物販

売れるネットショップにするためには?最短で成功するヒントを伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットショップは低いコストで手軽に始められるため、副業として高い人気があります。これからネットショップの開業を考えている方も、副業から本業にしたいと考えている方も、どうしたら売り上げをあげていけるのか知りたいところでしょう。

この記事では、成功しているショップと、売り上げの少ないショップの違いについて詳しく見ていきます。ネットショップの運営に興味のある方は、ぜひご覧ください。

成功しているネットショップと成功していないネットショップ

ネットショップを簡単に分けてしまうと、成功しているネットショップと成功していないネットショップの2つに分けられます。「成功しているネットショップ」とは、商品の売り上げが順調に伸びているネットショップと考えてください。2者の違いについて詳しく解説します。

成功しているネットショップと成功していないネットショップの違い

成功しているネットショップが行なっていることは、簡単に言ってしまうと先行投資です。こう聞くと、これから開業しようとしている方は「資金力がないと無理なのか」と思ってしまうかもしれません。しかし、予算が少なくてもできる先行投資があります。

成功しているネットショップと成功していないネットショップの比較

とある2社の実例をもとに成功しているショップと成功していないショップの比較をしてみます。

アパレル会社A:2013年の売り上げ230万
アパレル会社B:2013年の売り上げ300万

5年後に2社の立場は大きく変わりました。

アパレル会社A:2018年の売り上げ770万
アパレル会社B:2018年の売り上げ130万

A社は5年で3倍以上売り上げを伸ばしているものの、B社は半分以下に売り上げが下がっています。この2社を比較してみると、共通点と異なる点がありました。

まず共通点は「コンバージョン率」です。コンバージョン率とは、アクセスしてきた利用者のうち何割が購入したかを示す数値です。2社とも5年を通して5%前後でした。

大きく異なったのはアクセス数でした。5年後のアクセス数は売り上げと同じくA社は3倍近く伸び、B社は半分以下に下がっていたのです。

ではA社は売り上げを伸ばすために何をしていたのでしょうか?

成功しているネットショップがしていること

A社が5年間行なっていたことは、大きく分けてこの4つです。

・商品数の拡大
・SEO対策
・SNSの活用
・有料広告の活用

【商品数の拡大】

商品数が増えることで様々なニーズに対応することが可能になるので、集客数がアップします。さらに、商品数が多いと、もともと購入しようと思っていた商品とは別の商品も一緒に買ってくれる可能性が高まります。

【SEO対策】

ネットショップに記載できるのはせいぜい商品の説明くらいなので、SEO対策として強くありません。そこでA社が行なったのは、お客様にとって有益な情報を自社のホームページに定期的に掲載し、そこからネットショップへリンクするようにしました。ホームページの閲覧数が増え、それと同時に集客率もアップしていきました。

【SNSの活用】

ショップの集客アップにつながる方法としては、SNSの活用が注目されています。A社は、Twitter、Facebook、Instagramなどに定期的に情報を投稿することで注目度を上げていきました。

【有料広告の活用】

Google、Yahoo!のCPC広告も利用しました。CPC広告とはCost Per Clickの略語で、広告用のバナーやテキストをクリックしてくれた回数に応じて広告料を支払うシステムです。

あとはアパレル業界のポータルサイトやショッピングモールの広告など、様々な広告も活用しました。

以上のように、A社は集客アップを目指して手間と費用をかけていることが分かります。5年後の売り上げにもはっきりとその効果が現れています。

成功していないネットショップがしていること

ではB社は何もしてなかったかと言えば、B社も集客アップに向けて取り組んでいたことがあります。

・長期間売れていない商品の扱い停止
・サイトデザインのリフォーム
・キャンペーン企画

【長期間売れていない商品の扱い停止】

売れ行きが悪い商品やブランドイメージを下げるような高級感のない商品の扱いを停止しました。

【サイトデザインのリフォーム】

B社は高級な商品が多いため、サイトのイメージを高級感のあるデザインに一新させました。さらにトップページのデザインやバナーも月に数回変更しました。

【キャンペーン企画】

アパレル商品を扱っているため、季節に応じて特集ページやイベントを企画しました。

以上のように、B社は取り扱う商品の種類を絞ったり、サイトデザインを格好良くしたりといった集客にあまり効果のない取り組みを続けていました。結果、利用者が大きく減ってしまったのです。

