどを選ぶと良いでしょう。

販売する商品に適したサービスを選ぶ

扱う商品に合ったレンタルショッピングカートを選ぶことも重要です。例えば、サプリメントや健康食品などを販売するショップや、シャンプーのような消耗品を中心に販売するショップには定期購入用の機能が必須と言えます。

レンタルショッピングカートの中には定期購入に対応したものもあって、この種のカートを使うと、定期購入(お店の側から見れば定期販売)が簡単にできるようになります。例えば、カラーミーリピートは、リピート通販に特化したサービスです。

ショップの規模に合わせて選ぶ

各種レンタルショッピングカートは、それぞれのサービスごとに想定しているショップの規模があります。

個人経営の小規模ショップ向けのサービスから、企業経営の大規模ショップ向けのものまでありますから、自分のショップの規模に合わせたレンタルショッピングカートを選ぶのが大切です。

一般的に、大規模ショップ向けのほうが使える機能が豊富に用意されています。ただ、使いこなせれば便利なんですが、初心者が最初に開くショップとしてはオーバースペックとなってしまいがちです。

レンタルショッピングカートを提供している企業のサイトには導入事例が多数掲載されているので、これを参考にしつつ自分が開こうとしているショップの規模に適したサービスを選ぶといいでしょう。

サイトの開設や運用をサポートしてくれるかで選ぶ

初めてネットショップを作る人にとって特に重要なのが、サポート体制の充実度です。

サイト作成時の疑問点を質問できるだけでなく、ショップの運用開始後の悩みごとにも応えてくれるサポート体制が整っていれば安心です。

無料のカートと有料のカートの違いは?

レンタルショッピングカートには、初期費用・月額料金無料でネットショップが開ける無料カートと、これらの費用が発生する有料カートがあります。それぞれの特徴などについて解説します。

無料カート

前述のとおり、無料カートは、初期費用と月額料金がかかりません。個人でネットショップを始める場合や小規模なショップを経営したい場合は、固定費がかからないのは大きなメリットになります。

ただ、無料カートと言っても完全無料でネットショップが経営できるわけではなく、決済手数料は発生します。また、デザインのカスタマイズが制限されるのもネックです(テンプレートを多少いじれる程度です)。

凝ったデザインにすることはできませんが、その分手軽なので、ネットショップ初心者が利用するにはもってこいと言えるでしょう。

有料カート

一方、有料カートは、初期費用と月額料金がかかるサービスです。毎月の固定費が発生するので、長期的に安定した売上を見込める、規模の大きなショップを経営する人に向いています。また、顧客管理機能が充実していることからも、大規模ショップ向きと言えます。

なお、決済手数料の料率は有料カートの方が低い場合もあるので、売上高が上がってくると無料カートよりもコストがかからないこともあります。

おすすめのレンタルショッピングカートをご紹介

ここからは、具体的なレンタルショッピングカートをご紹介していきます。それぞれのカートの特徴を把握して、自分に合ったものを選んでください。

なお、以下でご紹介するものの中には、厳密にはレンタルショッピングカートではないものも含まれています。ネット上で物販事業を行うにあたって便利なサービスであることに違いはないので、併せてご紹介しておきます。

販売手数料がかからず利益が出しやすい「カラーミーショップ」

カラーミーショップは有料カートです。レギュラープランの場合で月額3,000円、ラージプランなら7,223円、エコノミープランは834円からとなっています。エコノミープランの料金は契約期間で変わり、834円は12ヶ月契約の場合です。3ヶ月契約なら月額1,000円、6ヶ月契約なら月額917円となります。

月額料金の他に決済手数料も発生しますが、料率は低めなので、売上が上がってくれば手数料率が高い無料カートよりもお得になります。ショップの規模が大きくなっても利用し続けられるレンタルショッピングカートと言えます。

デザインテンプレートが100種類以上あり、デザインのカスタマイズも可能なので、自分の理想のデザインを追求できるのも特徴です。

実店舗からネットに販路を広げたい人におすすめ「グーペ」

グーペは、ホームページ作成サービスの一種です。

簡単にホームページが作成できるのが特徴で、これにショッピングカートの機能を組み込めばネットショップとして活用することができます。現在実店舗を経営していて、ネットでも商品を販売したいという人には嬉しいサービスです。

料金プランは、スタンダードプラン、ライトプラン、エコノミープランの3つ。それぞれ月額3,500円、1,500円、1,000円です。スタンダードプランとライトプランについては、契約期間を12ヶ月にすると、それぞれ3,000円、1,000円にまで月額料金を下げることができます。他に初期費用3,000円が必要になります。