成功するネットショップの見分け方

成功するネットショップは見ればすぐに分かります。以下に成功するネットショップが備えている特徴をまとめます。

・利用者にとって使いやすいサイトデザインになっている
・印象に残る写真が掲載されている
・商品説明が丁寧で見やすく理解しやすい
・スムーズに購入できるようにガイドなどが用意されている
・「欲しいものが見つかるぞ!」という期待感がわく
・決済方法が豊富で、しかも利用可能な決済方法がすぐに分かる
・商品代金以外に発生する費用が分かりやすい
・個人情報保護のためのセキュリティ対策が取られている
・運営している法人、もしくは個人の情報が開示されている

ネットショップを繁盛させたいのであれば、以上のことに気をつけましょう。

成功しているネットショップの共通点

集客数が伸びているネットショップには共通点があります。主な共通点を3つ紹介します。

利用者の安心感につながる情報の提示

利用者を増やすには「安心感が持てるサイトである」ことが重要です。安心感を持ってもらうためには、少なくとも以下に挙げる情報は掲載しておくべきです。

・電話番号
・顔写真
・ご利用ガイド
・決済方法
・後払い決済

【電話番号】

電話番号が表示されていると、すぐに問い合わせができるので利用者としては安心です。電話番号は最も目につくところに表示されていることが望ましいです。

ある調査によれば電話番号が分かりにくい、もしくは利用できないショップに比べ、電話番号がすぐに分かるサイトは2倍以上購入率が高いという結果が出ています。

「問い合わせが頻繁に来ると面倒…」という方は、FAQ(よくある質問とその回答例)を掲載しておけば、運営側とお客様双方にとって手間が省けるので効率的です。

【顔写真】

顔写真がトップページに掲載されていると、サイトの好感度アップと同時に安心感を得られます。こちらも写真がある方が購入率が高くなったという調査結果が出ています。

【ご利用ガイド】

ショップ運営側にとっては当たり前のことでも、お客様にとっては分からない、もしくは分かりにくいことはいくつもあります。例えば、配送方法や決済方法などに関する情報です。ご利用ガイドがあると安心してスムーズに購入手続きを進めることができるので効果的です。

【決済方法】

利用可能な決済方法は一目で分かるようにしましょう。決済方法が豊富なことも購入率アップにつながります。

【後払い決済】

ある調査で3.5倍という驚きの購入率アップを叩き出しているのが「後払い」の導入です。コンビニ決済など、商品を手に入れてからできる後払い決済は購入者にとって安心感があります。

以上のような工夫をするだけで購入率が高まるのであれば、利用しない手はないでしょう。

離脱率を下げるための工夫

商品ページや決済画面などを見たときに「使いにくい」と感じた利用者は、サイトから離脱する傾向にあります。離脱率を下げるために工夫すべき点を紹介します。

・ショッピングカートボタンの工夫
・決済画面に看板画像を表示
・ステップ画像の掲載
・分かりやすい決済画面

【ショッピングカートボタンの工夫】

ショッピングカートは分かりやすく押しやすいサイズに設定されていることが望ましいです。さらに、扱っている商品が単品で購入されやすいものが多ければ、「すぐに注文する」というボタンがあると便利です。逆に複数の商品を購入する率が高ければ、「いったんカートに入れる」ボタンがあると利用者としては使いやすいため、気に入ってもらえることでしょう。

【決済画面に看板画像を表示】

決済画面だけテイストが違うよりも、ショップの看板画像を表示させるなどして他ページとの統一感を持たせた方が印象はよくなります。

【ステップ画像の掲載】

決済画面は入力項目も多く、不便に感じる方は多くいます。利用者が迷わないように、入力のステップが分かる画像を掲載しておけば、安心して購入手続きを進めてもらえます。

【分かりやすい決済画面】

決済画面は他との統一感を出しながら、必要に応じて読みやすい文字サイズやフォントなどを選びましょう。

SEO対策

集客アップに有効なSEO対策は非常に重要です。SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」という意味です。SEO対策を行うメリットは、WEBサイトの評価を上げることでGoogleなどの検索エンジンで上位に表示されやすくなることです。

効果的なSEO対策について紹介します。

・商品数を増やす
・キーワードに注目
・サイトマップ表示

【商品数を増やす】

ネットショップはブログのように文字数が多いわけではないので、SEO対策がしにくい面がありますが、それでも有効な手段があります。それは商品数を増やすことです。

商品数を増やすと商品ページ数が増えます。商品ページ数が増えると検索でヒットする確率が上がるので閲覧数もそれに伴って増えます。そして、閲覧数が増えると検索エンジンの評価が上がるため、検索上位に表示されやすくなるのです。

ある調査でも数十アイテムを取り扱うショップよりも数百アイテムを取り扱うショップの方が5倍売り上げが多いという結果が出ています。ちなみに、千アイテムを超えたショップは数十アイテムのショップよりも43倍売り上げが多かったという結果も出ているため、商品数の多さは重要です。

【キーワードに注目】

最も簡単なSEO対策はキーワードの設定です。商品のタイトルにターゲット層が検索しやすいキーワードを入れると検索されやすくなります。キーワード未設定のショップよりもキーワードを設定しているショップの方が1.5倍以上売上を伸ばしているという調査もあるのでおすすめです。

【サイトマップ表示】

サイトマップとは、サイト内のページリンク全体が一目でわかるページです。ネットショップ内のサイトにどういったページがあるのか俯瞰して見ることができます。

これはサイトにアクセスしたお客様にとって便利なだけでなく、検索エンジンもサイトマップからサイト内にどういったページがあるのか理解するのに活用しています。検索エンジンがサイトの有益性を評価しやすくなり、その結果、検索上位に上がりやすくなるのです。

サイトマップを導入したい場合、作成したいURLを入力するだけで簡単にサイトマップを作成してくれるツールがネット上にあるので、活用してみましょう。

参考:sitemap.xml Editor

これまでに紹介してきたネットショップを成功させるための方法に関する興味深いデータがあるので紹介します。これはPayPal Pte. Ltd.およびJECCICAが2万人を対象にアンケートをしてその結果をまとめたデータです。

ネットショップの成功には認知度を上げる努力が重要であることがこの調査から分かります。そのショップを知っていることは安心感につながり、安心感こそが売り上げを伸ばすカギとなります。認知度がまだ低い初期は、まず安心感を高める努力や工夫をしましょう。

データで2番目に多いのは会員登録の面倒さです。これはステップ画面の活用や、入力の手間を簡易化する工夫が必要です。

3番目は商品数についてです。商品数を増やすのが難しければ、取り扱っている商品同士を組み合わせるなどして商品数を増やす工夫をしましょう。

一気に全ての対策に取り掛かるのは難しいので、できるところから始めることをおすすめします。

成功していないネットショップの共通点

ネットショップは低コストで始められるため、簡単に続けられると思うかもしれません。しかし実際は、廃業率が5割以上という調査結果もあり、継続していくだけでも大変なのです。

ただ、廃業に追い込まれるネットショップには共通点があるので、背面教師として参考にしてください。

とりあえずネットショップを始めてみた

ネットショップはそのお手軽さから、とりあえず始めてみるという方が後を絶ちません。正直、これでは成功するのは難しいでしょう。

まずは、「何を売るか」「誰に売るか」「どのようにして売るか」この3点だけでも明確にしましょう。これは自身のネットショップの軸となる重要なポイントです。軸が無ければ、ただ行き当たりばったりの商売をすることになるため成功は望めません。

集客方法を知らない

自分が気に入ったものを売れば誰かが買ってくれると思うのは間違いです。広いネット上の世界から自身のショップを見つけてもらうには集客が必要です。たとえ楽天やAmazonなどの有名ECモールに出店したとしても集客の重要性は変わりません。

たまたま誰かが見つけてくれて商品ページを見てくれたとします。それでも購入してくれるかどうかは別問題です。先ほどコンバージョン率について言及しましたが、商品を見て、それを購入してくれる確率は平均で1〜2%と言われています。つまり50人から100人が同じページを見てようやく1つ売れる程度なのです。

そのため、成功しているネットショップは集客に費用と労力をかけ続けています。

集客の方法についても前述していますが、それでも不安な方は有料の「ショッピングカートASP」を活用する方法があります。「ショッピングカートASP」とはYahoo!ショッピングなどECモール内に出店する方法とは異なり、独自ドメインでネットショップを開業する方法です。

有料のショッピングカートASPであれば集客機能などが充実しているので、ネットショップを始める際の不安を軽減させることができます。

リピーター対策の重要性に無知

リピーターのいないネットショップに成功は望めません。お客様にリピーターになってもらう努力を怠っているネットショップが繁盛することなんてないのです。ショップの運営に関する様々な業務に忙殺され、リピーター対策どころではないという場合もありますが、問い合わせに対するレスポンス速度の向上など、できる限り信用につながる努力をしましょう。