初期費用無料で手軽にネットショップが開ける「BASE」

BASEは、無料カートの代表格と言えるほど知名度のあるショッピングカートです。初期費用・月額料金無料でネットショップを開業することができるので、個人でも利用しやすくなっています。BASEを利用して開設されたショップ数が100万件を越えていることからも、その人気ぶりが窺えます。

月額料金はかかりませんが、商品が売れるごとに決済手数料として商品代金と送料を合わせた金額の3.6%+40円と、サービス利用料として商品代金と送料を合わせた金額の3.0%が商品がそれぞれ発生します。

また、BASEでは、Appsをインストールすることで機能を追加できる仕組みになっています。Appsは無料で使えるものが大半ですが、一部のAppsは有料です。

無料プランと有料プランが選べる「STORES」

STORESも、BASE同様、ネットショップ開業サービスを展開している企業です。無料プランと有料プランが選べ、フリープランの場合、月額料金は無料になりますが、決済手数料はかかります(5.0%)。月額料金1,980円のスタンダードプランの場合は、決済手数料が3.6%に下がります。

最初はフリープランで固定費を抑え、売上が伸びてきたらスタンダードプランに切り替えてコストの総額を抑えるといった使い方ができます。

ただ、フリープランでは一部の機能が制限されています。代引きやAmazon Payを決算手段として使いたい場合や、独自ドメインを利用したい場合は、スタンダードプランで契約する必要があります。

ブログやホームページをショップ化できる「e-shopsカート」

e-shopsカートは、これまでのショッピングカートとはタイプが違います。

e-shopsカートは、ショッピングカートシステムだけをレンタルしているサービスです。既にアクセス数が多いブログやホームページを持っている人が、そこに決済機能を付け加えたい場合に使えるサービスです。

料金プランは、ベーシックプラン、スタンダードプラン、ビジネスプランの3つ。初期費用は共通で10,000円、月額料金はそれぞれ2,500円、3,500円、4,900円となっています。これらに加えて、大規模ショップ向けのエキスパートプランもあり、初期費用は10,000円、月額料金は7,900円となります。

なお、ビジネスプランとエキスパートプランではCMSが使えるので、ショップページの作成も不可能ではありません。

WordPress専用のカートシステム「Welcart」

Welcartは、WordPress用のプラグインです。プラグインというのは、アプリケーションに機能を追加するソフトウェアのことをいいます。

Welcartを使うと、WordPressにショッピングカートの機能を追加することができるのです。例えば、WordPressを使ってホームページを作り、そこにカートを組み込みたいといった場合に利用することになります。

まずは、WordPressをサーバーにインストールし、WordPressの管理画面からWelcartをインストールすることになります。これまでにご紹介してきたレンタルショッピングカートとは仕組みが違うのでご注意ください。

セット販売やオーダーメイド商品の販売ができる「イージーマイショップ」

イージーマイショップは、セット販売やオーダーメイド販売に強いレンタルショッピングカートです。

料金プランとしては、スタンダードとプロフェッショナルの他に、カートのみをレンタルするカートプランがあります。また、無料版もあり、初期費用・月額利用料無料で始めることも可能です。

ただし、無料版の場合、セット販売やオーダーメイド商品の販売機能が利用できないので、イージーマイショップを使うメリットが薄れてしまいます。そのため、イージーマイショップを利用するなら基本的に有料版をおすすめします。

有料プランは、初期費用が3,000円(3者共通)、月額利用料は、スタンダード2,700円、プロフェッショナル5,400円、カートプラン1,800円です。

ハンドメイド商品の販売に特化した「minne」

minne(ミンネ)もレンタルショッピングカートではありませんが、他に類似したサービスがあまりないので、ここでご紹介しておきます。

minneは、ハンドメイド商品の売買に特化したECサイトです。「自分が作った作品を販売できるのであれば、自分のショップでなくてもいい」というハンドメイド作家の方におすすめのサービスです。

自分に合ったレンタルショッピングカートを選ぼう

レンタルショッピングカートについてご紹介してきました。レンタルショッピングカートには、本文中でも書いたように、色々なタイプがあります。

初期費用無料で利用できるものなら手軽にネットショップが始められますし、多機能を売りにしているものなら大規模ショップを展開したいショップオーナーさんの需要にも応えてくれることでしょう。

ネットショップ開業の動機や投入できる予算は人それぞれです。ぜひ、自分に合ったカートを見つけて、ネットショップの開業に挑戦してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。