プロモーションの重要性

「プロモーション」とはお客様に買いたいと思ってもらうための活動を指します。訪問販売・コマーシャル・プレスリリース・試供品の配布など、方法は様々です。

ここからは、ネットショップのプロモーションについて説明していきます。

ネットショップのプロモーションとは

売れているネットショップのサイクルは「集客」「購入」「リピート」の3つが何度も繰り返されています。

ネットショップにおけるプロモーションとは、まさにこの流れを生み出すための活動を言います。

集客へ向けたプロモーションとは

お客様を呼び込むためのプロモーションには以下のようなものがあります。

・SNSの活用
・ブログの活用
・広告の活用
・口コミの活用
・イベント等の活用

【SNSの活用】

TwitterやInstagram、Facebookなどを利用してショップの情報を発信する方法があります。投稿画像にハッシュタグ(#)を付けることでSNS上で情報を検索している利用者の目に触れる確率が高まります。

【ブログの活用】

ブログは文字数が多く、画像なども掲載できるため、SEO対策として有効です。リンクを活用することでブログから直接ネットショップへ誘導することも可能です。

【広告の活用】

新聞や雑誌は不特定多数の人の目に触れる可能性が高いですが、求めるターゲット層に届くかと言えば確率は低いと言えます。そこで、ネット広告やSNS広告がおすすめです。ニーズの高い層へ限定的に広告を配信できるため集客率と購入率が高まります。

【口コミの活用】

商品を購入してくれたお客様のレビュー(口コミ)は、ショップ運営側の宣伝文句よりも共感を持って伝わりやすいため有効です。レビュー特典などを用意すると、積極的に投稿してくれることでしょう。

【イベントなどの活用】

イベントや展示会は新しい顧客を獲得するチャンスです。これまであなたのショップを知らなかった方の目にとまるチャンスです。

購入へ向けたプロモーションとは

次は、購入してもらうためのプロモーションです。

・動画の活用
・季節性のあるイベントを活用
・キャンペーンを活用

【動画の活用】

YouTubeなどの動画配信サービスを利用することで、よりリアルな商品説明を行うことができます。商品を手に取った感じや雰囲気などが写真よりも伝わりやすいため、購買意欲を掻き立てることが可能です。

【季節性のあるイベントを活用】

消費が増える時期として、母の日や父の日、クリスマスなどがあります。こうした日に合わせておすすめの商品を紹介すると、検索でヒットされやすくなります。

【キャンペーンを活用】

「限定○個」や「今日限り○%OFF」など、購買意欲を高めるキャンペーンも有効です。こうしたキャンペーンを実施すれば購入率が上がります。

リピーター獲得へ向けたプロモーション

次回の購入がお得になる特典などが用意されていると、リピート率が高まります。例えば、「次回の購入金額から○%割引」や、「1ヶ月以内の購入で送料無料」といったものです。

また、「購入商品をレビューしてくれたらクーポン進呈」などの特典をつけると、リピート率が上がるだけでなく、口コミによる新規顧客の獲得も期待できます。

成功するネットショップの条件

これまでネットショップを成功に導くためのヒントを紹介してきましたが、改めて成功する条件を3つまとめて紹介します。

マーケティングの重要性

マーケティングとは、集客へ向けた活動です。「SEO対策」「SNSの活用」「WEB広告」などがマーケティングにあたります。コストをかけても実施する価値は十分あります。

ユーザビリティを高める

ユーザビリティは「接客」とも言い換えられますが、ネットショップは実店舗と異なり、ネットに適した接客能力が求められます。ネットに適した接客とは、「サイトの使いやすさ」「アフターサービス」などで、信頼性を高めるためにも非常に重要です。

リピート率を上げる

ネットショップは世界が相手です。とは言っても新規顧客ばかりをあてにしていては売り上げを伸ばすのに限界があります。大事なのはリピーターを増やすことです。

メルマガやLINEなどで顧客との接点を増やすことができれば、身近な存在として何度も利用してくれる可能性が高まります。

売れているネットショップをお手本にすることが成功への近道

ここまで成功するネットショップと失敗するネットショップについて紹介してきました。成功しているネットショップには共通する特徴や運営方法があることがお分かりいただけたと思います。まずは、成功者を真似ることが成功への近道と言えます。今回の記事を参考にして、ぜひネットビジネスを成功させてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る